南方先生の矛盾?の巻。

昨日は蛇と剣を中心に描きました。

f0351853_04391279.jpg

白蛇はかわいい、カワイイは正義、故に白蛇は正義です。



さてさて、以前南方先生はこう言われました。



南方先生 「手前の金から黒へと変化する幕は、君達の世界と我々の世界を隔てるものだ。だが、諏訪湖にかかる御神渡りを、君は絵を見る者の方へと向けた。諏訪湖は現実の世界にあるものであり、我々の世界と結び付けるものだ。御神渡りを君が絵を見る者の方へと向けたという事は、我々の世界と絵を見る者の世界を結びつけたという事だ。だから君は獅子や龍を見る事が出来、それを描く事で他の者達にもその姿を共有する事が出来るのだ」



ですけど、今回幕のこちら側に蛇と剣を描いた訳ですけど、↑の理論が破綻しません?

諏訪の蛇って神話とか伝説の世界の住人じゃないですか。

剣も。

それらが私達の世界側にあるっておかしいですよね。



み 「おかしくないよw」

musica 「何でですか?神話の世界の人達がこちら側に居る事になっちゃいますよ」

み 「蛇も剣も、君達の世界のものじゃないか」

m 「!!!Σ(゚Д゚) 」

み 「そうだろう?君達と我々を隔てる幕の向こう側には、獅子と龍、そして私だ。幕のこちら側は蛇と剣。何らおかしくない」

m 「・・・。あっ!でも!幕の向こう側に諏訪の土地が描いてありますよ!」

み 「土地は土地だよ~。それは屁理屈」

m 「・・・」←ぐぬぬ。



。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。



それでは本日も良い一日を~。

スーさん 「まぁ、楯突いても大人しく描いているあたり、良しとしよう」

m 「・・・」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-03-05 05:00 | 南方先生 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica