神は女の命なり(変換間違い)。

昨日は久し振りに髪を切りました。

癖毛でパーマをかけている感じなので、パッと見はただのロングヘアに見えますが、手で髪の毛を伸ばすとウエストのくびれラインを越えたスーパーロングだったので、ずっと切りたいなとは思っていたのです。

女性の髪は歳を取る毎にパサパサになるらしく、若くない人が髪を伸ばしているとみすぼらしく見えると、ネットで見たし・・・。

なので私が使ってもアレルギーが出ない、ロシアのナチュラシベリカというオーガニック化粧品のヘアマスクを使って、艶髪キープの努力をしてみたり。

そんな事を考えたりしていたからでしょうか?

遂に髪の毛を切った夢を見てしまいまして。

十数年振りに肩のラインまで髪の毛を切った、現在の私の姿を見せてもらいました。

これが結構似合っていて、これが髪を切る決め手となりました。

と言っても、切ったのはバストトップまでですが。

それでも15センチくらい切ったのです。



さてさて、美容院では他の人に使っているパーマ液の影響で体調を崩し吐いてしまうので、ここ6年くらいは自分で切っています。

プロ用の髪切りはさみを作っているメーカーが作った、素人向けのはさみセットで。

普通に切るはさみとすきばさみです。

プロ用のメーカーが作っただけあって、はさみの刃の部分が皮膚に軽く触れただけで出血するレベルの切れ味。

初めて手にした時に手に触れてしまったのですが、本当に触れただけなのにかなりざくっといっちゃいまして。

恐ろしかったです・・・。



恐ろしいと言えば、普通のはさみとすきばさみを、うっかり間違えて使ってしまう事。

すきばさみは髪の毛を軽くする為に、毛先の10㎝上くらいから3段階ほど梳いているのですが、うっかり普通のはさみと間違えて切ってしまうと、それはもう大変な事になってしまいます。

昨日間違えた時には、切る感触ですぐ気がつく事が出来、大惨事は免れましたが、かなりのヒヤリハットでした。

そして2回目に間違えそうになった時には、さすがにスーさんに止められました。



スーさん 「オイ!!」

musica 「わあっ!!!(◎□◎;)」

ス 「2度目だぞ!」

m 「危なかったー・・・」



出来れば1度目から注意して欲しかったです。←厚かましい



☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★



それでは本日も良い一日を~。

ス 「初めから注意していたら君は学ばぬではないか」

m 「神は女の命ですし~。あっ、変換間違い!」

ス 「私は君の命か。そうだろうね」

m 「ほんとにどこからその自信が来るんですか・・・」







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-06-14 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica