嵐山 松尾大社。

広隆寺の後は、路面電車に揺られて嵐山に。

で、嵐山からはバスに乗り換えて松尾大社まで行くのですが、は〜〜〜・・・、嵐山、外国人で埋まっていました・・・。

ほんと、ウンザリするくらいの外国人の数で、歩道は彼らでぎっしり。

バス停に行くまでに良さそうな所は沢山あったのですが、人人人!!!

唯一立ち寄ったのは、人通りの無い裏通にポツンと建っていた、大井神社だけ。

たまたま目についたのでお参りしたのですが、今調べてみたらこちらも秦さん由来の神社でした。

うまく出来てますねぇ。。。

スマホでは画像を撮ってなかったので、また今度です。



さてさてバスに揺られて辿り着いたのは、松尾大社。

f0351853_00195563.jpg


京都最古の神社で、太古よりこの地に住んでいた住民が、背後にそびえる松尾山の神霊を祀っていた事に始まります。

ワイルドな山です。

f0351853_00195548.jpg



そして5世紀頃に秦さん達がこの地に住み始め、色々と開拓していくのですが、同時にこの松尾山の神を氏族の総氏神として仰ぎ、701年に現在地に社殿を造営したのだそうです。

f0351853_00195520.jpg


残念ながら本殿は工事中でした。。。


現在の祭神は、大山咋神と市杵島姫命。

こちらのお社では神像を見学する事が出来るのですが、監視をされていた人に話し掛けお話しを聞いたところ、大山咋神とされている男神の像は秦さんで、女神像は秦さんの奥さん市杵島姫、そしてもう一体ある男神の像は、お二人のお子さんの月読命なのだとか。。。

?って感じですよね。。。

秦さんとこは月読命を大切にされていたと聞いた事がありましたが、息子扱いですか?

よく分からないんで、また帰ったら調べてみます。



そしてもっとよく分からないのですが、松尾山の磐座まで登山をさせられ、もうびっくりよ。

往復で1時間以上かかりました。

私的には結構な運動だったのです。

当日含め3日ほど、太ももから膝までの痛みに悩まされました。。。

神域は撮影禁止でしたので画像はありませんが、また今度ゆっくり書いていきます。




明日は月読神社です。

ここがまた素敵な所でした。







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-05-29 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica