カテゴリ:ねぇちゃん( 10 )

神棚組のバレンタイン。

先日のバレンタインの記事の番外編です。



バレンタインの時に自分用に購入した低価格ラインのゴディバのチョコレート。

それを何となく神棚にお供えしていたのですが。

もちろん食べてねって言ってお供えしていたのです。

が、バレンタイン当日、おっさんsへのチョコが足りず、仕方がないので失礼ながらお供えしたチョコをバレンタイン用に、という事にしてもらったのです。



そしてバレンタインの当日(正確には15日になっていましたが)のご挨拶の時間。



musica 「アマテル兄ちゃん、今日も一日ありがとうございました。お疲れ様です」



ビュオォオと、いつも通り気を送ってくれまして。

で、あ!そうだ!と思いついて、



m 「チョコ、食べてくださいね!ハッピーバレンタインです」



と心の中で話し掛けたところ、もう一度ビュオォオと気が送られて来ましたw

氏神様と荒神様にも同じように話しかけたところ、やはり二回ずつ気を送ってくださってw

どうやら喜んでもらえたようです。

なんて言うか、それぞれが2回ずつ気を送ってくれるその律儀さが、



うん、なんかかわいいな、神様。



と思ったmusicaでした。

おっさんsから見たら、やれやれε-(´∀`; )って感じでしょうけどw

f0351853_03064876.jpg


スーさんの梅とは別に、母が農協で買って来た梅を分けて貰って部屋に飾っていたのですが、ひとつだけ咲きました。

たったひとつ咲いただけでその周辺が梅の香りの包まれるのは、とても不思議です。





[PR]
by garoumusica | 2015-02-17 05:00 | ねぇちゃん | Comments(0)

神棚の話。

以前ブログに、神棚のアマテラスねぇちゃんにご挨拶をしたら気を送ってもらえたという話をチラリと載せたのですが。

リンク→榊の話。

本日はその話題の続編です。



昨年までのうちの神棚には、アマテラスねぇちゃんのお札のみを祀っていました。

が、今年は母が張り切って「お札三点セット」を手に入れて参りまして。

今までのねぇちゃんのお札に、氏神様のお札、荒神様(台所の神様だそうです。知らなかったです・・・)のお札をプラスしたものだそうで。

母、だいぶ変わってきました。

て言うか、おっさんsの思う壺じゃねーか。。。



で、神棚のお札が増えた事をしばらく私は知らなかったのですよ。

母はお札を設置して私に告げずに姪っ子ちゃんの所にお泊まりに行ってしまいまして。

それに神棚の神様が増えた事に気がつけるというような鋭い感覚を私は持ってないw

なので私は今まで通り、アマテルにぃちゃん(うちにいるねぇちゃんが男性化した人)のみにご挨拶する日々。

そしてお正月も明けた頃になってようやく神様が増えた事を知ったのです。

で、それはそれはきちんとご挨拶をせねばと言う事で、その日の終わりのご挨拶で早速個別に挨拶してみる事にしました。



いつものように、浅く礼を一回した後に深い礼を二回、そして二拍手。



musica 「(心の中で)アマテルにぃちゃん、今日も一日ありがとうございました。明日もまたよろしくお願いします」

で、全身に鳥肌が立つくらいの気を頂いて、次に氏神様にご挨拶。(←お札の並びの順番)

m 「氏神様、今日もこの地に住ませて頂いてありがとうございました。氏神様もお疲れ様です」

すると、にぃちゃんとはまた違う気が送られて来て、鳥肌が。

m 「荒神様、今日もおいしいご飯が食べられました。火事も起こらずにこの家も無事(?)です。ありがとうございます」

やっぱり気が送られて来ましてw

わ~、神様すげぇってなりましたwww

そして深い一礼をして、浅い一礼をして、神棚に手を振ってご挨拶は終了です。



特に内容の無い、こういう事がありました、という記事でしたw





[PR]
by garoumusica | 2015-02-08 05:00 | ねぇちゃん | Comments(10)

榊の話。

先日の話。



私の家はもともと信心が無く、神棚の掃除・榊の交換は年に一度しかしない家でした。

で、今年に入って私がスーさんやねぇちゃんと接するようになってから、渋る母をなんとか説得して、毎月1日と15日に榊を交換するようになりました。

が、最近は榊がまだ枯れていないからと言って、また交換を渋るようになってきましてorz



musica 「なんかすみません」

アマテルにぃちゃん 「いいよ~、以前に比べたら・・・」

m 「・・・大黒おーくにさんに散々いじられましたわ~」

に 「せやろな」

m 「神棚の掃除をしたり、神棚に向かって挨拶をしたりすると、にぃちゃんはビュッて気を送ってくれるじゃないですか。そういうのが母にも分かれば、あー神様いるんだなって気になると思うんですけどね」

に 「感度は人それぞれやからねぇ、それはしゃあないわ。それに気がついて欲しくてやっとる訳やないしな」

m 「そうですけど・・・」

に 「musicaちゃんもな、高い所にある神棚の水を変えたりするの大変やろ?うちらと交流があるからこそ、水替えよ思うやろ?musicaちゃん面倒臭がりやけ」

m 「はい、フフフ・・・」

に 「せやから母君が榊の交換渋るから言うてイラッとしたらアカンで?そーいうもんや思おとき」

m 「はい」

に 「うちらもな、やってもらって当たり前やなんて思うとらんわ。せやからドンマイや。まぁ、スサノオはうるさいかもやけどな」

m 「あ~・・・、今んとこ言われた事無いですけど確かにうるさそうなイメージw」

に 「なぁ!ハハハ!・・・あー、ほなさいなら」

スーさん 「・・・」

m 「オハヨゴザイマス・・・」






[PR]
by garoumusica | 2014-11-05 05:00 | ねぇちゃん | Comments(0)

笑いのエスプリ。

ただ今、大阪在住の姉と姪っ子ちゃんがうちに遊びに来てまして。

もうね、元気ですね、1歳8か月は。

姪っ子ちゃんに合わせて一日中歌って遊んでしています。

歌を歌い過ぎて喉が痛くなっても、姪っ子ちゃんに上目遣いで人さし指を立てられて、



「もういっかい♪( ´▽`)」



と小声で言われたら、歌わずにいられないのです。

そんな姪っ子ちゃんのお気に入りソングがこちら。



「♪スイカの種は~ ぺっぺっぺ~
  スイカの種は~ ぺっぺっぺ~
  スイカの種は~ ぺっぺっぺ~
  世の中そんなに甘くない~♪」



何でしょう?この曲は・・・。

初めて聴いた時に愕然としました。

これが関西のエスプリかと・・・。

日常に溢れるオチ。

スーパーの販促の曲にもきちんとオチがある。

日常の中にきちんとメリハリをつける。

これが関西のエスプリなのでしょうか・・・。



しかもよく聴いてみたら、奥が深いんですよ。

スイカは甘い、うまい。

でもね、種は出さないといけない。

めんどいんですよ、スイカの種。

甘い、うまい。

だけれどもめんどい事もせなあかん。

これが人生や。



musica 「これがお笑いのエスプリですか・・・」

アマテルにぃちゃん 「せや。人生楽しい事ばかりではない、辛い事もある。だがな、それを辛い辛い言うて嘆くよりも、その中に流れる笑いを見出して生きて行く。それが人生や」

m 「ぺっぺっぺの歌から人生談義に繋がるとは。。。お笑いとは奥が深い・・・」





[PR]
by garoumusica | 2014-10-30 05:00 | ねぇちゃん | Comments(2)

神棚。

毎日の日課。

神棚のアマテルにぃちゃんへのご挨拶。



musica 「おはよう、にぃちゃん」

アマテルにぃちゃん 「おはよう」

m 「今日はなんて言おうかな・・・」

に 「ここで決めるんかいw」

m 「あー、あれなんてどうでしょう?神社に書いてあるやつ」

に 「どうぞw」

m 「祓い給え〜 清め給え〜、・・・あー、あれ?」

に 「頑張り〜、頑張り〜(苦笑)」

m 「祓い給え、清め給え」

に 「頑張りや〜」

m 「・・・幸わえ給え?」

に 「ハイ残念!調べてみ〜www

m 「はい」



スマホいじいじ。



m 「あー、守り給えかー」

に 「守らせぇや〜」

m 「アハハ!それではやり直しです!祓え給え、清め給え、守り給え、幸わえ給え〜」

に 「よく出来ました〜」

m 「すみません、出来が悪くて。。。」

に 「アホな子ほど可愛いもんやー」

m 「それフォローになってないっス」



にぃちゃんになったとは言え、脳内転換の時にねぇちゃんにしてしまうようです。








[PR]
by garoumusica | 2014-10-24 05:00 | ねぇちゃん | Comments(0)
「姉と弟」の絵が「君と私」の絵だと言われた時の話。



musica 「『君と私』なら、ねぇちゃんや朱雀はどこ行っちゃうんですか?また改めて描くんですか?」

スーさん 「そうだ、大國主殿の絵が終わったら、また改めて描いてもらう」

m 「それはいいですけど、どんな感じで描くのですか?昨年ねぇちゃんがえんじ色のシルクのドレスを着て階段を昇ってくる姿を拝見しましたが、それにします?」

ス 「あー、実はアマテラスではなくてアマテルとして描いて欲しいのだ」

m 「女性化する前のねぇちゃんですか。。。えー、想像つかないな」


スーさんがイメージを送ってくる。


m 「ムム。。。」

ス 「君好みのイケメンであろう?」

m 「じゃあ朱雀は?」


朱雀とねぇちゃんの画像が送られてくる。


m 「・・・描きます」

ス 「そうであろう?君が思わず描きたくなる絵だ」

m 「・・・」

ス 「君はね、どうも女性を描いている時と男性を描いている時では、男性を描いている時の方が断然気合が入る」

m 「それは仕方のない事です。男が好きですから」



で、翌日。

いつものように神棚のねぇちゃんにご挨拶。

m 「ねぇちゃんおはよう・・・、じゃなかった、アマテルにぃちゃん、おはようございます」

と思った瞬間全身に鳥肌が。

m 「今、気を送ってくれました?」

アマテルにぃちゃん 「だましていた部分もあるからね、お詫びだよ」

m 「もうこれからはずっとにぃちゃんなんですか?」

に 「それはどちらでも構わないよ。我々はエネルギーの世界の者だからね、どちらにもなれる」

m 「どちらでも・・・。じゃあスーさんの女性バージョンもありか・・・」

に 「まぁそうだね」

m 「・・・」

に 「・・・」

m 「スーさんは男性のままの方が良さそうです・・・」

に 「(苦笑い)」






[PR]
by garoumusica | 2014-10-07 05:00 | ねぇちゃん | Comments(2)

お願いごとは本人に。


musicaの朝は、神棚のアマテラスねぇちゃんへの朝の挨拶から始まります。



musica 「ねぇちゃん、おはよー」

ねぇちゃん 「おはよう」



で、顔を清めて口をゆすいでからの二拝二拍手一拝

神様の絵を描いている間は二拍手の後にお願いごとをします。



m 「今日も南方先生の絵が上手く描けますように」

ね 「なぁなぁ、musicaちゃん」

m 「はい?」

ね 「いつも思おとったんやけどな?それ直接南方君にお願いしたらええんちゃうん?」

m 「はぁ・・・」

ね 「自分の絵ぇ描いてもらってんのやから、そりゃー上手く描けるよう頑張るで?南方君」

m 「あー、それもそうですねー。後で言ってみます」

ね 「ほんなら他になんかある?」

m 「んー・・・、そうですねー、絵が早く仕上がりますようにー、ですかね・・・」

ね 「似たようなもんやんか!(←お約束)ほな頑張りやー」

m 「あいよー」



で、後で南方先生にお願いしたところ、なんだかいつもより集中力が違いました。。。

やっぱり本人にお願いするのが一番みたいですね。

f0351853_03030381.jpg

今ここです。





[PR]
by garoumusica | 2014-08-11 05:00 | ねぇちゃん | Comments(0)

ネットの情報を見て。


musica 「へぇ、スーさんって魔を払う力をお持ちなんですね~。じゃあ今日から早速、寝てる間の守護をお願いしてもいいですか?」

スーさん 「構わんよ、任せなさい」


その夜、夢と現の間で。


ねぇちゃん 「来たで!」
f0351853_20483992.png

m 「えっ!?アマテラスねぇちゃん?えっ?あ、ありがとうございます・・・。この守衛兵みたいな人たち一体何ですか?何人いるんですか?」

ね 「四方八方に上・中・下段、すべてまかなえるで!完璧な守護やろ」←画像のあのポーズ。

m 「は・・・?ちょっ・・・、スーさん?スーさん!?」



出雲に行く少し前の話で、その辺の兼ね合いもあって張り切ってくれたみたいなのですが・・・。

日本の上の人っていうのは、いつも想像のななめ上の事をやってのけて下さいます。

あれはビビりました。








[PR]
by garoumusica | 2014-07-04 05:21 | ねぇちゃん | Comments(2)

梨汁。


スーさんのホームにて。
f0351853_20335376.jpg
落ち着いた大人の男性って感じです。

その向かいにある天照宮にて。
f0351853_20350675.jpg
梨汁ブシャーーー!!!

・・・。

ねぇちゃん最強・・・。

光関係はお手の物です。






[PR]
by garoumusica | 2014-06-11 05:13 | ねぇちゃん | Comments(2)

musica 「ねぇねぇ、ねぇちゃん」

ねぇちゃん 「ん?」

m 「ねぇちゃんって本当は男性の武神で、政治的に利用されて女性神に変えられたって、本当ですか?」

ね 「ある意味せやなぁ」

m 「う~ん・・・、そういう事をされて怒ったりしなかったんですか?」

ね 「あらへん」

m 「・・・」

ね 「あんな?男から女に変わる、ほんだけで皆が上手くいくんなら安いもんやろ?皆が上手くいくならなんでもええねん」

m 「・・・カミだねぇ・・・」

ね 「なんやねん(照)!ほらあれや!スサノオのお気に入りの歌があるやろ?」

m 「あ~、江戸を斬るの主題歌の・・・」

ね 「ちゃうやろ!」

m 「あっちか。

    『照るにつけ くもるにつけて 思ふかな わが民草の うへはいかにと』」

ね 「それやそれ!うちらの総意や!(照)」



どんな姿でも男前。

ねぇちゃんとの会話はこんな感じです。





[PR]
by garoumusica | 2014-06-06 06:14 | ねぇちゃん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica