スーさんだったら・・・の巻。

昨日の記事で、入院するかどうか祖母本人に希望を聞いたという事を書いたのですが、病院へ行った結果やっぱり心不全を起こしていたので、今日から入院する事になったのです。

で、祖母自身はもう家に帰れないだろうと思っている様子。

と言うよりも、母や私に迷惑を掛けたくないので入院をすると考えている事が、言動から伺えるのです。

私としては介助は苦ではないですし、希望としては近くで養生して欲しいと思っていますが、やっぱりこういうのって本人の希望が第一ですから・・・。

で、こういう時に「スーさんだったらなんて言うかな」と考えてしまうのです。



musica 「うーん・・・、『本人の選択が第一だ』かな・・・」

スーさん 「その通りだよ」

m 「私が家にいて欲しいって思うのは私のエゴ」

ス 「君の素直な気持ちだろう」

m 「入院を勧めたのは私ですけどね。ところで、祖母は現在86歳で以前からそろそろ死にたいと言っていたのです。なので私はどう祈るべきなのか迷うのです。『元気になって欲しい』なのか、『楽になって欲しい』なのか」

ス 「私なら何と言うと思うかね?」

m 「うーーーん・・・。『祖母君にとって最も良い状態になる事を祈ってあげなさい』かな。その最も良いという状態が回復であれ死であれ、それが祖母にとって最も良い状態なら・・・」

ス 「その者に起きる出来事は常に、その者にとって最も良い出来事だよ。一見不幸な出来事に見えたとしても、そこから学びを得られればその出来事は幸福な出来事だ。昨日の記事でも出た台詞だが、何事も『そのままで完璧』という事だ」

m 「そうですね。・・・でもやっぱりちょっと、いなくなるのは寂しく思うかな」

ス 「そう思うのが人というもの、素直な心というものだ。愛らしいものではないか」

m 「また微妙な・・・」

ス 「時に迷い、時に悩み、それでも私の言葉を思い出し前に進もうとする姿を見て、愛らしく思わぬはずがなかろう?」

m 「はー・・・、そういうセリフをサラッと言えるのがすごいわー・・・」



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。

m 「昨日は私の通院の日でもあったし、なんだか疲れたな」

ス 「他人の心配をする前に自分の心配をしなさい。自分自身がしっかりしていないと、相手の波動に巻き込まれるし相手を巻き込んでしまう」

m 「自分自身の心身の健康が第一」

ス 「本当にその通りなのだよ」

m 「スーさんってぶれないですもんね」

ス 「私に軸が無ければ君を支えられないからね」

m 「そういう所もぶれないですよね」

ス 「これが私だ」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-09-27 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica