天河大辨財天社編。 ~大和のまほろばを巡る旅~

奈良旅から帰った翌日に梅雨入り。

なんだか感慨深いものがあります。

おっさんsってやっぱりおっさんsなんだなと、しみじみ思う画廊musicaです。



という訳で『大和のまほろばを巡る旅』を振り返って行きたいと思います。

今回の旅の第一社目は、天河大辨財天社。

こちらはコメント欄にてけんちゃんさんに教えていただくまでは、まったく存じませんで。

なので今から調べてみたいと思います。



天河大辨財天社。

創建は飛鳥時代。

霊山大峯の開山が役行者によってなされ、その折大峯蔵王権現に先立って勧請され、最高峰弥山の鎮守として祀られたのが天河大辨財天の創まりだそうです。
f0351853_03054646.jpg
祭神は、市杵島姫命(辨財天)、熊野坐大神、吉野坐大神、南朝四代天皇の御霊、神代天之御中主神より百柱の神、だそうです。



拝殿から本殿を臨む。
f0351853_22091549.jpg
建物は新しい感じですね。

階段の上の段ボールが気になる・・・。

この画像を撮った後にご祈祷に巻き込・・・じゃなくて、参加させていただきました。

まずは祝詞から始まりいたって普通でしたが、その後にご祈祷に参加されている人全員による般若心経の読経。

振り付け付き。

鳴り響く和太鼓。

そして私の場違い感・・・。

私がここに存在してゴメンナサイでした・・・。



で、ご祈祷の感想ですが、ご祈祷が始まってからの吹き抜ける風の心地良さは格別。

その風に吹かれるだけで身が清められる、そんな風でした。

ですが、ご祈祷が始まる前に姉一家は何故か拝殿から離れ、何も告げられない状態で私だけがご祈祷に参加する形になったので、姉一家を待たせてしまって申し訳ない気持ちで一杯で・・・。

特に3歳の姪っ子ちゃんが待ちくたびれたりしないか、気になって気になって。

正直、『早く終わって~』と思っていました。

折角セッティングしてくれたスーさんに対しても申し訳ない事をしてしまいました(´・ω・`)。

スーさんは他者を気遣っての事だから気にしなくて良い、と言ってくれましたが・・・。

同じ時間を過ごすなら、開き直って堪能すべきでした。



本殿チラリ。
f0351853_22093429.jpg
拝殿・本殿は階段を登った所にあるのですが、その途中には五社殿がありました。

解説↓。
f0351853_22084725.jpg

手前が石段側です。
f0351853_22083305.jpg
手前から龍神大神、大将軍大神、大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)、天神大神、大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)だそうです。

この五社殿の神様は、ご挨拶をすると皆さん気を送って下さいました。

なので一社一社ご挨拶をするのが良いかと思われますよ。



さてさて、五社殿の看板の下側に載っていた天石。

三つは境内にあるそうなのですが、画像を確認すると二つしか写真に収めていませんでした・・・。

残念!



まずは一つ目。
f0351853_22081692.jpg
お賽銭が載っていますね。

二つ目。
f0351853_22090066.jpg
面白い形。

ヒラメに見える・・・。

正しくは龍なのだそうです。

感性の違い・・・。



社務所近くにあった社殿。
f0351853_22094745.jpg
斎灯殿と火をくべる所。

斎灯殿内の灯は「大神様の灯」・「皆様の心の灯」で、向こう壱千年間お守り申し上げともしび続けて参ります、との事です。



あと稲荷社もある様なのですが、駐車場からショートカットで境内に入った為にまったく気が付きませんで。

お詣り出来ませんでした。

残念!



そして最後に引いたおみくじは、初めての第一番!

大吉でした!


『朝日かげ たださす庭の 松が枝(え)に

 千代よぶ鶴の こえののどけさ』


先行きが良いです。



画像はまだまだあるのですが、それは本館にでも載せていこうかと思います。

という事で、『大和のまほろばを巡る旅』第一社目、天河大辨財天社でした!


☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡


それでは本日も良い一日を~。

musica 「天河大辨財天社って縁が無いと辿り着けないらしいですけど、普通にナビに出ましたよ?」

スーさん 「出たとしても縁が無ければ辿り着けまい」

m 「そんなものですか?」

ス 「縁とはそのようなものだ。君の姉上達は祈祷に参加しなかったであろう?」


[PR]
Commented by けんちゃん at 2016-06-05 20:14 x
奈良旅お疲れ様でした(*´ω`*)

どうもコメントが上手く投稿できないみたいで・・・
超簡略で行きます(´・ω・`)
天河神社をオススメするコメントを書こうとしたのは、最近よく行く氏神様の神社の神様が素戔嗚尊だったからです、最近知りました(TдT)

天河神社は長野の分杭峠のようなゼロ磁場と呼ばれる場所なんだそうで、地球の良い氣が出てるのだそうです(*´ω`*)
旅の最初に行かれたという事は、まずは氣の充実を図ったのかなと(`・ω・´)ゞ
Commented by garoumusica at 2016-06-06 18:43
> けんちゃんさん コメントありがとうございます。

>奈良旅お疲れ様でした
お気遣いありがとうございます。

>天河神社は長野の分杭峠のようなゼロ磁場
そうなのですか、鈍感なのでまったく分かりませんでしたw
ですが御祈祷にも参加出来ましたし、良い体験をする事が出来ました。
色々とありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-06-05 05:00 | 大和のまほろばを巡る旅 | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica