祇園 八坂神社。

さてさて伏見稲荷大社へ行く為に、阪急の河原町駅で降りて、てくてく歩いて京阪の祇園四条駅までお散歩です。



鴨川!

f0351853_00113656.jpg


美しいですねぇ。。。



多分川を眺めながら食事をする為の屋台なんだと思うのですが、裏側はどことなくスラムな感じ。

f0351853_07280566.jpg




雲がダイナミックでした。

f0351853_00113785.jpg


で、進行方向に八坂神社が見えてしまいまして。。。

見えてしまったからには立ち寄らなければ失礼だろうという事で、伏見稲荷大社の帰りに八坂神社へご挨拶をして来ました。

f0351853_00113768.jpg


昼過ぎでしたので、観光客が沢山いらっしゃいました。



お久しぶりです。

f0351853_00113713.jpg


画像に写っている浴衣のお姉さん達、韓国の方でした。

今年は韓国の方の間で浴衣が流行っているようで、浴衣を着ていらっしゃる韓国の方を大勢見かけました。

髪型も凝っていて、皆さん可愛かったです。



八坂神社では本殿の中の井戸で清めたという青い石と、なんとなく気になって、牛王栴檀(せんだん)という木で出来た数量限定の数珠を購入しました。

数珠は八坂神社の家紋入りです。

お守りって普段はあんまり買わないんですけど、何故か購入してしまった画廊musicaでした。



明日は高鴨神社です。





[PR]
Commented by tomato at 2017-06-05 09:03 x
京都の川床は夏の風物詩です~♪
納涼床(のうりょうゆか、のうりょうどこ)、あるいは川床(大阪北浜では「かわゆか」、京都鴨川では「ゆか」、貴船、高雄では「かわどこ」と読むのが一般的)は京都や大阪の夏の風物詩の一つである。料理店や茶屋が川の上や、屋外で川のよく見える位置に座敷を作り、料理を提供する。(Wikipediaより)
最近は比較的入りやすいお店もありますよ♪
私は、イタリアンのお店の川床でケーキセット頂きました。
眺めもよくってよかったですよ~。
Commented by garoumusica at 2017-06-06 07:16
tomatoさん、コメントありがとうございます。

京都の風物詩ですか。
教えてくださってありがとうございます。
ぱっと見の建物の色具合と川床を組んでる木材の雰囲気から、東南アジアやインドを連想してしまいました。。。

川床というと貴船神社で見かけた足組の短いもののイメージでしたが、色んなバージョンがあるんですね。
風流に京都の暑い夏を乗り切る生活の知恵ですねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-06-05 05:00 | つれづれ | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica