風邪エネ18 その問題は自分の問題なのか?他人の問題なのか?の巻。

奈良行くまでに終わらせるぞー、お~~~。




スーさん 「自分の問題なのか他人の問題なのか、その区別をする事が大事だ。日常生活においても、他人に起きた問題をわざわざ自分の身に起きた事かの様に捉える者がいる。これは他者と己の区別がついていない為に起きる」

musica 「それも『尊重』に関わる事?」

ス 「その通りだ」

m 「自分の問題なのか他人の問題なのかっていうの、以前にも出てきましたね。なんだったかな・・・(自分のブログを検索)あー、これだ。

『君の場合は個人主義だ。君は職場とは個人が求めに応じて集まり能力を発揮する場と考えている。だから自分の問題と他人の問題がはっきりとしている』厚生労働省による発達障害者の就労支援と実体験 風邪エネ15。

この時の私は『へぇ~』で流してますねw」

ス 「『へぇ~』で流しているから再び話が出るのだ」

m 「・・・」

ス 「他人の問題をまるで自分の身に起きたかの様に捉える人間がいる。本当は自分には何も問題が無いにもかかわらず、他人の問題を・・・これは本来は学びなのだが、これを自分が解決をしなければならない問題だと思ってしまう。実はこの事は他人を尊重出来ていない為に起こる」

m 「こういう人っていわゆる『世話焼きないい人』なんじゃないですか?」

ス 「他人の学びの機会を奪う人間が果たして良い人間なのか?心のどこかで、自分が教えてやらないとこの人間は問題を解決出来ない、と思っているのではないかね?」

m 「あー・・・、酷い言い方ですけどなんとなく分かりました。この世話焼きな人は、相手を『自分が居ないと問題を解決する事が出来ない人間』だと思っている。つまり相手の問題解決能力を尊重していないんだ・・・」

ス 「そういう事だ。相手を尊重していない、相手の問題解決能力を信じていないから、他人の問題に口を挟む」

m 「でも相談された場合はどうします?世話焼きな人には相談が舞い込むイメージが」

ス 「今の我々の様な会話を目指す事だね」

m 「んー、スーさんは結構私の意見を引き出そうとします。答えは教えてくれないの」

ス 「私は君を信じているからね。相談された場合は自分の回答を差し出すのではなく、相手の深層に眠る意見や気付きを引き出す、それに限るだろう」

m 「自分の回答を差し出すのではなく、相手の意見や気付きを引き出す。いい上司って感じですねw」

ス 「君が本館ブログで我々の存在について自分の上司であるかの様に『上の人』という表現をする。あれは言い得て妙だ」

m 「本館は一応スピとは切り離していますからねw昔はたまにスピ話もありましたが」


(゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ


それでは本日も良い一日を~。

m 「姉が家に帰って来る時にバカでっかいリュックを担いで来るのですが、それのサイズを聞いたら30リットルという事だったので25サイズにする事にしました(`・ω・´)+」

ス 「そして今の悩みは?」

m 「生地の種類・・・。シンプルなヘリンボーンかデニム、はたまたボーダー。あー、どれにしよう~」

ス 「君は悩んでばかりではないか。その時間を本の一冊にでも・・・」


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-05-15 05:01 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica