スーさんと梅見。

昨日は通院の日だったので、その帰りにスーさん神社と末社のスーさん神社へ行って参りました。

末社のスーさんの神社にはちょっとした梅園があり、先週からずっと梅が見に行きたいな~と思っていたのです。



musica 「末社のスーさんの所へ梅を見に行きたいな~」

スーさん 「うちの社(呼び出し神社の事)の境内にもあるよ。」

m 「えっ、嘘ー。見た事ないですよ?」

ス 「ほんとほんとw梅見においで」



という会話をしたのですが、本当に私は呼び出し神社で梅を見た事が無かったのです。

で、行ってみてもし無かったら、普段私がスーさんとしている会話はただの妄想に過ぎない事になる。

だから行って確かめるのがちょっと怖い・・・。

そんな事を先週思っていたのです。



そして昨日、そんな会話はすっかり忘れ、ふつーにスーさん神社へ挨拶をしに行ったのです。

駐車場脇にある鳥居から境内に入り、それから一旦出て、正しい鳥居から入り直します。

お社に辿り着くまでにある祠に挨拶をしつつ、のんびり歩いていたところ、なんと!本当に梅の木があったのです。



m 「わー・・・、初めて気が付きました・・・」

ス 「ちゃんとあっただろう?」

m 「はい。なんかホッとしました」

ス 「我々の会話が妄想でないと?」

m 「はい」

ス 「君は我々と交流する能力に自信が無いからな。だから他者にガイド拝見を頼む」

m 「うーん、自信無いですねぇ・・・。霊感は零感ですから」

ス 「でも今回の事で少しは自信が付いただろうか?」

m 「そうですね・・・、少しは」

ス 「この様な小さな成功を積み重ね、少しずつ自信を付けていけば良い。さて、今は梅を愉しもう。良い香りだね」

m 「本当に」



しばらくスーさん神社に滞在した後、今度は末社のスーさんの神社へ。

こちらはちょっとした梅園があるので、平日にもかかわらず駐車場は満車。

うわー・・・。

とりあえず皆さんにご挨拶をし、そして梅園へ。

THEニッポンって感じ。

f0351853_01382520.jpg

清らかな白梅。

f0351853_01382150.jpg

そして華やかな紅梅。

f0351853_01381440.jpg

とても良い香りでしたー。

それなのに、煙草を吸う輩が居たのですよ!

なんで梅の香りを楽しまないのか・・・。

なかなかその思考が理解できません。



さてさて、末社のスーさん神社で引いたおみくじ。

これがなかなかツボりまして・・・。

項目別の神様メッセージのところなのですが、その内容は「学問 努力すればよろし」とか、「失物 物陰にあり」とか、「病気 思わず早く治る」という感じだったのです。

が、恋愛!

恋愛の部分の口調がいきなりコレです。

f0351853_02333834.jpg

えっ!?

何でそこだけ口調が素になっちゃってるの!?

他の所は神様口調なのに・・・。

f0351853_02340205.jpg

恋愛の所だけ素が出ちゃってますよ、神様!!!



m 「南方先生の絵の時にバックミュージックがラブソングだったので、もしや私に春の嵐が!?とか思っちゃったんですけど・・・」

ス 「だからこその『ちょっと待ちなさい』だろう?」

m 「だからって『ちょっと待ちなさい』は無いですよー。普通なら『しばし待て』とかそんな感じでしょう?なに素に戻ってるんですか。神職口調忘れないでくださいよ」

ス 「それだけひっ迫感があろう?」

m 「余計なお世話と言うかなんと言うか・・・」



おみくじの恋愛の部分を読んで、思わず吹き出してしまったmusicaでした。



(●・ω・)(・ω・◎)(○・ω・○)(◎・ω・)(・ω・●)



それでは本日も良い一日を~。

m 「次は桜ですね!」

ス 「いつでもおいで」

m 「はーい」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-03-01 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica