賀茂御祖神社編 その10。~あさきゆめみし 京を巡る旅~

山背の出雲氏で躓いていましたが、今年中に京旅を終わらせる為に、出雲氏に関してはとりあえず置いておいて、先に進む事にします。

私達は前を向いて歩いて行かなければいけない・・・。



スーさん 「何を言っているのだ君は、本当に・・・」

musica 「そういう気分なんですよ~」



賀茂御祖神社編 その2。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その3。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その4。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その5。~あさきゆめみし 京を巡る旅~
賀茂御祖神社編 その6。~あさきゆめみし 京を巡る旅~



本日は下鴨神社の境内から出て、糺(ただす)の森の探索です。

糺の森の「ただす」とは諸説あるそうですが、「偽りを糺す」、賀茂川と高野川の合流点である事に起因して「只洲」、清水の湧き出る事から「直澄」、多多須玉依姫の神名に由来するという説などがあるそうです。

他には、木嶋坐天照御魂神社(蚕の社)にある「元糺の池」、およびその周辺の「元糺の森」から遷された名前であるという意見もあるとの事。

蚕の社と言えば秦さんとこの神社ですね!

賀茂ちゃんと秦さんは婚姻関係がありますから、さもありなん。



さてさてこの糺の森には、平安時代後期から江戸時代初期に渡って使用されたとみられる祭祀遺構が再現されています。

看板。

f0351853_23513437.jpg

あー、再現されたのは平安時代から江戸時代のものだけれども、平安京へ遷都する以前の遺跡も糺の森にはあるという事なのかな?



写真部分。

f0351853_23514495.jpg



左上の平面図。

f0351853_23520054.jpg



こんな感じで再現されています。

f0351853_23522112.jpg


アップ。

f0351853_23523519.jpg

平面図との対比。

f0351853_23520054.jpg

平面図の上の画像は、平面図の左上あたりにあたる様ですね。



f0351853_23525069.jpg

平安時代からという事は、賀茂ちゃんがこの辺りを支配しだしてから、という事になるのでしょうか。

以前、出雲氏さんの支配地域は鴨川よりも西側と書いたのですが、賀茂ちゃんが南下して来るまでは、下鴨神社の周辺も出雲氏さんの支配地域だったのだとか。

賀茂ちゃんの方が川上を支配していたので、水源を賀茂ちゃんに握られ、抵抗する事が出来ずに土地を譲ったのではないか、との意見もあるようです。

色々ありますねぇ・・・。



祭祀遺構はこんな感じです。

それでは出口に向かいます。

f0351853_23530456.jpg



最後の一枚。

f0351853_23531747.jpg

美しい森ですねぇ・・・。

という事で、下鴨神社編はとりあえず一旦終了。

出雲臣とか出雲井於神社に関しては、本を読んで勉強しときます。

何かまた分かったらその時に記事にしますね~。



明日からは元稲荷のある船岡山です。



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。

m 「大難は小難にってありますけど、今回のコップ粉砕事件はそんな気がしました」

ス 「人生には避けられぬ難が少なからずある。今回で言えば、君が出血をする程の怪我をするというものだった」

m 「今回は針で刺した程度で済みましたけど、大怪我をする可能性もあったって事ですか?」

ス 「そうだ。君が我々のような存在と離れてしまう生活を送っていたとしたら、硝子の破片を直接身に受ける様な惨事となってたであろう」

m 「でも今回はいつもとは違う行動をとった為に、直撃は避けられました」

ス 「我々からの導きを無意識で感じ取ってくれたからね、君は」

m 「いつも導いてくれている訳ですよね?守護さん達は」

ス 「そうだ。ほとんどの場合は無意識と言う形でね。だから理性で物事を判断するだけでなく、なんとなくと言う感覚も大切にしてもらいたいものだよ」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2016-12-21 05:00 | あさきゆめみし 京を巡る旅 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica