憑いてますか?他1本です、の巻。

昨日は酷く疲れてベッドへ入ったのですが、疲れすぎて眠れない・・・。

なんか、下半身がじんじんしちゃって眠れなかったです。

絵を描いている間、ずっと足を踏ん張っていた様で下半身疲労が半端ない。

なので今ものすごく眠い。。。

ですが記事を書かなくちゃなので、頑張れ私!



先日のおっさんとの会話。

musica 「ねぇ、スーさん。よく霊に憑かれると好みとか嗜好がガラッと変わるって聞きますよね」

スーさん 「霊体に影響を受けるのだね」

m 「らしいですね。で、今回の家具騒動で私の部屋がスーさんの指示でガラッと変わりましたけど、これって憑かれてるんですか?」

ス 「また馬鹿な事を・・・」

m 「客観的な話ですよ」

ス 「客観的に見ても君は阿呆だなぁ・・・」

m 「失礼な。だってそうじゃないですか!スーさんの意見で洋風な部屋が和風に変わった訳ですから。しかも和箪笥は全然私の好みではなかった」

ス 「君が変わろうと決意したからだと何度も言ってるだろう。その為に180度違う波動に囲まれる必要があったと」

m 「うーん、でも事情を知らない人が見たら、短期間の間に私の嗜好が変わったと思うでしょう?『あの人、まるで人が変わったみたい。もしかして:憑かれた』」

ス 「我々は話し合っただろう?そして無理強いはしなかった。確かに君は随分と反抗したが、私がそこまで言うならと和箪笥について調べ始め、理解し、そして興味を持つようになった。和箪笥の中で自分の好みと合致するデザインを見つけ、そしてそのデザインと合致する和箪笥を手に入れた。どうだ?私の意見を丸呑みしたのではなく、自分なりに解釈をした結果がこれだ」

m 「でも人からすると・・・」

ス 「他人の目など気にするな。大事なのは君が気に入っているかいないかだ」

m 「気に入ってます」

ス 「ではこれ以上の問答は無意味だね」

m 「・・・(´・ω・`) 」



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。

昨日寝る時に下半身の疲労で眠れなかった時、こういう時こそスーさんの右腕ヒーリングだ!と思いつき、イメージヒーリングを開始!

スーさんの右腕を二つに分けて、脚に絡ませて空気圧マッサージ器をイメージ!



ス 「いや、そこは素直にエネルギーを流すところだろう・・・」

m 「・・・(´・ω・`) 」



イメージヒーリングって難しいですね・・・。






[PR]
Commented by 螺旋(かな) at 2017-09-12 09:18 x
お久しぶりです、こんにちは。
最後の空気圧マッ○ージで吹いてしまいました(笑)
いやそもそもスーさんの腕ってイメージだから一回腕の形からエネルギーにして身体に流して、そんで腕に戻すというのもありでは?と思ったんですが、いかがでしょうか?
で、最近和物の方向性に進んでいらっしゃるようなんで(ちなみに「憑いてる」とは思いませんよ)、昨日見た記事でもと思って探してきました。

URLに貼り付けてあります。
(何かコメントに禁止ワードがあるので試行錯誤してます)

好みの方向性とは違うかもしれないのですが、まぁ見事です。
これ現代では出来ないそうなので、なかなかすごいですよね。
何かの時に見て頂ければ幸いです。
Commented by garoumusica at 2017-09-13 23:35
> 螺旋(かな)さん、コメントありがとうございます。

ずっと「らせんさん」と思っていましたが、螺旋と書いてかなと読むのですね!
意外でした。

>一回腕の形からエネルギーにして身体に流して、そんで腕に戻すというのもありでは?
そうそう、そうなんですよw
空気圧マッサージをした後にそれをしましたwww
イメージツールと言われていたから、ツールをイメージしなきゃ!(`・ω・´)+って思ってましたよ・・・。

リンク拝見しました!素晴らしいですね!
作品もさる事ながら、『帝室技芸員の作品に共通するのは、超絶的技巧、芸術的感性にプラスして、「気品」を感じることです』という一文がキュンって来ました。
人を見て気品を感じるのではなく、作品を見て気品を感じるというのがとても良いです。
私もその様なものを産み出したいものです。
リンクありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-09-12 05:00 | スーさん | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica