ヤマトの国は・・・。

先日の話。



ここ最近、夢を覚えていません。

この前夢を見たのはいつだろう?と思い出そうとしても思い出せない位。

よく夢を覚えている私にしては驚きの事態なのです。



が、昨日ほんの数分ウトウトした時の事。

飛鳥な感じの衣装を着た初めて見る男性と向かい合い、彼が発する言葉を復唱させられたのです。



『ヤマトの国はいつかしよ (いつかしぞ?) 

(ここから先はうろ覚え)三諸のお山の なんたらかんたら』



三諸(みもろ)のお山は三輪山を指します。

いつかしよ。

いつかしよって何だ?と思って検索。

いつか・し 【厳し】という古語の様です。

で、意味は何かと言うと「いかめしく荘重だ。おごそかで立派」との事。

どうやらヤマトの国を、



「おごそかで威厳がある立派な国だ」



と褒めさせられたようですね・・・。



その後に続く三輪山に関する記述。

これが覚えていない・・・。

三輪山の麓に拡がった、なんたらかんたらって感じの内容な気がするのですがーーー。

憶えていない~、気になる~~~!!!


゜.+ε(・ω・`*)з゜+.゜ε(・ω・`*)з゜+.゜ε(・ω・`*)з゜+.゜


それでは本日も良い一日を~。


スーさん 「覚えていないのならばその程度の内容だったという事だ」

musica 「・・・」

ス 「君にとって必要な夢は必ず覚えているから、気にしなくて良い」

m 「なんかもったいない・・・」

ス 「だが覚えている部分だけでも分かる事があるだろう?」

m 「ヤマト王権を『いつかし』と讃える方とお話をした」

ス 「そういう事だね」



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-05-21 05:00 | 大和のまほろばを巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica