風邪はエネルギーの転換期その11 結局は『価値』とは個人が見出すもの。

出来ました!

f0351853_03280578.jpg
名付けて!

「メインの石よりワイヤー代の方が高くついたネックレス」です!

14金メッキのワイヤーは変色しても磨き布で復活するらしいので、長く使う予定なら少々高くてもこっちのワイヤーが無難なのかもです。

右側はアーティスティックワイヤーで作成したものなのですが、なんだかもったいないので桜の木の浮かぶアイオライトに着けようかなと思っています。

あーでも、くるまくワイヤーの具合を見る為に、バラして一から作り直した方が後々役に立つのかもしれない・・・。

4ミリのビーズなのでトロトロ作って4時間くらい掛かる・・・。

めんどい・・・。



今回ワイヤーの不具合について色々と調べたのですが、そのきっかけとなったのは熊本の地震でした。

何か自分に出来る事はないかな?と考えた結果、家にある材料でアクセサリーを作って販売し、それが売れたらその売り上げを全額寄付しようと思いついたのです。

売れるかどうかは分かりませんが、スーさん関係無しでどっかの委託ショップに置かせてもらおうかなと。

それで、販売者側の視点で自分の作ったものを見直した結果、ア〇ティスティックワイヤーの劣化の速さが気になり始めまして。

初めて使ったスクエアワイヤーのコーティングの剥げもその一端ではありますが・・・。

自分の為のアクセサリーだったら、いくら劣化しても作り直す事が出来ます。

実際、スマホに着けているア〇ティスティックワイヤーを使ったストラップは、色の剥げが激しいので数か月に一度作り直しています。

が、人手に渡った後はどうなるのか・・・。


表面のコーティングが剥げました。→品質に問題はありません、セロハンテープで取って下さい。でも金属アレルギーは出るので肌に直接着けないでください。

変色しました。→経年劣化です、色の変化をお楽しみください。


では、いくらなんでも無責任過ぎ。

送料を私が負担して作り直すという対応は無理がある。

安く販売するのでその点は目を瞑ってください、というのも責任が無さ過ぎる・・・。

個人で楽しむレベルだったら全く問題の無かった事が、販売者目線で見ると大きな問題となって見えてくる。

この点を乗り越える事が出来ないと到底販売する事は難しいと判断し、今回は普通に募金をする事にしました。

自分で作り出した物を販売するって難しい。

そう思った一件でした。



昨日の続きです。



スーさん 「君から見てレベルの低いと思った商品。何年も出品しているにもかかわらず販売実績はゼロだ。価格は他の似た商品の3分の1程度でもだ」

musica 「・・・」

ス 「当然の結果だろう。では、この販売者がこの様な者であったとする。

80代女性、60年連れ添った伴侶に先立たれ、寂しさのあまり入水自殺を図ろうと海辺に行った。

その時ふと足元を見ると美しい石を見つけた。

ご婦人はその石を手に取り、その美しさに心を奪われた。

そしてこう思った。

『これは亡くなった主人からの贈り物に違いない・・・』

その後、その振るえる指でワイヤーを巻き付け、みすぼらしいペンダントトップを作った。

そしてそのみすぼらしいペンダントトップは彼女の胸で輝き続け、彼女の生きる希望となった。

そしてある日、彼女は人々の為にも生きる希望となるよう願いを込めてペンダントトップを作るようになった。

それが君がレベルが低いと思った、ひとつも売れていないペンダントトップだった・・・

m 「私、買います!(ノД`)・゜・。」

ス 「相変わらず君はストーリーやエピソードに弱いな・・・。おじさんは心配だぞ?ちなみに今の話は捏造だ」

m 「 (|||ノ`□´)ノ ひどいー!!!」

ス 「君ねぇ、そんなにあっさりと騙されてどうするのだ。商品説明の捏造など古代からある事だぞ・・・」

m 「 (`ε´) 」

ス 「とまぁ、今の君の態度の変化で分かるように、商品の価値とは一筋縄ではいかない。ある者にとっては無価値でも、別のある者にとっては貴重な品だ。その商品がみすぼらしくても、そこに込められたストーリーやエピソードに価値を見出す」

m 「 (¬_¬) 」

ス 「商品を見た段階では『その者の時間に金を支払う程の価値は無い』状態であった。だが、その商品の背後に潜むストーリーやエピソードに価値を見出した場合は、『その商品の持つ物語に金を支払う価値がある』という状態になる。ようするに『価値』とは個人が見出すものなのだ」

m 「そうですねー(棒読み)」

ス 「いい加減機嫌を直してくれないかね?」

m 「なんだかねぇ、昨日今日と、スーさん私に酷いのよー」

ス 「あー・・・、私が悪かった。でも全ては君の学びの為」

m 「分かってますけど・・・」

ス 「少し機嫌が直ったようだね。ではそろそろまとめに入ろう」

m 「まだ続くんですか・・・」


(´ノ・ω・`)ノ・‥…━━━★゚+.・‥…━━━★゚+.・‥…━━━★゚+


それでは本日も良い一日を!

ス 「太陽の光を浴びているかね?アマテラスとアマテルからの贈り物だ」

m 「浴び過ぎると皮膚癌の原因となります」

ス 「何事も程ほどに、という事だ」



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-04-29 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica