カテゴリ:つれづれ( 439 )

例のあの窯、の巻。

はー・・・、本日は下鴨のおっちゃんの絵を一生懸命描いているはずが、途中2時間半ほど寝ちゃって・・・。

慌てて起きて一生懸命続きを描いたのですが、おっちゃんの目が冷たく感じて辛い・・・。

f0351853_04381811.jpg

あ、ちょっとコントラストが強いなー、バブルな眉毛になってる。

実物はもうちょっと眉が薄いです。



目が冷たかったので、なるべく目を合わせないようにして描きました。

という訳で、ただ今4時40分!

今から日御碕神社の画像の編集をするのは辛いので、本日はつれづれです。



これ。

f0351853_04344441.jpg

蓋付きの湯飲み。

ちょっととぼけた感じがツボだったのと、スーさんに渡したお守り袋の柄と似てたのと、安かったのでポチッ!



スーさんに渡したお守り袋。

f0351853_04343849.jpg

アレですね、オーシャンジャスパーの模様に耐えられなくて、代わりにスーさんに持ってもらってるのですが、その時に渡した私の手作りのお守り袋です。


懐かしいなぁ・・・。



で、この蓋付き湯呑みの裏には・・・、

f0351853_04344180.jpg

!!!

この銘はもしかして!?



これと一緒!?

f0351853_02293474.jpg

魚柄がツボって購入した、ふわふわのモフモフの格納器の銘です。



f0351853_02292331.jpg

ここの窯元は私の好みらしいですねぇ・・・。

購入元に何という窯元なのか聞いてみたところ、分かりませんとの事でした。

まぁ、どちらも安い九谷焼なので大衆向けの窯元なのは間違いないですが、大衆向け過ぎるとかえって分からないもんですね。



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。


musica 「陶器を作っているところっていっぱいありますねぇ」

スーさん 「人の生活に欠かせないものだからね、そりゃあ沢山あるさ。君は湯呑みだけで一日何個使う?」

m 「ガラスのコップを含めると4個使い分けをします。お水用とちょっと安い緑茶用と、お高い緑茶用と中国茶・紅茶用」

ス 「あとは色鉛筆立てにも使っているだろう?湯呑みだけでも5つも使い分けているのだ。それだけ需要があれば生産する所も多くなろう」

m 「生活必需品だからか~」








[PR]
by garoumusica | 2017-10-14 05:05 | つれづれ | Comments(2)

運命の出会い。

フリマアプリを開くと、その時々に売り出されたばかりの商品が、トップページに紹介されています。

それは興味があるカテゴリーの商品ではない事がほとんど。

私には関係の無い物達。

ですが、関係が無かった物達ですから、初めて目にする物だったりもするのです。

今日のお話も、そんな興味の無かった物の話。



その日、いつものように「なんか面白い物は無いかな?」と思いながら、フリマアプリを開いたのです。

そしてそのトップページの一番上に表示されていた物。

その物が目に飛び込んで来た時、私の心は既に恋に落ちていました。

f0351853_04430360.jpg

姿形に色使い。

そのすべてが私の心を掴みました。

f0351853_04425906.jpg

それは陶器で出来た人形。

今までの私だったら興味の無かった物です。

f0351853_04425692.jpg

陶器の人形って貴婦人だったりワンコだったり。

ちょっと色んな意味で趣味ではなかったのですが、この人形だけは違う。

f0351853_04430139.jpg

姿形、服装、色使いがすべて私を虜にしました。

12年前に購入した品物にしてはかなりの高価な値段。

ですが、これは私の物。

これを手に入れなければ後悔する!

そんな事を思いながら、2割ほど値引きして貰って手に入れました。

それでは見てやってください!

私が一目ぼれした、スペインのリヤドロというメーカーの陶器の人形です。

じゃん!

f0351853_04425443.jpg

美しい・・・。

こってこての天使じゃないところがすごく良い。

f0351853_04425271.jpg

後ろの描きかけのおっさんがちょっと邪魔ですけど・・・。

という訳で、本日は画廊musicaのこれイイね!のコーナーでした。



☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡



それでは本日も良い一日を~。


musica 「石を売ったその足でこの天使を購入した訳ですけど、これってアレですね」

スーさん 「アレとは?」

m 「飲む・打つ・買う!の、

その日ぐらしのアリエッティ

って感じ」

ス 「やめなさい・・・」

m 「♪飲んでいる~すえーた~場末の~バーで~~~♪」←千と千尋。

ス 「やめなさい・・・、色々と間違ってるから・・・」







[PR]
by garoumusica | 2017-10-09 05:07 | つれづれ | Comments(0)
眠い!

非常に眠いです!

どれくらい眠いかと言うと、フォトショで画像処理をしながら寝てしまうくらい眠い!

という訳で、おーくにさんの話は長いんで今日は取りやめにします。



で、別の話題。

昨日、オクで落とした水晶の招き猫が届きまして。

招き猫を購入するのは初めてなんです。

なんだか気に入った顔が無かったので、ずっと購入せず。

ですがこの水晶の招き猫だけはファニーフェイスでなんとなく気になっていた上、ずっと誰も入札せずに残っていてだんだん安くなっていったので、なんとなく入札したのです。

まぁ、画像を見る限りあんまりきれいな水晶ではないし、綺麗な顔とは言い難いから、誰も入札しなかったのでしょう。

その招き猫が昨日届いたのです。



そして開封。

思っていたよりも透明感があって、顔もファニーだけどすっごくかわいい!

そして何より!

頭部に虹が煌めいていたのです・・・!!!

じゃん!

f0351853_03584855.jpg

いいわあ~~~・・・。

身体の部分には内包が多く濁って見えるのですが、その分虹が多く点在しているし、すごくいい子・・・。

画像映りが決定的に悪かったようです。



で、キラキラと輝く内包を堪能した後、招き猫と向き合い目を合わせたところ・・・、

招き猫の!

左目と!!

目が合った!!!

ビックリ!!!

f0351853_03585977.jpg

いきなりこんな目で見つめられたら、もうメチャクチャびっくりするでしょう!?

びっくりしましたよ・・・。

瞳孔までちゃんとあるし。

さっきまでただの水晶の招き猫だったのに、突然、命の宿った猫になってしまって・・・。

こんな上手い具合に瞳を照らす内包があるなんてビックリです。

でも、目を合わせるって大切ですから、かなり嬉しかったです。

母は怖いって言ってましたけど・・・。



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。


musica 「左目ってなんか意味があります?」

スーさん 「自分で調べてみたらどうだい」

m 「・・・。えーっと、関係あるかどうか分かりませんがwikiによりますと、古代エジプトでは左目(『ウアジェト(ウジャト)の目』)は月の象徴なのだとか。ウアジェト(ウジャト)は、コブラの姿、あるいは頭上にコブラをつけた女性の姿で描かれる下エジプトの守護女神で、『ウアジェトの目』は周期的に満ち欠けする月の象徴である事から、欠けた月が再び満ちるように『失ったものを回復させる』『完全なるもの、修復されたもの』という意味がある。ふーん」

ス 「『ウアジェトの目』は『全てを見通す知恵』や『癒し・修復・再生』のシンボルとされた、ともあるね。以上を踏まえて、左目が輝く招き猫をどう見るかね?」

m 「そうですね、私の身体を癒し、修復し、再生させる為に来てくれたのだったら嬉しいです」

ス 「私は『これからその様な事が起きるだろう』という吉兆として現れたのだと思うよ」

m 「スーさんがそう言ってくれるなら、そうなのかな」

ス 「この招き猫が君を治す、となると依存が生じる。気を付けなさい」

m 「はい」








[PR]
by garoumusica | 2017-10-06 05:00 | つれづれ | Comments(0)

秋祭りの朝に。

本日はちょっと別の話題を。



先日、スーさんの呼び出し神社で秋のお祭りがありました。

夏祭りは暑いからヤダって言って断ったので、このお祭りにはお伺いせねば・・・。

その日は母が午後から予定があったので、午前中にお伺いする事となったのです。



で、その1週間前から何故か睡眠時間を3~4時間に減らされまして。

と言っても夕方30~60分位は寝ていたので、きつくはありませんでしたが。

そんな事が続いた末の当日の朝。



何か夢を見ていたのですが、突然フッと目が覚めたのです。

本当にプツッと夢が切れて意識がはっきりとしたのです。

目は閉じたままなのでまぶたの裏側を見ているのですが、目を閉じた暗闇の端全体に緑色の光が輝いて見えます。

調度、緑色のオーロラが視界の端にぐるっとかかっているような感じです。

そして気が付くと不思議な音楽が聴こえてきました。

雅楽っぽいのですが雅楽ではない。

音質もどこかシンセサイザーっぽい音楽です。

実はこの音楽は今までも何度か聴いています。

新しい神社へ行った日の夜に何らかのものを見せられる事があるのですが、その時に大抵流れてくる音楽なのです。

そしてそのうち、目を閉じた暗闇の真ん中よりもちょっと上に、ポッと緑色の光が現れまして。

すると眉間よりもちょっと上、いわゆる第三の目をぐっと押されるような感覚が走ります。

その間に緑の光が段々と大きくなり始め、何か映像が見え始めたのです。



一瞬顔の様な物が見えたりしたので、スーさんに守護を依頼。

そして覚悟を決めて再び緑の光を再び見つめました。

すると緑色の光のドアが開かれたのです。

何て説明して良いのか分かりませんが、緑色の光がドアの様な役割をしていた様で、それが開かれたのです。

開かれたドアの向こうには、もっとクリアな緑色の光が広がっていました。

そして開かれたドアを通って、何人もの人達がドアの向こうへと歩いていきます。

サッカーの試合が始まる前選手がドアの向こうに控えていて、そのドアが開かれ選手がピッチへと登場するのを、ドアのこちら側から見送る映像って見た事があるかと思います。

ほんとあんな感じ。

色も似ていましたし。

私は彼らがドアから出て行くのを、内側から見送っている感覚を覚えました。

その彼らの髪形は、美豆良だったり垂らした長髪だったり・・・。

その後ろ姿を見て、私は思いました。

あ、呼び出し神社の神様がこれからお祭りの準備を始めるんだ、と。



彼らの見送りが終了すると、私は覚醒しました。

しばらくは耳にあの不思議な点の音楽が流れていましたが、そのうち消えていきまして。

そして目を開けて時計を見ると、6時15分。

起床予定の時間までもう少しあります。

なので、呼び出し神社のお札に向かって挨拶をし、再び眠りについた画廊musicaでした。



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。



スーさんの呼び出し神社に着くと、何故か流れるセクシーなジャズ・・・。

まさか神社でこんなにセクシーでアダルトなジャズを聴くとは思わなかったので、


;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )


と、噴き出してしまいました・・・。

musica 「油断したわ・・・」

スーさん 「君がジャズ好きだから・・・」

m 「いやいやいや・・・、だって神社で

ハーレム ノクターン

ですよ!?」


m 「マジでびっくりしたわ・・・、まさか神社で・・・」









[PR]
by garoumusica | 2017-10-02 05:00 | つれづれ | Comments(0)
うちのふわふわのモフモフを格納する花瓶が、ついに我が手中に!!!

じゃん!!!

f0351853_02292331.jpg

夕方に画像を撮ったら、妙にシャレオツな画像が撮れました。



色々と焼物の種類だとか窯元、絵柄の技法などを勉強し、こだわって選んでいました。

が、そういったものを全て吹き飛ばし、この花瓶にひと目ぼれしてしまいました。

だって、魚柄なんですもん・・・。

f0351853_02293186.jpg

なんかすごくツボったんです。

スーさん 「壺だけに?」

musica 「残念!これは花瓶です!」

ス 「ハハハ」



この花瓶の作者さんは何を思い、魚柄を描かれたのか・・・。

f0351853_02292687.jpg

はー、色も柄も何から何までツボりました。



私が愛用する2種のふわふわのモフモフが格納出来ます。

f0351853_02292971.jpg

素晴らしい・・・。



こちらは千円だったので(送料は千百円・・・)魚の模様は黄土色か何かかと思っていたのですが、実際に手にしてみたらなんと金箔!

f0351853_02293691.jpg

キラキラしていてめちゃくちゃキレイなのです。

f0351853_02293895.jpg

金箔のきらめきが魚の鱗の様に見え、とてもビックリしました。



金箔の上に透明な釉薬が塗ってあり、その釉薬のひび割れの部分が金を反射させ、キラキラと輝いて見えるようです。

f0351853_02294199.jpg

ただただ魚柄がツボって購入しただけだったので、ついて来たおまけの方が豪華だった、そんな気持ちです。



裏の銘。

f0351853_02293474.jpg

九谷焼のなんとか路?

泰?秦?

よく分からない窯元です。

我こそは九谷博士という方がいらっしゃいましたら、どうぞコメント欄にて窯元を教えてくださいm(_ _)m

この柄のお皿があれば是非購入したいものです!

何の魚を描かれたのかは分かりませんが、サンマを並べたい・・・。



o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"



それでは本日も良い一日を~。

m 「あ、下鴨のおっちゃんのお面の色、この花瓶を見ながら描けばいいじゃん」

下鴨のおっちゃん 「君、先週は金色のお面の塗りに苦労し、金色のお面でも買おうかなんて思っていたからね。ちょっと見繕ってみたよ」

m 「あー、それで一目見てツボったんだ?」

し 「それもあるが君の趣味でもある。趣味ではないか。君の好奇心をくすぐる柄だろう?」

m 「くすぐられましたw」

ス 「君は魚座でもあるし、魚はキリスト教のシンボルでもあり、海神のシンボルでもある。おっさんsがグローバル化していく中で、必然的な絵柄であろう」

m 「『壺だけに』とか言っていた癖に、確信犯じゃないですか」

ス 「あれはウィットに富んだ会話を楽しんだのだ、君と」

m 「ウィット~~~?」

ス 「ウィットだ」

し 「とりあえず、絵に取り掛かってくれるかね?」







[PR]
by garoumusica | 2017-09-29 05:00 | つれづれ | Comments(0)
昨日の話。

柔らかい指先で道を指してるスーさんの絵をぼんやり眺めていた時の事。

はじめは今日手を加えるところについて、ぼんやりと眺めながら考えていたのです。

ここを直して、これを描き加えて、ここは保留して・・・。

で、この絵の画像が浮かんできた時に聴いていた『Dreaming I was dreaming』を、頭の中で歌っていたのですが、例の、

自分の生き方上回ってる
柔らかいあなたの指先で
道を指してるあなたがいる...

のところで、ふと気が付いたのです。

私の道を指差しているスーさんの絵を描いてしまったら、私はスーさんと共にその道を進まざるを得なくなるじゃない!

と。



最近、と言うか、私の部屋に和箪笥を置き始めてから思う様になった事があります。

これらの和箪笥を私の死後はどうするのだろう?と。

和箪笥などの家具をオクとかフリマアプリで見ていると、古いものですからそれなりの物語があるのです。

曾祖母の嫁入り道具とか、遺品整理とか。

で、やはりこれらの和箪笥も処分されてしまうのかな?と思ってしまう。

椅子から落ちた時に出て来たスーさんが選んでくれた指輪は、申し訳ないけれども形見分けはせず一緒に焼いてもらって、残骸は骨壺に入れてもらいたい。

これだけはあの世に持って行きます。

思い入れがあって念の籠っている指輪とは、多分こういうのを言うんだと思う。

あとは処分されても仕方がありませんが、一応これはどういう品で幾らくらいの値段の物なのかというのは分かる様にしておこう。

そんな事を考える様になっていたのです。



和箪笥を取り揃えたりとかって言うのは、私の波動を変化させてより良い未来へと繋げる為に行った行為です。

が、きちんとした物を取り揃えた結果、私は死後の事を考える様になってしまった。

これでは元の木阿弥です。

そのような時に現れたのが、件の柔らかい指先で道を指してるスーさん。

f0351853_03233808.jpg

ただこの目でスーさんを見たいと思って描いた訳ですが、昨日ふと気が付いてしまったのです。

冒頭に書いたように、私が進む道を指差しているスーさんを描いてしまったら、私は前に進まざるを得ないじゃない?と。

少なくとも、あの画像で見た光り輝く道を意識せざるを得ない・・・。



この事に気が付いた時に、またもスーさんの手の平の上でコロコロと転がされている事にも気が付いたのです・・・。

早いうちに、波動に影響が出る前に軌道修正されるところは、さすがはスーさんと言わざるをえません。

この様な事をサラッとする方だから、安心して任せられるというもの。

ですがあまりにも悔しくて、そして妙に恥ずかしくなって、思わず絵を裏返してしまいました。

はー・・・、もう、スーさんのいじわる・・・。

見事に引っかかる自分も悔しい・・・。

はぁ、もうこのおっさん、まじで狸ジジイだわ・・・。



□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□



それでは本日も良い一日を~。

スーさん 「ついに狸扱いか・・・。ヒト以外ではないか」

musica 「ヒト以前にまず身体無いじゃないですか!」

ス 「でもヒトではある」

m 「いや、待って?狸ってかわいいから狸扱いも嫌かもしれません」

ス 「失礼な・・・」

m 「やっぱりクソジジイかな?」

ス 「その言い方は久し振りだし、まぁ良しとしておこう」

m 「良しなんだ・・・」






[PR]
by garoumusica | 2017-09-28 05:00 | つれづれ | Comments(0)
三連休って言うのは画廊musica的三連休の事で、お絵描きお休み曜日である月・火・水を指します。

で、三連休中なのについつい絵を描いてしまったのです。

何を?

先日の記事に書いた、柔らかい指先で道を指しているスーさん・・・。

f0351853_04540244.jpg

まだ途中ですけど。

きちんと描くと面倒なので漫画っぽく描いています。

この絵は柔らかな指先がポイントのはずなのに、指先の部分だけ紙が足りなくなっちゃって・・・(´;ω;`)

もうやだ~~~って感じです。



私がスーさんの絵を描くのって、きっとこの世界でスーさんを見たいからなんだと思います。

まぁコロコロ見た目も変わるし、元々姿の無い人なんで描いたって意味が無いと言えばないんですけど、それでも描いてみたくなるのです。

夢現の世界では触れられるし、声を通して会話も出来ます。

今だってきっと、「ねぇ、スーさん」って話し掛けたら応えてくれるはずです。

不思議な時間を共に過ごしているなー、と、今思いました。

それだけです。

I feel like I’m always dreaming.



。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。



それでは本日も良い一日を~。

昨日の神棚組からの注文。

この曲を一回歌ってから神棚に挨拶をしてくれない?



歌詞はともかく、メロディーが美し過ぎ・・・。



[PR]
by garoumusica | 2017-09-27 05:06 | つれづれ | Comments(0)

あの頃の続きを、の巻。

じゃん!

f0351853_03270337.jpg

一匹増えました!



象さん!

f0351853_03270684.jpg

実はこの象、馬の置物を購入した後、次に購入する予定だったものなんです。

まぁ、ショップが潰れて買えなくなったのですが。



アップ!

f0351853_03271170.jpg

象って別に好きではないのですが、この象だけはかわいいな~、欲しいな~と思ったのです。



薄っぺら!

f0351853_03271012.jpg

これ正面から見た画像です。



後ろから。

f0351853_03270873.jpg

はぁ、かわいい・・・。



実はこの象、手に入れた経緯がちょっと面白くて。

フリマアプリでふわふわのモフモフが収納出来る花瓶を検索していたところ、こちらのブランドの花瓶と象がセットで五千円で売りに出されていたのです。

花瓶はあの画像にある丸っこいのとは別の形だったのですが、丸い花瓶を手に入れて間が無かったので、五千円はちょっと・・・と購入は敬遠モード。

でも象はちょっと欲しい・・・。

象だけ売ってくれますか?と聞いてみる?

いくら位で売ってくれるだろう?

花瓶:象の値段比は2:1位だから、ちょっと多めに見て二千円くらいかな・・・。

でも送料が二つに分かれるから、その分上乗せして二千五百円くらいで交渉する?

あーーー、厚かましいかな・・・。

・・・(´・ω・`)。

という感じで今回は諦めよう、という事にしたのです。



それからしばらく他の事をし、数時間後にまた花瓶を検索したところ、あの花瓶セットにコメントが沢山付いてる!

どんな感じなのかな?と思い商品ページを開いてみると、コメント主は花瓶だけが欲しい、三千円で売ってくれとの事。

で、それに対する出品者の返信は、象だけだと売れそうにないからセットは崩せないと・・・。

・・・象だけ欲しい人ここに居ます・・・。

その次のコメントでは、コメント主が二つで四千円にまけてくれと交渉し始め、出品者はせめて四千二百円と主張。

ん?

四千二百円までまけるつもりなら、私が初めに希望した象だけ二千円で売ってもらうっていうのが可能になるのでは・・・???

コメント主さんも三千円で花瓶だけ売って欲しいって、一番初めにコメントされてるし!

そう思いつき、お二人の値段交渉に参戦!(`・ω・´)+



musica 「私、象だけ購入したいです。希望金額は二千円ですがいかがでしょうか?」



そのすぐ後、花瓶だけ欲しがっていたコメント主がコメント。



コメント主 「私は花瓶だけ購入したいです。希望金額は三千円です」



そして、出品者。



出品者 「ではお二人にそれぞれ希望金額でお譲りします。お二人の希望通りになって良かったです」



ふふふ( ´艸`)

袖振り合うも多生の縁ってこういうのかもしれませんね。



*<(●´з`)ノ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*ヽ(´ε`●)>*



それでは本日も良い一日を~。

昨日の弁天さんとえべっさんの会話。

実はこう続いていました。



弁 「恵比寿もね!呼び名もYEBISUにしちゃう?」

えべっさん 「それビールだろう・・・」

弁 「YEBISUは国産だしね!」

え 「それもビールだろう・・・」

弁 「思い切って材料を米にしちゃうとか!」

え 「それはもう日本酒だろう・・・」

弁 「恵比寿の事言ってるんだけど。酷くない?」

え 「・・・」

m 「・・・?」

おーくにさん 「放っておきなさい。恵比寿をからかうのは弁天の趣味みたいなものだから・・・」







[PR]
by garoumusica | 2017-09-25 05:00 | つれづれ | Comments(0)
うん・・・。

最近は夜になると20度を下回るというのに、半袖・七分丈のズボンにハーフサイズのガーゼケットを掛けて寝るという行為をしていましたら、風邪を引いてしまいました・・・。

風邪と言うよりは風邪一歩手前ですけど。

喉の痛みと倦怠感のみなので、まぁ普通に生きてますが、絵を描く気力は無い。

下鴨のおっちゃんはこうなる事を分かっていたのか、普段はあまり絵を描かない前日の木曜日にしっかりと絵を描かされまして。

途中眠くなり、「10分経ったら起こしてください」とお願いをしてベッドへダイブしたところ、8分で起こされ。

動けずにまどろんでいたところ2分後に再び起こされ、トータル10分!

そしてバッチリ回復という事が2回も!

なんだかんだ言ってもなんとなく甘いスーさんとは違い、キッチリしている下鴨のおっちゃんです。

まぁ昨日は絵を描く事を休ませてくれましたので、計画的に行動される方なのでしょうねぇ。

スーさん達とはやっぱり違うな~と思った一件でした。



musica 「はぁっ」

スーさん 「なんだ、もう終わりか?」

m 「腕に力が入りません。キーボードを叩きたくない」

ス 「なんと怠惰な・・・」

m 「ファーーー、ねむっ!」

ス 「そういえば昨日の就寝時に、君は我が腕を使って結界を作っていたね」

m 「あー、そうでした。なんとなく作ってみようかなって」

ス 「それは君が無意識のうちに風邪を引く事を予見していたと言えよう」

m 「予見って言うか、ガイドさんが教えてくれていたんじゃないですか~?」

ス 「まぁ、そうだ。君に長袖を着ろ、長ズボンを履け、タオルケットに変えろとあれだけ言っても聞きやしないからな」

m 「めんどくさかったですから。で、イメージでスーさんの腕を取り出して4つに裂いて、笹にしてベッドの四隅に立てたはずなのですが、4本の笹がいきなり4人のゴツイおっさんに変身・・・」

ス 「初登場の方々だ」

m 「日本神界ではなく仏教系の格好でした。十二神将とか四天王とか、ああいう格好のおっさんでしたね」

ス 「どうせならあれくらいの勢いでイメージをして欲しいものだ」

m 「いや、そこまでしなくてもいいです」

ス 「君はそう言って笹に戻していたけど、その結果がその風邪だぞ?」

m 「・・・(´・ω・`)」



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。

m 「それにしても何故仏教系?」

ス 「君、広隆寺に行った時に仏像ひとつひとつに挨拶をしていたじゃないか」

m 「あーーー!!!確かに挨拶したわ!!!」

ス 「まぁ、30分も宝物殿を独り占めをしていたら、嫌でも覚えてしまうさ」

m 「すっごい幸せな時間でした・・・。広隆寺はまた行きたいです。何度でも行きたい」

ス 「そう君が思うなら、彼らも喜んでくれているだろう」






[PR]
by garoumusica | 2017-09-23 05:00 | つれづれ | Comments(0)

I feel like I’m always dreaming

昨日の話。



いつも音楽が身近にある画廊musicaですが、昨日久し振りにスマホカラオケをしました。

なんかこの夏はスマホカラオケをする気にならず、またおっさんsに催促される事無く足早に過ぎて行ったのです。

まぁ、どっかりとソファに腰かけてスマホカラオケをしなかっただけで、普通に洗い物をしながらとか外出した時に車の中で歌は歌っていましたが。

久々にスマホカラオケをしたくなった理由は、安室奈美恵さんの引退発表。

それを知り、安室奈美恵さんの曲の中で唯一購入した曲である「Dreaming I was dreaming」を歌いたくなりまして。



わー・・・、昔の格好とメイクですねぇ・・・。

調べてみたら1997年の曲だそうです。

は~~~、20年前か~~~・・・。

私も歳を取るはずです。



で、ある訳ないよなと思いながらYouTubeでこの曲のカラオケを探してみたところ、なんと!ありましたーーー!!!

なんと!

ガイドメロディー無しの物まである~~~。

フゥーーー!!!などと言いながら早速カラオケタイムです!

そしてとある歌詞の部分まで来た時、思わず苦笑いしてしまったのです。

その歌詞と言うのは、



たぶん二人 見えないけど

感じれる

弱くない 伝えたい



『見えないけど感じれる』という部分。

ちょっとスーさん思い出してしまいました。

見えないし触れられないんですけど、確かに居るんですよね。

そう思って、フッと笑ってしまったのです。



それから2番のサビの部分。



You rescued me

自分の生き方上回ってる

柔らかいあなたの指先で

道を指してるあなたがいる...



この歌詞の部分でちょっと癪ですけど、身体はこちら側を向け、腕を画面奥に伸ばし指をさしている、満面の笑みのスーさんの上半身の画像が脳裏に浮かんだのです。

ちょっとこの絵の雰囲気に似てるかも。

f0351853_04413628.jpg

柔らかな指先ですし。



スーさんは私の守護・ガイドさんですから、当然私の生きる道の先を指差している訳です。

今、スーさんと接するようになった後で改めてこの曲を歌ったら、なんだか、なんだか・・・。

20年も前の曲なのに、今頃になってようやく。

当時、そしてスーさんと接する前までは、この曲の歌詞は好きではありませんでした。

メロディーとか伴奏の雰囲気がとても好きなだけだったんです。

当時発表されていたPVもすごく画期的だった。

DAMかなんかだと本人映像のカラオケでPVが見れるので、これからカラオケに行く予定のある方は見てみてください。

あーーー、もう!!!

20年も前から仕込まれていた気がして、ちょっと悔しいです。



■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■



それでは本日も良い一日を~。

スーさん 「私としては、この部分を気にして欲しかったなぁ」



気づかれず 知られずに

育んでた ときめき

近くても 遠くても

許してる あなたを



musica 「あー、そこは問題無かったです」








[PR]
by garoumusica | 2017-09-22 05:01 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica