『宇宙の法則』について理解し直せと言われたのでそうしてみる、の巻 その1。

タイトルの通りです。



スーさん 「逃げを感じるタイトルだな」

musica 「だって『宇宙の法則』っていう名前がちょっとアレじゃん!」

ス 「ほら、君は『引き寄せの法則』を理解していないだろう?」

m 「あー、『ちょっとアレじゃん』って思ってしまう様な状況を引き寄せる・・・」

ス 「そういう事だ。だーかーら!私は『良い機会だから「宇宙の法則」についてきちんと理解し直せ』と言ったのだ」

m 「・・・」←ぐぬぬ。

ス 「ほら、もう一度『宇宙の法則』を記入してみなさい」

m 「『宇宙の法則』は、『引き寄せの法則』と『意図的な創造の方法論』と『許容し可能にする術』の三つで、

第一の『引き寄せの法則』は、『それ自身に似たものを引き寄せる』というもの。

第二の『意図的な創造の方法論』は、『私が考え、信じ、あるいは期待した事は実在する』というもの。

第三の『許容し可能にする術』は、『私がありのままの私で、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう』というもの」

ス 「コピペするな、馬鹿者!」

m 「長いじゃん!コピペという便利な方法があるのだから、それを使うのが当たり前でしょ?」

ス 「そうか、では『宇宙の法則』を理解し利用するという便利な方法があるのだから、それを使いこなす事は当たり前だろう?」

m 「ああ言えばこう言うおっさんだわ・・・」

ス 「これもそのままお返ししよう。ほら、まずは第一の『引き寄せの法則』だ」

m 「はいはい・・・。Amazonで引き寄せの法則を検索すると、『願いが叶う! 人生が変わる! 』とか『人生は思い通り!』とか『確実に金持ちになる』とか『極上の自分になる! 』とか・・・。願望を叶える系のタイトルが付いていますが、エイブラハムさん的には引き寄せの法則とは、『それ自身に似たものを引き寄せる』という宇宙の法則と解説されています」

ス 「願望を叶える為の法則ではなく、ただただ世の中で働く普遍的な法則だという事だね」

m 「ここを勘違いしそうです。て言うか、私自身がこの本を読むまで『引き寄せの法則』は願望実現の為のものだと思い違いをしていました。マーフィーさん的なアレかと」

ス 「君が若い頃に読んだ本だね」

m 「はい。バイト先の人が苦手でどうしたら上手くやっていけるかな?と思って・・・」

ス 「マーフィーの法則についてどういうイメージがある?」

m 「願望を潜在意識に伝え、願望が叶ったイメージをするとそれが叶う、みたいな」

ス 「それもまた『引き寄せの法則』だろう。これで君は上手くいったかね?」

m 「どうかなぁ・・・」

ス 「そうか。では『引き寄せの法則』をみていこう。『引き寄せの法則』は、『それ自身に似たものを引き寄せる』」

m 「意識的であれ無意識的であれ、意識を向けているものを引き寄せるとの事です。エイブラハムさん的には『今という強力な時点であなたが焦点を定めた思考』と表現されています」

ス 「なんであれ、君が思考を集中させたものを引き寄せるという事だね」

m 「はい。だから世界中の貧困や戦争、テロを無くすよう祈ったとしても、それに対して思考を集中させているのだから、それらの事は無くなる事は無く更に引き寄せてしまう。これって世界平和を祈っている人からすれば、憤りを覚えてしまいますよ・・・」

ス 「だが、現実を見れば納得が出来よう?」

m 「これ以上敵を増やすような発言はやめて・・・」

ス 「大丈夫。その様な心の清い者達はこのブログを見やしない。これが『引き寄せの法則』」

m 「私の日頃の行いの悪さがこんな時に役に立つとは・・・、ガッデム!」

ス 「そういうところだろう?君の」

m 「今日はちっとも進みませんでしたね」

ス 「君のお蔭でね」



(´・ω・`)ノ* * * * * * * * * * * * * * * * *



それでは本日も良い一日を~。

ス 「それでも今日のブログでも良いところはある」

m 「なんですか?」

ス 「ここ数日、君としては面倒臭い内容の記事を書いていたから、少しは気が晴れただろう?」

m 「あー、確かに。スーさんとの雑談でw」

ス 「私は偉大だなぁ・・・」

m 「何言ってるんですか」

ス 「君の心を軽くする事が出来たから」

m 「何言ってるんですか・・・」






[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-04-27 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica