木殿神社編。~大和のまほろばを巡る旅~

本日の橿原てくてく散歩は、これまた藤原京への散歩中に見つけた神社です。

昨日の本薬師寺跡からは、徒歩5分の所にあります。




チラッ。

f0351853_23520693.jpg

えーっと、木殿神社ですかね?

早速調べてみましょう!



木殿神社。

祭神は天児屋根命(あめのこやねのみこと)と素戔鳴命・・・。

エッ!?スーさん!?

スーさん居たんですか!?

なんで言ってくれないんですか!?

ぜんっぜん気が付かなかったです・・・。

更に古老の口伝によると、元々は牛頭天王を祀っていたとか。

スーさんの方がメインだったんだ・・・?



musica 「教えてくださいよー」

スーさん 「神社に立ち寄ってくれただけで十分だよ」

m 「えー・・・」

ス 「何社か無視した神社があったにもかかわらず、ここには立ち寄った。そこに意味があるのだ」

m 「確かに神武天皇陵へ行くまでにあった神社や、藤原京に向かうまでにあった他の神社はスルーしましたが・・・(めんどくさかった)」



『あ、スーさん?ここスーさんいるでしょ?』

くらいの反応がしたかったです。



全景。

f0351853_23515186.jpg

右側にある「忠魂碑」って何でしょう。

調べてみよう・・・。

えーっと、明治維新以降、日清戦争や日露戦争をはじめとする戦争や事変に出征し戦死した、地域出身の兵士の記念のために製作された記念碑。

なるほど・・・。



凛々しい吽形(うんぎょう)の狛犬。

f0351853_23521899.jpg

良いお顔です。



ワイルドな笑顔が魅力な阿形(あぎょう)の狛犬。

f0351853_23522971.jpg

豪快ですねぇ!

どちらもスーさん神社らしい狛犬です。



拝殿の中を覗いてみました。

f0351853_23524079.jpg

本殿がチラリしています。

この様な絵がたくさん飾ってありましたよ~。



そして本殿。

f0351853_23530649.jpg

改めてこうやって見ると、なかなか凛々しい本殿ですね←贔屓目。



そして、新たな命の芽生えが。

f0351853_23525481.jpg

杉かな?檜かな?

自然って逞しいですねぇ。

なんか今、笑顔のスーさんがこの芽を見守っているイメージが送られて来て、ほっこりしました。

後ろ手で腰を丸めて覗き込んでましたw

皆様もこちらの神社へ行く事があれば、この木の芽を見てそういうスーさんの姿を思い浮かべてみてください。



木殿神社編はこんな感じです。

明日は途中で見かけたお寺と、いよいよ朱雀門へ到着です!(`・ω・´)+


・*:..。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.


それでは本日も良い一日を~。

ス 「これから神社へ行く時は、その場所の気を感じる様にしてみなさい」

m 「スーさん神社って気が付かなかったから・・・?」

ス 「まぁそれもあるが、神社の境内でも気の多い場所や少ない場所、神気の宿る場所がある。本殿だからと言ってもそこに神気を感じるとは限らぬ」

m 「〇〇〇〇」←神社名を出そうとして止められた。

ス 「自分なりに判断出来れば良いのだ。百人の人がいれば百通りの神がいるのだから」

m 「はい」



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-07-10 05:00 | 大和のまほろばを巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica