ガラスのコップの上にラピスの大玉が落下し、コップ粉砕す。

昨日はですね、非常に衝撃的な事が起きまして・・・。

コップの上に直径8.5㎝、重さ850gのラピスラズリの丸玉が落下し、コップ粉砕・・・。

カーヴィーのDVDを見るのに邪魔な椅子をテーブルから移動させたのですが、その時に椅子がテーブルに当たってしまって。

その衝撃で机の上に置いてある、色鉛筆を仕舞っている8段のケースの上に飾ってあったラピスが落下。

で、ケースの真ん前に置いていた水入りのコップの上に直撃した模様です。

運の良い事に机とは反対側のベッドへ移動したところだったので、私には落下の際の影響はありませんでした。



ホントこれ、運が良かったです。

いつもだったら椅子を動かした後は机に古いノートパソコンを設置するので(これでDVDを見る)、コップの破片が私に直撃していたはずなのです。

でも昨日に限っては、何故かベッド側へ移動していたので、直撃しなかった・・・。

「ぐわしゃ」という音で振り返ったのですが、一体何が起きたのか理解出来ませんでした。

コップが割れた場合、通常だとコップの形を留めている場合が多いですが、今回は本当に粉砕、木端微塵。

机の上になにかキラキラした物が大量にあって、その周りに水溜りがある。

一体何が起きた?って感じで、その大量のキラキラした物が元はコップだったという事に気が付くまで、かなりの時間が掛かりました。

それでようやくコップの上にラピスの丸玉が落ちたらしいという事に気が付き、片付け開始。



スーさん 「素手で触るな」

musica 「大丈夫ですよ、割れたガラスで手を切った事なんて無いですもん。あっ!」



ガラスを摘まもうとした瞬間、鋭利な部分がほんのちょっと指に刺さり、縫い針を指に刺した時程度の出血が・・・。



ス 「それだけで済んで良かった」

m 「こんな少女漫画の様な事が起きるなんて・・・」

ス 「何を言っているのだ、君は・・・」

m 「アレですよ。誰もいない部室で1人お茶を淹れようとする私。そこに突然入って来る憧れの先輩・・・。

先輩 「さみー!あ、musiちゃん、何淹れてんの?」

m 「あ、お茶、緑茶を・・・」

先 「渋いねー、俺にも頂戴?」

m 「あっ、ハイ。あっ!」

ガシャーン。

慌てる私。

先 「ちょっ!大丈夫?」

m 「ハイ!今、片付けます、アッ!」

素手で破片を拾おうとして指先を切る。

先 「大丈夫!?」

m 「あっ・・・」

先輩は私の手を取ると血の付いた指先を口に含んだ。

m 「せ、先輩・・・!?」

先 「消毒、これで大丈夫。後は俺がするからmusiちゃんは保健室行って?」

m 「は、はい」

慌てて部室を飛び出すと、部室の扉の前で先輩の口が触れた指を、ぎゅっと胸の前で握りしめた。

m 「先輩・・・、指が熱いよ・・・」

スーさん 「何を考えているのだ君は・・・」

m 「何でもないです」←止血の為にセロテープを指に貼る。



まぁこんな感じでコロコロとガムテープを使い、2時間掛けてガラスの破片を処理しました。

ハウスダストのアレルギーがひどいので、掃除機をかけられないのでちょっと大変でした。

いまだに欠片が回収しきれていない様で、「あれ?手首がチクチクする」と思って手首を見ると、小さなガラスの欠片が乗っていて、セロハンテープで欠片を取ると5㎜ほどの傷が・・・。

床とかまだまだ欠片が落ちてるんだろうな~・・・。

カーヴィーをする時は滑り止め付のソックスで床に直接立つので、欠片で怪我をしそうで怖いですね。

今回の出来事は今年最後の厄除けが出来たという事で、まぁどんまいです。



本日の本館でアマゾナイトの特集をしました。

f0351853_03595714.jpg


良かったらこちらもご覧ください→画廊 musica「アマゾナイト2点。 」



☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡



それでは本日も良い一日を~。

m 「今回コップが割れる直前に、いつもとは違う行動をして難を逃れられたのは、スーさんのお陰ですか?」

ス 「どうだろうね。君の無意識の行動かもしれぬぞ?」

m 「そういう無意識のレベルに、守護さんが働きかけてくれてると思うのです」

ス 「君自身は私が助けたと思っているのかね?」

m 「うーん、はい。本当にいつもとは違う行動をとって、ガラスの直撃を免れましたから。それに怪我をする直前にも『素手で触るな』と注意喚起をされましたし」

ス 「注意喚起をしても君は言う事を聞かぬ。だから大きな怪我をしそうな時には無意識に働きかける」

m 「ありがとうです」

ス 「針を刺した程度の怪我をしたが、それは勉強と思いなさい」

m 「はーい・・・」





[PR]
Commented by めも at 2016-12-19 07:13 x
素で噴き出し、いや爆笑してしまいました(笑)。
ほんとにスー様の「何を言っとるんだ君は」、ご愁傷さまです(笑)。
Commented by garoumusica at 2016-12-19 18:04
めもさん、コメントありがとうございます。

少女漫画みたいな手の切り方だったので、思わず。。。
スーさんの言う事を聞かなかった結果なんで、尚更相手にしてもらえませんでした。
Commented by めも at 2016-12-20 03:33 x
セロテープがまたツボ(笑)でしたが、
化膿などお気をつけて…
大事になさって下さいね。(*^▽^*)
Commented by garoumusica at 2016-12-21 03:21
> めもさん

理想と現実って感じでしたw

>大事になさって下さいね。
ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-12-19 05:00 | つれづれ | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica