美豆良頭の南方先生の秘密?の巻 その1。

はい、今日も寒いですねぇ・・・。

で、

寒くて調べ物が出来ないのなら、先に今宮神社の画像を載せればいいじゃない!

と、画廊musica的マリーアントワネット発想を思い付いたのです。←しょぼい。

そしてそれをしつつ、311イラストの南方先生の絵に取り掛かったのです。

が!

その過程で私的にびっくりした事があったので、その話題を。

さようなら、私のマリーアントワネット・・・。



まずは南方先生のきな臭い話を。

以前「あさきゆめみし京を巡る旅」の記事に出てきた、久保 有政さんの『日本とユダヤ 聖徳太子の謎 』という本。

サブタイトルが『失われたイスラエル10氏族ち古代東北キリスト教徒「秦氏」がもたらした古代神道』。

この本の中には、南方先生の諏訪大社の事も出て来ます。

以下のような内容です。



諏訪の地にはヤマト王権による日本統一以前の時代に、既に「モリヤ神(洩矢神)」を拝する「洩矢族(もりやぞく)」が住んでいました。

洩矢神というのはWikiによりますと、諏訪地方を中心に信仰を集めた土着神で、ミシャグチ神と同一視される場合もあるそうです。

で、彼らが崇拝した「モリヤ神」は古代イスラエルの神と同じなのだそうです。

古代イスラエルの神「ヤハウェ」は「モリヤの神」とも呼ばれていたのだとか。

そして古代イスラエルの神殿は「モリヤの丘」に建てられました。

モリヤとはエルサレムの「神殿の丘」を意味する言葉であり、すべてのイスラエル人にとって聖地だったそうです。

諏訪大社の上社も「モリヤ(守屋)山」の麓に建てられています。

モリヤ族の人々はエルサレムの「モリヤの丘」にちなみ、そこをモリヤ山と呼んだようです。

ちなみに諏訪大社で行われる「御頭祭」という祭は、別名「ミサクチ」の祭とも呼ばれるそうです。

ミサクチは「ミ・イサク・チ」で、「イサクの古い物語から」の意味のヘブル語と解釈されているのだそうです。

イサクと言うのは、旧約聖書の『創世記』に登場する太祖のうちの一人の名前です。



というのが前提のお話。

で、昨日の話。



今回の311用イラストは、私が初めておっさんsを目にした?際の映像を描くのですが、それは何故か美豆良頭をした南方先生。

初めてのおっさんsでしたから、分かり易いようにいかにも神職です(`・ω・´) みたいな格好で現れてくれたのかな?と思っていたのです。

服装もボロボロではありましたが、THE古事記みたいな服装で。

今まで私は、特に気にしてはいなかったのです。

で、絵を描くにあたり、美豆良について改めてスマホで調べてみたところ、なんだか気になる記事を目にしたのです。

明日に続きます。



本日の本館ブログで「チャロアイトとアクアマリン、そしてガーネットを使ったネックレス」を載せました。

f0351853_04534463.jpg

意図した訳じゃなかったんですけど、なんとなくこの記事の内容に沿ったイメージ画像ですね・・・。




。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。



それでは本日も良い一日を~。

musica 「なんか私のブログって古代イスラエル人推しですけど、これ私、誘導されています?」

スーさん 「誘導ではない、事実の探索に過ぎぬ」

m 「ほんと~?」←疑い。

ス 「君の性格もあるだろう?須佐之男命や出雲族を称賛する本に関しては、疑いの目を向ける」

m 「なんかすっごい須佐之男命礼賛な本とかあって。神社で由来を調べて須佐之男命が出てくると、いとも簡単に出雲王国が~とか言っちゃうの。なんかそういうのを読んでると、『ヘイ、ユー!落ち着けよ!』って思っちゃいます」

ス 「君はあまのじゃくだからな」

m 「失礼な・・・。そりゃあ『スーさん素敵///スーさんすごい///』とか言って、わくわく☆スピリチュアルをしていた方が、ずっと楽ですよ!神社の由来とか氏族がとかめんどい事をしないで、『この神社はエネルギーが強くてクラクラ~☆』『神社の真ん中にエネルギーの柱が☆』とか言ってた方が、ずっと楽です」

ス 「それをしないのは?」

m 「私の性格」

ス 「フフフ、損な性格だな」

m 「どうせあまのじゃくですから」

ス 「ハハハ!」

m 「それを見越して色々やってる癖に~」

ス 「それが守護・先導役だ」

m 「ほら、誘導じゃーん」






[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-01-14 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica