改めて感情について学んでみよう、の巻 その4。

ついっさっきまで、ブルゾンちえみさんの事をブルボンちえみさんだと勘違いしていた画廊musicaです。

そういう事って、よくありますよね。

ちょっとしたボタンのかけ違いからはじまる恋の擦れ違い・・・。



スーさん 「何を言っているんだね、君は」

musica 「私もいい女キャラで行こうかと思って」

ス 「いいから、早く始めなさい・・・」




おっさんがうるさいので始めます。

バシャールさんの本はぶっちゃけ「身の回りで起こる事は中立・ニュートラル」という事以外、印象に残っていません。

どうしても読めない本って、世の中にはあります。

特に外国の人が書かれたニューエイジ系の某宇宙人とか某天使系などの本。

本屋さんで平積みにされていると読んでみたくなり買ってみるのですが、飽きるし寝ちゃうし胃がムカムカするし。

本には「寝てる間に情報がインプットされます」とか書かれていたりするのですが、こっちとしては「マジかよ!」って感じです。



そんな中で興味深く読めた本が、2007年に出版されたヒックス夫妻による『引き寄せの法則』。

引き寄せの法則というと、ヒックス夫妻の本の1日前に出版されたロンダ・バーンさんの『ザ・シークレット』という本が有名ですが、『ザ・シークレット』はヒックス夫妻のセミナーに参加したバーンさんが感銘を受けて映画化したものを書籍化したものなので、元ネタはヒックス夫妻の『引き寄せの法則』となります。

スピリチュアルな本ではありますがこの2冊の関係はきな臭く、元々は映画『ザ・シークレット 』にヒックス夫妻も出演していたのですが、ヒックスさんとバーンさんが仲たがいをし、最終的にヒックスさんの出演場面を全てカットするという事で落ち着きました。

仲違いって言うのもヒックスさんが「引き寄せの法則」という言葉を商標登録しようとしたから、というものだそうです。

『ザ・シークレット 』で「引き寄せの法則」という言葉が我が物顔で使われる事がイヤだったんですかね?

2回申請して2回却下されたそうです。

その代わりに「ヴォルテックス」という言葉を商標し、それからはこの言葉を前面に出して活動し始めたようです。

商標っていう言葉が出るとビジネスな感じがして、ちょっと胡散臭い気がします。



『ザ・シークレット 』の本も持っているのですが、これもちょっと読めない系の本でした。

『引き寄せの法則』は大丈夫なのになんで『ザ・シークレット』は駄目なのか気になって、今ネットで調べてみたのですが、なんとなく分かりました。

出演者が殺人を犯していたり、学歴詐称をしていたり、投資会社で不正をしていたりと、なんかすごい事になっていまして。

内容は良いはずなのにそれを使う人が精神的にしっかりしていないと、結局は無意味なんだな~と思いました。



ですが、『引き寄せの法則』の本でも感情に関してとても印象に残っている内容があるので、そちらを見ていきます。

この本では人の感情を「素晴らしいナビゲーションシステム」と言っています。

それはどういう事かというと、この本では私達にある潜在意識・広やかで古くて賢い神聖なる部分を「内なる存在」と呼んでいるのですが、その内なる存在と私達との関係を示す物質世界での指標が「感情」なのだそうです。

例えばある対象に対し「前向きで明るい感情」を抱いたとすると、それは内なる存在の見方と一致している。

反して「ネガティブな暗い感情」を抱いたとすると、それは内なる存在の見方とは不一致である、という感じです。



この本では「永遠なる宇宙の法則」というものを説明してあります。

「宇宙の法則」にはみっつあるそうで、まずひとつ目は表題の「引き寄せの法則」

次に「意図的な創造の方法論」

そして「許容し可能にする術」です。

第一の「引き寄せの法則」は、「それ自身に似たものを引き寄せる」というもの。

第二の「意図的な創造の方法論」は、「私が考え、信じ、あるいは期待した事は実在する」というもの。

第三の「許容し可能にする術」は、「私がありのままの私で、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう」というものだそうです。



さてさて、「感情という素晴らしいナビゲーションシステム」は、第二の「意図的な創造の方法論」にて利用する事になります。

それはどういう事かと言いますと、まず「意図的な創造の方法論」は「私が考え、信じ、あるいは期待した事は実在する」というものでした。

望む事を考えても望まない事を考えてもこの法則は働いていますから、意図的に思考を差し向ける事が重要になってきます。

が、次から次へと浮かんでは消えていく思考を見張る事は大変です。

なので、「感情という素晴らしいナビゲーションシステム」を利用しましょう、という事らしいです。

何故なら、感情は私達にある潜在意識・広やかで古くて賢い神聖なる部分である「内なる存在」と、私達との関係を示す物質世界での指標だから、という事です。



明日も続きますが、手っ取り早く本を読まれた方が良いかもですねぇ・・・。



*:.。..。.:*ヽ(*゚∀゚)ノ*:.。..。.:*ヘ(゚∀゚*)ノ*:.。..。.:*



それでは本日も良い一日を~。

m 「お金が絡むとスピリチュアルは胡散臭くなりますねぇ・・・」

ス 「癒しは卑しいと言われても仕方あるまい」

m 「教えまで胡散臭くなるからもったいないです」

ス 「それはもったいない事だ。ワイヤーアクセサリーを中傷した者がいたが、それによって君は新しい材料や制作方法を模索する事が出来た。中傷を聞かされた事は不快であったかもしれないが、それによって得たものは大きい。それと一緒で、その得たものまで否定する事は無かろう?」

m 「まぁ、そうですね・・・」







[PR]
Commented by りっきい at 2017-04-23 14:00 x
私は、一時「ブルボンのぞみ」と思ってました。もはや、別人ヽ(´o`;
Commented by garoumusica at 2017-04-23 21:20
りっきいさん、コメントありがとうございます。

ジブリで主題歌を歌ってそうです。
ギターを弾くおじさんと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-04-23 05:02 | つれづれ | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica