焼桐箪笥とヌワラエリアの到着。

届きました!

木目の美しい焼桐の箪笥!!

じゃん!!!

f0351853_02470974.jpg

うんっ!デカい!!

イメージしていたよりも大きく感じます!!!

風通しの為に引き出しを開けているから尚更。



比較にヤマトさんの10tトラックのミニカーを置いてみました。

f0351853_02471151.jpg

置いてもよく分からないですね。



引き出しの接着もスーさん好み。

f0351853_02471553.jpg

商品ページにはここの部分の画像は無かったのですが、スーさんがこの部分を把握して購入させたのだとしたら、流石としか言いようがありません。



金具。

f0351853_02471916.jpg

約1,300円するお高い金具です。

この金具を使った家具が結構売られているので、揃えて購入しても面白いかもですね。



取っ手も牡丹。

f0351853_02471769.jpg

はー・・・、かわいい・・・。

こちらは一個1,700円。

こういう金具が販売されているのを知ってしまうと、自分で家具を作りたくなってしまいます。



取っ手の掴む部分にもさり気なく牡丹。

f0351853_02472363.jpg



牡丹の花の模様は、以前描いた稲ちゃんとスーさんの絵に合わせてくれたみたいです。

f0351853_03110622.jpg

憎い演出ですねw

て言うか、南方先生の絵も牡丹なんですけどねぇ・・・。



そして、使い切れない位のプチプチを手に入れました。

f0351853_02472776.jpg

ありがたい事です。



そして更に、出品者さんからのサプライズプレゼントが!

じゃん!

f0351853_02473065.jpg

セイロンティーです!

缶の白い部分に書かれている文字をご覧ください!!

『THE EAST INDIA COMPANY』!!!

東インド会社です!!!

f0351853_02473437.jpg

懐かしい~、歴史の時間に習いましたねぇ・・・。

と言っても、歴史的な方はとっくの昔に解散していますから、これは別会社です。

現在はインドの実業家が買収しています。

事実は面白いものです。



エリザベス女王とフィリップ殿下の写真が缶に。

f0351853_02473236.jpg

いただいた紅茶はスリランカにあるヌワラエリア農園で収穫された物です。

同じスリランカのピリッとした味わいのウバとは違い、このヌワラエリアは緑茶っぽい味で本当においしい紅茶です。



こちらの紅茶は出品者さんがお金を貰い過ぎている気がするからと、わざわざ別便で贈ってくださったのです。

以前記事にもしましたが、送料が思っていたよりも2,000円ほど安かったからお返ししますと連絡してくださった方です。→家具騒動、まとめ!の巻。

その時は、そのお金でお茶してきてくださいと私がコメントして終わったのですが、最終的には逆にお茶をいただいてしまうという結果に・・・。



実は商品の説明ページに「送る県によっては送料が安くなるのでその分お値引きします」と書いてあったのですが、私は値引きをして貰いませんでした。

値引きして貰う前のお値段で充分だったので、その差額分ほど出品者さんが得をして欲しいと思い、そのままのお値段で購入したのです。

その結果、かえってお金を支払わせるはめに・・・。

はー、気遣いって難しいですねぇ・・・。



☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡



それでは本日も良い一日を~。

スーさん 「君は池に鉄製の斧を落とし、金と銀の斧まで手に入れた様なものだね」

musica 「わらしべ長者かもw」

ス 「松竹梅の彫刻に込められた教訓を忘れぬ様に」

m 「清廉潔白・・・」

ス 「心清く私欲を無くし、後ろ暗いところの無い様に」

m 「おみくじの教えみたい・・・」

ス 「牡丹の模様に込められた意味は?」

m 「さぁ」

ス 「調べなさいよ・・・」

m 「あー、えーっと・・・、『百花の王とされ、幸福、富貴、高貴、豪華さを表します』ですって!」

ス 「君にこの牡丹の意味を贈ろう」

m 「ありがとうです( ´艸`)」







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-08-22 05:28 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica