家具騒動、まとめ!の巻。

昨日の記事で家具を買い終えたという事を書いたのですが、本日はそれについて書いていこうと思います。



今回は4点ほど家具を購入したのですが、って書いたら新品の物を買ったように聞こえますが中古オンリーです。

それに先方とこちらの都合で、小引き出し以外はまだ何ひとつ手元に届いていません。

今週の大安から届き始めます。



まず購入したのは紀州漆器の小引き出し。

ポイントとか駆使し、3,500円(送料込み)で購入。

深みのあるこげ茶色がポイントで、今回の家具買い替えはこの色を基調とする様にとの事でした。



それから唐木で出来た飾り棚、6,000円(送料込み)。

こちらはオークションで購入したのですが、もうすぐ入札終了というところでこの飾り棚を見つけ、ろくに商品説明も読まずにパッと勢いで入札したら落札してしまったというものです。

購入してから唐木とは何か、飾り棚とは何かを調べたほどです。

高さ1メートルの小さな物で、棚が届いたらベッドの足側に置こうかと思ったのですが、おっさんsの反対にあいベッドサイドに置く事に。

で、おっさんに言われて現在飾り棚の代用としてベッドサイドに置いている、MUJIのテレビ台×カラーボックス(テレビ台の上に置いている)のサイズを測ると、MUJIのテレビ台×カラーボックスの高さとカラーボックスの横幅が、購入した飾り棚とほぼ同じと分かりました。

うーん、勢いで購入したと思っても、おっさんsからしたら計画的なものだったようです。

良く考えたら色も漆塗りで小引き出しと同じ色ですから・・・。



それから机の代用となるようなローチェストを発見し、購入しようとしました。

こちらは民芸家具を作っていた会社が現代風に作った物なので、品質は間違いありません。

定価で買えば16万位する物が送料込みで35,000円。

まぁ、こんなものかな?

ちょっと色は違うし、メイン机と並べるとちょっと高さがはみ出しちゃうけど、デザインはシンプルだし幅広で浅い引き出しに描いた絵を保管出来るから良いと思う。

そんな気持ちで購入しようとしたのですが、スーさんから「まぁ待ちなさい」と言われまして・・・。



musica 「早く買わないと誰かが買っちゃうかもしれませんよ?」

スーさん 「でも君、特に好きではないだろう?」

m 「特に好きではありませんが、家具を買うってこんなもんじゃないですか?」

ス 「それは今まで君がMUJIでしか家具を購入した事が無いからだろう」

m 「でも品質は良いですし・・・」

ス 「今の君の精神はどんな状態だ?先日購入したにもかかわらず手に出来なかった、漆器の小引き出しを購入した時と同じではないか?」→リサイクルとちょっとオカルト。

m 「小引き出しに描かれていた模様が好きじゃなかったのですが、お買い得につられて我慢して購入したアレ・・・」

ス 「同じ事を繰り返してどうする」

m 「・・・」

ス 「先に衣装箪笥を探してみなさい」

m 「そうですねぇ・・・」



で、そのまま衣装箪笥を検索。

すると、いつもは使っていないフリマサイトで気になる桐箪笥を発見。

よくある白っぽい色の桐箪笥ではなく、板の表面を焼いて色を付けた焼桐。

商品説明には十数年前に12万で購入したものという事です。

お値段は送料込みで16,000円。

ふむ・・・。



桐の箪笥って興味が無かったのでちょっと困惑しました。

そもそも良さが分かんないし、どこで品質を見極めれば良いのか分からない・・・。

それでじーっと商品ページの画像を見ていると、引き出しに付けてある金具がかわいい事に気が付きまして。

取っ手やポイントで付けられている金具に牡丹の花が彫ってあるのです。

取っ手の方には牡丹の花が二つ並んでてすっごくかわいい・・・。

で、以前、古い民芸家具を購入して自分で修理出来ないかと、民芸家具用の金具の通販を探して見た事があったのですが、この時なんとなくこの金具と同じものが無いか調べてみたのです。

するとありました!

取っ手ひとつが1,700円!

たっか!!!

取っ手1つがですよ!

その取っ手がこの桐箪笥には8つもついています。

それから真ん中の牡丹の飾りは、ひとつ1,300円、それが3つ。

という事は、この桐箪笥は金具だけで17,500円もするんだ・・・。

これはまぁ売値なので卸値はもっと安いでしょうが、それでもこの桐箪笥の品質が良い事はなんとなく分かりました。

さて、どうしよう・・・。



ス 「今、衣装ケースにしているポリプロピレンのサイズを計ってごらん」

m 「そうですね、容量の問題もありますしね」



現在の衣装ケースの並べ方は、まずワゴンタイプのストッカーみたいなのが一番奥にあり、その横に衣装ケースが2ヶ(横)×3ヶ(高さ)で置いてあります。

それをひとつの塊として計ってみたのですが、なんと!例の桐箪笥とほぼ同じサイズ・・・!!!



m 「まじか!」

ス 「手の平コロコロ?」

m 「ほんとソレ!」



と言う事で、ポチりました。

これが3つ目の家具です。

この桐箪笥の出品者さんがまたいい人で、送料が思っていたよりも2,000円ほど安かったからお返ししますと連絡してくださいまして。

誠実な人ですねぇ・・・。

ですが、私としてはすでに良い品を安く売ってくださってる訳ですから、もう十分な訳です。

なので、そのお金でお茶でも飲んできてくださいと返信しておきました。

誠実な方の使われた家具を引き継ぐ事が出来て良かったです。

こちらは来週の大安の日に届く予定。



そして4つ目、和箪笥です。

意外と長くなったので、明日へ続きます。



○・v・◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

m 「家具を購入するという事は、とりあえずどこか気に入った所が無いと駄目だという事が分かりました」

ス 「そんな事当たり前だろう・・・。自慢気に言う事か?」

m 「・・・(´・ω・`)」






[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-08-13 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica