熊野大社の上の宮と磐座。

出雲旅の日程決めで熊野大社について調べていた時の事。

熊野大社の近くに上の宮というのがある事を知りまして。

Wikiによりますと、中世に熊野信仰の影響を受けて「上の宮(熊野三社)」と「下の宮(伊勢宮)」に分かれていたそうなのです。

で、上の宮は明治の神社合祀で下の宮に統合されたのだとか。

つまり、今の熊野大社は伊勢宮・・・。

なんか変な感じですね。



musica 「ねぇスーさん、私、上の宮行ってみたいです」

スーさん 「ここは行かなくても良い」

m 「えっ!?何でですか?」←反対されるとは思っていなかった。

ス 「今はもう下の宮に合祀されているのだから、ここは行かなくてよろしい」

m 「えー、でも、なんかエネルギー的にどうとかあるんじゃないですか?」

ス 「もう一度言う、行かなくてよろしい。今の君に必要な場所ではない」

m 「えー・・・。じゃあさ、天狗山山頂付近にある熊野大社の元宮とされる磐座は?」

ス 「そこも行かなくてよろしい」

m 「スサノオさんはこの磐座の下に埋葬されてるんでしょ?行ってみたいです!」

ス 「それを言うならば須我神社の奥宮も、その様に言っている者がおろう?それについてはどう思うのかね?」

m 「・・・その土地を治めていた人のお墓?スサノオさんに限らず・・・」

ス 「では天狗山の磐座も別人かもしれぬではないか」

m 「そうですけど・・・」

ス 「ここは君に一人で入って欲しくない」

m 「一人じゃなかったら良いんですか?」

ス 「まだ良い」

m 「なんで!?」

ス 「おなごである君が一人で登るのは危険だ」

m 「え?待って?エネルギーがどうのとかじゃなく?」

ス 「うむ」

m 「スーさんの心配性!」

ス 「何とでも言いなさい」



熊野大社元宮である磐座。

ご興味のある方は二人以上でどうぞ・・・。



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。

m 「それにしても出雲は磐座信仰が盛んな場所ですね」

ス 「そうだね、でもそれは出雲に限らずであろう?」

m 「人は何故岩石に惹かれるのか・・・」

ス 「何故だと思う?」

m 「うーん・・・。疲れた時なんかに調度良い岩があったら座りたくなるし、心細い時に大きな岩が目に入ると、もたれかかりたくなっちゃうかも」

ス 「それが答えだろう」

m 「なるほど」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-10-01 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica