<   2014年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

梨汁。


スーさんのホームにて。
f0351853_20335376.jpg
落ち着いた大人の男性って感じです。

その向かいにある天照宮にて。
f0351853_20350675.jpg
梨汁ブシャーーー!!!

・・・。

ねぇちゃん最強・・・。

光関係はお手の物です。






[PR]
by garoumusica | 2014-06-11 05:13 | ねぇちゃん | Comments(2)

反抗期。

musica 「もー!このおっさん!」←反抗期中。

スーさん 「ちょっと待ちなさい。おっさんはないであろう?」

m 「・・・(引っ込みがつかない)」

ス 「そこはせめて『アニキ』と呼ぶべきだと思うがね」←キッパリ。

m 「!?ちょっと待って?スーさん!『アニキ』ならいいんだ!?てゆうか、注意するとこそこなの!?なんか違うでしょ!?」

ス 「あはははは!そこまで分かっておるのだから、私は何も言う事はなかろう?」

m 「・・・」



見事におっさんの手の上で転がされました。


f0351853_18341813.jpg
ちょっと若く描きすぎました。





[PR]
by garoumusica | 2014-06-10 04:41 | スーさん | Comments(0)
この絵(未完)を描いていた時の事。
f0351853_15273139.jpg
お絵かき中。

かきかき、かきかき。

スーさん 「♪ たーとーえー」

musica 「♪ きょーおのー」←無意識

ハッ!←我に返る

ス 「・・・」

m  「・・・」

かきかき、かきかき。

ス 「♪ たーとーえー」

m 「♪ きょーおのー」←無意識

ハッ!←我に返る

ス 「・・・」

m  「・・・」

かきかき、かきかき。

ス 「♪ たーとーえー」

m 「もお!無意識を操られるのは気分良くないからやめてくれって、いっつも言ってるじゃないですか!」

ス 「や、ごめんごめん(苦笑)。君の場合はね、文章をダウンロードする能力よりも、画像や音楽を察知する能力の方が優れているから、曲の題名を言葉で送らずに脳裏に曲をよぎらすという方法を取らざるを得ないのだよ。自分でも理解できるだろう?」

m 「何となく・・・」

ス 「だから他の人の能力を見て羨ましいとか思う必要はないのだよ?得手不得手は誰にでもあるのだからね。」

m 「はい」

ス 「さ、あの曲を探してみなさい。あの曲を聴きながらその絵を描くと、きっと捗ると思うがね?波長が似ているんだよ、その絵と。」

m 「え~?ほんとですかぁ?(自分が聴きたいだけじゃないのかな?)」

youtubeゴソゴソ。

聴きながら描く。

ス・m 「「♪ たーとーえーきょーおのー」」←無意識

ハッ!!←我に返る

ス 「・・・」←気まずい

m 「・・・」←やっぱり・・・?

ス 「・・・あー・・・、捗るだろう?」

m 「・・・あー、はい、捗りますね・・・」



ミの字の親分もそうですが、スーさんも歌好きですね。。。

上の人はみんなそうなんでしょうか。








[PR]
by garoumusica | 2014-06-09 05:22 | スーさん | Comments(0)

スーさんの講義。

スーさん 「ご神体の鏡を覗き込んで見えるのは自分、我の姿だね?」

musica 「はい」

ス 「では、鏡から我を取ると残るのは・・・」

m 「神。おぉ~さすがダジャレ大国日本!」パチパチ~。

ス 「(ドヤ顔)」

m 「でも我を抜いてしまうと、人間界にわざわざ生まれた意味ってありますか?せっかく地球にいるのだから我があった方が良いんじゃないですか?」

ス 「それはワレとガを混同しているね。辞書を引いて違いを調べてみなさい」

m 「・・・」

ス 「ミカエル殿やアマテラスは個性が強いね?」

m 「はい」

ス 「しかし個性が強くとも彼らにガはあるだろうか?己の性別すら何でもいいと言い放つ存在にガがあるだろうか?」

m 「無いと思います」

ス 「それでも個性が強い。それはガは無くともワレがあるから」

m 「・・・」

ス 「君は、君が描いた天使や我々の絵を、自分が描いた絵だと思えないようだね?」

m 「はい」

ス 「ではその絵にはガが無い。それでは君の絵が100枚の絵の中に紛れ込んでいるとする。しかし君はその100枚の中から自分の絵を見つける事が出来るね?」

m 「はい」

ス 「それが、ガは無くともワレがある状態だよ」

m 「なるほど・・・。あ~、でも、鉛筆画の方は自分が描いた絵って思っちゃうかもw」

ス 「まだまだだね~(笑)」

m 「あはは、残念~」







[PR]
by garoumusica | 2014-06-08 05:32 | スーさん | Comments(0)

musica 「ねぇねぇ、ねぇちゃん」

ねぇちゃん 「ん?」

m 「ねぇちゃんって本当は男性の武神で、政治的に利用されて女性神に変えられたって、本当ですか?」

ね 「ある意味せやなぁ」

m 「う~ん・・・、そういう事をされて怒ったりしなかったんですか?」

ね 「あらへん」

m 「・・・」

ね 「あんな?男から女に変わる、ほんだけで皆が上手くいくんなら安いもんやろ?皆が上手くいくならなんでもええねん」

m 「・・・カミだねぇ・・・」

ね 「なんやねん(照)!ほらあれや!スサノオのお気に入りの歌があるやろ?」

m 「あ~、江戸を斬るの主題歌の・・・」

ね 「ちゃうやろ!」

m 「あっちか。

    『照るにつけ くもるにつけて 思ふかな わが民草の うへはいかにと』」

ね 「それやそれ!うちらの総意や!(照)」



どんな姿でも男前。

ねぇちゃんとの会話はこんな感じです。





[PR]
by garoumusica | 2014-06-06 06:14 | ねぇちゃん | Comments(0)

ある日の会話 in 神社

パシャー、パシャー。

スーさん 「何を撮っているのかね?」

musica 「よくこういう所で写真を撮ると、きれいな光みたいなのが写ってるのをネットで見かけるじゃないですか。私もそういうの撮れないかなと思って」チラッ。

ス 「ハァ~(大きなため息)、まったく・・・。そういうのは狙って撮るようなものではないだろう?そもそもそのような画像が撮れる場合というのは・・・」

m 「あー、はい、すみません」

パシャー、パシャー。

パシャー、パシャー。

m 「あれっ!?」
f0351853_10362454.jpg
m 「・・・」

ス 「・・・」

パシャー、パシャー。

以下同じような写真が続く。

m 「・・・」

ス 「・・・」

m 「もしかして、ツンデレ?」

ス 「思いやりと言ってほしいね・・・」



おっさんとの会話、こんな感じです。

「画廊musica 本館」での同話題の記事はこちらです→スーさんとこで。





[PR]
by garoumusica | 2014-06-05 10:57 | スーさん | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica