賀茂御祖神社編 その6。~あさきゆめみし 京を巡る旅~

はい、本日は下鴨神社編の続きです。

賀茂御祖神社編 その2。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その3。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その4。~あさきゆめみし 京を巡る旅~



前回の記事で西御本宮から小さな気の玉が送られてきた話を載せたのですが、その時挨拶をしたお社は別のものだったかもしれません。

境内図を見ていると西御本宮の横に霊璽社(れいじしゃ)というお社があり、どちらのお社から気が送られて来たのか記憶がはっきりしないのです。

で、その霊璽社。

祭神は霊璽。

河合神社にいらっしゃった方で、印鑑・契約守護の神様。

なんでも様々な約束事を護ってくださるのだとか。

契約の神様と言えば、以前勉強した八坂神社の境外摂社の冠者社の須佐之男命もそうでしたね!

京都の神様ってなんだか不思議です。

気を送ってくれたのが印鑑の神様だったとしたら、デコに何か判でも押されたのですかね・・・。

『下鴨』とか・・・。



さてさて、お次はお金を払って大炊殿(おおいどの)という神様へのご飯を作る場所を見学。

無料で参拝出来るのは言社と本宮までです。

ここからは有料。



有料域に入るとまずあるのは三井社で、同じお社が三つ並んでいます。

ん?河合神社の前にあったのと同じ名前ですね・・・。

祭神も同じです。

右から伊賀古夜媛命(いがこやひめのみこと)、賀茂建角身命、そして玉依媛命。

えっ!?

この三井社の横には垣を挟んですぐの所に、賀茂建角身命と玉依媛命の祀られた本宮があるのにも関わらず、また主祭神のお二人が祀られているのですか???

なんでまた!

下鴨神社の案内板によりますと、

「風土記・山城国賀茂神社の条に『蓼倉里三身社』、延喜式には『三井ノ神社』とある神社です。

奈良時代から平安時代にかけて、このあたり一帯は蓼倉郷と呼ばれていました。

三身社戸は、本宮の賀茂建角身命とその妻・伊可古夜日女命、その子・玉依姫命のことであり、三神が祀られています」

という事だそうです。

・・・何の解決にもならない・・・。



あの、元々この辺りの土地は秦さんが所有していたという説があるそうなんです。

で、秦さんから賀茂ちゃんに土地を譲られて、下鴨神社が出来る前に賀茂ちゃんの氏神を祀った、それが三井社だとかなんとか。

先日、秦さんと賀茂ちゃんの関係を書いた本を購入したつもりだったのですが、何故か賀茂ちゃんが山背に来る前に居た葛城について書かれた本が届きまして・・・。

まずそこから勉強しろって事なんでしょうけど、はー・・・。

とりあえず三井社の秘密はよく分からないのでこの辺で。



それから三井社の末社がみっつ。

ひとつは諏訪社、祭神は建御名方神。

それから小杜社で祭神は水分神(みくまりのかみ)。

そして白鬚社で祭神は猿田彦神です。

うーん、これらは普通に神社の末社として違和感はないですねぇ・・・。

というよりも、三井社だけで普通に神社として成り立ってる感じです。

うん、今はここまでにしときます。

資料が無いのでよく分かんないですし。



中門から出て本宮を振り返ってみました。

f0351853_03021231.jpg

本宮がちらり見える様な・・・。



さてさて、なんとなく左手に行ってみると、

f0351853_02093596.jpg

橋発見!



鳥居を越えて・・・。

f0351853_02095259.jpg



辿り着いたのは井上社!

f0351853_02102534.jpg

前の池は御手洗池と言われ、井上社の別名は御手洗社(みたらししゃ)なのだそうです。

祭神は瀬織津姫命、水の神様ですね。

元々高野川と鴨川の合流地東岸に鎮座されていたみたいなのですが、1470年に起きた文明の乱によって燃えてしまった為に、文禄年間(1592~96)にこの場所に再興されたのだそうです。

で、井戸の井筒の上に祀られたところから井上社と呼ばれるようになったのだとか。



お社の下は井戸なのですか・・・。

f0351853_02104199.jpg

京都の方は井戸の上に神社を建てるがお好きですねぇ・・・。



由緒書き。

f0351853_03015864.jpg

ほぉ~、みたらし団子発祥の地ですか!

池の底から吹き上がる水泡をかたどったって、なんだかロマンチックなんだけどみたらし団子!

みたらし団子は水泡が由来だなんて思いもしなかったところで、本日は終了~。



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。

musica 「何かありますか?」

スーさん 「何も無いよ」

m 「えっ!」

ス 「君が何も無いからそう尋ねるのであれば、私も何も無いと言うさ」

m 「えー・・・」

ス 「何かないかね?」

m 「うーん、今日も良く生きよう!」

ス 「ハハハ、それで良い」




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-12-11 05:00 | あさきゆめみし 京を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica