カテゴリ:南方先生( 48 )

神棚挨拶での失敗の巻。

昨日の話。

このブログを書き終わってから、寝る前に神棚へご挨拶をしたのです。

南方先生の絵を描いた後に更にブログを書いたので、疲れていたのだと思うのですよ。

超眠たかったですし。

なのでとんだ失敗をしてしましました・・・。

いつもですと、アマテルにぃちゃん、氏神様、荒神さんの順に挨拶をするのですが、昨日は・・・、



musica 「南方先生、今日も一日ありがとうございました」



と、神棚に向かって挨拶をしてしまったのです。

すると挨拶をした瞬間、東の方角から物凄く男性的な力強い気が流れて来まして。

いつも流れてくるアマテルにぃちゃんの気とは全く違う気。

それでようやく、神棚にいらっしゃらない南方先生の名を呼んだ事に気が付いたのです。

そして、



m 「アマテルにぃちゃん、ごめんなさい!( *ノノ) 名前を間違えるなんてとんだ失礼を!

ハッ!Σ(゚Д゚;) 南方先生にもかなりの失礼を!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!」



という感じで、プチパニック。

もちろんおっさんsは面白がってくれましたが、ものすごい失態をしてしまい申し訳なかったです・・・(´・ω・`)。



南方先生 「それだけ一生懸命に絵を描いてくれたという事だろう?」

m 「ほんとごめんなさい・・・」

み 「いや、挨拶して貰えて嬉しかったよ」

m 「間違って挨拶をしたのに嬉しかったと言われると、本当に申し訳ないです」

み 「フフフ」

m 「それにしてもお札が無くてもがっつり気が届くものなんですね」

み 「今は私の絵を描いているから余計にね。社から直接送ったよ」

m 「それで東の方角から流れて来たのですか。すごいですね!」

み 「頑張ってみたよw」

m 「ありがとうございます」



南方先生やアマテルにぃちゃんが優しい人達で良かったです・・・。



●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

昨日、気分転換にネットの無料漫画を見ていた時の事。

m 「あっ!」←iPadの電源が落ちた。

スーさん 「君は目を休ませようという発想が無いのかね?」






[PR]
by garoumusica | 2017-02-04 05:00 | 南方先生 | Comments(0)
ただ今4時50分ですけど、先ほどまで狂った様に絵を描いていました。

汗だくだし、背中痛いし、腰痛いし、首痛い〜。

どういう格好で描いていたんだろう・・・。

あー、痛いよ〜、スーさ〜ん!!!


南方先生 「そこは私の名を呼ぶべきだったね」

musica 「あー、なんか我儘言っても良いのはスーさんって感じで」

み 「それだけ君が信頼を寄せているという事だね」

m 「そうなのかな?」



南方先生、ただ今こんな感じ。

f0351853_05052918.jpg

赤いのを裂けた幕みたいにしていきたいな〜。

そしてその間から南方先生の体がチラリ見える感じ。

見ている人との間にこういうのがあると、南方先生との間に距離が生まれて、あ、違う世界の人なんだな〜って感じる様な気がします。

でもちょっと赤の配分が多い気がするので、右端と下側をざっくりと削除しようかな・・・。

南方先生の頭に掛かっている丸いのは、爆発のイメージ。

核爆発の様な雰囲気で描こうと思ったりもしましたが、それよりも黒い色で牡丹の花を表現してみる事にしました。

今は適当に消しゴムで色を消しただけですけど、黒い色でちゃんと牡丹を描いていきます。

そんな感じです。



。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。



それでは本日も良い一日を〜。

スーさん 「君が私に信頼を寄せているのは良く分かるが、あの場面では南方殿の名を呼ぶのが筋だぞ?」

m 「何言ってるんですか・・・」




[PR]
by garoumusica | 2017-01-30 05:09 | 南方先生 | Comments(0)
南方先生との会話。



musica 「ねぇ、南方先生。311の時に見た南方先生の服はボロボロでしたけど、痛々しい絵は好きではないので、綺麗な服にしてもいいですか?」

南方先生 「構わないよ。君が心地よい状態で描ける絵にしなさい」

m 「はーい」

〜描き描き〜

m 「ねぇ、南方先生?3月11日になったら、またスーさんが神職モードでメッセージを言うんですかね?ちょっと怖い感じの」

み 「うーん、今年はもう無いんじゃないかな?」

m 「え?何でですか?」

み 「もう今年で6年目だろう?もう十分言うべき事は言った。然るべき対処をすべき者は、もう終えたはずだろう?」

m 「終えていない人も多そうですけど」

み 「もう6年だ。当時のまま何も無かった事にして暮らしているとしても、それはもう本人の選択だろう?あとはもう自己責任だよ」

m 「厳しいですねぇ」

み 「そうかい?それに、6年間何もしなかった結果が、その者達にとって必要な学びかもしれないだろう?」

m 「まぁ、そうですけど・・・」

み 「だからこのブログで3月11日に我々がアドバイスをするという事は、もう無いだろうね。どうしても何か必要と言うのならば、昨年や一昨年の記事でも読めばいいよ」

m 「じゃあ今年は気が楽ですね、私」

み 「この絵に集中出来るね」

m 「あー、まぁ・・・、そうですね・・・」



.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)



それでは本日も良い一日を〜。

スーさん 「6年は長い。6年もあれば出来る事は沢山あった。にもかかわらず、何もせずに6年前と変わらぬ生活をしているのならば、それはもうその者の選択だ。周りがどうこう言う問題では無い」

m 「変わりたくても変われない事情もあるでしょう?先祖代々の土地が、とか、夫の仕事が、私の仕事が、とか」

ス 「それはもう本人の意思でその様に選択しているのだよ。そしてその選択に学びがある。それだけだ」

m 「えー・・・」

ス 「見守るという愛情がある。相手の選択を尊重するという愛情がある。愛情は色々だ」






[PR]
by garoumusica | 2017-01-25 05:00 | 南方先生 | Comments(0)
本日は絵を描かなきゃー、本館の更新もしなきゃーなので、面倒な記事はお休みします。


と言っても書く事無いんですけどね。

えーっと、先週は南方先生とスーさんによる、絵と歴史物の勉強で忙しかったです。

お絵かき曜日では無いのに突然南方先生に絵を描かされたと思ったら、翌日から父方の出身地がどうとか遺伝子がどうとかの話になって、天津神の子孫のY染色体のハプログループがDだと知ってびっくりしたり、はたまた日本人のハプログループにEが無くて困ったり。

新しい展開に入ったって感じなのです。

なんで急に?そして今更父方の出身地を明かしたの?と思ったのですが、何となく理由は分かります。

思い起こせば新年に入って、私はスーさんに主張していました。

musica「何でスーさんがここに居て、いろいろな展開になっているのか教えてください!私は受け入れる準備が出来ています!(`・ω・´) 」

・・・余計な事を言ったかもですね・・・。



そういえば先日、洗面所の鏡の前で髪を梳かしていたところ、南方先生に絵に描いたのと同じ美豆良を結ってみて?と言われたのです。

えー・・・って感じでしたが、確かに絵の参考になると思い結ってみる事にしたのです。

髪の毛を半分に分けて、それから更に半分に分ける。

そしてくるくると後ろから前へと髪の毛を捻り、根元まで捻ったら半分に折って根元を隠してゴムで留める。

うん、想像通り!

と思った瞬間、美豆良がくるくる〜と更に捻れまして。

なんと!ツイストドーナツみたいになったのです!

えー、絵に描いた様に輪にはならないんだ〜、どうしよう・・・(´・ω・`)。

で、ふと思いつき、今度は緩く捻りながら美豆良を作ったところ、これだと絵に描いた様な美豆良になりました。

まぁ、ツイストドーナツ美豆良の方が、見た目は美豆良っぽかったですけど。



musica 「なるほど・・・」

南方先生 「正しい美豆良を描く必要はない。でも実際に試して構造を理解しておく事は絵を描く上で必要な事だよ」

m 「はい。あの絵の南方先生と同じくらいの髪の長さで良かったです。私の髪は軽く癖が入ってるから、ちょっと雰囲気変わりますけど」

み 「同じ長さなのは偶然だと思うかい?」

m 「切ろう切ろうと思いつつ、気がつけばこの長さになってしまいましたが・・・、まさかこの為に?」

み 「神のみぞ知る、だね。髪だけに」

m 「・・・さっすがおっさんs、そのダジャレ・・・」



。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。



それでは本日も良い一日を〜。

m 「南方先生、何か一言ありますか?」

み 「そうだね・・・、昨日から厳しい冷え込みが続いているが、体調管理には気をつける事、かな」




[PR]
by garoumusica | 2017-01-23 05:00 | 南方先生 | Comments(0)
・・・なんと言う事でしょう、一度書き上げた記事がきれいさっぱり消え去りました・・・。

1時間も掛けて書いたのに・・・。

どういう内容だったのかと言うと、美豆良頭の南方先生を描いている時の南方先生との会話。

えー、あの内容をもう一度書かなきゃいけないんですか~~~?



スーさん 「人前に出す会話ではないのだという発想は無いのかね?君は」

musica 「・・・(´・ω・`)」

南方先生 「二人だけの秘密だよ」

m 「///そうですね!( ´艸`)」

ス 「君という者は・・・。それで?身体の方は良くなったかね?」

m 「はい、だいぶ良くなりました。でも1時間半ほど続けて描いただけなのに、今までに無いくらい物凄く疲れました・・・」

ス 「トータルでは長時間描いていたではないか。それに、この絵は今までの絵とは違うのだよ」

m 「今までも311イラストを描いてきましたよ?」

み 「君はあの私の姿をどの様な状況で見たのだったかね?」

m 「311の時に福島原発が水素爆発をした時です」

ス 「そういう事だよ。あの時は皆全力を尽くしていた。上の者も、下の者もね。君が描き始めた絵はそういう絵なのだ。その身に受ける負担も今までとは段違いだ」

m 「描いている時は何とも無かったですよ?」

み 「その辺りは配慮しているよ。だが、君が無理をすると身体に支障が出る」

ス 「今回はその事をその身に教える為に、あえて止めなかった。君は人の言う事を聞かないから、身体に覚えさせたまでだ」

m 「・・・」

ス 「次からは自分でコントロールしながら絵を進めなさい」

m 「はぁい・・・」



○・v・◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

ス 「今日の成果を載せるのではなかったのかね?」

m 「あっ、忘れてました。・・・一度記事が消えちゃったからね・・・」



南方先生に「現代に生きる君の感性で良いと思える美豆良を結いなさい」と言われ、この様になりました。



じゃん!

f0351853_02370374.jpg

画廊musica的美豆良です。

美豆良頭をした南方先生をかっこいいと思える結い方になる様、努力しました。

紐をまだ描き込んでいませんが・・・。

あっ、目も南方先生にしなくちゃですね。

身体もこれから。

今日も目の前にあるやるべき事を成せる様、がんばろ~~~。




[PR]
by garoumusica | 2017-01-18 05:00 | 南方先生 | Comments(0)
熊野のスーさんの絵、今はこんな感じです。

f0351853_03563808.jpg

今日までに仕上げるつもりでしたが妙に集中出来ず、来週まで延期です。

今週は本気出す!(`・ω・´)



さてさて次に描く予定の絵は毎年恒例の311用の絵です。

今年の絵は私が一番最初に見たおっさんsの画像を基に描く予定だと聞いていました。

私は震災当時、福島原発が水素爆発した様子を生中継で見てひどく動揺したのですが、そんな時に脳裏に浮かんだ画像。

服はボロボロながらも私の方を見て微笑む南方先生。

f0351853_23535166.jpg

その時の様子をアレンジしたものを描くのだと思っていました。

で、南方先生に先月の半ば頃から絵にする画像を見せてくださいとお願いをしていたのですが、一向に見せてもらえる様子がありません。

えー・・・。

なので自分で色々と構想を始める事にしたのです。

南方先生はあのままで良いとして、問題は福島原発。

破壊した原発をそのまま描いたら問題があるだろうという事で、髑髏でも描こうかな?などと考えていたのです。



そして運命?の先月末。(←日にちは忘れたw)

ついに一枚の画像を見せて貰えたのです・・・!!!


それは!!!

なんと!!!

おっさんsが!!!

現在の福島原発の前で!!!
 









宴会してる!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

しかも派手な着物を着、桜まで植えて!!!

何やってんスか!?!(◎□◎;)

(まさしく)OMG!!!



・・・この画像を見せられた時にその心意気?に感動したと同時に、あぁ、この人たちには敵わないなって思いました。

そして脳で絵の構想を練っていた自分の浅はかさも思い知りました。

おっさんsの絵は自分で考えるものではなくて降ろされるもの。

まさしく「Don't think.Feel!」でした。



musica 「まさかの宴会とはねぇ・・・」

南方先生 「ハハハ!私達らしいだろう?」

m 「ほんとにw」

み 「いかなる場合においてもユーモアを持って。それが我々のモットーだからね」

m 「はい。・・・でもこれは大人数なので色鉛筆で細々と描くのも、311に間に合わせるのもちょっと難しいかも」

み 「そうかい?では気になる人物に絞るかね?」

m 「南方先生でなくてもいいんですか?」

み 「うん、君がこの場所に思いを馳せる事が需要だったからね」

m 「ふーん。えーっと、そうですね、1人めっちゃ目が合う人がいるんですけど・・・。肘置き?」

み 「脇息(きょうそく)だね」

m 「身体をしな垂れる様にして左ひじを脇息に乗せ、右手に盃を持ってる人・・・。なんか今までにない感じに色気のある長髪を垂らした男の人。・・・これスーさん?見た目は今までとは全く違うけど、瞳がスーさん・・・」

み 「君にとってはそうかもしれないね」

m 「私にとっては?」

み 「今回は人を特定しないで描いてみよう。見る人によって対象が変わるように。君にとってはスーさん、ある者にとっては月読殿、またある者にとっては私という感じだね」

m 「ふーん・・・、まぁ私はイケメンが描ければなんでもいいです」

み 「ハハハ。それにしても瞳がスーさんとは、スサノオ殿が喜びそうな言い回しだねw」

m 「え?(´・_・`)」

み 「『例え貴方の姿が変わろうとも、わたくしはその瞳を見ればひと目で貴方だと分かります』。こんな感じかな?」

m 「男のロマンですか?その身体はこの目では見れないけど」

み 「そういえば君達は年明け早々その事で喧嘩していたねwww」

m 「元旦くらい夢で逢っている時の記憶が欲しかったのですが、見事に裏切られました・・・(−_−#)」

み 「そしてスサノオ殿が君に贈った曲がショッキングブルーの『ヴィーナス』」

m 「私が喜びそうなタイトルの曲を脳内再生して誤魔化されました( ・ὢ・ )」

み 「ハハハ!」




∋(´・ω・)o/・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*


それでは本日も良い一日を!

み 「月曜日の憂鬱に陥ってはいないかな?一年の仕事始まりの日にその年の仕事運がかかっている。気持ち良くスタートする様にね」


[PR]
by garoumusica | 2016-01-04 05:00 | 南方先生 | Comments(6)

南方先生との約束。

昨日の話。

モラタメというサイトがありまして。→モラタメ

企業の新製品や余った商品が安く購入出来るサイトなのです。

私は普段使っている商品などが出た時に利用しています。



で、昨日はモラタメに普段使っている布巾が登場しまして。

1枚400円の布巾が送料込みで3枚800円!

わ〜、これは買わなくちゃ!

早速購入しました。

そして脳内でおっさんsに話しかけです。



musica 「こういう布巾ってなんだか古き良き時代の日本を彷彿とさせますよね〜」

おっさん 「・・・」

m 「ハッ∑(゚Д゚)ごめんなさい、南方先生!夏になったら浴衣を普段着にするって言ってたのに、いまだに実行してない・・・」

南方先生 「謝る必要はないよ。君は時々ネットで浴衣を探していたではないか」

m 「ただ見るだけなら安くていいのがありそうな気がするのですが、いざ購入をしようとするとプリントがちゃちい感じがしたり、肌触りが悪そうな気がして。かと言って、高級なのは部屋着にはちょっと・・・」

み 「難しいものだね」

m 「自分で作ってみるか。。。(ネットで作り方検索)えっ!?生地が110センチ幅で5メートル必要!?」

み 「一反分だからね」

m 「生地屋さんで見た肌触りの良い生地が1メートル1450円だったから、7250円(゚o゚;; 浴衣、高いはずですね・・・」

み 「普段着だから2着は欲しいが生地代だけで14500円。ユ○クロに負けるのは必然という事だな(苦笑)」

m 「洗濯も大変ですしねぇ。冬に着ていた半纏は手洗いだったので、1回の洗濯で40分位かかっていました。昔の人は洗濯が大変でしたねぇ・・・(´・_・`)」

み 「それは時間がかかり過ぎだよw 値段が気になるのなら、今度着物の古着でも探してみようか」

m 「そうですねぇ。。。ちょっと怖い感じがしますが、ヤフオクで浴衣とかならまだいっかな。。。」

み 「使用した人の念などが気になるようだったら、洗濯する際に少量の塩を入れてみなさい。スッキリすると思うよ」

m 「古着の浴衣を購入したら試してみます」



昨日の新作!

f0351853_02575538.jpg

ラピスとマグネサイトのネックレスです。

昨日と同じグリフィン糸を使いました。

新しい技術を覚えたので練習したくなりまして。

メインはレモンクォーツです。

f0351853_02581085.jpg

色合いがお気に入りです。





[PR]
by garoumusica | 2015-07-30 05:00 | 南方先生 | Comments(2)
ちょっと前の話。



自分の歩く姿がショーウィンドーに映った時に、自分の姿勢を確認する事があります。

で、先日出掛けた時も横目でちらりと歩き方や姿勢の確認をしていたのです。

が、その時は新しい靴を履いていたせいか、膝がちょっと出た感じになっていたのです。

あっ!と思って歩き方を正そうとしたのですが、矯正する前にショーウィンドーが終わってしまい・・・。



南方先生 「太ももの真ん中辺りから脚を出すようにイメージして歩いてごらん」

musica 「太ももですか?」



で、早速太ももの真ん中から脚を前に出す感じで歩いてみたところ。。。



m 「うわ、めっちゃ速く歩ける!」

み 「ハハハ、美しく歩く事も速く歩く事も出来るよ」

m 「今までこういう歩き方はした事がなかったかも・・・」

み 「旅へ出ると若干歩かなければいけないから、その歩き方を覚えておくといい。楽になると思うよ」

m 「はい」

み 「折角その身体を持って人として生きているのだから、自分なりの美を体現して生きてみてはどうかね?歩き方も自分なりの美を表現するもののひとつだ」

m 「はい。フフフ、南方先生に美しくあれと言われるのはこれで2度目かな?」→美しい姿で。

み 「日常には美が溢れているからね。うかうかしていると見過ごしてしまうよ」

m 「はい、気をつけます」




[PR]
by garoumusica | 2015-05-14 05:00 | 南方先生 | Comments(0)

呼吸法を変えてみる。

昨日の話。

トランクカールという筋トレをしていた時の事。



南方先生 「ほら、使う筋肉を間違えているよ。トランクカールは頚部の筋肉ではなく腹部と腰部の筋肉を意識して」

musica 「あー、はい・・・_(:3」∠)_」←10回目でダウン。

み 「こら、あと10回」

m 「ちょっと休憩・・・」

み 「まだ20分しかしていないぞ?」

m 「・・・_(¦3」∠)_」

スーさん 「コラ、そのままの姿勢で寝るな」

m 「・・・寝てませんよ_(:3」∠)_・・・ねぇスーさん、イヤミったらしくM○JIの人をダメにするソファーに座っているスーさんの画像を送って来るのやめてくれません?」

ス 「さっさと済ませばこのようにのんびり出来るぞ」

m 「ちょっとだけ・・・_(¦3」∠)_」

み 「・・・仕方ない、呼吸の練習でもするかい?」

m 「呼吸ですか?_(:3」∠)_」

み 「君は今までほとんどの時間が胸式呼吸だった。歌を唄ったりする時以外はね」

m 「はい」

み 「君の様に気に敏感な者は、腹式呼吸をすると気が頭に上り過ぎて危険な状態になるからだ。実際腹式呼吸をすると、頭がくらくらする上に目の前が光で一杯になるだろう?」

m 「はい」

み 「君は上の世界に繋がりやすいからね。でもこれからは腹式呼吸も身につけよう」

m 「大丈夫なんですか?」

み 「君は地球とエネルギーの交換をするようになり、足を地に着けていられる様になってきたからね」

m 「へぇ・・・」

み 「今までセーブしてきた体内に取り入れる気の量を腹式呼吸で増やしてみよう。やり方は分かるね?歌を唄う時の呼吸法だ。トランクカールの続きをしながらやってみよう」

m 「・・・_(¦3」∠)_」←拒否。

ス 「あと10分残っているのだぞ、きちんとせよ。大国主殿も何か言ってくれぬか」

おーくにさん 「今日は1日だからベッドのシーツ換えるようにね」

m 「・・・出雲のおっさんsが揃いも揃ってスパルタ・・・(/ω\)」

ス 「なんだね?君のその脇の肉は」

m 「(`・ω・´)+フンッ!フンッ!」←トランクカール中。


ス 「君が体力作りをしてくれるなら、君の目的はなんでも良い(溜息)」






[PR]
by garoumusica | 2015-05-02 05:00 | 南方先生 | Comments(0)

身体に芯が通る。

筋トレを初めて3日目の話。

朝食前に30分、夕食前に30分の筋トレで全身筋肉痛で・・・。

特に太もも!

スクワットがキツキツです・・・。



で、階段を上り下りをしている時にふと気が付いたのです。

身体がブレていない・・・。

いつもはふにゃんとしている印象だったのに、ブレていない感じがするのです。



南方先生 「身体に芯が通ったね」

musica 「芯」

み 「床に対して垂直に芯が通っている感じがするだろう?」

m 「確かに」

み 「左右万遍なくキッチリ筋トレをしているからね、淀みなく重心が取れ始めたのだ」

m 「へぇ・・・。でも何だか結果が早くないですか?」

み 「全身の筋力アップという観点からはまだまだだがね。だが身体の芯という観点で言えば早く結果が出た。何故か分かるかね?」

m 「さぁ・・・」

み 「身体に芯が通る、重心が取れるというのは何に対してだね?」

m 「地球の中心に対して?」

み 「そうだ。君は先日スサノオ殿に地球に感謝しているか問われていたね?」

m 「はい。日常的に地球に感謝していなかったので、神棚sにご挨拶をする時に合わせて感謝を述べるようにしたら、地球も神棚sと同じように気を送ってくれるようになりました」

み 「それだよ。君が地球に感謝を示し、地球もその感謝に応え気を送ってくれるようになっていた。地球とのエネルギー循環が上手くいくようになったからこそ、重心がうまく取れるようになったのだ」

m 「何だか分かるような気がします」

み 「君は今までフラフラとしていて足に青あざが絶えなかっただろう?wそれも考えた上でスサノオ殿は君に地球を見せているのだよ」

m 「あー、フフフw」




[PR]
by garoumusica | 2015-05-01 05:00 | 南方先生

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica