ほんのり『六韜』の続きと、京旅2日目のスタート!の巻。

本日は若干の北斗七星の続きと、京旅2日目の話です。




musica 「ねぇスーさん、『六韜』についてなんですけど」

スーさん 「うむ」

m 「『戦いは新月の時に仕掛け、北斗七星を背にして戦えば必ず勝つ』のところ、なんだか神武東征の場面を思い出しました」

ス 「長髄彦と戦った際の敗因を太陽に向かって戦った為だとし、太陽を背に戦った結果勝利したという逸話だね?」

m 「そうそう。中臣鎌足が暗唱するほど読み込んでいたなら、当然『日本書紀』の編纂に携わった息子の藤原不比等にも『六韜』学ばせたはずです。太陽を背に~っていう逸話は『六韜』からパクッたのでしょうねぇ」

ス 「・・・もう少し言い方があるだろう?勉強になるから一度『六韜』に目を通し・・・」

m 「え!?嫌ですよ!!!・・・でも、こんな感じで『日本書紀』ってパクリだらけなのかもしれないですね」

ス 「君の言う鞍馬神話の習合と似た様なものだ」



はい、2日目の話です。

予定では、今宮神社→下鴨神社→八坂神社の順番です。

姉の家から今宮神社まで結構距離がありますし、通勤・通学のラッシュを避けたかったので、朝の5時に起きて6時前に出発です!(`・ω・´)+

私がんばった!

・・・が、戸締り!!!

姉達は6時半起きなので起こさない様に静かに用意したのですが、セコムの解除とか戸締りをお願いしなければいけない事をすっかり忘れていまして・・・。

・・・(´・ω・`)

残念な事に、姉を6時前に起こして戸締りをしてもらう羽目になったのです。

早朝に起こされたのに笑顔で見送ってくれた姉に感謝です。



そして駅のホームでの事。

前回の奈良旅での失敗(スマホのバッテリーが途中で切れて、スーさんが帰りの乗り換え案内をしてくれた)を教訓に、今回はモバイルバッテリーを購入していたのですが、ちゃんとリュックに入ってるかふと気になってリュックを漁ってみたのです。

うん!ある!(`・ω・´)+

・・・が、大変な事に気が付きました。

スマホが無い!!!∑(゚Д゚;)

バッテリーはあっても本体が無い!∑(´д`;)

姉の家取りに帰って往復3分、電車の時間には間に合わない!( ;´Д`)

て言うか、姉を再び起こさなくてはならない(´・ω・`)

しかもピンポンを鳴らすから、みんなを起こしてしまう・・・(´・_・`)

スマホが無くても、きっとスーさんが乗換案内をしてくれるはず!!!(`・ω・´)

どうする!?私!!!



結局取りに帰りました・・・。

なんかやっぱりスマホが無いと不安で・・・。

姉を起こしてしまいましたが、怒るどころか「よく気が付いたねー!」って喜んでくれまして・・・。

良いおねぇちゃんです・・・。

結局15分ほど後の電車に乗る事になったのですが、乗り換えの連絡などを考慮し思い切って行先を変更!

八坂神社→下鴨神社→今宮神社の順に回る事にしました。

今宮神社へはバスを使うのですが、朝のバスって混むじゃないですか。

私酔ってしまうのです、混雑したバス・・・。

それを避けたくて朝早くに出発したのですが、乗り換えの連絡を考えると絶対ラッシュに巻き込まれる・・・。

それはイヤだったので、地下鉄で行ける八坂神社を先にしたのです。

が、結果としてそれで正解。

今宮神社を最初にしていたら、私きっと船岡山へは行ってなかったはず・・・。

うん、一見良くない様に思える出来事もそれで完璧なんだっていうのは、こういう事なんだと思うのです。

うん。

・・・て言うかスーさん、口で言う時と実力行使の時があるのは、なんでですか?



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。

ス 「それは君が素直じゃないからだ」

m 「・・・」

ス 「私が八坂神社からと言っても、君は『えー、イヤです』だろう」

m 「・・・」

ス 「君は自分が納得しないと私がいくら言ってもその意思を変えまい」

m 「でも、なんだかんだでスーさんの言う通りにしてますよ?」

ス 「それは納得した場合だろう?時間が無い時は実力行使だ」

m 「・・・」


それでは明日からは八坂神社編のスタートです!





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-11-17 05:00 | あさきゆめみし 京を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica