八坂神社編 その7。~あさきゆめみし 京を巡る旅~

八坂神社編、本日でお社探索はラストです。

八坂神社編 その5。~あさきゆめみし 京を巡る旅~



最後のお社は悪王子社。

f0351853_18454811.jpg

祭神は素戔嗚命の荒魂。



f0351853_18460755.jpg

意図した訳ではありませんが、足の向くままに参拝していたらラストがスーさんのお社となりました。

それにしても悪王子なんて、すっごい言われよう。

すんごい乱暴者な感じがしますよねw

・・・と思っていたのですが、違うんですって!

古語辞典を開いてみると、悪は接頭語として人名や人を表す官職名に付くと、『勇猛である、荒々しく乱暴である』という意味を成すそうで、この悪王子社の場合は特に霊験あらたかな神様みたいな感じになるのだとか。

んー・・・、でもおかしいですよね。

素戔嗚命が『王子』と呼ばれる意味が分からない。

素戔嗚命が王子様だった事ってありますか?

王子様ってすごくキラキラしたイメージがありますけど、素戔嗚命はどう考えても髭モジャのおっさんじゃん。

それに日本で言うなら、王子ではなくて『皇子』のはず。



スーさん 「おっさんはあくまで君の前に現れる場合だろう?」

musica 「えー、でも、いずれにしても王子様ってキャラじゃないでしょ~」

ス 「伊弉諾の息子だぞ?」

m 「伊弉諾さんは王ではないでしょ?」

ス 「いいから調べなさい」

m 「王子って言ったらもっとキラキラした・・・」

ス 「いいから」



じゃあまず、王子について調べてみます。

関係ありそうなのは王子信仰でしょうか?

Wikiによりますと、


『日本には古来、本宮と呼ばれる神社の主神からその子供の神として分かれ出た神格を祀ったり、巫女的な性格を持つ母神とその子神をあわせて祀る信仰があり、これを若宮あるいは御子神(みこがみ)と呼んでいた。

のちに仏教と神道の習合が進むと、仏教の神格のひとつで、図像では仏に顧従する児童の姿で表現される「童子」が若宮と習合され、王子と呼ばれた。

また、王子を祀る社も王子と呼ばれることがある』


で、


『祇園社の牛頭天王や日吉大社の山王権現の眷属神として、王子の姿をした八柱の神格である八王子権現が現れ、病気を払う力を持った霊威あらたかな神として広く信仰された』


うーん・・・、上記を読んでも素戔嗚命の荒魂のお社が悪王子と名付けられた意味が分かんない・・・。

このお社も神様違うんじゃないかな・・・。

普通に考えたら牛頭天王の子供である八王子が祭神でしょ。



ところで、上に出てくる山王権現ってどなたなのでしょう?

この方についても調べてみます。

Wikiによりますと、


『山王権現とは、日枝山(比叡山)の山岳信仰、神道、天台宗が融合して成立した、延暦寺の鎮守神である。

また、日吉大社の祭神を指すこともある』


また比叡山か・・・。

日吉大社は先日出来て来た日吉社の大元です。→八坂神社編 その4。~あさきゆめみし 京を巡る旅~

いずれにしても、元々の祭神は素戔嗚命ではなさそうですね・・・。



でも、とてもかっこいいお社です。

f0351853_18463041.jpg

美しい流造り。

色が良いですねぇ・・・。

渋いわ~~~。



こちらのお社へのご挨拶で、八坂神社のお社巡りは終了です。

次の目的地は下鴨神社なので、再び地下鉄へ乗り込む為に西門へ向かいました。

八坂神社の正門は南門なのですが、こちらは結局潜りませんでした。

皆様がお参りされる時は、是非南門から御参拝ください。



で、西門へ向かう途中で見かけた謎のモニュメント。

f0351853_18590284.jpg

何でしょうね?コレ・・・。

太鼓?

真ん中の巴紋のある部分には金網が張ってあります。

まるで扇風機・・・。

巴紋の彫りが扇風機の羽根に見える上に、指入れ防止の為のネットまで張ってあるんですもん・・・。



模様が素敵です。

f0351853_18591347.jpg

剣と龍!

どういう意味合いがあるのでしょうねぇ・・・。

龍が剣を飲み込もうとしている様に見えますよね・・・。

龍が剣を飲み込むって、なんだか意味がありそう!

ちょっと調べてみます!(`・ω・´)+



あー・・・、合っているかどうかは自信ありませんが、なんか仏教に倶利迦羅竜王(くりからりゅうおう)っていう不動明王の化身の竜の王様がいらっしゃるそうで、形像は岩上で火炎に包まれた黒竜が剣に巻きついて、それを飲もうとする様に表されるのだそうです。

倶利迦羅竜王は人の住むこの世を、剣は仏界をそれぞれ表し、衆生の心の内に仏の知剣を導き入れ、仏と人が一体となる様を剣を飲む龍で表現しているのだそうです。

は~~~、なんだかそれっぽいですよね。

ほんと仏教の場だったのですねぇ、八坂神社は・・・。

て言うか、迦羅って古代の朝鮮にあった国の名前ですよね?

倶利迦羅竜王は迦羅の神様って事?



ス 「それを言うなら唐だってそうだろう?」

m 「あー・・・(´・_・`)、うーん・・・(´^`)。うん!( ´ ▽ ` ) 今日はやめておきましょう!(`・ω・´)+」

ス 「君という者は・・・」



で、この扇風機じゃなくてモニュメントの前には、意味ありげな石もありました。

f0351853_18593096.jpg

磐座?

一体これは何なのか・・・。

八坂神社へ行かれたら、是非こちらも探してみてくださいね~。

明日は八坂神社と牛頭天王を振り返ります。



(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一を~。

m 「ねぇスーさん?」

ス 「うん、何かね?」

m 「なんか無いですか?」

ス 「フフフ、今日のひと言かね?」

m 「はい」

ス 「それでは、本日は金曜日だね。今週やり残した事は無いかね?その様な場合は土日にやろうと思っても、結局は上手くいかないものだ。今週やろうと思っていた事は今日しなさい」

m 「今週はまだ絵を描いていない・・・」

ス 「今日描きなさい」

m 「はー・・・い」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-11-25 05:00 | あさきゆめみし 京を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica