風のエネルギーの巻。

先日視ていただいたガイド拝見。

今年の反省と来年1年のアドバイスですが、その中で気になった部分があります。

それは、


『火のエネルギーがより強くなる一年になる為、そのコントロールがやや難しくなる。

水と木と風と、それらのバランスを強くする事で、火の過剰な動きを止める必要がある。

火は奪い侵略する強い前進の力。

水は受け入れ、癒しを与える緩やかな受容の力。

木は育ち成長する、自然に緩やかに前進する力。

風はすべてを包み、吹き払い、クリアにしていく清浄の力。

何かを強く前進させたいと感じた時ほど、それが火の力である事を意識するべきであり、

火を抑える為に水を感じ、常に木と風の力を使い前進する事を意識していく事が必要である』


の部分。

特に風のエネルギーのところです。

火のエネルギーが強くなるのに、風のエネルギー?

火のエネルギーがまだ弱い段階では、風のエネルギーは有効だと思います。

ろうそくの火にふっと息を吹きかけて消すようなイメージで。

ですが、火のエネルギーが強い時に風のエネルギーを使うと、火のエネルギーは増します。

今で言うと、アメリカ・カリフォルニアの山火事の様なイメージ。

カリフォルニアの山火事の被害が拡大する大きな要因が、「ディアブロ・ウィンド(悪魔の風)」と呼ばれる乾燥した強風。

そのイメージがあるので、火のエネルギーが強い時に風のエネルギーを使うのが不思議なのです。



で、この様に思っていたところ、『イムリ』という漫画が目に付き気になって読んでみたのです。

wikiのあらすじはこんな感じ。


『惑星マージの支配種族「カーマ」は、精神を操作する「侵犯術」を操る呪師を頂点に、奴隷種族「イコル」を最下層とする階層社会を形成している。

カーマは長い氷期から脱した隣星ルーンへの再入植を始める。

カーマの呪師候補生デュルクは政争に巻き込まれ、反逆者として原住民族「イムリ」の間に逃れる。

古代戦争の秘密を知ったデュルクはイムリのカーマに対する抵抗運動に巻き込まれていく』


なんだか、なんだか、な文章ですね・・・。

で、漫画を読んでいて気になった台詞がこちら。


『石土木金(せきどもくきん)すべての友よ

火は力 力は風 風は水 水は火へ

めぐりが初めに作られる

教えは道具を友とする』


火は力 力は風 風は水 水は火へ・・・。

私は中医学を通して五行を学んだのですが、風は五行に入っていません。

何に入っているかというと、『六気』。

天地間の六種の気の事で、六気には寒・暑・燥・湿・風・火があります。

簡単に言えば季節によって変化する気候の事です。

気温の上昇は「暑」、暑の亢進したものを「火」、気温の低下を「寒」、空気の流動、特に気温の上昇で発生する空気の対流を「風」、湿度の増加を「湿」、湿度の低下を「燥」としています。

これらの六気が過剰・又は不足すると病気になります。

分かりやすいのが「風邪」。

風が邪気化したものです。

こういうのは分かるんですけど、フィフスエレメント的な西洋の考え方が分かりません。

五大元素?

西洋の考え方も学んだ方が良いのだろうな~というところで、5時になったので本日は終了~。



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。


musica 「難しいなー」

族長 「私はだれかね?」

m 「太平洋上の島々、ハワイなどそういう地域の巫女のような役割をしている人物で、火山との関わりを強く持っている方」

族 「だったらこの地域の宗教を学んでみてはどうだ?理解の手助けはしよう」

m 「手助け?『は』が付くんですか?」

族 「全て教えていたのでは学びにならんだろう」

m 「・・・」











[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-12-14 05:07 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica