<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

本日は昨日のブログの続きです。



ス 「そうかね?かく言う今の私の姿も出雲色を排除したものだ」

m 「へぇ~、若作りスーさんの姿が?」

ス 「覚えているかね?以前君が描いてボツにした私の絵を」

m 「破天荒スーさんの絵ですか?」

f0351853_19185831.jpg

ス 「そうだ」

m 「アマテラねぇちゃんと漫才してるやつ」

ス 「いや、あれは漫才と言うよりも圧倒されているのだ。あの絵は姉弟色の強い物だっただろう?」

m 「はい」

ス 「今君と接している私のエネルギーは、普段君と接する出雲色の多い『おとんスーさん』の部分ではなく、アマテラスと姉弟としてのエネルギーの部分が接している。例えるなら古事記の初期の初期の私だ。だから君が今の私のエネルギーを視覚化した時に『若作り』しているように視える」

m 「へ~、って言うか前の説明と違わないですか?」

ス 「君の固定観念を打破する事も目的のひとつであった」

m 「ふ~ん、へぇ~、そうですかぁ?」

ス 「この時の本館ブログの内容を読み直しなさい(リンク→古事記の頃 )」

m 「『何故お蔵入りかと言うと。。。スーさん若過ぎるからwww』・・・」

ス 「君がいかに固定観念に囚われているかよく分かるだろう?」←字を勝手にデカくされてしまいました。。。

m 「・・・」

ス 「一つの姿で色々と勉強できて良いではないか」

m 「も~・・・」

ス 「君は以前、『若作りスーさん』としての私が何故上半身を裸にして登場したか疑問に思っていたね?」

m 「はい」

ス 「その答えがこのアマテラスとの漫才にある」


m 「あ、漫才って認めたw」


f0351853_19175577.jpg

本館ブログのアマテラねぇちゃん 「・・・は!?あんた何でマッパやの?そんなモヤシみたいな身体晒してどないするん。は!?破天荒キャラ!?・・・は~、姉ちゃんしゃべりの仕事してんのに今呆れて言葉出てきぃへんかったわ~。ハッ、なんやねん破天荒。そんなひょろい身体してよぉそんなん言えたわ~、姉ちゃんめっちゃ恥ずかしいわ~。恥ずかしゅうてお天道さんに顔向け出来ひんわ~、ちょおあんたここツッコむとこやろ!チッ、ホンマしっかりしいや、なんやあんたまだマッパやんけ!ええ加減にせえよホンマ。あんたの日ごろの行いな、姉ちゃんお諏訪はんからぜぇ~んぶ聞いとるさかいな、ごまかそうとしても無駄やで?あ?降臨の時間かいな?ほな行ってくるで、って、ぇえ!?まだマッパやんか、そんなモヤシみたいなんはよ隠しぃや!ほな行くで?さいなら。


本館ブログのスーさん 「・・・さいなら」

(本館の記事へリンク→新キャラ登場



m 「・・・」

ス 「で?私の今の姿の初登場の時の画像を見てごらん?もやしのような姿かね?」

f0351853_17105009.jpg

m 「いえ、言うほどもやしではありません・・・。えっ?ちょっと待って?その為にわざわざシャツを脱いだ姿を見せたのですか?」

ス 「ハハハ!」

m 「なんなんそれ!(←思わず方言)?あれ?でも待って下さい。スーさんの偽物が現る?の時は随分ひょろい身体でしたよ?」

ス 「君があのボツになった絵と上半身裸との関連に気が付かないからだ。なのであのセリフの通りもやしのようなひょろい身体で君に接してみた」

m 「・・・その意図がよく分かりませんが、スーさんが根に持つタイプだという事が分かりました。1年後にこうやってくるとは・・・」

ス 「そうではない。学びを兼ねたちょっとしたジョークだ」

m 「ふぅーん、ジョーク。そういう事にしておきましょうか」

ス 「まったく・・・」

m 「何が『まったく』ですか・・・」



明日も続くのかもです、なんとなく。






[PR]
by garoumusica | 2015-03-21 05:00 | スーさん | Comments(4)
昨日の出来事。

私は乾燥肌なのでお肌の保湿は必須なのですが、植物アレルギーなので使える保湿剤は病院で処方されたものとワセリンを精製したサンホワイトのみ。

で、このサンホワイトが曲者で、原材料が石油ですからそのコッテリな油成分が布に沁み込んでしまうのです。

特に寝具のカバーに沁み込みやすい。。。

なのでシーツなどを洗う時は、60度のお湯で2時間位漬け置きをした後に洗濯を3回位繰り返して油を落とします。


これがめんどい。

昨日もそうやってシーツ類を洗ったのです。



で、3回の洗濯が終わって洗濯物を取り出した後にゴミを取ろうと洗濯機を覗いたところ、ブレスレット発見・・・。

f0351853_23520322.jpg

昨年手作りしたもので、伊勢産のバロックのアコヤ真珠とアフリカンターコイズとガーネット、スワロフスキーで出来ています。



えっと、これ、なんで洗濯機の中にあるの( ? _ ? )


このブレスレットはいつものように作ってはみたものの使わないパターンの子で、自分でもどこに仕舞っていたのかも思い出せない位なのに・・・。

確かにベッドのヘッドボードの所にある棚にたくさん石とかブレスとか御守りを置いてはいますが。

まぁぶっちゃけスーさん由来の品ですが・・・。

でもこのブレスは絶対置いていなかった。

なのに何故シーツと一緒に洗濯してしまったのか。



musica 「まぁ・・・、おっさんの仕業だよね?」

スーさん 「ハハハ。君は真珠とターコイズは脆いものと思っている節があるが、どうだ?お湯攻めにも3回の洗濯にも耐えた」

m 「特に真珠は湿気がダメ、汗がダメ、油分がダメと結構めんどくさいイメージでしたが、うん、耐えられましたねw」

ス 「君は最近真珠を身に付けていないだろう?そろそろまた身に着けなさい」

m 「そう言えば最近は身に着けていないですね。て言うかスーさんがこのネックレスを着けろー、このブレスレットを着けろーって言うからなんですけど」

ス 「状況は常に切り替わる。そしてその度にエネルギーが変わり身に着ける物も変わる。今回必要なエネルギーはこの真珠の持つエネルギーだ」

m 「この真珠は確か伊勢産の物です」

ス 「昨年君が身に着けていた物は宇和島産の物だった。上の世界で一緒に宇和島で真珠を採ったね」(本館で記事にしてました。リンク→宇和島の真珠 つづき

m 「はい。それで何となく宇和島産はスーさん、伊勢産はアマテルにいちゃんなイメージがあります。それにしても一緒に真珠を採ったのが一年前、シルバーの真珠を頂いたのが更に一年前(その時の事を書いた本館の記事→musicaの奇跡

ス 「そうだね」

m 「こうやって思い出って積み重なっていくのですね」

ス 「フフフ、我々の新しい歴史と言う訳だ」

m 「歴史!大げさー」

ス 「ハハハ!さてその真珠だが今回はあえて伊勢産だ」

m 「何でですか?」

ス 「何故なら高千穂に行くからだ。天孫降臨の地ではないか」

m 「あー」

ス 「君は今まで出雲のエネルギー寄りだった。以前伊勢に行って大変な目に合っただろう?」

m 「そうなんですよね・・・。実家に帰省した帰りに途中下車してちょっとお伊勢参りに行ったら、その帰りの新幹線で座っていられない位全身が痒くなって。トイレに行って身体を見ても何もなっていない」

ス 「エネルギーが違い過ぎたのだ。その経験を踏まえて伊勢産の真珠を身に着け、エネルギーをアマテル寄りにさせる」

m 「えー・・・」

ス 「別にエネルギーをアマテル寄りにしたからと言って私と離れる訳ではない」

m 「そういう『えー』じゃありません〜」

ス 「そうかね?かく言う今の私の姿も出雲色を排除したものだ」

m 「へぇ~、若作りスーさんの姿が?」


明日も続きます。




[PR]
by garoumusica | 2015-03-20 05:00 | スーさん | Comments(4)
本日も前世シリーズのラストです。



イタリア尽くしな感じではありますが、ここでもじぇいど姐さんからメッセージがポイントです。


じぇいど姐さん 「なんでイタリア?って思ったらコロッセウム(コロッセオはイタリア語表記)でしたか。でもコロッセウム、ローマの遺跡なのでイタリア以外にも結構ありますよ。ルネッサンス風の城との組み合わせ、ってことなら限られてくるのかもですが。」



なるほど、ローマはイタリアのみに非ずという事ですね・・・。

捜索範囲が広がったような、範囲が狭まったような。

そしてあの城はルネッサンス風と言うのですか。。。

知らない事が多過ぎる。

調べる事も多過ぎる・・・。



そしてよく思い出してみると、その飛び降りをした女性は白いドレスを着ていまして。

それがもしウェディングドレスならば、白いウェディングドレスを着るようになったのはいつ頃からなのか調べれば、年代が特定できるなと思い検索。

すると、史料上17世紀末まで遡る事が出来るそうで。

だとするとそれ以降の人物という事に。


で、ここ迄です。

なんか探る気が起きないというか・・・。



スーさん 「それは一度、君がある種の絶望を味わったからね」

musica 「とっても期待して心療内科に行ったのに薬を処方されるわ、高い金を払って前世を視てもらったのに何も変わらないわで、もう前世は結構どうでもいいです。興味ない」

ス 「それは興味がないという事ではない。期待してその期待を裏切られる事が嫌なのだ」

m 「・・・」

ス 「ふふふ、簡単な事だ。だったら期待しなければいい」

m 「えー?」

ス 「期待せずに楽しんでみなさい。だって面白いだろう?パズルみたいなものだよ。記憶のパズルを解いていく過程で、もしかしたら何らかの気付きに遭遇するかもしれない。もしそうなれば、それはそれでラッキーじゃないか」

m 「ラッキーって・・・」

ス 「楽しんでごらん。その上で何らかの気付きが得られれば儲けものだ。過去を知るという事はそれくらいの気持ちで行うのが調度いいさ」

m 「ふうん」

ス 「君自身による初めての過去世探索だ。楽しんでごらん」

m 「うーん、はい」

ス 「よし」



それにしてもよく聞く過去世探索は、重要な出来事から死に際まで一気に見たよ!みたいなのに、なんでうちのおっさんはこんなクイズ形式なんでしょう?

一気に見せてくれた方が早上がり(?)なのに。



ス 「君の今世の使命は?」

m 「経験する事です」

ス 「そういう事だ。ただの物見遊山では済まさないぞ」

m 「私は楽がしたい!(`・ω・´) 」

ス 「・・・」→でこピン。




[PR]
by garoumusica | 2015-03-19 05:00 | つれづれ | Comments(0)
本日も前世探索シリーズです。

ですがその前に。

昨日母が拾ってきた蕾の状態だった桜が咲いたのですよ〜。

f0351853_16494020.jpg

落ちてた桜だからちょっと傷んでますが・・・。

それでもスーさんと桜、イイ感じです。


百均のガラス瓶もイイ感じです(値段も素敵)。



はい、続きです。


ジャン・シグノワール、それらしいローマ字で検索。

『Jean Sygnoir』

・・・なんか違うっぽいです。

う〜ん、はい、飽きた。



で、翌日,3日目。

またしてもヒーリングの時間中にやられました。

今度はそれらしい城を見せられました。

でも始めのとはちょっと違うような。

でも外壁の石の色なんかが同じような感じなので、この色を意識して探してみなさいという事なのかなと。。。

仕方ない、連日見せられるという事はそれだけ必要な事なのだろうと、今度はお城の検索を始めました。

『イタリア 城』

うーん、この造りは違う、これも違う、こんな豪華じゃない、色が違う・・・。

なかなかそれらしいものに辿り着きません。

で、ふと目に留まったのが、フランスのランジェ城

国は違いますが、塔の様な部分が建つ間隔が似ている・・・。

うーん、でもちょっと違う気も・・・。

で、その日の捜索は終了~(←飽きた)



翌日、4日目。


すっかり忘れていた私にやっぱり見せるおっさんs。

今度はその城の内部、もしくは敷地内にあると思われる礼拝堂のフレスコ画を見せてきます。

キリストさんが描かれていて、その手のひろげ方がレオちゃんの最後の晩餐に似ています。

でも最後の晩餐そのものを真似て描いたフレスコ画ではなく、背景は青空となっていました。

・・・これも手掛かりにしろという訳ですね?分かります・・・。

よし!こうなったらフランスに滞在経験があり、建築物に詳しく語学に堪能なあの人に聞いてみよう!



じぇいど姐さん 「Jean Signoir ないですねえ・・・(←m「先に書いた私の綴りは違ってたw」)

名前じゃなくて、イタリア語のsignoraの複数形signoreって貴族の称号かなんかだと思うんですが、それをフランス語よみしたら辛うじてそれっぽいですが名前としてはどうなんだか。

il signore di ~(地方名)」



えっと、イタリア語・・・。



これとか→As tears go by

最近ちょっとサボってたんで、昨年の11月からイタリア語を勉強させられていたのを忘れてましたw



さらに言えばここ数日、何故かエアロスミスの「What it takes」とボン・ジョヴィの「This ain't a love song」を唄っているのです。




両方ともティーンの頃にすごく好きで一生懸命練習した曲なのと共に、両方とも別れた彼女の事を思っている曲・・・。

そう言えばエアロスミスのボーカルのスティーブン・タイラーはイタリア系アメリカ人だったような・・・。

だったらボン・ジョヴィのボーカルは?



musica 「本名がイタリア系の姓だった・・・。一体いつからこの日の為に仕込みをしているのですか?」

スーさん 「そりゃあ君が生まれる前からさ」(←若作りスーさんはちょっとフランク。実は今まで若作りスーさんの言葉遣いをおとんスーさんの言葉遣いに直してブログに書いていました。私が落ち着かないから。。。)

m 「・・・」

ス 「分かるかい?人というものは生まれ出づる時に綿密な計画を立てているのだ。そしてこの一連の出来事もその計画の中のひとつに過ぎない」

m 「・・・。なんだかですね、自分の青春時代を象徴する曲すら計画済みだという事が、なんて言うかこう、もやもやするのです」

ス 「私からすればこの壮大な計画に感動してもらいたいところだけどね」

m 「えー、もう、それどうだろう・・・」


明日も続きます。





[PR]
by garoumusica | 2015-03-18 05:00 | つれづれ | Comments(0)
本日は昨日のブログの続きです。



ふと下を見るとイタリアのコロッセオのような建物が見えたので、あぁ、ここはイタリアか、と思ったところで覚醒。

あー、なんか疲れた、と思いながらそのまま目を開けずにぼんやりしていると、耳元でチチチチと微かな音がします。

ふと気が付くと白い光が視界に拡がっていて、微かに振動しています。

実はこれ、以前ブログに載せたスーさんの仕事っぷり ヒーリング編。の事です。

このブログを書いた時は前世探索の話を書くつもりは無かったので、ヒーリングだけ起こったみたいな感じで書いていますが、本当はこの流れでした。

自己シリーズの記事の時なので今月の始めに起こった出来事です。



で、まぁ私はあんまり前世とか興味が無いので放置。

興味が無いというか、実は10代の頃から前世療法と言う治療法は知っていたのです。

ワイス博士の前世療法と言う本を読んで、精神科医が催眠療法で前世を癒し人を健康にしているという事を知り、10代の終わりには心療科に受診して前世療法をしてくれと医者に頼んだ事も。


結果、普通にお薬処方されてしまいましたwww


まぁ、薬は飲まずに捨てましたが。



上京してからもお金が溜まれば前世を見て治療をしているという人を訪ねては、前世を見てもらっていたのです。

その結果はと言うと、まぁ過去のブログの記事を見て頂ければお察しの通りですが。

あくまで目的が健康であったので、健康にならないのならば前世に関しても興味が無いと言うか、無くなったというか・・・。

まぁ、そういう訳で放置しました。


ただ、何故か以前スーさんに夢の中で貰って、こっちの世界で再現したオウロヴェルデのブレスレットだけはした方が良いと思い(←操られモード)、それだけは身に付けましたが。


オウロヴェルデ・スーさんモデルの記事は本館で書いてました。→満月とメタモルフォーゼ

f0351853_04244494.jpg

これは10ミリ玉と8ミリ玉の組み合わせですが、夢の中で貰ったものとイメージがちょっと違うので、実際は12ミリ玉と8ミリ玉の組み合わせだったのかもしれません・・・。





が、スーさんはそれだけでは許さない!

翌日もヒーリングを受けていると脳裏に浮かんだ言葉。



『ジャン シグノワール』



ジャン。。。

なんかよくありそうな名前・・・。

ジャン・コクトー、ジャン・ポール・ゴルチェ、ジャン・ヴィゴ、ジャン・キルシュタイン(これは違う)・・・。

ジャンってフランス系だよな~、と思いながらヒーリングを受け、とりあえず『ジャン シグノワール』で検索。

そして何故か出てくるコメダのシロノワール


( ゚д゚)・・・。

( ゚д゚ )・・・。


なんでやねん! ( `д´⊂彡☆))Д゜)!!! スパーン



明日も続きます。




[PR]
by garoumusica | 2015-03-17 05:00 | つれづれ | Comments(0)

ついに前世探索・・・。

先日の出来事なのですが、どうしても書く気になれずに放置していた話。

なんだか今日のブログに書く事が思い浮かばなくて、どうしようかなぁと思い巡らしていたところ、あぁそうか、あれを書けという事なのだなと思いつき・・・。

途中までの結末の無い話ですが、自分自身のメモも兼ねて書いてみます。。。



先日いつものようにお姫様抱っこ式幽体離脱が起こりまして。

で、部屋の外に出るといつもは足の先を支えられながらではありますが、自分の意思で移動する事が出来るのにこの日はずっとお姫様抱っこのまま。

そして建物の壁の近くを行ったり来たり。

あー、これは建物をしっかり覚えておきなさいという事だなと思い、その建物を観察しました。

外壁の色はサンドベージュ。

石の自然な風合いを活かしたものとなっています。

以前スーさんの偽物が現る?の記事の時の幽体離脱の時に見た建物の外壁とよく似ています。

で、所々塔のように外壁が丸くなっている所があります。

まるでお城みたい、などと考えているといつの間にかお姫様抱っこから解放され、いつもの飛び方に。

塔のようになっている部分にある窓から引き寄せられるように建物の中に入ると、突然女性の悲鳴が!



「もういやぁああああ、どうして私が(以下略)」



ずーっと(何故か日本語で)叫び続けていて。

この時の私は、浮いてる私と横になっているリアルな私、別々に思考する事が出来ました。

それぞれがそれぞれの思考を共有?みたいな。

なんて表現すれば良いのか分かりませんが。。。

で、この悲鳴は上の私はその場で、下の私は脳内に直接響くような感じで聞いていました。

下の私はうわー、何コレ心霊現象?ちょ、スーさんスーさん!って感じで。

上の私は叫びながら廊下を疾走する女性を追いかけています。

追いかけるというよりも身体が引っ張られるという感じで。

で、あー、この人飛び降りるー、飛び降りるわーと思いながら追いかけて行き、そしてやはり女性は廊下の突き当たりの窓から飛び降り自殺。。。



その後私の意識は統一されてどんどん上へと向かって行って。

ふと下を見るとイタリアのコロッセオのような建物が見えたので、あぁ、ここはイタリアか、と思ったところで覚醒。



明日も続きます。




[PR]
by garoumusica | 2015-03-16 05:00 | つれづれ | Comments(0)

空にコンちゃん?

昨日の本館ブログ。→画廊musica

記事を更新してブログを開いて確認していたところ、何だろう、この画像の雲が気になる・・・。

f0351853_23204381.jpg

画像を加工した時も記事に載せた時も何も感じなかったのですが、何か気になる・・・。

何だろう何だろう?と雲を見つめていたら、


あっ!コンちゃん!
f0351853_23203490.jpg

www

梅を飛び越えるようにジャンプしてますw

そしてあのアゴw

このドヤ顔を彷彿とさせます。

f0351853_00210122.jpg

上の人達って、雲にメッセージを乗せてくることがあります。


以前もこの様なメッセージが。

f0351853_23590444.jpg
『日本人』
f0351853_00051837.jpg


この時は姪っ子ちゃんが実家に来ていた時で、姉が姪っ子に英語教育を受けさせるか悩んでいた時でした。

そしてこの日本人と言う文字に気が付いたのも姉。

悩んでいた答えを本人が見つけた、と言う感じでした。



今回のコンちゃんアピールは何でしょうね・・・?

側にいるよ~のアピール?

いきなり眷属だよ~と言われても何をどうすれば良いのか分からないので、とりあえずおやつを分ける位しかしていない私へのアピール?

よく分かりませんが、おっさんsとコンちゃんがサービスしてくれた事だけは分かりますw

絵に迷ったら空に学びなさいと言うのは、心の師匠・レオちゃんからの教え。

それは絵だけではないみたいですね。


あー、目に映るすべての事がメッセージ、だそうです。


ほんとおっさんは歌にメッセージを乗せるのがお好きなようで。。。






[PR]
by garoumusica | 2015-03-15 05:00 | コンちゃん | Comments(0)

Such a heavenly view

本日は本館「画廊musica」の記事と連携してお送りします。

本館は画像メイン。→画廊musica

f0351853_22370937.jpg



昨日は月に1度の通院の日で。

それでついでに末社のスーさんとの約束を果たしに行ってきました。

約束、それは『梅の季節になったら逢いにおいで』というものでした。

そろそろかな?と思いつつ、今週は雪が降って気温が下がったり、または雨だったりでなかなか機会がありませんで。

で、もともとこの金曜日が病院の日だったのでついでに行けたらいいなぁと思っていたのですが、前日の天気予報では昼から雨。。。

まぁ晴れたらね、と思っていたら・・・。



musica 「晴れてる・・・」



隣の街は雨が降っているのにこちらは晴れて暖かい・・・。

行くしかないですねw

という事で行ってきたのです。

f0351853_22381235.jpg

かわいいです。

冒頭の画像のように、ちょっとした光のサービスも頂きまして。

夕方だったので長居は出来ませんでしたが、幸せなひとときを過ごさせて頂いたのです。



で、帰ってからほとんど外出しない祖母の部屋の壁に大きく引き伸ばした画像を貼ったりして過ごして、その後夕食。

その時に見ていたローカルニュースでちょうどそこの神社の梅が放送され、祖母にあの神社だよ~と伝えたところ、急に脳裏に流れ出す音楽。



この曲のラストの『Such a heavenly view』の所が急に流れ初めまして。

実はここ数日、3.11イラストが終わってから何故かこの曲ばかり聴いていたのです。

今日も出かける準備をする時にずっと流していたぐらいでした。



m 「スーさんだったんですね」

ス 「今が調度梅の見頃だからね。まさしく『Such a heavenly view』だ」

m 「ふふふ、相変わらず分かりにくいアピール・・・。もっとはっきり言ってくれたらいいのに」

ス 「趣が無かろう?それにはっきりと言わずとも君は来てくれたではないか」

m 「それは結果論ですよ。気が付けなかったらと思うとヒヤヒヤしちゃいますよ。って言うか今回は全然気がついてなかったし」

ス 「君は映像や匂い、音楽といったものは上手く捉える事が出来るが、文章を意識して捉える事はまだまだ不得手だ。それは仕方の無い事でもあるし、そしてそれ以上に歌で想いを伝える事は趣があって良い。それに君は気が付けないと言いながらも、それでも無意識で私の意図をちゃんと捉える事が出来たではないか」

m 「・・・」


ス 「自分をもっと信じなさい。私との絆も」





[PR]
by garoumusica | 2015-03-14 05:00 | スーさん | Comments(2)
本日もスーさんイラストの時の話題です。



今回の絵はipadで描きました。

机の上でスタンドに立てた状態で描いていたのですが、ちょっと無理な姿勢だったのでしょうか?

締め切りの2~3日前に首と肩を痛めまして。。。

寝違えの起きてる時になるバージョンって感じで、激痛のあまり振り向けない、思う様に動かせない、寝る時の姿勢が辛いという状態になりまして。

今まで絵を描いていた時になった事が無かったので、やはりipadを使用して描いた事による弊害?が起きたようです。



スーさん 「いやいや、それだけではないぞ。君は絵を間に合わせる為に必要以上に緊張していたのだよ」

musica 「あー、それはあるかも」

ス 「昨年からマッサージを続けその身体の緊張が解けてきてはいるが、依然として身体を緊張させる癖が抜けてはおらぬ。筋肉の使い方もまだ上手くない」

m 「・・・」

ス 「精神的な緊張により必要以上に継続的に筋肉に力を入れてしまう為に血行も悪くなり、結果として寝違いのような状態を引き起こす」

m 「起きていても寝違え」

ス 「君の身体の様子を見、必要に応じて気を流していたが、君が自ら緊張状態を作り出してしまっては元も子もない」

m 「確かに白い光によるヒーリングはパワフルでした。翌日に寝違いが起きてしましましたが」

ス 「あれが無ければ絵を描ける状態ではなかったぞ?」

m 「ありがとうございます」

ス 「それからもうひとつ、精神的な緊張を解くために香りを利用した」

m 「あー、身体の限界を感じながら追い込みをしていた時に、突然アロマの香りがしてきました」

ス 「うむ」

m 「あれ?なんだっけ?この香り。。。と記憶を辿って行くと、以前無印で70%オフで購入したアロマオイルの香りで、急いでその瓶を探して匂いを嗅いだらとってもスッキリ出来ました」

ス 「メインにスイートオレンジを使ったブレンドオイルだ。スイートオレンジの効能を知っているかね?」

m 「いいえ」

ス 「調べてごらん」

m 「はい。(パソコンかちかち)えっと『リフレッシュやリラックス効果があり、不安や緊張、ストレス、うつ状態から解放され、気分を前向きにする効果が期待できます。』・・・」

ス 「フフフ」

m 「スーさんすっごい!アロマまで詳しいとは・・・」

ス 「常々言っておるであろう?私は雅な男だと」

m 「あー・・・」



きめ細やかな配慮に感謝なのです。



ス「その痛みが消えたら筋トレの開始だ。筋肉の作用を意識しながら徹底的にやるぞ」

m「あー、はい・・・」






[PR]
by garoumusica | 2015-03-13 05:00 | スーさん | Comments(0)
昨日のブログに載せた今年のスーさんの絵。

あの絵の元画像は昨年の3.11イラストを描いている時に送られて来たものです。

その時は通常の色鉛筆画で描くものと思っていましたが、なんだかんだで今年の3.11用のイラストになりました。

で、見せられた当時のスーさんの姿は今の若作りスーさんではなくお父さんスーさん。

その画像ももちろんお父さんスーさんのものでした。

が。

いざ描こうとしたら来ましたおっさん。。。



スーさん 「今の姿で描きなさい」

musica 「えー・・・、顔は法令線の無い若い顔にしたとしても、短髪でツンツンの髪形は嫌です」

ス 「何故かね?」

m 「神様っぽくないです。神様は長髪でないと」

ス 「ほら、君はまた自分のイメージに囚われている。リアルな生活の中で長髪の成人以上の男性に会ったら、君はどんな印象を持つ?」

m 「軽そうな男だなー」

ス 「それもまた囚われのひとつだが、リアルな生活だと良い印象を持っておらぬ髪型なのに何故我々に望むのだ?」

m 「うーん・・・、上の人達は別です」

ス 「君は自分と我々を分けて考えている。同じ世界に立つ存在と考えておらぬのだ」

m 「・・・」

ス 「我々は身体が有るか無いか、簡単に言えば属している仕事が違うだけだ。自分と我々を離して考えるのはいい加減やめなさい。我々は物質界に属する者同士が接する以上に親密に接する事が出来るのだから」

m 「はい」

ス 「では短髪で描きなさい」

m 「うーん・・・」



一応描いてはみたものの、いまいちピンと来ません。

なので長髪の雰囲気を残しつつ、いつもよりも短い髪型を描いてみました。


f0351853_23014383.jpg

・・・えっと、ホストですか?


思い切って角刈りに!

f0351853_03112563.jpg

・・・任侠ですか?



よく分からなくなってしまった私に結局スーさんが折れました。

最終的に送ってきた画像は・・・

ジ〇リのハウル!


f0351853_23192455.jpg

しっくりキターーー!!!

☆☆☆━━ヽ(・∀・)ノ━(∀・ノ)━(・ノ )━ヽ( )ノ━( ヽ・)━(ヽ・∀)━ヽ(・∀・)ノ━☆☆☆


こんな感じで今年のイラストは進んでいったのでしたw


夜景バージョン。

f0351853_00592187.jpg

見せた人に香港マフィアと呼ばれてました。




[PR]
by garoumusica | 2015-03-12 05:00 | スーさん | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica