大和のまほろばを巡る旅 で、どこ行くの?編。

とうとうカテゴリーに新しく、

『大和のまほろばを巡る旅』

が追加となりました。

いよいよですね・・・!



で、具体的にどこへ行くかとかは、あんまり進んでいない・・・。

なので昨日スーさんと緊急会議をしました(`・ω・´)+



スーさん 「私はずっと言い続けていたのだがね・・・」

musica 「まぁまぁ、そう言わずに。先日三輪辺りはちろっと見ましたから良いとして、他はどうしましょう?」

ス 「地区毎に見ていこう。君はどの地区が気になるかね?」

m 「うーん、飛鳥!桜井!橿原!えーっと、石上神宮のある場所は・・・」

ス 「天理だね」

m 「あぁ、天理、で、三輪。ですかね」

ス 「他には?」

m 「うーん、吉野は桜の時季を逃しているから今回は良いとして・・・」

ス 「観光案内でも検索してみては?」

m 「そうですねぇ・・・。これなんかどうですかね?奈良市観光協会公式ホームページ。観光スポット案内(ポチッ)。登弥神社・・・?(ポチッ)うわー、めっちゃ鳥肌来た!何ココ!」

ス 「調べてごらん」

m 「えーっと、『登弥(とみ)神社は饒速日命を祀る式内社であり、その神社周辺が長髄彦の本拠地「鳥見」の中心地と考えられる』・・・何この誘導されました感は・・・」

ス 「『大和のまほろばを巡る』と冠するならば、登美長髄彦殿の本拠地を巡るべきであろう?」

m 「・・・まぁこの辺も行くとして、さてと、どこから見ていけばいいのか」

ス 「君はどこが一番気になるかね?」

m 「飛鳥かな?ロマン溢れる地名ですよね!」

ス 「飛鳥ではどこが気になるかね?」

m 「石舞台古墳!蘇我馬子の墓という説が有力な古墳です。(グーグルマップで周辺を検索中)気都和既(きつわき)神社・・?気都和既神社の社叢(しゃそう)は茂古(もうこ)森とも称され、645年の大化改新(乙巳の変)の際に切り落とした蘇我入鹿の首に追いかけられた中臣鎌足が、ここまで来て「もう来ぬだろう」と言った伝承に由来する・・・。蘇我一族由来ですねぇ・・・」

ス 「君自身が蘇我氏が気に入っているから惹かれるのであろう」

m 「そうなると甘樫丘へも行かなくちゃ!蘇我蝦夷と蘇我入鹿の親子が丘の麓に邸宅を構えていた場所ですから。レジャーシートを持って行って、のんびりしたいですねぇ・・・」

ス 「そんな暇があるのかね?他には?」

m 「亀石酒船石遺跡?」

ス 「益田岩船もそうだが、君は本当に石が好きだなぁ・・・」

m 「でっかい石に憧れが・・・。はっ!これが巨石信仰・・・!?」

ス 「(溜息)そういう事は今はいいから、次はどこかね?」

m 「飛鳥坐神社かな・・・。男性器・女性器に見立てられた『陰陽石』が置いてあるそうです(`・ω・´)+」

ス 「相手もおらぬのにまぁ・・・」

m 「『出雲国造神賀詞』に出てくるから行くんです!お勉強しましたしね、賀夜奈流美命。・・・という事はあと3社行かなくてはいけないんだ・・・」

ス 「高鴨神社も行けると良いが、まぁ今は置いておこう」

m 「あとは飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社の雰囲気がいいから、時間があったら行ってみたいです」

ス 「君が大国主殿の絵の参考にしようとしたキトラ古墳はいいのかい?」

m 「時間があったらかな。行くとこいっぱい」


(´ノ・ω・`)ノ・‥…━━━★゚+.・‥…━━━★゚+.・‥…━━━★゚+


それでは本日も良い一日を~。

m 「奈良旅に持って行く服は、エアロスミスの顔写真入りTシャツでいっか」

ス 「!?私が正装をしているのに君はロックTシャツかね?」

m 「・・・ダメですか?」

ス 「何故良いと思うのか・・・」

m 「えー、正装ってスーツ位しか持ってないですよ・・・?」

ス 「・・・」

m 「・・・」


[PR]
Commented by けんちゃん at 2016-05-17 14:36 x
musicaさん
はじめましてm(_ _)m

ジェイドさんのブログからこちらを発見してひっそり見ること2年以上
いつも楽しく拝見させて頂いております(*´∀`*)

石上神宮、三輪山と行かれるそうで・・ちょくちょく行く場所ですので、
ブログすごく楽しみにしております(*´∀`*)

もし時間があるようでしたら、三輪から車で2時間半ほど南へ行くと、天河大弁財天社という水が綺麗なところがあります。
オオヒルメさんが居たと思いますm(_ _)m

そして更に更に十津川を下ったところに玉置神社という、なんか凄いところがあるそうです(私も行ったことがないです(T_T))こちらもなんかわからないけどオススメです(*´∀`*)
どちらも今回の旅と関係があるかわかりませんが・・・天河はオススメです(*´∀`*)
もしご興味があれば是非行ってみてください(*´∀`)
Commented by りんこ at 2016-05-17 23:11 x
こんばんは。

いよいよ奈良ですね!ということでまたもやコメントしてしまいした。

この記事を読んで、即効、登弥神社行って参りました!
饒速日さん好きな私だからか、神社のお名前を見たときにアンテナが立ちまして。

とてもいい所でしたよ!優しい~空気が流れていました。
人気もなく、ゆっくりできると思いますが、おそらく車でないと到着しにくい場所です・・・。(奈良は車がないと本当、不便です)

飛鳥は現地でレンタサイクルが一番動きやすいかと思います。
こう、観光スポットがすごい微妙な距離感にたたずんでまして、車だとしょっちゅう乗り降りで、徒歩だと歩かされる。そんな飛鳥です。

奈良、気に入っていただけたら嬉しいです☆

素敵な旅になることを勝手にこっそりお祈りしております。
Commented by garoumusica at 2016-05-18 23:11
> けんちゃんさん コメントありがとうございます。

こちらこそいつもご覧いただきましてありがとうございます。

そうですか、ちょくちょく行かれているのですが。
近場ならば民俗資料館巡りとか気軽に出来て羨ましいです。

>三輪から車で2時間半ほど南へ行くと、天河大弁財天社
>玉置神社

おすすめありがとうございます。
玉置神社は特に行ってみたいと思っていましたが、なにぶん遠いので行けるかどうかは分からないのです。申し訳ないです。
天河大弁財天社も面白そうですけどね、UFOとか見れるみたいですね!
Commented by garoumusica at 2016-05-18 23:14
> りんこさん コメントありがとうございます。

おぉ、行かれましたか。
情報ありがとうございます(`・ω・´)+

>飛鳥は現地でレンタサイクル
・・・マジですか、自転車は10年くらい乗っていないので、溝とかに落ちそうで怖い・・・。

>素敵な旅になることを勝手にこっそりお祈りしております。
ありがとうございます。
堂々と祈ってください、溝に落ちない様に・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-05-17 05:03 | 大和のまほろばを巡る旅 | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica