上賀茂のおっちゃんの巻 その2。

本日も上賀茂のおっちゃんの話です。




メモをした後に登場人物について考えました。

学校の先生に化けていたのは多分スーさん・・・。

じゃあ、あのおっさんは誰だ?と思った所で唐突に、

「上賀茂のおっちゃん!」

と思ったのです。

確信はないですけど、他の神社でも健康を祈った訳ですけど、何故か上賀茂のおっちゃんと思ったのです。

スーさんの事はおっさん呼ばわりですが、彼の事はおっちゃん呼ばわり・・・。

おっさん呼びは反抗が混ざってる感じですが、おっちゃん呼びはちょっと親しみがある感じ。

まぁ、よく分からないですけど。



そしてこの上賀茂神社の記事のシリーズを書き始めてからの事。

ただの夢でしたから、ブレスレットの事はすっかり忘れていまして・・・。

記事を書き始めてようやく思い出した次第です。

さてさて、夢の中では手にする事が出来たのか出来なかったのか、結局分からずじまいだった見事な透かし彫りの翡翠のブレスレット。

実際に売ってるのかな?と思ってネットで検索!

・・・ありませんね・・・。

亀甲紋の透かし彫りだけのものはあるのですが、品質がイマイチ。

中国かタイ、ミャンマー辺りじゃないと手に入らないかもな〜と思っていた所、ふと、ただの翡翠のブレスレットなら既に持っている事を思い出しまして。

おーくにさんの置物に預けたままだった翡翠のブレスを、なんとなく手に取ったのです。

で、腕にはめてみようかな?と思ったところ、



スーさん 「あのブレスレットを受け取りなさい」

musica  「え?」

ス 「我々の世界は非物質だ。君の世界で目に見えるものが全てではないだろう?」

m 「イメージで受け取れって事ですか」

ス 「うむ」



なので、なんと言うか「受け取る」ってイメージしたのです。

翡翠のブレスレットをイメージしたとかではなくて、ただ「受け取ると決めた」って感じでしょうか・・・。

するとその瞬間に、今迄体験した事のない程の大量の気が流れてきまして。

身体に衝撃を受けた程です。

これが受け取った、という事でしょうか・・・。



ス 「腕にはめてごらん」

m 「はい」



私の能力では見えていませんが、今度は腕にはめるイメージです。

あの美しい透かし彫りのある翡翠のブレスレット・・・。

するとまた衝撃を受けるほどの気が流れてきまして。

それも2回。



m 「これが受け取るという事なんだ・・・」

ス 「大切にしなさい」

m 「はい、見えないですけど・・・。見えないけど確かにある、不思議な感じ。これは上賀茂のおっちゃんから?」

ス 「透かし彫りの模様を覚えているかね?」

m 「はい、亀甲紋と亀。この亀の彫りは現実では彫れないんじゃないかと思うくらい、素晴らしいものです」

ス 「亀、本当に亀だったかね?」

m 「亀・・・、玄武?玄武と言えばうちではおーくにさんの絵ですが」

ス 「八坂神社で君は青龍の朱印をお願いしていた」

m 「はい。八坂神社は京都では青龍に当たるとかで」

ス 「では玄武はどこかね?」

m 「さぁー?調べてみましょう。京都、四神、玄武っと・・・。

あっ!!!Σ(・□・;)

上賀茂神社・・・(´・_・`)

ス 「ハハハ!」

m 「え〜、やだ〜、上賀茂のおっちゃん・・・、さりげない自己主張・・・」

ス 「君が気が付かなかった時の為の自己主張だwでも君はそんなものが無くとも気がつく事が出来たがね」

m 「上賀茂のおっちゃん・・・。それにしてもさ、おっさんsって贈り物が好きですよね」

ス 「ハハハ、本当にね」

m 「人って目に見えないだけで、実は目に見えない人々からいつの間にか贈り物をされていて、色々と飾り付けられているかもですね」

ス 「人は死ぬ時にこの世の物は持って行けぬと言う。だが」

m 「その時になれば、今まで目に見えなかった贈り物の数々が見える。ふふふ」

ス 「ずーっと先のお楽しみだ。その数に驚くだろうね、君は」



以上です。

浅き夢見し、酔いもせず。

画廊musicaのただの夢のお話でした。

ありがとう、上賀茂のおっちゃん。



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。

m 「お~、昨日9についてのエンジェルナンバーの意味を調べて、その時に大統領選とかTPPとかっていう話になりましたが、まさしく『周期の終わりと新しい始まり』になりましたね!」

ス 「それはただ君が言っただけだろう」

m 「話の誘導はいつもスーさんからでしょ。TPPが撤回される可能性が出て来て良かったです」

ス 「君は楽しそうだね」

m 「先行きは不透明ですが未知なのが良いです。オバマさんの言う『Change』が、最後の最後で現実となりましたね」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-11-10 05:00 | あさきゆめみし 京を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica
プロフィールを見る