石の選び方なんかの話。

は〜〜〜、絵に夢中でブログを書くのを忘れていました、ただいま4時37分でっす。

スーさん、なんかネタ無いですか?ネタ無いですか?

あ!そういえば、もののけ姫のラストに生き残ったこだまが現代まで生きた結果、トトロになったそうです!(`・ω・´)

わお!

すっごくどうでも良いネタ・・・。


スーさん「石や石を使った作品の購入の際に気をつける事でもまとめようか」

musica「はい」

ス「君は時々ネットで石を購入するが、どのように石を選ぶかね?」

m「そうですね、ひとつひとつ選べる時は色とか模様とかで選びます。ラブラドライトなんかだと、シラーの出方が重要になってくるので、どの方向から光を当てているのかで選びます」

ス「相性などは気にしないね、君は」

m「そうですね・・・。気にした方が良いのかもしれませんが、やっぱり味のある模様とか美しさで選んじゃいます。でも、最後になんとなくついでに購入した石との相性が一番良い気がします」

ス「それは我々が購入して欲しい石である場合がほとんどだ」

m「あー、守護さんセレクト・・・」

ス「だから何故か気になる、なんとなく目についたという石は購入しておいて欲しい。いずれ必要となる石だからね」

m「はい。で、作品の場合は全てを愛せるものを購入する事」

ス「石にだけ惹かれたり枠だけに惹かれたと言うような場合は、その作品を必要とする者が別にいると思いなさい」

m「その作品の持つ物語に惹かれた場合はどうなんですか?」

ス「その場合も同じだ。作品の持つ物語は人で言うならば肩書きに過ぎぬ。お互いの肩書きに惚れた男女の結末は幸せなものではあるまい」

m「全てを愛せる作品だけを手にする資格がある」

ス「そういう事だ。簡単だろう?」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-08-07 05:01 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica