<   2014年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

さて、10月に入りましたので、昨日ついに大黒さん像を部屋にお迎えしました。



お迎えするまでのいきさつはこちら。リンク!→おーくにさんと大黒さん。



大黒さん磨きは綿棒・キッチンペーパーで優しく拭くことから始まり、キリが無いので洗面台でドイツの水だけで汚れが取れるスポンジへ移行し、最後はたわしとクレンザーでガッシュガッシュと汚れを落とすという荒い作業の末、この時を迎えることが出来ましたε-(´∀`; )

・・・もうこの部屋には人を入れられません( ;´Д`)

絶対変な宗教してると思われてしまう(´;ω;`)



おーくにさん 「君のベッドサイドは私の物だね」

musica 「正確にはその間にサイドテーブル代わりの背の低いワゴンがありますが」

お 「それを除けてはどうかね?」

m 「えー、嫌です」

お 「考えてごらん。私を置いた台の左側には、もともと同じ物の4段のワゴンが設置してある。これには君の遊び道具であるペンチだとか石のビーズが入ってるね?」

m 「はい」

お 「しかし最近その許容量を超えたではないか」

m 「・・・」

お 「そこでだ!このワゴンを今ある右側から左側に移動させ、更に高さを今の2段から元々の4段へと変更する。そして真ん中に置いてある私が鎮座する台をベッド側へと移動させる。そうすれば君の遊び道具も綺麗に収納出来るし、私も晴れてベッドサイドに移動することが出来る。どうだね?(ニヤリ)」

m 「あー、もうその強引さ!ほんとスサノオ一族ですね!」

お 「なんとでも言い給え。私の鎮座する場は君のベッドサイドと決めておる」

m 「( ;´Д`)・・・」

お 「私の勝ちだね( ̄ー ̄)」



そしてどうなったかと言うと、おーくにさんが言われた通りになりました・・・orz



お 「大人しくはじめからそうすれば良いものを」

m 「・・・。圧迫感が・・・」

お 「慣れぬだけだ。そのワゴンは半透明であるし明日には慣れよう」

m 「なんで私よりも私の部屋に詳しいんですか?やな感じ~」

お 「君のデータはすべて把握しておるよ」

m 「( ;´Д`)・・・。それにしてもなんでベッドサイドにこだわられたのですか?ピロートークでもしてくれるんですか?www」

お 「無論そのつもりだ」

m 「ギャ~!・・・(´・_・`)ん?・・・!(◎_◎;)ハッ!?それって夜通しスパルタするって事ですか!?」

お 「フフフ、どうかの(ニヤリ)」

m 「・・・やっぱりスサノオ一族ですね・・・」





[PR]
by garoumusica | 2014-10-02 05:00 | おーくにさん | Comments(0)

優しい光 つづき。

本日は昨日のブログの続きです。



素敵な光をいただいた後、次はスーさんが主祭神を務められる神社へ。

この神社は普段は神主さんがいらっしゃらないような小さな神社なのですが、スーさんから呼び出しされて行くのは大抵こちらの神社です。

神社へ着いて鳥居をくぐると、神の使いクロアゲハ蝶のお出迎えが。

よかった、歓迎されています。

で、いつも通りに挨拶をしてちょっとプラプラ。

時間がもうあまりなかったので、ほんのちょっとでしたが。
f0351853_06160946.jpg
ちょっと不思議なものが映ってます。

何でしょうか。

で、すぐにお別れの挨拶をして、鳥居をくぐる前にもう一度ご挨拶をしようと振り返ったところ・・・、
f0351853_06155882.jpg
なんて素敵なタイミングでお別れでしょうか。

拝殿の一番高い所に太陽が!

スーさんの素敵すぎる演出です。



他にも素敵な画像をUPしようとしたのですが、何故がアップロード出来ない・・・。

各5回ずつ位チャレンジしましたが、これだけ失敗するには訳がある。

何ででしょう・・・(´・ω・`)

それにしてもトータルで300枚近く撮ったのに、お許しが貰えたのが昨日の画像を入れて計4枚って。。。





これだけではなんだか収まらないので、昨日の不思議な夜明けの画像を。
f0351853_17325445.jpg
これがアップ。
f0351853_17323835.jpg
ただの私の感想ですが、朱雀の上にアマテラスねぇちゃんが乗って、太陽に手を伸ばしている感じです。

初めて見る不思議な夜明け。
f0351853_17383644.jpg
自然って面白いですね。






[PR]
by garoumusica | 2014-10-01 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica