個別包装の綿棒を切り分けていたら、えらい話に発展した話。

ついさっきその事実を知り、お腹が痛くなりました。



事の始まりは、個別包装の綿棒を切り分けていた時です。

私は耳垢が湿っているタイプなので、普段綿棒を使って耳掃除をしています。

私は耳栓をして眠るので、耳栓が汚れてしまわないように、軽くですが毎日耳掃除をしているのです。

5時とかに起床する父がまぁ周りに気を使えないタイプで、いろんな扉の開閉をバッタンバッタンするんですよ・・・。

私はそれで眼が覚めてしまうので、耳栓をして眠っているという訳です。



さてさて、意外とマメなところがある私は、個別包装の綿棒をひとつひとつ切り分けてポーチに収納しているのですが、ストックが無くなったのでちまちま綿棒を切り分けていたのです。

そしてある時ふと、耳垢で自分のルーツが分かるという話を思い出しまして。

湿っているか乾燥しているかで、縄文系か弥生系かが分かるというやつです。

なので作業をしながら検索をしてみたのです。



耳垢の型というのは、人類学上で大きな鑑別点のひとつに数えられているそうで、全人類の多数派を占めるのは湿性の耳垢。

乾性の耳垢はごく少数派なのだとか。

あ〜、じゃあ日本人はウェットタイプの耳垢が多いんだ〜、綿棒の種類も豊富だしね〜、と思ったのも束の間、日本人において湿性の耳垢が占める割合はわずか16%!

えっ!?16%しかいないの!?

で、この違いは何かというと、自分のルーツが縄文系(古モンゴロイド)か弥生系(新モンゴロイド)かによって、異なるのだそうです。

縄文系が湿性の耳垢で、弥生系が乾性の耳垢なのだとか。

湿性の耳垢は優性遺伝をするそうなのですが、それでも16%って・・・。

いかに日本人に弥生系の乾性耳垢を持つ人の割合が高いか、という事が分かります。



うちの場合は母が乾性の耳垢で、父が湿性の耳垢です。

当然姉も湿性。

で、湿性の耳垢の人にはとても残念な特徴があります。

それはワキガ・・・。

私は母の割合が高いのかワキガではないですが、汗をかく季節にはデオナチュレで予防しないと不安な感じ・・・。

で、姉と父はワキガ・・・。



さてさて、父方の家系を見ると、確かに顔付きは濃い、そして背は高くありません。

男でも170無いですね。

とは言うものの、60〜80代(亡くなっている人もいる・なんと9人兄弟)なので、年代的には高いのかもしれませんが。

そして何故だか分からないけど顔付きが、古代ユダヤに関する本に載っている、イスラエル人の古代イスラエル研究家の方に似ているのです。

特に数年前に鬼籍に入った伯父は、和製古代イスラエル研究家(?)という感じ。

伯父は日本で国籍を聞かれるくらいの顔付きで。

本で初めて研究家の方を見かけた時は、あれ?おじさん?って思ったものです。

それくらい似ています。



さてさて、県民性によっても耳垢が違うそうなんです。

うちの場合は母方が広島で、父方が岡山。

広島は渡来系と縄文系の入り混じった地域だけれども、渡来系遺伝子が強い。

なるほど、確かに乾性の耳垢だわ。

そして岡山。

西日本の中にあって、東日本的な縄文の遺伝子が強く見つかる地域(特に山間部)、だそうです。

おー、当たり当たり〜〜〜。

面白〜い、と思い母に報告。

そして母のひと言。



「お父さんは島根の出身よ」



!?!Σ(◎_◎;)

島根!?!(◎◇◎;)

まさかの島根!?

おっさんsの本拠地の島根!?

岡山はなんだったの!?と聞くと、小学生の時に岡山へ引っ越したとか・・・。



それでお腹が痛くなったのです・・・。

なんで出雲系のおっさんがここに居るのか。

その理由のひとつがなんか分かった気がします・・・。

父方の先祖に巫女だとか拝み屋だとか、そういう人が居たとか聞いた事ある・・・・・・。

うちは母方の姓を継いでいるのですが、父の旧姓に「かみ」入ってますもん・・・。

て言うか、母方の姓も神社由来ですけど・・・。

なんか、お腹痛い・・・。



で、ついでに島根の遺伝子について調べてみたのです。

だって父方には外国人の顔付きの人が居ましたから。

すると、出雲千家のY染色体のハプログループに関する内容が出てきました。

ハプログループというのは、先日記事に書いたアレです。→美豆良頭の南方先生の秘密?の巻 その2。

出雲千家は出雲国造の血を引かれていて、出雲大社の宮司を務める家系です。

で、出雲千家の男系子孫のY染色体のハプログループを調べたところ、結果はDだったのだとか・・・。

中国・韓国のハプログループはC・O2b(日本は30%)・O3が多いですから、意宇郡を本拠地としていた出雲国造は、縄文系という事になります。

なるほど・・・、なるほど・・・。

という事は、渡来系侵略者とされるスサノオはどうなるんでしょうね?

出雲国造の祖神は天穂日。

素戔嗚との誓約の際に天照大神の勾玉から生まれた神ですから、当然天津神です。

ですが遺伝子は縄文系を示すものだった。

はぁ〜〜〜・・・。

面白いですね。

そしてシルクロード経由かもしれない訳だ・・・。

島根出身の父方にイスラエル人そっくりさんがいるのも、そういう関係かもしれませんねぇ・・・。

あー・・・、お腹痛い。

綿棒を切り分けていたら、こんな事になりました・・・。

今日は頭をまとめる為に、一気に記事を書いてみました。



☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡



それでは本日も良い一日を〜。

musica 「遺伝子の本を買わせたり、親の出身地を勘違いさせてみたり。相変わらず手の平コロコロで(¬_¬) 」

スーさん 「面白いだろう?」

m 「お腹痛いわ!昨日から飛ばし過ぎでしょ!」

ス 「君が受け入れられる時期というものがある。今、このタイミングだから理解出来る事がある」

m 「なんか疲れました・・・」

ス 「忘れてはいけないのは、君自身は何も変わっていないという事だ。この事は忘れてはいけない」

m 「ガイド拝見にもありましたね、『今後の世界は大きく変わるように見えますが、自分の立っている場所は相変わらず同じであり、そこで成長していく事が必須なのです』」

ス 「君がすべきなのは目の前にある事を、ただ淡々とこなしていくだけだ。今で言うと、南方殿の・・・」

m 「オケッ!(okの意)」






[PR]
Commented by かなぶん at 2017-01-19 21:01 x
歴史を調べていて偶然拝見してから、面白いので読ませていただいてます♪

私もスピリチュアルな世界が好きですが、おっさん的な存在とやり取りは出来ずじまい…(T_T)です。

楽しそうで羨ましい限りです♪

いつか私もおっさん的な存在に出逢いたいです♪
Commented by garoumusica at 2017-01-20 18:22
> かなぶんさん、コメントありがとうございます。

>歴史を調べていて偶然拝見
なんだか申し訳ない限りです、真面目な検索でこんなブログが出て来ちゃってw(´∀`;)

>いつか私もおっさん的な存在に出逢いたい
これすごく難しいんですけど、聞いた話によると『出逢いたい』と思うと『出逢いたい』という状態=逢えていない状態を引き寄せるらしいです。
難しい世界ですねぇ・・・(´・ω・`)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-01-19 05:00 | つれづれ | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica