脳内ダウンロードで、遂に稲田姫物語が完結しました・・・!!!

クシナダの死後スサノオが娘を連れて黄泉へと渡り、オオナムヂに娘を連れ去られたところで終わり。

やだも~~~、ブログではいまだに岩陰に隠れてるのに、脳内ダウンロードでは完結してしまった・・・。

て言うか、そこまで書かせるか!と言う感じですよね。

文字にするのにどれくらいかかるんでしょう?

そして別館ブログはいつまで続くんだろう・・・。



以前載せた獣型勾玉。

これです。

f0351853_03515834.jpg

この子の出自が分かりました。

なんと!

おーくにさん、と言うか大物主さんとこの大神神社のお守りでした・・・。

えー!!!って感じですよね。

某フリマアプリでワンコインで購入した勾玉。

まさかのお守り。

よく何も無かったですよねぇ。(←祟り的な)



スーさん 「まぁ、私の孫であり義理の息子の所のだからね。何かあれば責任を取らせるさ」

musica 「何出て来てるんですか・・・。ブログは引退したんじゃなかったんですか?」

ス 「見えない人の整理整頓をした結果、私は残ったのだ」

m 「そうですか。それにしてもまさかお守りだったとは思いもしませんでした」

ス 「お守りの神気など1年も持たぬ」

m 「そういう事は言わないでくださいよ!」

ス 「それにこの勾玉を売った者も信心深い者ではなかった。故に念も残ってない」

m 「確かにこの勾玉じゃあ『わー、かわい~』くらいにしか思わないかも」

ス 「さて、正体が分かっただろう?記事にしてはどうかね?」

m 「そうですね。この勾玉は子持勾玉と言って、三輪山内の禁足地から出土したものなのだそうです」

ス 「三輪山の禁足地、すなわち大神神社の御神体だね」

m 「はい。で、祭祀用品であったのは勿論の事、信仰の上からもある呪力を持つものであり、親の玉が子の玉を生じて増加するという、多産増幅の意義を含む神秘の象徴とされたのだそうです。つまり子宝のお守りですね」

ス 「うむ。ところで君はこの勾玉を手に入れるまでは、勾玉が好きではなかった」

m 「はい。身に着けるにはちょっとダサいですし、興味もありませんでした」

ス 「本当に失礼だな、君は・・・」

m 「これはもう個人的なセンスの問題ですから仕方ないです」

ス 「それがこの様な状況になった」

m 「はい・・・」

f0351853_03513061.jpg

m 「増えました・・・」

ス 「さすが多産増幅の意義を含む神秘の象徴だな!完璧ではないか」

m 「・・・」











[PR]
# by garoumusica | 2018-01-19 05:00 | つれづれ | Comments(1)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica