<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


南方先生の下絵を仕上げ中だった頃の話。


musica 『う~ん、この南方先生怒ってるのかな・・・?』←心の声

南方先生 「真剣な顔をしている、と言って欲しいのだが」

m 「南方先生?」

み 「真剣な表情と怒っている表情は違うと思うがね?」

m 「う~ん何て言うか、はじめて南方先生を見た時、南方先生は微笑んでらしたんですよ」

み 「えぇ」

m 「なのに今回は笑顔でないでしょう?それで・・・」

み 「それを気にしているのかい?」

m 「なんとなく・・・」

み 「初めて君に逢った時、君は震災の数日後でひどく怯えていたね」

m 「・・・」

み 「更に思いがけない事故も同時に起こった」

m 「・・・」  

み 「スサノオ殿が神は鏡だと言ったね?」

m 「はい」

み 「当然あの時もそうだった。しかし我々は鏡としての姿で君の前に現れずに、君に見て欲しい姿で君の前に現れた」

m 「・・・」

み 「何故か?それは何よりも君に安心して欲しかったからだよ。我々がついているから、我々も全力を注いでいるから安心しなさい。そういう意図であの映像を君に送ったのだよ」

m 「はい。あの南方先生を見て、みんなが一生懸命に守ってくれているから、これ以上大きな災厄は来ないと思って安心できました」

み 「では今回の私はどうだろう?今の君は絵だけに留まらず、真剣に我々と向き合うようになっただろう?我々も真剣に君と向かい合っている、その姿だと思わないかな?」

m 「う~ん、なるほど・・・。そう言えば初めて描いたスーさんは、めっちゃ怒ってました。描くのが嫌だったくらい」

み 「あの時は君が国に対して憤りを覚えた頃だろう?その時は鏡としての神として現れたのだよ、彼は」

m 「う~ん、見せたい姿と鏡としての姿、その選択の違いは?」

み 「震災の時は君を落ち着かせることが優先、怒っている表情の時は通常運転とも言える。それに君が彼に興味を持ち、絵に描きたいと思ってもらうことを優先した結果とも言える。同じ意識を持った者の方に、より親近感が湧くだろう?当時の君の意識のレベルに合わせた結果だよ」

m 「はぁ・・・。でも後者の方は、手のひらの上で転がされたような気がしないでもない。今と言ってることが違うし」

み 「2年ほど前の話だからね。今とは方針も異なるよ。まぁ、結果オーライだ」



少し前の会話でした。





[PR]
by garoumusica | 2014-07-11 05:55 | 南方先生 | Comments(0)

夜の帝王。


最近のスーさんは、私が南方先生の絵を描いていることもあり、その間の指導?等は南方先生に任されているので、接するのはほぼ夜のみです。

なので、最近は私の中でスーさんの事を「夜の帝王」と呼んでいます。



そして昨日の話。



台風の影響か身体の倦怠感が強く「ダメだ、横になろう」と思った瞬間、ふとスーさんの事を思い出し、「そうだ!帝王に助けてもらおう」と思い立って・・・。

musica 「スーさん、この倦怠感を取り除・・・」

その瞬間、全身に鳥肌が立ち、さっきまでの倦怠感は何処へやら。

m 「・・・、スーさん?」

南方先生 「スサノオ殿は君に存在を悟られない様にしていても、常に側におられ、常に君の声に応じられる様に用意しておられるのだよ」

m 「・・・ありがとうございます」

み 「どうだい?絵の続きは描けそうかな?」

m 「はい、大丈夫です」

み 「では絵の続きに取り掛かろうか。・・・ところで今は何の曲が聴きたいかね?」

m 「えーっと・・・」

み 「数あるラブソングの中で、君が最も好きな曲だろう?スサノオ殿からの贈り物だ」

m 「・・・?」

み 「どうかしたかね?」

m 「えーっと、今聴きたいのは、斉○和義さんの『歌うたいのバラッド』なのですが・・・、この曲めっちゃ愛してる言いますよ?先日の南方先生の『More Than Words』の講義の内容と違ってくると言うか・・・。夜の帝王、この選曲はあの日のブログからもう少し日を空けるべきだったのでは・・・?」

み 「あー・・・、君の最も好きなラブソングだろう?夜の帝王はそれを承知の上で、君の最も好きな曲をあえて選ばれたのだと思うよ?それにほら!愛情表現がストレートな方だから・・・」

m 「帝王、忘れてたな」




不思議なPVですねー・・・。







[PR]
by garoumusica | 2014-07-10 05:55 | スーさん | Comments(0)

意識の隙間。


南方先生 「今日は集中出来ないようだね」

muscia 「あ~、はい。ちょっとだるい感じです。台風が近いですから、気圧の変化に対応しきれていない気がします」

み 「そうかね。では本日は絵はお休みして、私と少し話をしようではないか」

m 「はい」

み 「昨日君はスサノオ殿にトイレに入って来るなと言っていたね」

m 「はい。トイレとかお風呂とか、洗面所とかで話し掛けてくることが多いので。南方先生もそうですけど」

み 「何故だと思う?」

m 「うーん・・・、何も考えない瞬間が生まれる場所だからですかね。。。」

み 「そうだね。君は普段、右から左から常に思考が動き切り替わっているために、我々が入り込める隙間が無い。唯一黙っている絵を描いている間でさえ、無意識で常に絵に関して考察しているからね」

m 「・・・」

み 「でもそれは恥ずべき事ではないのだよ。そういう個性を持った魂だというだけだからね。ただ、我々が君を捕まえきれない(笑)。」

m 「はぁ・・・」

み 「だから我々は意識に隙間の出来る瞬間を狙う。その瞬間が君の言っていたトイレ、お風呂、洗面所という訳だ。間髪を容れずに話し掛けるだろう?いつもタイミングを見計らっているのだよ」

m 「でもトイレはちょっと・・・」

み 「君がもう少し無駄なおしゃべりをやめてくれれば、我々はトイレの時間を狙わずに済むのだがね」



だそうです。






[PR]
by garoumusica | 2014-07-09 05:55 | 南方先生 | Comments(0)

More Than Words つづき。


本日は昨日のブログの続きです。リンク!→More Than Words

南方先生 「さて君は、何故私が愛について語られている曲を選ぶように言ったのか、理解出来ているかな?」

musica 「多分『意図』の問題だったんだと思います」

み 「そうだ。君は反戦についてのメッセージを含んだ曲を選ぼうとしたその根底に流れるものは、『憤り』『悲しみ』といったものであった」

m 「・・・」

み 「先日私は、怒りの感情が湧き自分がいま怒っているのだなと気が付いた時点で、その感情を手放しなさいと言った。その事に関してはその時は上手くいったかもしれない。

だが、君は選曲をする時点で憤りの感情を基に選んでしまった。いくら憤りを基にした発言を控えていたとしても、その曲に込めた君の想いは波紋のように拡がり、君の現実となっていくだろう。だから私はその意識を逸らすために、根底に『愛』の流れる曲を選ぶように言ったのだ」

m 「・・・」

み 「我々のそんな思いに気が付く事の出来ない君に対して、スサノオ殿はあえて君の好きなようにさせた。君が学びを得るためには、残念ながら身体で覚えるのが最も効率が良いからね。

そして君の身体は君自身の『憤り』の波動を、また大きく膨らんでかえってきた『憤り』の波動を受け、その日の夜から翌朝にかけて、わずか半日で体重が1.5キロ減ってしまうほど盛大にお腹を壊した上に、戦闘機が近くの学校に墜落し多くの者が犠牲になるという悲惨な夢を見た」

m 「はい」

み 「言っておくが君の現実には決してその夢のような事は起こらない。君は決してそのような現実を選ばないからね。あれは君が選ばない世界の話だ」

m 「・・・」

み 「しかし我々はあえて君に見せたのだよ。君があまりにも『意図』と言うものを軽んじているからね」

m 「はい」

み 「『戦場のメリークリスマス』とても素晴らしい曲だね。この曲がいけないと言っているのではない。反戦歌がいけない言っているのではない。

ただ君の込めた思いがいけなかったのだ。『憤り』ではなく『平和』や『愛』といった意図を込めていたならば、その結果は違うものとなっていただろう」

m 「はい」  

み 「我々が何故反対をするのか、または賛成するのか、その意図を考えるようにする事。その方が君の身の安全に繋がる。

そして我々の身になってみたまえ。我々は君が苦しむ姿を見るのが最も辛い事なのだよ。それをあえて経験させなければならなかったスサノオ殿の気持ちが、君には理解出来るだろうか?ほら、スサノオ殿を見たまえ。号泣ではないか」

m 「あー・・・」

み 「そして今夜彼の酒に付き合わされる私の身にもなってみたまえ・・・」

m 「あぁ・・・」



お腹が大決壊している間、スーさんは心配してくれたのかずっと側にいて、ずっと彼のいい香りを嗅がせてくれていましたが、失礼を承知であえて言わせていただきます!

トイレでは一人にさせてください!

落ち着きません・・・、一応レディなんで・・・。








[PR]
by garoumusica | 2014-07-08 05:55 | 南方先生 | Comments(0)

More Than Words


本日の内容は、本館の内容と連携してお送りいたします。リンク!→武南方神 メイキング その2。


musica 「・・・」

南方先生 「そんなに私の選曲が不満かね?」

m 「そういう訳じゃないですけど・・・、あの絵っぽくないし南方先生には似合わないから・・・」

み 「私が愛を説いたらおかしいかね?」

m 「そういう意味じゃないです」

み 「先日重要な閣議決定が行われた時に、君にTwitterで他人の言葉をリツイートするなと言ったね?」

m 「・・・」

み 「そこで君は自分の思いを曲に込めようと、先日の本館の出雲大社の記事でスサノオ殿の選曲を断ってまでして、別の曲を載せた」

m 「はい」

選曲を断った内容の記事はこちらです。リンク!→八雲立つ 出雲大社編。

み 「それから君は、しばらくの間反戦のメッセージを込められた曲をブログに載せようとしていた」

m 「はい」

み 「だが私はそれを良しとせずに、愛について歌った曲を選ぶように言った」

m 「はい」

み 「そこで君は様々な曲を候補に挙げていた。私が選んだこの曲は否定したがね」

 
み 「『More Than Words』自分の気持ちを表現する事は、何も『愛している』という言葉を囁くだけではない。それ以上の表現の仕方もある」

m 「はぁ・・・」

み 「美しい言葉で表現する事が得意な者もいる。他人の発した美しい言葉を発掘し、大勢の者に伝える事が得意な者もいる。人にはそれぞれ相応しい表現の仕方があるのだが、君にはもっと上手く伝えられるものがある」

m 「・・・」

み 「他人の言葉に自らの思いを乗せるよりも、他人の創った曲に自らの思いを託すよりも、君には伝えられるものがある。それを伝えたいが為に、私はこの曲を君に贈るのだよ。もちろん私が君を愛しているという事も伝える為にね」

m 「More Than Words、か・・・」

み 「More Than Words、ですよ」

明日に続きます。



ところで南方先生って大事な話をする時に、両手で私の頬を包んで話をする画像を送ってくるんですよね・・・。

両頬にぬくもりも送ってくるし。

上の人との会話が苦手な私を集中させる為にそのようにする様なのですが、ちょっと動揺してしまうのです。

f0351853_05233817.jpg

目の印象がバラバラ。私の心の乱れが現れているようですね。








[PR]
by garoumusica | 2014-07-07 05:29 | 南方先生 | Comments(0)

本日も八雲立つ 出雲大社編の続きです。



musica 「出雲大社、ほんとに素晴らしくってとても良い時間を過ごしていたのですが」

スーさん 「うむ」

m 「問題はこちらを参拝してから起こりました」
f0351853_14260962.jpg
m 「ちょっと見づらいかもしれませんが、素鵞社、つまりスサノオおじさんのお社です」

ス 「うむ」

m 「ご覧ください。上の画像では雨は降っていません。それが参拝の直後にこうなりました」
f0351853_14324640.jpg
m 「とても清々しく美しい雨でしたが、ゲリラ豪雨レベルでしょ?
30分もの間、拝殿の裏手で雨宿りをしました」

ス 「・・・君はね、本当に抜けていると言うか何というか・・・。まだ気が付いていないようだね?」

m 「何がですか?」

ス 「一枚目の画像を良くご覧?仮殿と書いてあるであろう?」

m 「はぁ・・・」

ス 「という事は本殿はどこにあるのだろうね?出雲大社の参拝図を検索してごらん」

m 「・・・」←検索中。

ス 「そして君はどこで雨宿りをしたのかね?彰古館であろう?素鵞社の本殿はどこだね?そして出雲大社の本殿はどこかね?その位置関係を見てごらん」

m 「・・・本殿の裏手と素鵞社の本殿から最も近い場所で、30分雨宿りをしていました・・・」←初めて気が付いた。

ス 「分かるかね?私の苦労が。どうして君と私はこんなに近くにいるのに、オオクニヌシの父である私の社はどこにあるのだろう?などと、その存在を気にかけないのかね?完全に通り過ぎおって・・・(溜息)」

m 「・・・」

ス 「あの大雨のおかげで、最も効率の良い場所で君はオオクニヌシと私、そして私の社の裏手にある八雲山の気を、30分もの間その身に浸透させる事が出来たのだよ?」

m 「全然気が付きませんでした・・・」

ス 「そうであろうな。のんきにスマホをいじりおって。そして君にはもう一つの贈り物を授けておいた」 

m 「?」

ス 「君は雨が降る度にこの場所を思い出すだろう。そしてその度に出雲大社の我々の気と繋がる事が出来、またその度にこの地と絆を深める事が出来るのだ。君の好きな雨の音と我々のコラボレーションだ!素晴らしいと思わないかね!?」

m 「・・・う~ん素晴らしいですけど、確かに雨の度にあの時を思い出しますけど・・・、ロマンティックなんですけど・・・、なんて言うか優しい呪いって感じですかね?」

ス 「どうしてそういう表現しか出来ないのかね?君は・・・(溜息)」






[PR]
by garoumusica | 2014-07-06 05:55 | スーさん | Comments(0)

八雲立つ 出雲大社編。


本日は、本館「画廊musica」の記事と連携してお送りいたします。リンク!→八雲立つ 出雲大社編 前編。
f0351853_12245297.jpg
musica 「はい、という訳でやっと出雲大社編です」

スーさん 「・・・私の選んだ曲が本館のブログで使われていないようだが?」

m 「あー・・・、はい。確かに異様に胸に来るものがあって、2日ほど曲を聴きながら号泣しちゃうくらい、私の中の出雲に似合う曲でしたが・・・」

ス 「そうであろう?」

m 「ただちょっと、なんかあっちのブログには載せたくない、と言うかなんと言うか・・・」

ス 「・・・」

m 「こちらでご紹介という形でよろしいですか?」

ス 「・・・君はもう少し我々が何故歌を贈るのか、その真意について考えてみてはどうかね?家の柱の歌に関しても、その真意を理解するまでに4ヶ月もかかったではないか?

それは何故か?まず第一に君は心の奥底で、我々との関係を拒否している。第二に(本当に長いので以下略)」


MY LITTLE LOVER 「Hello,again ~昔からある場所~」


m 「で、何ですか?この豪雨。出雲大社に着いた途端の豪雨で、1時間ほど車から出られませんでした」
f0351853_12375089.jpg

ス 「あぁそれはだね、私の言う事を素直に聞かず、減らず口ばかりをたたいておるどこかの馬鹿者にだね(以下略)」

m 「・・・」

ス 「・・・(溜息)水垢離、禊だよ。浄化とも言うかね。教えてもらったであろう?我々からの歓迎の証だよ」

m 「せっかく早朝に参拝しようと思って、早めにホテルを発ったのに・・・」

ス 「大事な参拝の前には浄化は不可欠だよ。わざわざ日程を指定し、須佐神社への参拝も当日になって変更したのも、すべてこの為だ」

m 「結構バタバタでしたよね」

ス 「ギリギリまで調整をしておったのだ。出雲大社までの道のりも一切雨が降らなかったであろう?

我々の最大限の配慮だよ。どこかの誰かがいらぬ心配をして、その度に我々の調整の邪魔をしおったからな」

m 「・・・今日はいつに増してお小言が多いですね」

ス 「神は鏡だといつも申しておるであろう?今、君の身体は疲れておる。そして君の精神は身体の不調に引きずられておる。

故に身体の調子の良い時に接する私よりも、少し違う領域の私と接しておるのだ。今の君は己の体調と精神を分けられるほど、精神の安定が図れておらぬ。

君が私と接していて私に違和感を感じた場合は、己を省みること。
さらに言うと、私がおかしな発言をしその内容に愛を感じないようであれば、その時は私から離れなさい。そして自分の心や身体に曇りがないか確認すること。いいね?

m 「はい」

ス 「君の人生の主はあくまで君自身だよ。もしも君と接する私が君の人生を操ろうとしたら、その時は迷わず私を捨てなさい。いいね?」

m 「はい。でもそういうの、なんか怖いですね」

ス 「怯えずともよい。だがその様なことが起こるかもしれない、という可能性を知っておくことが大事なことなのだよ。

万が一その様な事態に陥りそうになった場合は、必ず我々が全力で阻止し、必ず我々が全力で君を護る。
今までもそうであったし、これからもそうだ。

さて今君は己の身体の不調に気づき、その心も落ち着いてきたようだ。もう大丈夫だ。今の私はいつもの私であろう?」

m 「・・・はい、いつものスーさんです☆」

ス 「いつも小言は多いけどね、か。筒抜けだよ?

さて話を戻すが、あの豪雨では須佐神社への道のりは危険であっただろう?」

m 「早朝の薄暗い中で慣れないカーブの多い道、しかも豪雨での移動でしたから、予定通りの旅程でしたらかなり危険だったかもです」

ス 「そういう事だよ。君を全力で護ると言ったであろう?危険は予め回避させる」



出雲大社の話題がほとんど出なかったですね・・・。

出雲大社編、まだ続きそうです。

ところで今日のスーさんは小言の多いスーさんでしたが、ちょっとかっこいいスーさんでもありましたね。

ス 「ちょっとかね?」

そういうところがマイナス要因ですかね・・・。






[PR]
by garoumusica | 2014-07-05 05:55 | スーさん | Comments(2)

ネットの情報を見て。


musica 「へぇ、スーさんって魔を払う力をお持ちなんですね~。じゃあ今日から早速、寝てる間の守護をお願いしてもいいですか?」

スーさん 「構わんよ、任せなさい」


その夜、夢と現の間で。


ねぇちゃん 「来たで!」
f0351853_20483992.png

m 「えっ!?アマテラスねぇちゃん?えっ?あ、ありがとうございます・・・。この守衛兵みたいな人たち一体何ですか?何人いるんですか?」

ね 「四方八方に上・中・下段、すべてまかなえるで!完璧な守護やろ」←画像のあのポーズ。

m 「は・・・?ちょっ・・・、スーさん?スーさん!?」



出雲に行く少し前の話で、その辺の兼ね合いもあって張り切ってくれたみたいなのですが・・・。

日本の上の人っていうのは、いつも想像のななめ上の事をやってのけて下さいます。

あれはビビりました。








[PR]
by garoumusica | 2014-07-04 05:21 | ねぇちゃん | Comments(2)

スーさんの選曲方法。


スーさんやミカエルさんは、伝えたいことがあると曲に託してこられます。

絵を描いている時や最近の神社ネタの記事の時の選曲は、ほとんどが彼らによるものです。


ある日スーさんに、どうやって曲を選んでいるのか尋ねた時のことです。


musica 「う~ん、この曲ほんと絵に合いますねぇ・・・。いつもどうやって曲を選んでいるんですか?」

musica心の希望 『スーさんが老眼鏡をかけて、パソコンとにらめっこなんてしてたらカワイイのになぁ・・・』

スーさん 「それはだね、君という情報の塊にアクセスし、伝いたい内容に該当する曲を検索し、ダウンロードしているのだよ」

m 「・・・」



さすが古事記きっての破天荒キャラ。

私の中にある乙女心を見事にクラッシュしてくれました。

神っていう職業の人は、ある程度夢を見させてくれるところも残さなきゃダメな気がするんスけどねぇ・・・。

あぁ・・・、勝手な願望を押し付けるんじゃない、だそうです。






[PR]
by garoumusica | 2014-07-03 06:25 | スーさん | Comments(0)

昨日の出来事。

ニュースを見た後、ちょっとイラつきを覚えながら絵を描いていた時の話。


南方先生 「絵を描くのをやめなさい」

musica 「・・・」

み 「もう一度言いますよ?怒りの感情を抱いた状態で絵を描くのをやめなさい」

m 「はい」

み 「感情は決して悪いものではない。物事に対する正常な反応だからね」

m 「はい」

み 「でもいつまでもそれに囚われるのは良くないね。
『私は今、怒りを覚えている』という事が分かれば、その感情は手放しなさい。
それ以上は不要だ。

スサノオ殿がいつも言っているだろう?周りの環境は自分自身の鏡であると。
そのような環境に身を置く羽目になる前に、感情を手放しなさい」

m 「はい」

み 「特に君は今、剣を持つ私の姿を描いている。剣というものは、多くの者にとって人を殺める道具でしかない。
そのような物を取り扱う時には、いつに増してその心を静めなればならない」

m 「・・・」

み 「それなのに君がこの絵に怒りの感情を込めてしまっては、この絵はどうなるだろうか?
この剣は怒りの象徴になってしまうではないか。
今の君のように怒りをもって剣を扱う者に、私の剣は預けられぬ」

m 「はい・・・」

み 「君には言ってあるね?この剣は護るための剣であると。決して闘うためのものではない」

m 「はい」

み 「そして、我々はこの歌を君に贈ってある。

   かりそめの ことに心を うごかすな
       家の柱と たてらるる身は

生きていると様々な事が起きる。心を静めておく事が難しい時もあろう。
だが、君は君の絵の主なのだ。

周りの環境に合わせて感情を動かしていては、家の柱が揺れ動いては、その家は遅かれ早かれ倒壊してしまうだろう。

だからスサノオ殿はいつも君に言うのだ。我々を頼りなさいと」

m 「はい」

み 「君は出来る子だ!」

m 「アハハ!何それ」

み 「よし!もう大丈夫だね。さぁ絵の続きを描きなさい」



f0351853_04474070.jpg

剣を描き込んでいないので、ライトセーバーを持っているようにも見えます。





[PR]
by garoumusica | 2014-07-01 20:28 | 南方先生 | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica