カテゴリ:作ってみた( 11 )

という訳で、昨日の石で作ってみました、ペンダントトップ。

f0351853_04555537.jpg

やっぱり右下の部分が白く濁ってしまう・・・。

透明感のある石の画像を撮るのは、とても難しいです。



上の部分のアップ!

f0351853_04554666.jpg

ここだけ煌めきが強いです。

色的にスバルのようですね。

みんなが寝静まってから枠を作り始め、石を嵌めて木槌で打って固定して、画像を撮って・・・って言うのをしていたら、気が付けば4時44分で。

なんと!ただ今5時!

ブログの更新時間です。

という事で、本日はここまで~~~。



o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"



それでは本日も良い一日を~。

musica 「最近は忙しいです。画像を撮って処理をして、お店に並べて、彫金して、ブログに載せて・・・」

スーさん 「忙しいと言うな。心が死んでしまうぞ?」

m 「あー、立心偏に亡くなる、ですもんね。気を付けよう」

ス 「石の魅力を画像に収めるのが楽しい、店に並べて皆に見て貰えるのが嬉しい、好きな石をペンダントに仕立てられて嬉しい。そんな気持ちで過ごしなさい」

m 「フフフ( ´艸`)」





[PR]
by garoumusica | 2017-05-16 05:08 | 作ってみた | Comments(0)
という訳で、昨日の記事でスーさんから作るように言われていたブレスレットを、作ってみました。

f0351853_02183520.jpg

ペリステライトのシラーがこの画像では青には見えませんが、実物はほんのりと青く輝きます。

スーさんから送られて来た画像では、ペリステライトの両隣の水晶のボタンは無かったのですが、腕周りがもう少し余裕のあるサイズが良かったので、ちょっと付け加えてみました。

私はブレスレットを左腕にする事が多いのですが、絵を描いていると画板にブレスレットがカチカチを当たって気になるのですよ。

なので大き目に作って腕の上の方にするようにしています。



さてさて、昨日の記事ではヌーマイトとペリステライトの組み合わせを、夜空に浮かぶ月の様だと書いたのですが、実際に作ってみると夜空に輝くオリオン座の三つ星の様だと感じました。

特に作成中は直線に並んでいるので、三つ星だな~と思ったのです。



スーさん 「映画『ファウンテン』に出て来たシバルバーも、オリオン座にある星雲だった」

musica 「チッ、忘れていたのにまたその話・・・」

ス 「舌打ちとな・・・」

m 「非常に面倒臭い話題でございますから」

ス 「上品ぶっても無駄だ。それに昨日見直した12月5日の賀茂御祖神社の記事、木の画像ばかりだっただろう?あれはツリー・オブ・ライフを示唆する」

m 「・・・」

ス 「君が八咫烏の羽根の様だと称したヌーマイトに、オリオン座の三つ星の如くペリステライトを添えた。その心は?」

m 「八咫烏とオリオン座が繋がりがあるという事ですか?」

ス 「調べてごらん」

m 「はい。『八咫烏 オリオン座』。あー・・・、そういう推測をされている方がいらっしゃるようですけど・・・」

ス 「君はどう思う?」

m 「その様な考え方を知ったばかりですから、何とも思いません」

ス 「相変わらず率直だなwまぁ、今はそれで良い」

m 「・・・今は?」



(○・ω・)ノ-------------end-------------



それでは本日も良い一日を~。

m 「私個人としては、宝石質のロードクロサイトのビーズが気になります。でも、北海道産だと10ミリの物で1粒1万円くらいwたっかー」

ス 「君ねぇ、既に椿模様のロードクロサイトを持っているだろう?」

m 「カボションとビーズは違うんですよ!これがまた!」

ス 「ひと粒1万するのだろう?その金を旅に当てようとは思わぬのかね?」

m 「私にとって旅は非日常ですが、石は日常なんです」

ス 「また訳の分からぬ事を・・・」

m 「キャプテン翼風に言えば、石は友達なんです」

ス 「・・・そうか」





[PR]
by garoumusica | 2017-03-16 05:00 | 作ってみた | Comments(0)
本日は船岡山の義照稲荷神社と稲荷命婦元宮編の続きの予定でしたが、ちょっと脱線。

今、読みかけの本が何冊かあって、ブックマーカーがもっと欲しいな~と思ったので作成。

そっちを一生懸命やってしまったので、本を読む気になれず。

なので、義照稲荷神社について書けないのであります(`・ω・´)+



ブックマーカー新作!

f0351853_02504522.jpg

シーブルーカルセドニ―とローズクォーツとガーネットの組み合わせです。



そしてパーツは~、

f0351853_02505258.jpg

鳥獣人物戯画!

かわいいでしょ?( ´艸`)

一目惚れです。

他には有名どころのウサギとかカエルもありましたが、この2つをセレクト!

1つ50円なのでちょっとメッキがちゃちく、裏側には彫りが無いのが難点・・・。

1つ350円位で裏表がっつり作って欲しいところです。



以前作ったブックマーカーと。

f0351853_02505920.jpg

この鳥のチャーム、オリエンタルな雰囲気で私の中では八咫烏と勝手に思っていまして、物凄くお気に入りだったのですが、再度購入しようとしたら販売終了になっていました・・・。

多分これ韓国製のパーツだと思うので色々探しているのですが、如何せん韓国語が分からないw

見つけたら買い占めたい位です。



今日はこんな感じです。

明日は頑張ろう~。



☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡



それでは本日も良い一日を~。

musica 「という訳でスーさん、今年中に京旅ブログを終える事はムリっぽいです」

スーさん 「昨日言っただろう?来年の計は今週にあると。昨日の今日で君は・・・!」

m 「来年は創造の年になりそうですね☆」

ス 「ああ言えばこう言う・・・」




[PR]
by garoumusica | 2016-12-27 05:00 | 作ってみた | Comments(0)
昨日、ようやく完成までこぎつける事が出来ました、ペンダントトップです!

f0351853_03442643.jpg

頑張っても頑張っても、左右対称には出来ないのですよ・・・(´・ω・`)。

難しいものです。



前回は角線で作っていました。

f0351853_05135316.jpg

角線だとワイヤーの可愛さで色々と誤魔化しが利く気がします。

が、お手本としているチュートリアルが丸線なのでその通りに練習してみました。

ところで今回は前回とは違って、細いワイヤーが正しい太さになっています。

なので上の部分とかスッキリした感じです。

f0351853_03442643.jpg

適材適所な太さのワイヤーを使う事が大事。

そんな事を学びました。



あ、記事が終わってしまった・・・。

さすがにもうちょっと何か書こう。

えっと、昨日は出雲の日程を色々と考えておりまして。

島根県は車が無いと結構移動が大変なようです。

私は視野が狭く医者に車の運転を止められているので、これは死活問題!

観光タクシーとか見てみると、ぐるっと回ってもらって1日2万6千円。

しかも相乗り・・・。

煙草吸われる方とか香水とか柔軟剤臭い方と相乗りだったら、私死ぬわ・・・。

でもこの一畑トラベルさんの3日ツアー、すごく良いのですよ→出雲國神仏霊場巡り

3日満願コースで72000円。

コンプリート出来ます!

相乗りじゃなければ考えていました・・・。



あとはですねぇ、地元発おもしろオプショナルツアーっていうのがありまして。

これに出雲の國 パワースポットバスというツアーがあって、行先が須佐神社、日御碕神社、出雲大社、一畑薬師、木綿街道、万九千神社で、4600円なんですって!

これなら一通りご挨拶が出来ますねぇ。

でも、本音は一人でのんびりしたい・・・。

車を運転出来ないから妥協しなければならないのでしょうが・・・。



そうそう!

伊丹から出雲まで早めの予約で平日なら片道8700円(+1080円/1路線の取扱料金)からなんですよ!

思っていたよりも安くてびっくりです。

これなら大阪の姉の所へ行った帰りには出雲へ寄るという習慣も出来そうです。



( ・_ゝ・)o*――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――*o(・c_,・)



それでは本日も良い一日を~。

musica 「ところでスーさん、早いとこ日程を決めてくださいよ。宿も飛行機も予約が出来なくなります・・・」

スーさん 「君が心を落ち着かせ私の声に耳を傾けるなら、すぐにでも教えてしんぜよう」

m 「ただでさえ大変だから、そういうのはやめて欲しいです・・・」

ス 「先日はリーディングの仕方を稲田姫物語の中で教えただろう?その応用だ」

m 「・・・(めんどい)」

ス 「黙っていてもまる聞こえだよ。これがリーディング」



[PR]
by garoumusica | 2016-09-14 04:39 | 作ってみた | Comments(0)
昨日は久し振りにワイヤーを使ったペンダントの練習。

以前作って上手く出来ずに捻り潰した物と同じものです。

3時間かけて慎重に慎重に作った結果、最後の最後で上手くワイヤーで輪っかを作る事が出来ず、気に入らないのでまた捻り潰してしまいました・・・。

出来てはいるのですが、それを身に着けたいとは思えない出来。

ワイヤーウェービングという細いワイヤーを太いワイヤーに巻きつけるという技法のものなのですが、その技法を用いた作品で初めて手に入れた物が、以前ブログに載せたポーランドのデザイナーの方が作られたもので。

一番初めに手に入れた物が物凄くレベルが高かった為、私の目が肥えてしまった・・・。

あのレベルが脳にインプットされてしまったので、自分で作った物が満足出来ないのです。

同じものを5回作ったのに・・・。



スーさん 「6回でも7回でも満足するまで続けなさい」

musica 「そうするしかないのですが、こう、満足感が得られないと、ちょっと・・・」

ス 「それもまた技術の獲得に繋がる」

m 「そうなんですよね・・・。よし!また頑張ろう!」

ス 「私としては旅の計画と稲田姫物語の続きを書いて欲しいものだがね」



本題!

石のビーズを購入すると、時々びっくりするくらいに質の良いビーズが紛れ込んでいる事があります。

ですが、そのビーズが10ミリとか12ミリの丸玉だと、私の中では活用が難しいのです。

丸玉のビーズ一個をペンダントとかチャームにワイヤーを使って仕立てようとすると、私の技術では貧相な仕上がりに・・・。

小学生とか中学生だった頃の私が身に着けるのなら良いけれども、大人になった自分が身に着ける事の出来る代物ではないのです。

自分の作品にこう言うのもなんですが、ひと言で言うと「ちゃちい」。

なので何か良いものは無いかな~と思っていたところ、良さそうなのがありました。

10ミリのラウンドカボション2枚用のベゼルです↓。

f0351853_02045961.jpg

ビーズは奇跡的に可愛かったインカローズの丸玉。

インカローズ、可愛い模様ですよね・・・。

この画像では光の当たり方で暗く見えますが、実物はキャンディーの様にぷるぷるでほっこりします。



追加で光の当たり方を工夫して撮ってみました。

f0351853_05355849.jpg


影にならない様に離れた場所から望遠で撮ったので、画質がいまいち・・・。



サイド↓。

f0351853_02045341.jpg



裏面はイマイチな模様↓。

f0351853_02044708.jpg

味わいがあると言えばそう。

このベゼルは不透明な物のみにしか使えませんが、なかなか良いです。

こういうのを自分でデザイン出来る様になったら良いですねぇ・・・。



(゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。

ス 「言っておくが君は失敗しているのではないぞ?完成したものに対し満足が得られないだけだ。そこを間違えてはいけない」

m 「何故ですか?」

ス 「失敗したと思うと、失敗したという自己イメージが君の中に芽生える。実際には失敗していないにもかかわらずね」

m 「そのイメージが新たな失敗を呼び寄せるという事か・・・」

ス 「そういう事」




[PR]
by garoumusica | 2016-09-13 05:00 | 作ってみた | Comments(0)
昨日は絵を描く気にならなかったので、新しいワイヤーペンダントの練習を。

ネットでチュートリアルを購入して作りました。

f0351853_05135316.jpg

細いワイヤーを巻き巻きするのですが、指定されているワイヤーよりも細いのしかなくて、仕方が無いのでそれで作ったら、やっぱり変!

て言うか、巻き方が汚い!

これでも5時間かかったのに・・・(−_−;)

はー・・・、色々大変。

でも、今回は一発である程度形になったので、私も成長してるんだな〜としみじみしました( ´艸`)。




昨日の話。

お盆のせいでしょうか?

久し振りに明晰夢状態でスーさんにお触りをさせて貰えましたw

やっぱり触れると嬉しいものです。

しっかり覚えておこうと思って、わ〜〜〜( ´ ▽ ` )ノって感じでぎゅーっと抱きついたところ、


おーくにさん「早くその先に進めよ〜!」

おっさんs「いいぞいいぞ〜、ワハハ!」

musica「・・・」



何ですか?

お盆で親戚のおっさんが集まって呑んでます、みたいなヤジは・・・。



[PR]
by garoumusica | 2016-08-15 05:06 | 作ってみた | Comments(0)

屍の上に立つ姫君。

屍の上に立つ姫君。

f0351853_23345332.jpg

そんな感じしませんか?

屍↓。

f0351853_23351036.jpg

死屍累々って感じです。

しかも、屍が身に付けていた宝石類はすべての取り外し、姫君に取り付けましたからね・・・。

略奪です。

この屍(ワイヤー)の犠牲の上に今の王権(技術)が成り立ってますから、古代だとお社を建ててお祀りしよう!とかなったんでしょうねぇ・・・。



神社名:画廊音楽坐神社

祭神:玻璃鉦命(はりのかねのみこと)

ありそうです・・・。(ねぇYO!)



姫君。

f0351853_23352435.jpg

何度写してもピンボケ。

まぁそれにも意味があるのかもしれません。



ぷっくりかわいいローズクォーツ。

f0351853_23353724.jpg

そのうちまた枠から外して別のペンダントトップに仕上げようと思います。

だってこのデザイン、趣味じゃないんですもん・・・。

限りある資源を大切にしなくては!



今日はのんびり『作ってみた』でした。


( ・_ゝ・)o*――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――*o(・c_,・)


それでは本日も良い一日を〜。


スーさん 「いいかい?今日の通院では前回失敗した事を繰り返さない様にする事」

musica 「気遣いをしちゃって気の交流をしちゃったアレですね」

ス 「そうだ。それを防ぐ為にはどうするのだった?」

m 「スーさんに頼む!」

ス 「・・・まぁ、確かにそうも言ったがね・・・」



[PR]
by garoumusica | 2016-08-02 05:00 | 作ってみた | Comments(0)
本日も昨日に引き続き「作ってみた」です。



昨日のあじさいのブレスレットにも使ったアクアマリンを使って、ネックレスとブレスレットを作ってみました。

f0351853_04092350.jpg

あじさいのブレスレットの雨の部分に使ったアクアマリンです。

f0351853_04073303.jpg

このアクアマリンのさざれのビーズは、以前載せたツリー・オブ・ライフ用にネットで購入したのですが、いざ手元に届いてみると予想以上に美しく大きなアクアマリンで・・・。

コレ用↓。

f0351853_04164933.jpg

葉っぱの部分は私の好みでは細かなさざれが良かったのです。

なのでアクセサリーに転用。



ネックレス。

f0351853_04184743.jpg

作ったと言ってもチェーンと繋げただけではありますが、石の並びに悩む事1時間。

意外と時間が掛かりました。

氷の様で可愛らしいです。



ブレスレット。

f0351853_04094776.jpg

灰色の部分はラブラドライト、水晶のチャームにはアイオライトを添えてみました。

f0351853_04093972.jpg

このカットの美しい水晶は、昨日のあじさいのブレスレットにも使用しました。

f0351853_04073303.jpg

この水晶の美しさに一目ぼれして購入したものの、なかなか出番が無く1年が経過・・・。

で、この水晶をメインとしたブレスレットを作ろう!と意気込んで作ったのが、昨日のあじさいのブレスレットでした。

まぁ、主役はあじさい部分に奪われてしまった訳ですが・・・。



アクアマリン部分。

f0351853_04093182.jpg

創作意欲をかき立てられるアクアマリンでした。


(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ


それでは本日も良い一日を~。


スーさん 「アクアマリンは私のイメージ、ラブラドライトは先日の診断メーカーの結果による君のイメージかね?」

musica 「違います~、ただのデザイン上の関係です~」

ス 「それがツンデレであろう?」

m 「それも違います~」



[PR]
by garoumusica | 2016-07-27 05:00 | 作ってみた | Comments(0)

あじさいブレスレット。

本日は大和のまほろばを巡る旅はお休み。

久し振りにブレスレットを作ってみました。

f0351853_04073303.jpg

雨の季節に色づくあじさいをイメージです。

あじさい部分はアパタイトとタンザナイトとアメジスト。

雨のイメージはアクアマリンと水晶。

自分では良い出来だと思っています。



ついでにペンダントトップも作ってみたのですが、あじさい部分のバランスがいまいちで放置しています。

難しいですねぇ。

f0351853_03334451.jpg

メインの石は水晶とレモンクォーツです。



今回こういう物を作るのに初めてらくまくワイヤーを使ったのですが、耐久性はどうなのでしょうね~。

熊本地震の時に人に手作り品を売るという事を意識して以来、ずっと作品に使うワイヤーについて研究しています。

日本では比較的アーティスティックワイヤーを使われる方が多いようです。

プロ的な方は金メッキのワイヤーだとかステンレスのワイヤーだとかを使われています。

では外国はどうなのかと思い、各言語で「Wire wrapped pendant」を検索してみたところ、多くの人がコーティングをしていない銅ワイヤーとスターリングシルバーのワイヤー、一部の方が金メッキのワイヤーを使用していました。

もちろん中にはアーティスティックワイヤーの様な、着色をしてコーティングをしたワイヤーを使っている方もいらっしゃるのですが、その場合は価格がとても低く設定してありました。

銅ワイヤーを1とするとアーティスティックワイヤーの作品はどんなに凝っていても0.3~0.6位で、シルバーワイヤーだと1.4~の値段でした。

アーティスティックワイヤーの作品は、日本円だと5000円前後からそれより下がほとんどでした。

ロシアは物価が安いのか3000円~とかでした。

シルバー使用だと軽く1万越えで、上限は無しでしたが・・・。



安価で作ろうと思うとコーティングした銅ワイヤーは便利です。

柔らかいので加工も楽ですし。

でも、お金はかかるけれども、変色しても磨けば色が戻るシルバーワイヤーや金メッキワイヤーを使った方が、結果として長く使う事が出来る。

つまり、

・・・要は金よ・・・!!!


∋(´・ω・)o/・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚


それでは本日も良い一日を~。


スーさん 「要は金か」

musica 「要は金ですね・・・」

ス 「安い材料で大量に作るのか、高い材料で納得の製品を作るのか」

m 「少数精鋭でしょうね」

ス 「即答ではないか」

m 「ですが『所詮ワイヤー、同じお金を払うならブランド品を』という意見もある。そしてその意見について良く理解出来ます」

ス 「だったら君の作品を精鋭しブランド化するしかないね」

m 「ほんとねw」




[PR]
by garoumusica | 2016-07-26 05:00 | 作ってみた | Comments(0)
本日は御朱印帳の作り方の続きです。




奉書紙を半分に折ったら、折り目の向きを1枚ずつ交互にしていきます。

こんな感じ。

f0351853_22070185.jpg

で、紙を揃えたらのり付け。

片側をずれない様に抑えるとの事なので、爪の無いクリップで留めました。

f0351853_22071395.jpg

更に跡がつかない様に紙を挟みました。

マメです。



端っこをのり付けするとこんな感じになります。

蛇腹!

f0351853_22072640.jpg

昔の人は良くこんな事を思いついたものです。

すごいですねぇ・・・。



表紙作りに取り掛かります。

表紙用の布を用意します。

今回は奈良旅の途中に大阪で購入したコンちゃん模様の生地を使用。

多分狼柄なんですけど、うちのお狐さんにちなんで狐柄と思い込む事にしました。

f0351853_22074495.jpg

狐狐。



サイズを厚紙のサイズに合わせ、貼っていきます。

f0351853_23210466.jpg

貼り終わり!

なんかおしゃれな感じに仕上がりました。

f0351853_23212055.jpg

模様の位置はかなりこだわりました!(`・ω・´)



裏表紙用はお狐さんを上側に。

f0351853_23213460.jpg

そして奉書紙に貼り付けると完成です!

f0351853_23214480.jpg

お〜、我ながらいい感じに仕上がりました( ´ ▽ ` )ノ

あとはカバーを用意しなければ・・・。

また出費・・・。



半端な生地が出たのでコースターを作ってみました。

f0351853_02214740.jpg

モダンな感じ。



裏側。

f0351853_02215838.jpg

満月から銀色の光が降り注いでいるようです。



は〜、楽しかった・・・。

工作好きな人におすすめです。

愛着が違いますよ!(`・ω・´)



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い1日を〜。


musica 「はー、満足~」

スーさん 「やりたいと思っていた事がひとつ完成した訳だ」

m 「はい。何か作業をすると気を使いますよね?」

ス 「もちろんそうだ」

m 「やりたい事がいっぱいあって気を消耗した時とどう違うんですか?」


明日に続きます。



[PR]
by garoumusica | 2016-07-06 05:00 | 作ってみた | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica