上賀茂のおっちゃんの巻 その1。

そして、参拝をした後に見た不可思議な夢の話です。

この記事を京を巡る旅シリーズに加えても良いものかと一瞬考えましたが、上賀茂シリーズからは外しますがカテゴリーは京旅にする事にしたのです。

だって、これぞまさしく『浅き夢見し 酔いもせず』ですから。



ふと気が付くと、入院患者が大勢居る病室に私はいます。

だだっ広い病室で、今思い返してみても100床はベッドがあるように思います。

全体的に水色っぽいイメージです。

そこで私は学生時代にお世話になった先生と会います。

雰囲気からして、この先生に呼び出されて私はこの病室に来たようです。

先生とは会話を交わさないのですが、身振りで『よく来たね』と歓迎され、それから『こっちへおいで』と促されます。

そして患者さんを治療している男性と引き合わされます。

よくいそうなスピ系セミナーの講師っぽい雰囲気の人です。

髪型は昭和40年代とか50年代のヒーロー物の主人公みたいな感じ。

ゆるーく癖のある髪質で、七三分けでおでこを出しています。

先生はこの方と合わせる為に私を呼び出したようです。



その男性はヒーリングとか気功のようなもので治療をしていました。

更にその男性の周りには、お手伝いをしていると思われる女性が2〜3人いました。

そしてその男性は私を見るとゆるく微笑み、私をベッドに座らせて今度は私の治療をしてくれるみたいです。

身体には一切触れずに頭上50センチ位の所を何かしています。

そして治療が終わった後に男性がお付きの女性に、その人が販売している翡翠のブレスレットを出すように言います。

そして女性が白い翡翠で出来たブレスレットと、緑色の翡翠で出来たブレスレットを取り出しました。

その翡翠のブレスレットはそれぞれ12ミリと14ミリくらいの丸玉のみで作られていて、一粒一粒に見事な透かし彫りがしてあります。

亀甲紋だと思うのですが全体的に六角形が彫ってあって、その中央は六角形にくり貫いてあり、そこから中を覗くとその中には同じ様に彫りのしてある翡翠の玉が入っています。

で、外側の方には所々透かし彫りをせずに残してある部分があって、そこには見事な亀が彫ってありました。

細部までとても細かく彫ってあり、とても高価なものだと分かります。

男性はこの見事なブレスレットを私にあげたいと、女性に交渉しています。

なんでも「一度ヒーリングをしただけでこんなにも能力が上がる事は滅多にないから渡したい」らしいのです。

でもその女性が私に渡すのを渋っているのは分かるので、私は「治療して貰っただけで充分ですから」みたいな事を伝えたのです。

すると男性は私の方を真っ直ぐに見て、


「確かに君の身体は、生まれつき人よりも欠けているものが多い。

だが、君はそれを補っても余りあるほどの素晴らしいものを与えられて生まれてきた。

だからそれを大切に出来る様になったら、君の人生は素晴らしいものになるだろう」


と、いきなり言ってきたのです。

そこで目が覚めました。



目が覚めてしばらく呆然としていました。

なんかすごく良い事を言われた気がする・・・。

でもちょっと(´・_・`)な気持ち・・・。

なんとなく「欠けているものは戻らない、完全な健康にはなれない」とも言われた気がしたのです。

私は京都の神社では「病魔と縁を切り、完全なる健康との縁結びを」とお願いしていましたから・・・。

・・・(´・_・`)。

まぁ取り敢えず、忘れないうちにとりあえずメモだ!(`・ω・´)

枕元で充電していたスマホにメモ。

今そのメモを見ると、その保存時間は3時39分。

私のラッキーナンバーの3と9!

何と言うタイミングでしょう!



明日に続きます。


(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ


それでは本日も良い一日を~。

スーさん 「君の好きな3と9について調べてみたらどうだい?」

musica 「え?どういう事ですか?エンジェルナンバーとか?」

ス 「そう思いついたのならそれが答えだ」

m 「適当な・・・。じゃあエンジェルナンバーで。えーっと、3は『アセンデッドマスターがあなたの近くにいます。あなたの祈りに応えて、助けてくれています』ですって!ほぉ~・・・」

ス 「9は?」

m 「『あなたの神聖な人生の目的は、生まれ持った才能、情熱、興味を通じて人々に尽くすことを含んでいます。人生の目的に必要なものは全て揃いました』えー・・・」

ス 「君は君の言う上賀茂のおっちゃんに言われただろう?『君はそれを補っても余りあるほどの素晴らしいものを与えられて生まれてきた。だからそれを大切に出来る様になったら、君の人生は素晴らしいものになるだろう』」

m 「ところでスーさんってアセンデッドマスター?」

ス 「話をずらすな。9は『周期の終わりと新しい始まり』だぞ?」

m 「世界的にもそんな感じですよね。TPPとかアメリカの大統領選とか」

ス 「今は世界の話はしていない、君の話だ」

m 「また今度」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-11-09 05:00 | あさきゆめみし 京を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica