カテゴリ:つれづれ( 350 )

昨日は久し振りに髪を切りました。

癖毛でパーマをかけている感じなので、パッと見はただのロングヘアに見えますが、手で髪の毛を伸ばすとウエストのくびれラインを越えたスーパーロングだったので、ずっと切りたいなとは思っていたのです。

女性の髪は歳を取る毎にパサパサになるらしく、若くない人が髪を伸ばしているとみすぼらしく見えると、ネットで見たし・・・。

なので私が使ってもアレルギーが出ない、ロシアのナチュラシベリカというオーガニック化粧品のヘアマスクを使って、艶髪キープの努力をしてみたり。

そんな事を考えたりしていたからでしょうか?

遂に髪の毛を切った夢を見てしまいまして。

十数年振りに肩のラインまで髪の毛を切った、現在の私の姿を見せてもらいました。

これが結構似合っていて、これが髪を切る決め手となりました。

と言っても、切ったのはバストトップまでですが。

それでも15センチくらい切ったのです。



さてさて、美容院では他の人に使っているパーマ液の影響で体調を崩し吐いてしまうので、ここ6年くらいは自分で切っています。

プロ用の髪切りはさみを作っているメーカーが作った、素人向けのはさみセットで。

普通に切るはさみとすきばさみです。

プロ用のメーカーが作っただけあって、はさみの刃の部分が皮膚に軽く触れただけで出血するレベルの切れ味。

初めて手にした時に手に触れてしまったのですが、本当に触れただけなのにかなりざくっといっちゃいまして。

恐ろしかったです・・・。



恐ろしいと言えば、普通のはさみとすきばさみを、うっかり間違えて使ってしまう事。

すきばさみは髪の毛を軽くする為に、毛先の10㎝上くらいから3段階ほど梳いているのですが、うっかり普通のはさみと間違えて切ってしまうと、それはもう大変な事になってしまいます。

昨日間違えた時には、切る感触ですぐ気がつく事が出来、大惨事は免れましたが、かなりのヒヤリハットでした。

そして2回目に間違えそうになった時には、さすがにスーさんに止められました。



スーさん 「オイ!!」

musica 「わあっ!!!(◎□◎;)」

ス 「2度目だぞ!」

m 「危なかったー・・・」



出来れば1度目から注意して欲しかったです。←厚かましい



☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★



それでは本日も良い一日を~。

ス 「初めから注意していたら君は学ばぬではないか」

m 「神は女の命ですし~。あっ、変換間違い!」

ス 「私は君の命か。そうだろうね」

m 「ほんとにどこからその自信が来るんですか・・・」







[PR]
by garoumusica | 2017-06-14 05:00 | つれづれ | Comments(0)

そして日常へ。

昨日はインドから石屋さん用の新しい石が届きまして。

あまりの美しさに売るかどうか迷い中です。

だってこの色合いですよ・・・。

f0351853_01183516.jpg

売るかもしれないんでピンボケ画像。

あーーー、キレイ・・・。

あじさいのような色合いですねぇ。

高かったから売って元を取らないといけないんですけど。

今までの売上金を奈良京都大阪旅行で使い果たしちゃったから、諏訪旅の旅費を貯めなければいけないんですけど!

その美しさは反則だわ・・・。

私って本当に石屋さん向いてなさそうです。

自分の物にしたくなるから!!!



musica 「・・・」

スーさん 「もう終わりかね?記事は」

m 「なんかやる気が・・・。暑いし」

ス 「何事も切り替えが大事だぞ」

m 「今日くらいは許してくださいよ」

ス 「もう日が変わっているから、今日は許さない」←深夜1時。

m 「・・・」



☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡



それでは本日も良い一日を~。

ス 「何事も波動であり、波動に合致したものを引き寄せるという事実を、君は旅に出ている最中にどこかで忘れて来たのではないかね?」

m 「・・・」






[PR]
by garoumusica | 2017-06-11 05:00 | つれづれ | Comments(0)
帰りました。

なんだかとっても眠いです・・・。

先月の23日から行ってましたので、2週間と3日ほど大阪に居た事になります。

姉一家にはすっかりお世話になりました。

姉と義兄が作る美味しい晩御飯を沢山食べる事が出来て、幸せでした( ´ ▽ ` )ノ



で、昨日の続き。

上賀茂神社を後する頃には13時頃になっていまして。

朝食が4時台に食べたクリームパンだけだったので、お腹ぺこぺこ。

上賀茂神社の鳥居を出た所にお店屋さんが3つ並んでいまして、左はよく覚えていませんが真ん中は軽食屋さんで右側は焼き餅のお店でした。

軽食屋さんでうどんでも食べようと思いお店に近づくと、ほんのちょっとの差で先に男性が店内へ入られまして、それを見て足が自然に焼き餅屋さんへと向かってしまいました。

お店に入る前は焼き餅というと安倍川餅の様な物を想像していたのですが、実際には梅ヶ枝餅の様なお餅でした。

とりあえず二つ購入し店内で食べさせて貰ったのですが、これがもう本当に美味しい!

ほんのり焼き色の付いた、きめの細かい柔らかなお餅の中に、ちょっと甘めのこしあんが入っていて、その素敵なハーモニーが!!!

これは美食家の姉夫婦もお気に召すはず!姪っ子ちゃんにも食べさせてあげたい!という事で、お土産に8個ほど買って帰りました。

f0351853_22485076.jpg

お店にはおじいさんとお姉さんがいらっしゃったのですが、私が元気よく「8個持ち帰りで!」と言ったせいか、2人とも笑顔をこぼされまして。

ちょっと恥ずかしかったですが、良い笑顔が見れて良かったです。



さてさて、お次はいよいよ烏丸の唐長さんだわ、と思っていましたが、

「その途中に下鴨神社があるだろう?」

「まぁ、そうですけど・・・」

「絵を描いている最中なのだから」

「それもそうですね」

という事で、お次は下鴨神社へ行く事のなったのです。

ちなみにバス停は焼き餅のお店の横にありました。

ちょっぴり気が重かったのは、あの長い糺の森を通り抜けなければならない事でした。

だって4時半に起きて6時から行動している訳ですから、やっぱり疲労気味で。

でもまぁ行くと決めましたから、途中の河合神社で美人水を飲んでのんびりすればいいよ、と自分を励ましながら下鴨神社へと向かいました。



さてさて下鴨神社へ到着。

一体どの位置に到着したのか見当もつかないまま、他の観光客の方の後について行くと、なんと!糺すの森を抜けた場所に到着!!!

しかも、気がつけば楼門をくぐらずにショートカットで境内に入っていました。

なんでしょうね、私の疲労を見越して、一番短いルートに導いてくれたのでしょうか?

これはありがたい手の平コロコロです。

スーさん大好き!←ゲンキンな性格。



そしてあっという間に下鴨の君へご挨拶。

嬉しい事に、昨年は分からなかった下鴨の君の気を、ばっちりと感じる事が出来る様になっていました。

少しは成長してるのかな〜。

そうだったら嬉しいです。

今、下鴨の君の絵を描いている話などを一通りして、さてと帰りますか、烏丸いきますか、となった時に、

「もう帰るのかい?」

と聞かれまして。。。

「探検は去年来た時にしましたし・・・」

と、なんとなく申し訳ない気持ちを抱きながら言い訳をしていると、下鴨神社のスーさんのお社にご挨拶をしていなかった事を思い出しまして。

慌ててご挨拶に行きました。

f0351853_22483308.jpg


お久しぶりでーす。

相変わらず素敵なお社です。

こちらのお社でのんびり過ごしていた所、なんと本殿の方から太鼓の音が聴こえてきまして。

もしかしてこれは!と思い、再び下鴨の君の所へ行くと、上賀茂神社に続き下鴨神社でもご祈祷が始まりました!

わー、これは嬉しい・・・。

だから引き留めてくれたんだ。

おっさんsに心の中でお礼を言いながら、下鴨神社の祝詞を堪能させていただきました。



で、気がつけば14時過ぎ。

烏丸に行って唐長さんに行くか、と思ったのですが・・・。

「今から帰れば、姪っ子のおやつの時間に間に合うぞ」

「あー、焼き餅食べさせてあげたい・・・。唐長・・・」

「紙は逃げぬ」

「・・・」

という感じで、観光客らしい買い物が出来ないまま、姪っ子ちゃんの待つ姉の家までまっすぐに帰りました・・・。

焼き餅、姪っ子ちゃんも姉も義兄も絶賛してくれたので、まぁ満足です。



こんな感じで今回の旅は終了しました。

振り返ってみると、賀茂ちゃんと秦さんを巡る旅、という感じでしたねぇ。

彼らは婚姻で結ばれていましたから、切っても切れない間柄ですし。

御所市も明日香村も良かったです。

それにしても、今回も見事な手の平コロコロっぷりでしたね、スーさん!

次の旅は諏訪だ!

また素敵な手の平コロコロ、よろしくお願いします。





[PR]
by garoumusica | 2017-06-10 05:00 | つれづれ | Comments(0)
はい、本日も放浪記の続きです。



今宮神社を参拝した後、姉が好きな名物あぶり餅を購入しに行ったのですが、残念ながら水曜日は典厩美ってすごい漢字の変換ミスですね。。。

えーっと水曜日は店休日なので、残念ながらあぶり餅は購入出来ず。

お店の軒先で雨宿りをしながら、これからどうしようかとしばし悩みまして。

この時まだ10時台だったのです。

帰るにはまだ早いし、500円のバス乗り放題のチケットを購入したばかりだったので、どこか行かないともったいない。

そこで、京都への観光客らしく、ショッピングを楽しむ事に。

烏丸に唐長という唐紙の素敵なショップがあるので、烏丸に向かう事にしました。

で、烏丸行きのバスが止まるかどうかは分かりませんが、とりあえず今宮神社の楼門前にあるバス停に行ってみたところ、なんと!タイミング良く上賀茂神社行きのバスがやって来まして。。。

「これは行けっていう事?」

「烏丸はこの後でもよかろう?」

という事で、そのままバスに乗り込んだのです。



で、上賀茂神社に到着し、大きな鳥居からてくてくと歩いて境内に入りますと、なんと!細殿で結婚式が行われていたのです!

細殿というのは、あの盛り塩みたいな砂山の後ろにある建物の事です。

丁度神主さんが祝詞を唱えていらっしゃる最中だったので、ちょっと距離を開けて祝詞を聞かせてもらいました。

美しい日本の伝統行事を見学させて貰えて、とても幸せでした。



そしてまた本殿の特別参拝をした後、前回立ち寄らなかったお稲荷さんを思い出したので、早速ご挨拶へ行く事に。

てくてく山を登って行くと、まず現れたのは八嶋龍神。

f0351853_00413341.jpg


龍に関する場所へ行こうかな〜、みたいな事を旅に出る前にブログに書いたのですが、思い掛けずに龍神さんに出会いました。

大きな石がご神体のようですね。



画像は撮り忘れましたが、八嶋龍神さん以外にもいくつかお社があったのですが、ちょっと異様でした。

とにかく掃除がされていないんです。

とにかくお社が汚れていて。

上賀茂神社の境内にあるのに、ここだけ手入れもしないで放置されている感じです。

上賀茂神社自体はとても綺麗で手入れもしてあるだけに、本当に落差が激しくて異様で。

上賀茂神社は世界遺産なのに、こんなにも放置された場所があるなんて思ってもみませんでした。

今ネットで検索してみたら、心霊スポット扱いになっている様です。

私は零感なので、そういうのは分かりませんが。。。

上賀茂神社の他のお社との落差が激し過ぎて、とにかくそっちの方がびっくりしました。

色々ありますねえ。。。



そしてあやめの咲く渉渓園。

f0351853_00413438.jpg


これ、あやめの植えてある鉢がずらーって並べてあるんです。

とっても綺麗でしょう?

手入れが行き届いているでしょう?

ちょっと行ったところには、あのお社があるのです。

神社って神様がいらっしゃる所ですけど、人が手入れをする所なんですよね。。。



明日も続きます。






[PR]
by garoumusica | 2017-06-09 05:00 | つれづれ | Comments(2)

昨日は放浪ラストデイ。

と言っても、帰るのは金曜日なのですが。

今日は帰る準備で終わりそうなので、どこも行けないだろうな。。。

なので、昨日は京都へ行ってきました。

行き先は去年行かせてもらえなかった晴明神社!

ここだけを決めて出発したのです。

本日は疲労のあまり、めんどくさい御所市の記事はやめて、昨日の放浪記を画像多めでお送りします。



16年振り2回目の晴明神社です。

f0351853_23435927.jpg


昨日は雨でしたが、とても過ごしやすい気温でした。

私にはもってこいの天候です。



晴明さん、イケメン///

f0351853_23435962.jpg


良いお顔の像でした。



拝殿から本殿を望む。

f0351853_23440083.jpg


良い雰囲気ですね。

晴明さんからガッツリ気をもらいました。

で、社務所に行くと、期間限定の七夕お守りが昨日から販売開始との事だったので、ついつい買っちゃいました。

それから晴明神社は占いをされているのですが、待ち時間がゼロだったので、面白そうなのでお願いしちゃいました!

気になる内容はまた今度!



さてさて占いが終わり、これからどうしようかとなった時にふと思いついたのは、昨年行った船岡山。

陰陽師が色々あそこでしていたようでしたので、晴明神社の後に行くのもまた一興という事で、船岡山へ決定!

船岡山です。

f0351853_23440024.jpg


応仁の乱の記念碑?



そして磐座。

f0351853_23440037.jpg


相変わらずワイルドですね。

この後今宮神社へ向かったのですが、元稲荷へ寄るのを忘れていました。。。

せっかく伏見稲荷へお参りしたのに。。。

残念!

あ、今スーさんが「また行けばいいさ」と言ってました。

うん、そうですね。

また行きましょう。



そして船岡山の近くにある、今宮神社。

f0351853_23440078.jpg


お久しぶりです。



稲ちゃんとおーくにさんと事代主さん。

f0351853_23440194.jpg




そしてスーさん。

f0351853_23440183.jpg


雨に濡れても素敵なお社でした。



昨年の京都旅のきっかけになった、朱い橋がチラリ。

f0351853_23440178.jpg


色々ありましたねぇ。。。



超行き当たりバッタリ放浪記は、おっさんsによる素敵な手の平コロコロ編へと移ります。





[PR]
by garoumusica | 2017-06-08 05:00 | つれづれ | Comments(0)

御所市 高鴨神社。

本日は御所市にあります高鴨神社です。

f0351853_23042428.jpg


拝殿・本殿は撮影禁止なので、スマホではこの画像しかありません。

デジカメではもう少し撮りましたが、まあそれは帰ってからという事で。



高鴨神社は全国の鴨ちゃん系神社の総本宮で、主祭神は当然、迦毛之大御神(かものおおみかみ)。

この「大御神」と名のつく神様は、天照大御神、伊邪那岐大御神と三神しかいらっしゃらないところから、こちらの神様がいかに重要視されて来たかが分かります。

鴨ちゃんとこは葛城王国と呼ばれるほど、古代において権力を持った一族でした。

以前、古代天皇の奥さんについて学びましたが、この辺りの出身の方が多かったのを覚えています。

神武さん達も身内に取り込んでおかなければならない程の、権力を持った方達だったという事です。



さてさて、この迦毛之大御神の別名は、阿遅志貴高日子根命(あぢしきたかひこねのみこと)です。

この癖のある名前、見覚えがあります。

なんだっけ?と思い記憶を辿ると、例のアレが出てきました。

そう、出雲国造神賀詞です。

「すなはち大穴持の命の申したまはく、『皇御孫の命の鎮まりまさむ大倭の国』と申して、己命の和魂を八咫の鏡に取り託けて、倭の大物主くしみかたまの命と名を称へて、大御和の神奈備に坐せ、己命の御子あぢすき高孫根の命の御魂を、葛木の鴨の神奈備に坐せ、事代主の命の御魂をうなてに坐せ、かやなるみの命の御魂を飛鳥の神奈備坐せて、皇孫の命の近き守り神と貢り置きて、八百丹杵築の宮に静まりましき」

の部分の、

「己命の御子あぢすき高孫根の命の御魂を、葛木の鴨の神奈備に坐せ」

という部分が、高鴨神社の主祭神である迦毛之大御神・阿遅志貴高日子根命の事です。

私コレすっかり忘れてましたよー・・・。

コレを思い出してようやく、何故スーさんがあんなにも強引に高鴨神社へ行かせたかったのか理解出来ました。

高鴨神社の祭神は大己貴さんのお子さんでしたね!

・・・まあ、めんどくさい事は帰ってから!



境内で栽培されていたあやめ。

f0351853_23042535.jpg


たくさん鉢がある中で、この子だけが咲いていました。

ツイていました。



こちらの神社では水晶で出来た八咫烏のお守りが売っていて、そのあまりの可愛らしさに思わず購入してしまいました。

巫女さんに購入を告げると、水晶の八咫烏が何個か乗った台を持ってこられ、好きな八咫烏を選ばせてくださいました。

こういうちょっとした配慮って、嬉しいものですよね!



という事で、明日は高天彦神社です。





[PR]
by garoumusica | 2017-06-07 05:00 | つれづれ | Comments(0)
本日は奈良県御所市&明日香村へ行くまでに起きた出来事の話です。



本当は先週姉と二人で行く予定でしたが、姪っ子ちゃんの体調不良の為に延期になりました。

で、姪っ子ちゃんが復活し、義兄も休みの日にみんなで御所市&明日香村へ行こう!となったのです。

が、当日の朝、姪っ子ちゃんが物凄い癇癪を起こし、姉一家が険悪なムードに。。。

関西だからでしょうか?

みんなでワーワー言い合い!

おばちゃん、『ひ〜え〜〜』って思いつつ退散。

スーさんに「今日は無理かもしれないね」と話しかけたのですが、「大丈夫だから」との事なので、一応準備を進めたのです。

で、しばらくするとご立腹の様子の姉がやって来て、二人で行くよ!との事。

みんなでお出かけは無くなったようで、義兄と姪っ子ちゃんはお留守番。。。

姪っ子ちゃんしょぼんとしてて、胸が痛い。。。



御所市に行けとスーさんから言われた時、スーさんは姉上に車で連れて行ってもらえと言っていたのですが、姉は自分が体調を崩した時に帰れなくなったら困るので、電車で行こうと提案をして来て、私もそれを了承したのです。

御所市の駅まで電車で行って、それからレンタルサイクルで高鴨神社まで行く計画だったのが、先週の水曜日。

姪っ子ちゃんが復活し、義兄も休みだった事から、日曜日に義兄の運転で車でみんなで行く事になったのが土曜日。

そして当日の朝、姪っ子ちゃんが癇癪を起こし、姉一家でバトルとなり、怒った姉が車を運転し私と二人で御所市&明日香村へ行くと言い出し、結果としては当初のスーさんの予定通りとなったのです。

・・・(´・ω・`)

なんかスーさんのこういう強引なところ、ありがたいのですが少し怖い。。。

実際に御所市に行って分かったのですが、高鴨神社まで登り続きで自転車だとかなりキツかったはずなのです。

だからスーさんの予定は、私の身体にとっては1番負担のかからないものだったのですが。。。



スーさん 「何も無いところから諍いが起きた訳ではない。姉上の一家に潜在的にあり、いずれ立ち向かわねばならぬ問題が表面化しただけだ」

musica 「うーん、、、」

ス 「結果として姉上の一家の関係は良くなったであろう?」

m 「確かに昨日は良かったです」

ス 「君の姪っ子の体調不良だって、あの子のエネルギーの調整に過ぎぬ。結果的には君にとって都合の良い出来事となったかもしれない。だが、姪っ子や姉夫婦の成長にとっても、必要な出来事であったのだ。だからこそ、彼らの守護の者達もこの度の一連の流れに同意したのだ」

m 「それなら良いですけど。。。(´・ω・`)」



話は変わりますが、昨日パーツクラブで購入したビーズ。

f0351853_00383377.jpg


星形の模様がツボでした。



明日は高鴨神社です。




[PR]
by garoumusica | 2017-06-06 05:00 | つれづれ | Comments(0)

祇園 八坂神社。

さてさて伏見稲荷大社へ行く為に、阪急の河原町駅で降りて、てくてく歩いて京阪の祇園四条駅までお散歩です。



鴨川!

f0351853_00113656.jpg


美しいですねぇ。。。



多分川を眺めながら食事をする為の屋台なんだと思うのですが、裏側はどことなくスラムな感じ。

f0351853_07280566.jpg




雲がダイナミックでした。

f0351853_00113785.jpg


で、進行方向に八坂神社が見えてしまいまして。。。

見えてしまったからには立ち寄らなければ失礼だろうという事で、伏見稲荷大社の帰りに八坂神社へご挨拶をして来ました。

f0351853_00113768.jpg


昼過ぎでしたので、観光客が沢山いらっしゃいました。



お久しぶりです。

f0351853_00113713.jpg


画像に写っている浴衣のお姉さん達、韓国の方でした。

今年は韓国の方の間で浴衣が流行っているようで、浴衣を着ていらっしゃる韓国の方を大勢見かけました。

髪型も凝っていて、皆さん可愛かったです。



八坂神社では本殿の中の井戸で清めたという青い石と、なんとなく気になって、牛王栴檀(せんだん)という木で出来た数量限定の数珠を購入しました。

数珠は八坂神社の家紋入りです。

お守りって普段はあんまり買わないんですけど、何故か購入してしまった画廊musicaでした。



明日は高鴨神社です。





[PR]
by garoumusica | 2017-06-05 05:00 | つれづれ | Comments(2)
で、伏見稲荷大社の稲荷山へ。

千本鳥居とかある所です。

ネットで色々調べてみると、休み休み登ると全部で2時間くらいかかる様で。

先日、松尾大社の松尾山へ登った時は、1時間ちょいでしたがかなりキツかったので、2時間かかる山は正直登りたくない。。。

でもスーさん的には登って欲しいらしい。。。

なのでとりあえず千本鳥居までは行ってみて、身体と相談しながら行動する事にしたのです。

で、登ってみて分かったのですが、稲荷山は道が整備されていて、しかも緩い登りなので、そんなにキツくない。

松尾山は崖注意みたいな、命の心配をしてしまう場所もありましたし。。。

野生の猿がすぐ側でご飯食べてる位の自然な山道で。

ですが稲荷山は綺麗に整備されてる上、階段の段差も低い。

自分のペースで登って行けば大丈夫そう。



ですがまあ、登山者は外国の人だらけ。

全体の3分の2くらいは外国の人で。

千本鳥居で渋滞して進めない時があった程です。

千本鳥居を抜けると登山者は少なくなるのですが、それでも登山者の5分の4は外国の人。

めちゃくちゃ大きな声でおしゃべりしているハングルなグループがいたり。

その様子を見て、その昔バブル時代にヨーロッパへ旅行に行った日本人が、宗教施設から締め出されるという事態が発生したそうですが、きっとこんな感じだったんだろうな〜と思いました。

昔の日本人が外国の人達に味合わせた事が、現在そのまま日本に返って来てる感じでしょうか?

出したものが帰ってくるという、波動の法則?

そう思うと、まぁ、しゃーないで許せてしまいました。



で、鳥居。

f0351853_17383331.jpg


観光客が見えなくなったところでパチリ。



赤い鳥居だけでなく、所々石で出来た鳥居もありました。

f0351853_00090927.jpg


額縁みたいなのが付いた鳥居もあります。



「はい、ここで止まって〜。写真撮って〜」

という感じで、わざわざ歩みを止めさせられて撮らされた画像には、眩しい白い閃光が。

f0351853_00090936.jpg


憎い演出ですね。



頂上付近から見た京都の風景。

f0351853_00090956.jpg


良い天気ですが暑くもなく、気持ちの良い風が吹き抜ける、爽やかな1日でした。



そして頂上で撮った感動の一枚!!!











f0351853_00090910.jpg


・・・稲荷山の頂上は景色が良くなくて、ここが山頂!って分かるものはこれだけでした。。。



そして下って行く訳ですが、稲荷山は右から登るルートと左から登るルートがあり、私は右ルートを選んだので、初めに千本鳥居が来て帰りは自然の多いルートでした。

なので帰りのルートは自然と一体になれる感じがして、とても気持ちが良かったです。

途中の茶屋で軽くお昼ご飯を食べ、再び本殿へ戻った時には、なんと!13時を過ぎていました。

8時半に伏見稲荷大社に着いて、それから舞を見て参拝し、登り始めたのは9時過ぎだと思うので、お昼ご飯の時間も含め、私は4時間近くかけて稲荷山を堪能したようです。

これくらいのんびりと登ると、私みたいな軟弱者でも脱落せずに生還出来ました。

まあ、翌日の昨日は目覚めた時に右足のふくらはぎがつってましたけど。。。

それでも、また登りたいな〜って思っています。

それくらい気持ちの良い山登りでした。



明日は、乗り換えが祇園四条駅だった為、ついつい寄ってしまった八坂神社です。




[PR]
by garoumusica | 2017-06-04 05:00 | つれづれ | Comments(0)

深草 伏見稲荷大社。

昨日は5時前に起きて、伏見稲荷大社へ行ってきました。

昨日はとても涼しくなると以前から分かっていたので、絶対に京都へ行こうと決めていたのです。

最近の京都は30度超えてましたからねぇ。。。

ですが、どこへ行くかは決まっていませんでした。

今回は旅前に特に予習をしていなかったので、行きたい場所もない。

広隆寺にまた行って仏像を眺めてもいいなぁ。。。

義兄おすすめの、大原にある瑠璃光院の青もみじ狩りもいいなぁ。。。

それとも明日香村行く?

高鴨神社行く?

という感じで、昨日という1日をどう生きるか、物凄く迷ったのです。

で、最終的にはスーさんへご相談。

スーさん、どこ行きます?

そしてその答えは、

f0351853_23502522.jpg


深草の伏見稲荷大社!

まあ、昨年は元稲荷にも行きましたし、今年は秦さん巡りをしていましたから、大変妥当な考えで。

納得のいく答えでした。



で、伏見稲荷大社は外国の人がとても多いと聞きますので、なるべく早く参拝しようと思い、昨日は5時前に起きて出発をしたのです。

前回太秦へ行った時は、電車で全く座れなかったので、今回はスーさんやコンちゃんに席に座って行けるよう、お願いをしてみました。

その結果は。。。

なんと!始めから終わりまで座る事が出来ました!

4回は乗り換えをしたのですが、全てパーフェクト!

やはり頼ると違いますね。。。



なのですが、自分でもびっくりした事に、寝過ごしてしまいまして。。。

6時頃家を出て、伏見稲荷大社へ着いたのは8時40分頃。

これは予定より1時間以上遅い到着です。

寝過ごしたのは10分程度なのですが。。。

えっ!?なんで!?て感じで、自分に何が起きたのか、未だによく分かっていません。

伏見稲荷大社は8時半からの営業なので、参拝者は当然大勢いました。

これでは早起きした意味が無い。。。

睡眠時間、3時間だったのに。。。



そんな事を思いながら本殿へご挨拶をしに行った時、遅い到着になった理由が分かりました。

本殿の横にある舞殿で調度、巫女さんが舞を奉納されていたのです。

伏見稲荷大社の舞ってすごかったです。

なんてったって生演奏です。

竜笛に太鼓、そして巫女さんの奏でるお琴!

珍しくないですか?巫女さんがお琴って!

そしてそれに合わせて扇子を持って舞う巫女さん。

途中で五色旗に持ち替え、舞っていらっしゃいました。

舞殿は本殿の右横にあったのですが、本殿へ向かって舞われていたので、私の立ち位置的に、舞を正面から見学させていただく事が出来ました。

素晴らしかったです。



昨日の不可解な途中時間。

自分でも、何があってこんなにも遅れたのかは分かりませんが、ただひとつ言える事は、素晴らしいタイミングで到着する事が出来たという事です。



明日は稲荷山の山歩きです。





[PR]
by garoumusica | 2017-06-03 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica