石上神宮編 その2。~大和のまほろばを巡る旅~

本日も天理市にあります石上神宮の続きです。




楼門を正面から。

f0351853_19202344.jpg

なんだか顔があるみたいですね・・・。

この楼門は鎌倉時代末期の文保2年(1318)に建立され、重要文化財として指定されています。

元々は鐘楼門として上層に鐘を吊るしていたそうなのですが、神仏分離令により取り外され売却されたのだとか・・・。

売却って、なんだか生々しい・・・。



門をくぐります。

f0351853_19184282.jpg

拝殿ちらっ。

f0351853_19205390.jpg

はいでーん。

f0351853_19185759.jpg

こちらの拝殿は、永保元年(1081)に第72代白河天皇が鎮魂祭の為に宮中の神嘉殿を寄進されたもので、現存する最古の拝殿として国宝に指定されています。

白河天皇~。

歴史で習いましたねぇ・・・。

ちなみに白河天皇は配祁神として祀られています。

屋根が檜皮葺なのが良いですね。



拝殿の中を覗いてみました。

f0351853_19191137.jpg

以前、神武天皇陵の記事で『奈良旅でご挨拶した中で1、2を争う気の強さ』だったと書いたのですが、その1,2を争ったのがここ、石上神宮でした。→神武天皇陵編。~大和のまほろばを巡る旅~

スーさんの剣があるからですかね?

とてもパワフルな気を分けていただきました。



神饌アップ!

f0351853_19192155.jpg

キリリとした中にも美しさがあります。

ずっと見ていたい感じでした。



拝殿の飾り。

f0351853_19193599.jpg

禁足地を覗いてみました。

f0351853_19194983.jpg

禁じられると入ってみたくなる、人の困った性ですねぇ・・・。

リンゴも食べちゃう訳だ。



本殿ちらり~。

f0351853_19200992.jpg

本殿?

これ本殿なのかな・・・?

自分で撮っといてなんですけど、これどこから撮った画像なのか思い出せません。

て言うか、本殿って見えましたっけ?

儀式殿かな~・・・。

よく分かりません。



本日は楼門・拝殿の特集でした~。

明日は摂社巡りです。


( ・_ゝ・)o*――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――*o(・c_,・)


それでは本日も良い一日を~。


最近スーさん稲ちゃんの絵を描く時に聴いている曲は、ホイットニー・ヒューストンさん。





musica 「『I HAVE NOTHING』は歌いたいけれども、こんなエネルギッシュな声じゃないから歌えない」

スーさん 「『自分はエネルギッシュではない』君の思い込みのひとつだね」

m 「あー・・・」

ス 「君は自分自身の身体の活力といったものに自信が無い」

m 「エネルギッシュなイメージはないですねー」

ス 「君自身に前例が無いからだ。だが、前例が無いのならば前例を作ってしまえば良い。この奈良旅なんかがそうだろう?」

m 「でもスーさんのおかげでしょ?」

ス 「我々は一心同体。どちらかのおかげという事は無い」



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-07-20 05:00 | 大和のまほろばを巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica