賀茂御祖神社編 その3。~あさきゆめみし 京を巡る旅~

本日は昨日の記事の補足から入ります。




昨日の記事では、本日は本殿をお参りした話から入ると書いたのですが、言社について書き直す事から始めます。

何でかと言いますと、一昨日・昨日と私の周りの人がちょっとした勘違いをされまして。

ひとつひとつは、あはは~って感じの小さな勘違いなのですが、それが2度3度続くと「あれ?何かおかしいな」と感じまして・・・。

もしかしたら、私が何か勘違いをしているよ、と言うメッセージではないか?と思ったのです。

では、私が今何か勘違いとか思い違いをしている事はないかな?と考えたところ、すぐに思いついたのが昨日の記事に書いた「言社」の事。

7人の大国主さんが祭神となっている干支のお社です。

f0351853_01213419.jpg

これらの末社の名前は言社。

社務所で頂いたパンフレットによりますと、

右側の大物主神・大国主神のふたつのお社を合わせて「二言社」、

真ん中の顕国魂神・大国魂神のふたつのお社を合わせて「一言社」、

そして左側の志固男神・大己貴神・八千矛神のみっつのお社を合わせて「三言社」、

と、それぞれ呼ぶのだそうです。



で、この中の一言社で思い出すのは、一言主神(ひとことぬしのかみ)。

最近よく目にしていたのです、何故か知らないですけど。

一言主神は『古事記』や『日本書紀』の雄略天皇の段に出て来られる神様です。

『古事記』によりますと、雄略天皇が葛城山へ鹿狩りに行った時に会った神様で、その時に、


「吾は悪事も一言、善事も一言、言い離つ神。葛城の一言主の大神なり」


と言ったのだそうです。

葛城と言えば、山背へ出る前に賀茂ちゃんが居た所と言う説があります。

うん、賀茂ちゃん系ですねぇ・・・。

そして、822年に書かれた『日本霊異記』では、一言主神は役行者に使役される神となっています。

役行者(えんのぎょうしゃ)と言えば、役小角(えんのおづぬ)。

役氏は三輪の賀茂氏から出た氏族ですので、地祇系の賀茂氏の血を引いている事になります。



一言主神をお祀りする神社の総本山は、奈良県御所市にある葛城一言主神社です。



祭神は一言主大神と幼武尊(わかたけるのみこと:雄略天皇)。

一言主大神は凶事も吉事も一言で言い放つ託宣の神とされ、現在も一言で願いを叶えてくれる神として信仰されているのだそうです。

なんか、すごいですね・・・。



で、今回の事に関係しそうなのは、一言主神と高鴨神=味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)が同一人物と言う説がある事です。

そして高鴨神は高鴨神社の祭神です。

高鴨神社・・・、皆さま覚えていらっしゃいますか?

そうです!出雲国造神賀詞に出てくる葛木の鴨の社の事です。



出雲国造神賀詞の中で高鴨神社の出てくる場面はここです。

『己命の和魂を八咫の鏡に取り託けて、倭の大物主櫛甕玉命と名を称へて、大御和の神奈備に坐せ、己命の御子阿遅須伎高孫根命の御魂を、葛木の鴨の神奈備に坐せ、事代主の命の御魂を宇奈提に坐せ、、賀夜奈流美命の御魂を飛鳥の神奈備坐せて、皇孫の命の近き守り神と貢り置きて、八百丹杵築の宮に静まりましき』

f0351853_03343826.jpg

で、この高鴨神社は、京都の賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)を始めとする、全国のカモ(鴨・賀茂・加茂)神社の総本社と称しているのだとか・・・。

おぉ、繋がりましたね!



出雲国造神賀詞のこの部分、

己命の御子阿遅須伎高孫根命の御魂を、葛木の鴨の神奈備に坐せ』

に関してですが、「己命」は「大国主神」の事ですから、「阿遅須伎高孫根命」は「大国主神」の「子」と言っている訳です。

つまり、賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)の総本社である高鴨神社の祭神は大国主の子、って事になるのかなぁ・・・。

だから下鴨神社の本殿の前に大国主さんがずらり並んでいても、まったくおかしくないよって事ですかねぇ?

いずれ記事に書きますが、下鴨神社には須佐之男命が祭神の出雲井於神社(いずもいのへのじんじゃ)がありますから、出雲系でもまったくおかしくない。



まぁ、おっさんに調べ直しをさせられて、こんな感じになったという事で、本日はおしまい!

疲れた!



(′□`●)ノvvvvvvvvvvvvココマデvvvvvvvvvvvv



それでは本日も良い一日を~。


昨日の話。

以前、手作りアクセサリーのネットショップを開こうとしたのですが、住所と名前が知られる事を懸念したスーさんに中止させられました。

ネットに個人情報を載せなければ良いのでは?とも思いましたが、それだと法律違反となる為、波動が犯罪を犯す人物のものに変化してしまい、人生に影響が現れると反対されたり。

目に見えない世界は難しいですね。

で、最近メルカリというスマホのフリマアプリでは、出品者・購入者のどちらの住所・名前も相手に知られずにやり取りが出来る!という事を知りまして。

これで物売ればいいじゃーん☆と思ったのです。



スーさん 「待ちなさい」

musica 「またですか。今度は何が問題ですか?」

ス 「待てと言っただけでやめろとは言っていない」

m 「時機じゃないって事ですか?」

ス 「まぁ分かるよ」



で、ふと思いついて、メルカリで「musica」と検索してみたのです。

すると残念な事に、既に「musica」という名前でユーザー登録をしている方がいらっしゃったのです。



m 「あー、残念・・・。また振出しかぁ・・・」

ス 「『待ちなさい』と言っているだろう?」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-12-07 05:00 | あさきゆめみし 京を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica