カテゴリ:日向神話を巡る旅( 46 )

1日目の宿に到着。

この日は宮崎県西諸県郡高原町に宿泊です。



宿に着いた頃には雨も上がり若干の青空も広がっていましたが、しばらくすると雷を伴う豪雨。。。

実は旅の2週間位前から、雨が降る度に水のエネルギーを貯めよとスーさんに言われていまして。

丁度台風6号の影響もあり旅の前は雨続きだったので、身体やオーラ領域に水のエネルギーが充満するイメージを忠告を思い出す度にしていました。

水のエネルギーをどれだけその身に蓄えられたかによって旅の天候が変わると言われたので、オーシャンビューを楽しみにしている私はそれはもう忠実に応えました。

ですが、宿に着いてからの雷・豪雨。

あー、水が足りなかったのか―と思いながらちょっとしょんぼりしていたのです(´・_・`)。



その日は移動の疲れもあり早めに就寝する事に。

10時半位には布団に潜り込みました。

雨の影響でほんのり肌寒かったので、普通の掛け布団で寝る事に。

・・・(-ω-)

・・・(-ω-)

・・・(-ω-)

・・・(ФωФ)<カッ!

あっつい!!!

何コレ、身体の芯から熱を発しているようで、身体が熱くて眠れません。

なので、布団を普通の物から肌布団へ変更。

これで一安心。



・・・(-ω-)

・・・(-ω-)

・・・(-ω-)

・・・(ФωФ)<カッ!

あっつい!!!

熱い!とにかく熱い!

これが火山のエネルギーなのか・・・。

それともお仕事中のスーさんの影響を受けているのか・・・。

いずれにせよ身体が熱くて熱くて全く眠れません。

若干パニックになってスーさんを呼びました。



musica 「スーさん!スーさん!身体が熱い、熱いです!」

スーさん 「落ち着け。雨の音を聴け。水のエネルギーを身体に取り込みなさい」



という事で、しばらく雨の音に耳を傾けていると心も落ち着いてきまして。

ちょっと心が落ち着いたせいかエネルギーも見えるようになり、スーさんがエネルギーを送ってくれていることにようやく気がついて、さらに一安心。

そして今回の旅のお供のブレスレットをなんとなく腕にはめました。

今回のセレクトは以前スーさんと一緒に作ったヒマラヤ水晶とアクアマリンの物→スーさんの新作ブレス。

その時気がついたのですが、見事に水と氷のブレスレットです。。。

くっ、やられた・・・。

気が付かなかった・・・。

こうなる事を見越して水のエネルギーを貯めろ~、とか、このブレスをして行けとか色々言われていた訳か・・・。

ぐぬぬ・・・、な気持ちで水のエネルギーに集中です。

・・・。

落ち着いたもののやっぱりあっつい・・・。

やばい、既に2時を過ぎてる。

翌日は朝5時起きのつもりでしたが、このままでは身体に負担がかかる・・・。

物理的に対処するしかありません。

化学物質アレルギー対策で持ってきていたフラットシーツ2枚。

宿の布団のシーツが直接当たらない様に(←残った洗剤や臭いで体調を崩すので)していたのですが、その2枚を掛け布団代わりにする事に・・・。

ちょっと寒い・・・。

風邪をひくかもしれない・・・。

でも眠れないのも辛い。

なので、こうしました。



m 「スーさん、頼みますよ?」←圧力。

ス 「・・・」



こうしてようやく眠りにつく事が出来たのです。

翌朝はちょっと寝坊して6時半に起きましたが、うん、風邪も引いていないし身体の疲れも感じません。

さっすが、スーさん!(←調子イイ。)

そして天気は晴れではありませんが、昨晩の豪雨も見事に収まっていました。



2日目の1ヵ所目は、皇子原神社です。





[PR]
by garoumusica | 2015-05-27 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(0)
日向神話を巡る旅、本日は狭野神社です。


赤いアイコンが狭野神社、青いアイコンが霧島東神社です。



狭野神社。

主祭神は神日本磐余彦天皇(かむやまといわれひこのみこと)、神武天皇です。

神武天皇の生誕の地にあり、創建は孝昭天皇の時代と伝えられています。

孝昭天皇、、、第五代天皇で即位が紀元前475年。。。

霧島東神社よりも古いのですねぇ!

ですが数度に渡る霧島山の噴火により社殿の焼失と遷座を繰り返した末、1610年に今の場所に落ち着いたとの事です。

霧島山、やっぱり火山なんですねぇ。。。



で、早速参拝に行こうとすると、母が急に車で待ってると言い始め。

あ、人払いがキタ。

重要な場所という事なのですね・・・、心を静めて神社へ入ります。



鳥居。

f0351853_16454149.jpg

この鳥居をくぐるとしばらく杉並木が続きます。

f0351853_16493994.jpg

この木々が本当に気持ちいい。

雨に濡れて一層濃くなった木の匂いと土の匂いと水の匂い。

それらを嗅いでいるだけで自然と瞑想状態に入ります。



この木。

f0351853_16455813.jpg

龍が宿っていました。

渋いですね。

f0351853_16461951.jpg

そして拝殿。

ここの神社は3時半までなので、私が行った時には既に神職の方達も去られた後で、とても静かでした。

張りつめた空気とかそういうピリリとした感じではなく、厳かだけれどもとても居心地が良く。

この日の天候の影響もありますが、私の好きな雨と木と土の匂いが充満し、いつまでもここにいたい、そう思える場所です。



そして水神社。

f0351853_01043420.jpg

家に帰った後でこの神社の略記を拝見していたところ、たまたま訪れた日にこの水神社の春祭りがあったようです。

水神社の春祭りで雨。

なんだかいい感じですね。



そして帰る時にはじめに通った並木道ではない所を通ったところ、鳥居の頭を発見。

f0351853_16465398.jpg


鳥居の頭が地面においてありました。

なんでしょう?これは。

ネットで調べてみましたが、何も出てきませんで。。。

残念です。



そして出口近く、いい顔のこの方たちが見送ってくださいました。

f0351853_16463542.jpg

肉体美ですねぇ・・・。

マッスルお兄さんたちのお見送りを受けて、狭野神社を後にしました。



この神社の感想としましては、神さまと自分自身に向き合う場として最適、という感じでしょうか。

誰かと訪れるよりも、一人でじっくり楽しむ方がいい感じなのではないかと思いました。



青空のサービスです。

f0351853_16470772.jpg

不思議な雲です。



明日は火のエネルギーの洗礼を受けるの巻です。





[PR]
by garoumusica | 2015-05-26 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(0)
と、言う訳で、本日も霧島東神社編です。

ところで本日の本館ブログで霧島東神社の画像を特集したので、良かったら見て下さい→霧島東神社。



ここの主祭神は 伊弉諾尊(イザナギノミコト)と伊弉冉尊(イザナミノミコト)。

なぎさんとなみさんですね!

なみさんと言えば、白狐のコンちゃんを使って行かされた神社を思い出しました。→白狐を巡るプチ旅 いざなみさん編。

思えば、スーさんは色んな手を使って御縁を繋いでくれているのですねぇ・・・。

しみじみしてしまいました。

まぁ、一体何の為に?って感じですが。

↑と書きましたらスーさんが、君は天孫降臨以降の神話に苦手意識があろう?

それ故にその神話に出てくる神にも苦手意識がある。

更に日向の地にも苦手意識を抱いた。

だからこそ、この地で初めて接する存在を君と馴染みのある者にしたのだ。

更にこの神社には今年に入り縁を結んでおいた猿田彦殿の社がある。

君と天孫系の者との橋渡しをしてくれたのだ。

・・・だそうで。

色々と計算してくれているのですねぇ・・・。

て言うか、ナビが霧島岑神社に反応しなかったのもスーさんによるものって事ですねw



で、話を戻します

霧島東神社の創建は第10代崇神天皇の代と言われ、ニニギノミコトが天孫降臨された際に初めて祖先の神々を祀ったところと伝えられているとの事。。。

第10代崇神天皇?

誰だろうと思い検索。

wikiによりますと、『古事記』『日本書紀』に記される第10代天皇(在位:崇神天皇元年1月13日 - 同68年12月5日)であり、現代日本の学術上、実在可能性が見込める初めての天皇であると言われているそうで。。。

在位を西暦で言うと 紀元前97年~紀元前68年。

えっ!?そんな昔に創建されたのですか!?

すごいですねぇ・・・。

更にそれまではこの地は霧島山を信仰の対象とする場であったようです。

おぉ、最近のスーさんのキーワード『神を超えた所を見よ』ってやつですねぇ。




それから時が過ぎ天暦年間(947~957)、天台宗の僧上空上人が神社のかたわらに錫杖院を建立し、霧島六社権現のひとつとして霧島山で神意仏心を崇める修行を行う修験者たちの拠点となった。

修験者。

青色天狗さんも修験者っぽい恰好だったのですが、この関係者なのでしょうか?

と、ここで神社で頂いた縁起を記した紙を見てみると、山内諸社という図に天狗堂、と記されていました。

大津坊天狗さんという方のようです。

詳しく知りたいと思って検索を掛けてみましたが、これ以上は出てこないようです。。。

残念です。

f0351853_22041195.jpg

奥の社が天狗さんの、手前が龍神さんの泉です。



この神社に関して行ってみた感想は、とても気持ちの良い神社だという事。

身体は軽くなるし、いくらでも歩けちゃう、そんな感じです。

修験者さんがこの地を選んだのも頷けます。

この神社のある高千穂峰山頂には、霧島東神社の社宝でもある「天逆鉾(あまのさかほこ)」があるのですが、次に行く時は天逆鉾まで登ってみたいなぁと思います。

あれだけ身体が軽くなるなら登れそうな気がします(`・ω・´)+。

今回の旅でもう一度訪れたい神社ナンバーワンです。



という事で、明日は狭野神社編です。





[PR]
by garoumusica | 2015-05-25 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(0)
一日目。

朝7時半の出発です。



心配していた台風7号の影響で曇りでしたが、雨はまだ降っていませんでした。

高速を走っている時に豪雨だと事故が心配だったので、ひと安心です。

坦々と車を走らせます。

で、熊本を過ぎたあたりからポツポツと雨が降り出し、霧島あたりでついに豪雨へ。。。

でも、高速を走っている間はほとんど雨の影響を受けませんでしたので、ここは流石スーさん!(`・ω・´)+でした。

最善を尽くしてくださったようです。



ちなみにこの日のお昼は、霧島SAの名物霧島ちゃんぽんをいただきました!

イカが柔らかくておいしかったです。

おためしあれ、です。



で、高速を降りたのですが宿のチェックインまで時間が余っていまして、さてどうしよう、となりまして。。。

この日は移動メインの予定だったので、着いたその後の予定を立てていなかったのです。

なので、持参した地図に載っていた霧島岑神社へ行ってみるかと思ってナビをセットしたところ、何故か表示されず。。。

住所検索をしたりしてもセット出来ません。

えー、困ったなどうしよう・・・(´・ω・`)

なので非常に適当ですが、字面が似ていて覚えていた霧島東神社をナビで検索してみたところ、出ました!

よし!ここに行こう!(`・ω・´)

という事で豪雨の中、霧島東神社へ向かったのです。



霧島東神社。。。

この神社へ行くには御池という池の側を通ります。



この池の側の道が狭くて暗くてこわい・・・。

道が狭い上ところどころガードレールも無い場所があり、夜はかなり危険だと思われます。

母と二人でキャーキャー言いながらなんとか辿り着く事が出来ました。

f0351853_18544770.jpg

この様な参道を登るのですが、ふと自分の身体の異変を感じました。

妙に身体が軽い、力がみなぎるのです。

長距離を移動して来たので疲れているはずなのに、何故か元気元気!



そして階段を登っていると脳裏にある画像が浮かびました。

それは青い肌をした天狗・・・。

なんだかびっくりした顔で鳥居にくっついてました・・・。

・・・( ゚д゚)

なにしてるんですか・・・( ゚д゚)?

非常に驚いた顔をされていますが、私もびっくりですよ?

・・・天狗って赤いイメージですけど青って新しいなぁ、などと考えながら歩いていると拝殿へ辿り着きました。

f0351853_18472081.jpg


うん、より一層豪雨ですw

でも雨に濡れた参道や拝殿が光を反射し、輝いているように見えました。

そしてご挨拶。

酷くなる雨足。

まぁ、雨は歓迎と禊らしいですから、喜ばしいという事で・・・。



日向神話を巡る旅・1ヵ所目は、適当の末辿り着いた霧島東神社でした。

このリンク先の画像(字がちょっと多いので読むのが大変)を見ると、実際にその地に行ったような気分になれますよ~→霧島神社 御池



という訳で、本日は霧島東神社でした。

明日は狭野神社編です。



で、終わろうとしましたらおっさんから苦情が来ました・・・。

もっと神社について調べろと・・・。

えー・・・(´・ω・`)

と、言う訳で明日も霧島東神社編です。





[PR]
by garoumusica | 2015-05-24 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(0)
本日の本館ブログで、昨日記事にしました高千穂神社を特集しました。

よかったら見てください→高千穂神社。




日向神話を巡る旅も無事に終え、早速日常生活に戻りました。

もうしばらく旅はいいや、と思う反面、もう一度同じ所を廻りたいとも思う。。。

とブログに書いたらおっさんsから大きな丸をいくつも貰いましたwww

↑と書いたら更にもうひとつ貰いましたw

またいつか一緒に行きましょうね( ´艸`)



今回行った神社は以下の通りです。

1日目:霧島東神社→狭野神社

2日目:皇子原神社→霧島神社(→山神社→鎮守神社→若宮神社)→霧島古宮址→鵜戸神宮→青島神社

3日目:宮崎神宮→皇宮神社→江田神社→禊池→住吉神社→都農神社→天岩戸神社→天安河原宮

4日目:高千穂神社→くしふる神社→荒立神社→弊立神社

・・・(´・ω・`)

よく動かされきました。。。



今回旅に出るにあたってスーさんから受けた注意事項はみっつ。

ひとつは過去に繋がらない事。

もうひとつは歩く時はスーさんとの繋がりを意識して足を踏み出す事。

最後は何もしない事。



ひとつ目は以前ブログに載せたやつです→気に時は関係ない、について。

ふたつ目は夢の中で漫画を見せられたというやつです。

「君が足を踏み出す時、私も君の身体を通して足を踏み出しているのだ」とかなんとか。

みっつ目は気になる所があっても手を出すな、という事でした。

神社関係についてネットで調べていると、「~を開放しました」とか、「浄化しました」とか出て来たので、そういうのがあったりするのかな?と思ったのです。

が、それは必要はないと。。。

我々が封印されたり解放されたりするような存在だと思うかね?と。

封印したり解放したりするのは人の心の方だろう?と。

・・・そうですね(´・ω・`)


 

あくまで今回の旅の目的は観光、という事で。

観光・・・。

・・・。

観光というか神社参りだけでしたが。。。


それでも楽しかったですけど、楽しかったですけど、観光というかお遊びの部分がちょっと・・・(´・ω・`)




帰りの高速で見た雲。

上の方の雲が梵字っぽい。。。

f0351853_23012665.jpg

明日は霧島東神社編です。





[PR]
by garoumusica | 2015-05-23 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(0)
日向神話を巡る旅から戻りました!

今回の旅の日程は5月18日から21日までの3泊4日でした。

昨日帰って来たばかりで色々と整理が出来ていないので、本日は昨日行ってきた高千穂神社から記事にしたいと思います。



旅の4日目。

そろそろ疲れが溜まってのんびりと朝起きたいところですが、流石は我らがスーさん、4時半に起こしてくれました・・・。

いくらなんでも、それはないよパパン・・・。

という事で5時過ぎまで待ってもらって、それから準備をして6時には出掛けました。



まず行ったのは国見が丘。

高千穂の地が一望出来る場所です。

うん、きれいきれい。

空気もきれいきれい。

さて、移動です。



この日は高千穂神社→くしふる神社→荒立神社→弊立神社へ行く予定で、人出が少ないうちに軽い参拝と写真だけ撮って、後で再度参拝してゆっくり御朱印を書いてもらおう、という予定になっていました。

なので、次は高千穂神社へ。



高千穂神社まで移動し、境内へ上がるとちょうど朝日が昇って来て・・・。

f0351853_22525087.jpg

華やかですね~。

帰る時には狛犬の所でも良い感じに太陽が顔を出してくれました。

f0351853_22522104.jpg

f0351853_22520909.jpg

そして次の神社へ移動したのです。


撮影が終わって一旦ホテルに戻り、整理整頓をしてチェックアウトをし、御朱印をお願いしに再度高千穂神社へ。

そうしましたら、拝殿に人が何人か集まって祈祷を受けていらっしゃいました。

やった、ちょっと祝詞を聞かせてもらおう!という事で、拝殿の前の隅っこでその様子を拝見していました。

祝詞が終わると今度は巫女さんが高千穂の舞というものを舞われるとの事!

これもついでに隅っこでチラリ見学をする事にしました。



で、巫女さんが女性の歌入りの雅楽に合わせてゆっくりと舞い始めると、全身にやさしい鳥肌が!

すごい!

巫女さんの舞に合わせて気が動いてる!

巫女さんは手に榊を持って舞われていたのですが、その榊をゆっくりと振り下ろす度に更に気が流れてきまして、鳥肌が何度も何度も・・・。

今その舞を思い出しただけで鳥肌がw



今回実際に目の前で巫女の舞を拝見し、気の動きを確認し、計らずも神職の役割というものを実際に身体で体験する事が出来ました。

よい体験だった・・・。


ハッ!∑(゚Д゚)まさかコレ、スーさんプロデュースの体験学習!?


今気がつきました・・・orz


もーやだ〜、私、おっさんの手の平で転がされ過ぎ・・・(´Д` )





[PR]
by garoumusica | 2015-05-22 05:00 | 日向神話を巡る旅 | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica