改めて感情について学んでみよう、の巻 その6。

はい、という訳で本日は思考の変換についてみていきます。




ここ最近、私の中で病院以外でネガティブになった話題と言えば、北朝鮮の日本への核ミサイル発射の話題。

ネットのニュースサイトに核ミサイルが発射された時に、どのような行動を取れば良いのかという記事が載っており、それを私はごく自然に身近に起こり得る事として受け入れて読んでいた事に気が付きまして。

私の中では北朝鮮から日本に向けて核ミサイルが発射される可能性がある、という事が当たり前になっている事に気が付き、なんだか自分でビックリでした。

アサド政権によるシリアへのサリンを使った化学兵器攻撃に始まり、アメリカによるシリアのシャイラート飛行場へのトマホーク巡航ミサイル59発の発射。

更に原子力空母カール・ビンソンの朝鮮半島近海への北上。

そして海上自衛隊が米空母カールビンソンと共同訓練を開始。

この流れから私の中ではごくごく自然に、北朝鮮が在日米軍基地を標的にして核ミサイルを発射してもおかしくない、という認識が生まれていたようです。



で、エイブラハムさんが言われている引き寄せの法則によると、

『具体的に何かを望んでも望まなくても違いはない。

引き寄せられて来るのはあなたが関心を向ける対象のエッセンスである波動だ。

だから本当に心から望む事は実現する。

そして本当に心から嫌だと思う事も実現する

そうなので、エイブラハムさん的、と言うか宇宙の法則的には、望まない事には意識すら向けない方が良いようです。



じゃあどういう風にすれば良いのでしょうねぇ・・・。

本を読み直していたら、この様な事が書いてありました。

『ネガティブな感情が湧いた時が付いたら、経験したいと思う事へ穏やかに思考を向けるといい』

私が経験したいと思う事・・・。


ふふふってなりますよねw

これがポジティブな感情。



あとは思考をちょっとずつ変化させて行きましょう、みたいな事も書いてあります。

本に書いてある例を元に、核ミサイル問題に対しネガティブになっている意識を変化させてみましょう~。



「北朝鮮が日本の在日米軍に向かって核ミサイルを発射するかもしれない」

「ミサイルの精度がそこまで良いとは思えないから、軌道が外れて住宅地に核ミサイルが落ちるかもしれない」

「核ミサイルではなくても、シリアでの化学兵器攻撃を参考にサリンを使った攻撃があるかもしれない」

「いや、それは大袈裟だ。そんな能力がある訳がない」

「いつだってミサイルは海に落ちているではないか」

「それどころかつい先日は核実験が失敗に終わっているではないか」

「必ずミサイルが発射される訳ではない」

「日本が攻撃されない可能性はいくらでもある」

「私は攻撃される事を望まないし、平和である方が気分が良い」

「今、私は自分の思考のパワーを理解し直しているところだから、状況は良くなってきている」

「今は『引き寄せの法則』のパワーを理解している。だから状況は変わった」

「私達が北朝鮮による核ミサイル攻撃を経験しなければならない必然性は無い」

「自分が望まない経験をしなければならない必然性は無い」

「経験したい事の方へ思考を向ける事は可能だ」

「望む経験をする方へ人生を動かしていこう。そう考える方が気分がいい」



以上がネガティブな意識をポジティブな意識へと変えた、という事なのだそうです。

現実逃避じゃんって言われたら何とも言えませんが、「宇宙の法則」である「引き寄せの法則」と「意図的な創造の方法論」的にはこう考えた方が良い、という事です。

私の経験では「引き寄せ」ってあるんですよねー・・・。

ちょっと金銭的な卑しい事をブログに書くとそういう人が寄って来るし、これが必要だな~って思っていたものがおまけで大量に頂いたり・・・。

あとはお得に手に入ったりとか。

このブログを続けてご覧くださっている方なら、そういういう事もあるという事をご理解いただけるかと思います。



musica 「でもこれってスーさん達がしてくれたのでは?」

スーさん 「忘れてはいけないのは、私がいつも言う『我々は一心同体』という言葉だ。『宇宙の法則』では、自分の中にある『内なる存在』について言及してあっただろう?」

m 「はい。えーっと、『私達にある潜在意識・広やかで古くて賢い神聖なる部分を「内なる存在」』と呼んでいます」→改めて感情について学んでみよう、の巻 その4。

ス 「それは我々守護・ガイドも含むという事だ」

m 「なるほど・・・」



明日も続くかもしれません。



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。

ス 「ほら、先程見せた記事も紹介しておきなさい」

m 「あっ!そうでした!現代ビジネスの脱北した元北朝鮮外交官のインタビュー記事です。大変勉強になるので一度読まれてみると良いかもです。→脱北した元北朝鮮外交官が警告「日本も対岸の火事ではいられない」。非常に説得力があります」

ス 「これは『意識をネガティブに向けるのではないか?』と思うかもしれないが、そうではない。相手を理解する事でポジティブへと変換出来るという事だ。君にこの記事を読むように言ったが、読んでみてどうだったかね?」

m 「そうですね・・・、脱北した元北朝鮮外交官という内情をよく知る人が語った金正恩外交ですから、非常に信憑性が高いです。そして金正恩外交の目的を知る事が出来て、状況をより冷静に見る事が出来る様になりました」

ス 「つまりポジティブな感情を抱けるようになったと」

m 「そうかもです」





[PR]
Commented by garoumusica at 2017-04-26 05:18
> るいさん、コメントありがとうございます。

平和で安心な生活を送れている私達は幸せ者ですねぇ・・・。
昔の日本の方達やおっさんsに感謝です・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-04-25 05:03 | つれづれ | Comments(1)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica