エネルギーが変化する時。

エネルギーが変化する時、自分で分かるものでしょうか?

私は自分自身では、自分のエネルギーに関しては分からないです。

ですが自分に起こる出来事の変化や夢で分かる気がします。



実は3月4月頃から私のエネルギーの流れを変化させる為に、定期的にヒーリングを受けていたのです。

私のエネルギーの流れを読むと、5・6年後には私の健康状態が本当にやばい事になる、という事が分かっていまして。

健康状態がやばい状態になる事によって、私はより多くのエネルギーを扱う事が出来る様になる、そういう上の世界の事情です。

私の人生を振り返ると、自分の身体の事情により色んな事を手放さなければならなかったので、自分の人生に対しても対して執着は無かったのです。

その代わり今出来る事とか今やりたいと思った事なんかは、ぱっと手を出しちゃったりする。

いつ何を奪われても良い様に、出来る時にしておくという感じで。

そんな感じで生きて来たのですが、今回は抵抗してみたくなりまして。

今自分が生きている世界線とは違う、パラレルの世界戦に移行してみようと思ったのです。

何言ってんの?って思われるかもしれませんが、そういう事を行っているのです。



で、何か変化はありましたか?と問われれば、ありました。

今年の京都旅では山に登らされましたw

私はこれまでは超海派水派でしたから、これにはびっくり。

松尾大社の松尾山に伏見稲荷大社の稲荷山。

特に松尾山は登れる事すら知らなかったのですが、社務所に行った時にたまたま一緒になった人が山を登ると言われていまして。

それを聞いた時に突然、山に登ろう、という衝動が湧いて来て、それで山に登る事になったのです。

しかもこの山は猿に襲われないように一人では登ってはいけない事になっていたので、一人旅の私はたまたま登山する人と居合わせた為に登る事が出来たのです。

まぁ完全におっさんに手のひらコロコロされてますが・・・。

伏見稲荷大社も前日まで行くつもりはなかったので、こちらも見事にコロコロされています。



さてさて、それ以外では何があったかというと、夢を見ました。

10年以上前にちょっとしたトラブルになった人がいまして。

ここ数年はその人思い出しても何も思わなくなりましたが、それより前は年に2回くらいその人をふと思い出し、その瞬間は怒りの感情を覚えていたのです。

で、旅から帰ってからその人の夢を見たのです。

その人の部屋に置いていた私の荷物をダンボールに詰めて、その部屋から運び出すという夢。

で、目が覚めてから、私の中で囚われていたものが解消されたのだな、と思ったのです。

不要なエネルギーが掃除されたと言うか。

実際にはその人の家に私の荷物などありません。

ですが、不要なエネルギーの象徴として、荷物と言う形で現れたのだと思います。

そしてそれをその人のスペースから運び出すという事は、これでその人とのエネルギー上での関わりが無くなったという事。

それが夢として現れたのでしょう。

て言うか、おっさんが見せてくれた?



それからもうひとつ。

先日も記事にしましたが、髪の毛を切った夢を見た事。

夢の中では30センチは切っていましたから、エネルギーの変化は相当なものです。

現実の世界においても、それくらいバッサリと切った時の心境の変化は相当なもの。

実は現実でもそれくらい切った事はあるのですが、それくらい一気に髪を切ると心境的にもエネルギー的にも、かなりの変化が見られました。

なのであの夢を見た時に、自分のエネルギーにまた変化があったのだなと分かったのです。



その他にも、旅から帰ってきた時に自分の部屋に違和感を覚えたりとか、小さな変化を感じています。

私の望まない未来は、それ以前のエネルギーの流れを辿って行った時に訪れる未来でしたので、その未来とは別の未来へと繋がる世界へと移行し始めているかもしれません。

だといいな。



◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を〜。

musica 「ねぇ、スーさん」

スーさん 「ん?」

m 「私にしっかりついて来てくださいね」

ス 「ハハハ!言われなくとも目を離さぬわ。君は一人にすると何をしでかすか分からぬからな」

m 「失礼な・・・」

ス 「松尾山の崖の側の柵の無い場所で、謀ったように足を滑らすからな、君は」

m 「・・・」

ス 「あれは意識を向け過ぎたのだ。滑らないよう滑らないよう、そちらに意識を向けた結果だ」

m 「引き寄せ?」

ス 「そうだ。安全な歩みを進める方に意識を向ければ良いものの、君は滑らないようにする事に対して意識を向けた。だから滑るのだ」

m 「その時に言ってくださいよ」

ス 「君が私の声に耳を傾ける余裕が無かっただけだ」

m 「・・・」

ス 「でも、ただそれを許した訳ではないぞ?君が無事に家に帰っている事がその証拠だ」

m 「ありがとうです」


f0351853_03202632.jpg

雲の上に西洋の竜が乗っている様に見えました。







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-06-19 05:30 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica