お金繋がりで引き合う相手とは?の巻。

ありがたい事に、ネットで売れた商品を配送する際の梱包資材などが無くなりそうになったので、昨日は百均へ行って参りました。

プチプチとかチャックの付いた小さなビニール袋とか、メッセージカードとかマスキングテープとか封筒とか。

一番外側の梱包はいい物を使いますが、その他の経費は押さえたい・・・。

百均って便利だな~・・・。



で、また欲を試された話です。

使わなくなったアクセサリーをフリマアプリに出品しているのですが、ふと気が付くと売出し中の商品にコメントが3時間ほど前に付いていまして。

その内容は、「お値引きはダメですか?」というもの。

それに対して私は『別にいいよ』と思ったので、1割程度引いた額を提示したのです。

が、その後でスーさんが「相手について調べてごらん」と言うので、ちょっとコメントしてくださった方のショップを拝見してみたのです。



そこでは自己紹介とか取引をした相手からの評価を見る事が出来るのですが、評価を見てみると、良いという評価と悪いという評価が同じくらいの数!

普通という悪い評価寄りの評価も入れると、良い評価を上回ってしまう程・・・。

どうもこの方は購入の手続きを進めた後で支払いをせず、連絡も取れないままキャンセルとなるという事を繰り返しているようです。

なるほど・・・。

で、プロフィールを拝見すると個人情報がすごく書いてありまして。

かなり内容をぼかして書きますが、〇〇県在住、シングルマザーで○歳の娘と暮らし、新しい生活を始めたばかり。

娘の好きなキャラクターは〇〇で、私の好きなブランド名がズラリ。

〇〇という難病を抱えていて連絡は出来ない、支払いはお手伝いさんがする。

難病の為に迷惑をお掛けしますがご理解ください、などなど・・・。



なんだかすっごい危うい・・・。

このフリマアプリは実名での取引のみなのです。

なので相手の住所と名前もお互い分かるようになっているので、ここまで個人情報が書いてあったら、娘さんとか犯罪に巻き込まれる可能性も無きにしも非ず・・・。

娘さんの好きなキャラクターで釣ったりとか、お母さんの名前と病名を出して「お母さんが入院した!」などと言って連れ出す事も可能ですし。

この方なんだか危う過ぎる・・・。

悪い評価が多い理由も分かりました。

病名から症状も分かりますので、連絡無しでキャンセルする理由もまぁ、理解出来ます。

まぁ、と付けたのは、ブランド品を漁って値引き交渉する元気もあるのに、支払いが出来なくなった旨を一言コメントする元気はないのかな?とも思ったからです。



そして私の中で欲と向かい合います。

2分の1の確率で良い評価なのだから、とりあえず購入してもらう。

もしかしたらお金を払って貰えるかもしれないですから。

それとも、まだコメントを読んでいないだろうから、値引きは出来ないとコメントをし直す。

そうしたらこの方は購入しないだろうから、縁を結ばなくて済む。

お金か、トラブルか、2分の1の確率。

悩む必要はありません、トラブルは嫌です。

値引きは出来ないとコメントをし直そう!

という事で、一度書いたコメントを消して、値引きは考えていないとコメントをし直したのです。

で、その後連絡が無いので、この件は終わったと思われるのです。



musica 「ここまで個人情報をみんなが見る事が出来る場所に書くなんて、この人心配になる・・・」

スーさん 「それは相手の学び。君が相手を心配をするという事は、その相手と繋がるという事だ。君は縁を結ばぬという結論を出したのだから、これ以上は考えるな」

m 「そうですけど・・・。ネットは世界中の人が閲覧出来るという事を忘れてはいけませんねぇ」

ス 「この者と何故繋がったか分かるかね?」

m 「そうですね・・・、ブランド品繋がりですよね。しかも難病持ち。私もこのアクセサリーを購入した際、200年近い歴史のあるこのブランドの持つ、力強さとかデザインからエネルギーを貰いたいと思っていたのです。エスプリとかそういうのにも惹かれたし・・・」

ス 「一種のお守りとして購入したと」

m 「そうかもです。今はもうスーさんが見繕ってくれた指輪ひとつあれば、それ以外の物は必要ないという心境に至ったので、それ以外の物は処分する予定なのですが。でも似た様な人を引き寄せてしまったので、浄化したり情報を抜き取ったつもりでも、まだまだ私の念みたいなのが残ってたりするのかな・・・」

ス 「それは責任持って抜いている。君が私が見繕ったもの以外はいらぬと言うのだ。張り切ってその責任を負うさ。この度は君達の共通する部分で引き合ったと言えよう」

m 「なるほど・・・。それにしても、今までの取引はみんな即決で支払ってくださっていたので、トラブルとは縁がありませんでしたが、こういうパターンもあるんだなと勉強になりました」

ス 「金の絡む人との付き合いだからこそ、誠実であらねばならぬぞ」

m 「はい。個人情報の管理も気をつけよう。相手のも、自分のも」

ス 「気をつけ過ぎる事に悪い事は無い」

m 「いつもは過保護スーさんをからかっていますが、こればかりはほんと気をつけよう。この方のお陰でまたひとつ学ばせてもらいました」

ス 「君の周りの者は皆、教師だよ」



o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"



それでは本日も良い一日を~。

m 「世の中にはいろんな境遇の人がいるな・・・」

ス 「コラ、必要以上に相手の事を考えるなと言っただろう?」

m 「そうでした」

ス 「これは霊の方が分かりやすいかもしれぬ。霊体と遭遇した際に意識をそちらに向けると取り憑かれるという話を聞いた事があろう?」

m 「ありますね!霊は意識体だから意識を向けると波長が合いやすいとか」

ス 「それと同じだ。実体のある人間はより念がこもる故、より強力だぞ」

m 「記事にしたところで、この話はしゅうりょ―」

ス 「それで良い」





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-04-19 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica