賀茂御祖神社編 その8。~あさきゆめみし 京を巡る旅~

本日も下鴨神社編の続きです。

賀茂御祖神社編 その2。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その3。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その4。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その5。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その6。~あさきゆめみし 京を巡る旅~



突然現れたスーさんのお社。

f0351853_19383053.jpg

その名は出雲井於神社(いずもいのへのじんじゃ)。



もう一度由緒書き。

f0351853_01325850.jpg




ちょっと一部をアップにしてみました。

f0351853_01104175.jpg

「延喜式」に「出雲井於神社」とある神社で「日本書紀」神武天皇2年(BC659)の条に、葛野主殿県主部(かどのとのもりあがたぬしべ)とある人々が祖神としてお祭りした神社です。

古代山代北部に住んでいたこの県主部たちは、鴨氏と同じ祖先に属し「神亀3年(726)山背国愛宕郡出雲郷雲上、雲下里計帳」(「正倉院文書」)で知られる人達です。

大宝令(700)以降、山代国葛野郡は四つに分割され、鴨川と高野川の合流地点より東山、北山までの地域が愛宕郡(おたぎぐん)となり、鴨川の東岸が蓼倉郷(たてくらごう)、西岸が出雲郷となった。

「井於」とは鴨川のほとりのことで、出雲郷の鴨川のほとりの神社という意味です。



今回の地図は赤いアイコンが出雲井於神社です。


青いアイコンは出雲郷あたりで、紫のアイコンが蓼倉郷あたりとなります。

出雲郷は鴨川の西岸な訳ですから、現在賀茂川の東岸にある下鴨神社の境内にある出雲井於神社は移されたものと考えてよいのかな?



さてさて、問題は何故出雲なのか?という事。

レファレンス協同データベースにこの様な記載がありました。



『出雲氏は,天穂日命(あめのほひのみこと)を始祖とする氏族です。

平安京以前に,山陰道の出雲地方から丹波を経て京都(山背国愛宕(おたぎ)郡出雲郷)へ移住し,大きな勢力を築いていたといわれています。

氏の名から出雲郷の地名が生まれ,現在でも出雲路(京都市北区)や出雲路橋という名が残っています。

出雲井於(いのうえ)神社と出雲高野神社は,出雲氏の氏神で「延喜式」神名帳にも記載されています。

現在はそれぞれ下鴨神社と崇道神社(京都市左京区)の境内末社となっています。

古くは,氏寺である出雲寺(上出雲寺・下出雲寺)も出雲郷に存在し,早くから仏教文化を受入れていたといわれています。

また,出雲氏は一定の教養や技能を身に着けていたとみられ,下級官人として活躍していました。

紙漉きなど優れた手工業の技術を持っていたとされています。

2004年の発掘調査で,出雲氏が居住していたであろう竪穴住居の遺構と,鉄を鍛える際に飛び散った鉄くずや道具が見つかり,鉄製品を生産していたことも明らかになりました。』

出雲高野神社・・・、調べてみましょう。

出雲高野神社は京都市左京区上高野の崇道神社の境内社で、祭神は玉依姫命。


赤いアイコンが崇道神社、青いアイコンが出雲井於神社、ついでに黄色いアイコンが下鴨神社の奥宮の御蔭神社。

御蔭神社が崇道神社の近くにあったので、ついでにアイコンを置いてみました。

なるほど、こういう位置関係ですか、と分かったところで本日は終了~。



**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**



それでは本日も良い一日を~。

musica 「難しいところですね」

スーさん 「難しいと思うから難しい。思い出してごらん、縄文時代に生きた者達は定住していなかったと聞いた事があろう?」

m 「はい。稲作をする様になってから定住するようになったと」

ス 「古代において四季の移り変わりに合わせ、人々が移動する事は当たり前だった」

m 「うーん・・・」


明日、12月15日(木)深夜 1:00~午前7:30までシステムメンテナンス為、アクセス出来ないそうです。

あー、忘れそうー・・・。

ブログの更新の時間に気を付けよう~。





[PR]
Commented by ヒロ at 2016-12-14 21:43 x
こんばんは😃🌃

musicaさん、ご存じかもしれませんが、日にちが先日付(15日)になっていますが、故意的にでしたか('_'?)
Commented by garoumusica at 2016-12-14 23:47
> ヒロさん、ありがとうございます。

ほんとだ!気がついていませんでした!
後で←直しときます(`・ω・´)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-12-14 05:00 | あさきゆめみし 京を巡る旅 | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica