<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

という訳で、突然決まった萩への旅。

萩へ行くなら須佐へ行きたい。。。

でもなんて言って連れて行ってもらえばよいのか分からず。。。

同じ萩市内でありながらも、うちから萩の市街地へ向かうのと須佐へ向かうのでは、倍近く時間が違うのです。

いきなり須佐に行きたいと言っても難色を示すだけ。

最近の母はスーさんがどうしたのかは分かりませんが、神社の建物を見るのが好きになったようなので、須佐に何らかの神社があれば連れて行ってもらえると思って検索をしてみるものの、母の琴線に触れそうな神社は残念ながら見当たらず。

なので博打ではありますが、当日萩まで行った上でその流れで須佐まで行ってみない?と交渉してみる事にしました。



で、翌日。

まずは一般的な観光をする事に。

松陰神社です。

f0351853_18451482.jpg

神社にお寺のマーク?

f0351853_18460435.jpg

これは吉田家の家紋のようです。

五瓜に卍(ごかにまんじ)というのだそうです。

神社に寺院のマーク。

ちょっと面白いですね。

拝殿の屋根にちょうど良いタイミングで太陽が来ました。

f0351853_18493110.jpg

ついでに同じ敷地にある松下村塾。

f0351853_18531929.jpg

この狭い空間に血気盛んな若者たちが集い、討論をし、成長していったのかと思うと、ちょっと胸アツでした。



そしてお腹が空いたので『萩しーまーと』という、漁港に隣接する道の駅で新鮮な魚を食べに行きました。

鯛といかの刺身を食べましたが、ほんとにおいしかったです。。。

で、ここから交渉開始。

母は角島大橋へ行きたいと主張。

オゥ、須佐と正反対。。。

正直私もそっちの方に行きたい。。。

でも今日はダメ!

なのでここで私は意味不明な論理を展開。

角島は初夏にこそ行くべき場所だと!←適当。

だから今日は須佐に行こう!

須佐ホルンフェルスが観たい!←そうでもない。



本当はホルンフェルスの側にそびえる高山に行ってみたかったのです。

この高山、昔は神山と呼ばれていたそうで、なんでもスーさん由来の山だとかなんとか。

なのでその地に立ってその場所から須佐湾を望んでみたいと思ったのです。

荒唐無稽な論理を振りかざし、なんとか母を説き伏せる事に成功!



明日は須佐編です。




[PR]
by garoumusica | 2015-04-10 05:00 | つれづれ | Comments(0)
ぶっちゃけ、タイミングが良すぎてヤラセっぽいと思われるかとは思いますが、起こった事をありのまま書きます。。。



昨日のブログの「スーさんと須佐と星。」という記事は一昨日書いたものです。

そのブログを書いた後、母がパート先から仕事を辞めて帰って来ました。



で、その日の朝から父が姪っ子の所に遊びに行ってまして。

いつもなら自分の車で行くのですがこの日は新幹線で行き、父の大き目の車が空いていました。

母の車は軽なので長距離の移動をする時は父の車を使うので、父がいる時は母と長距離の外出が出来ません。

しかも仕事があったし。

それなのに急に時間が出来、しかも車が使える。

良い機会だし明日は天気が良いみたいだから以前から行こうと言っていた萩に行く?という展開に。

更に追い打ちで、急に萩が載っているる◯ぶを持っている気がして本棚を漁ったら、本当に出てきてしまい。。。



・・・。

萩の須佐の話題を書いたその日に母が仕事を辞め、しかも長距離用の車が空いているので翌日その地に行く事になった。。。

スーさん、これはちょっと・・・



musica 「やり過ぎ(¬_¬)」

スーさん 「それは違うぞ。君が無意識のうちに自分の未来の展開を予想し、あの地を調べ、あの記事を書いただけだ」

m 「えー、またそう言う微妙な事を言う・・・ヽ(´o`;」

ス 「それにこの時期に君の母上が君に協力をする事は決定事項だ( ̄ー ̄)」

m 「ほら!私は今時間があるしスーさんとの関わりを楽しんでますから良いですけど、周りに負担をかけるのは・・・」

ス 「君の母上も楽しんだのだ。そうであろう?」

m 「そうかもしれませんが」

ス 「君にとっても楽しい観光。そのついでにパパはお仕事。それだけだ。素晴らしい景色であっただろう?」

f0351853_23415045.jpg
雄大な須佐ホルンフェルス。



m 「はい。出雲で見た日本海とはまた違う、地球の力強さを感じる雄大な景色でした」

ス 「それで良いではないか(^_^)」

m 「もー・・・(´・_・`)」



という訳で、須佐への旅シリーズの開始です・・・。





[PR]
by garoumusica | 2015-04-09 05:00 | つれづれ | Comments(0)

スーさんと須佐と星。

以前より気になっていた場所があります。



それは今の大河ドラマの舞台となっている萩にある須佐という場所。

昨年出雲に行く時に須佐神社についてネットで調べていたら、たまたま出て来たもので。

調べてみるとやっぱりスーさんが立ち寄ったとされる場所だそうです。

その時はへぇ、こんな所にも立ち寄ったのね、くらいでしかなかったのですが、今なんとなく調べてみまして。



こういうサイトがありました。

このサイトは色んな人が萩に関して色々な書き込みをしているようですね。

それによるとこの須佐という土地は、俗に言うスサノオ族と呼ばれる方々が朝鮮から渡って来て、彼らが出雲へ移るまでの主要な地だった?かも知れない?との事。

うーん、神話なスーさんではなく実在した一族に関する土地という感じですね。

他にもスーさんの正体について、イスラエルから来た一族だと検証されている方もいらっしゃいました。リンク→「スサノオの命」の正体に迫る!



ところで古事記のスーさん以前のスーさん、今はスサノオとして活動しているスーさんの本来の姿ってどんなのなのでしょうね?

どこかの土地からやって来た人達を神格化させる為にスサノオとされたスーさんではなく、本来の土着の神としての姿。

きっとどっかの星からやって来た○○という存在、とかそういう風になってしまうのでしょうけどw

そのうち教えてくれるんですかね?

www



あ、今思い出しましたが、その昔、厳島神社の回廊のようなところで肌の色が青みがかった薄い灰色をして、華やかな花魁のような恰好をした(髪形もそんな感じ。とてもきれいな銀色のストレートな髪)それはそれは美しい男女が優雅にお酒を飲んでいるところを夢で見たことがあります。。。

明らかに日本人ではなく、私を含めた一般の日本人が『あ、○○様達だわ』みたいな感じで羨望を込めた眼差しで見ていました。

このタイミングで思い出したという事はちょっとしたヒントなのでしょうか?



今日は地名に因んだスーさんの伝説を検証するうちに、地球を飛び出してしまったというつれづれ話でした。




[PR]
by garoumusica | 2015-04-08 05:00 | つれづれ | Comments(0)

スーさんとマスカラ。

先日の話。



霧島への旅に備えスニーカーを購入する事にしたのですが、どういうスニーカーを選べばよいのかさっぱり分からず。

なのでとりあえずアウトドアメーカーのサイトをチェック。

ふむふむ、ハイキングシューズなるものがあるのですね。



musica 「あ、これカワイイ。なになに?レディース・メレル・サイレン・スポーツ2ウォータープルーフ・ハイカー。なんだなんだ、このカタカナの羅列は・・・。カタカナが続くと呪文みたい」

スーさん 「ハハハ」

m 「分かりにくいな~。ウォータープルーフ、プルーフってどういう意味だっけ?」

ス 「ほら、マスカラにあるだろう?」

m 「あー、ウォータープルーフのマスカラ!汗に強い、プールでも大丈夫ってやつですね!」

ス 「耐水性のスニーカーという事だね」

m 「だったらこのスニーカーは急な雨でも大丈夫って事か。・・・!?Σ(゜ロ゜)なんでスーさんマスカラ!?化粧品まで詳しいのですか!?」

ス 「ただの例えではないか・・・」

m 「そういう問題じゃないです。スーさんレベルになるとマスカラの種類にまで詳しいのか」

ス 「どういう問題なのか・・・。稲田姫に任せた方が良かったかな?いや、君達は変な方向に向かう時があるからな・・・」



変な方向に行った時の話。



外出前に化粧をしていた時、眉毛をペンシルで描くとちょっと時間が掛かるので、早く眉毛が描けるというアイブロウパウダーの代わりにアイシャドーを使って描いてみたのです。

焦げ茶はあんまり使わないので残りがちだからちょうどいいじゃん♪(´▽`)と思いまして。



稲ちゃん 「ねぇムジちゃん?気が付いてる?」

m 「何がですか?」

い 「そのアイシャドー、パール入りよ?(´・ω・`)」

m 「!?Σ(゚д゚;) まさか私の眉毛パールしてます!?」

い 「パールしてる(`・ω・´) 」

m 「パーリー?」

い 「とってもパーリー!」

m 「パーリッシュ!?」←?

い 「パーレスト!」←?

ス 「・・・君達はいい加減にしなさい。ほら、もう時間が無い。君は早く眉毛を直しなさい」

m 「はーい(・Д・)ノ」

ス 「まったく・・・」



お陰様でキラキラと輝く眉毛は回避出来ました。





[PR]
by garoumusica | 2015-04-07 05:00 | スーさん | Comments(2)

雷瞑想。

月食の日の話。



こちらでは激しい雷雨の為、月食?何ソレ状態でしたが皆さまの所ではいかがだったでしょうか?

前回の赤い月は見る事が出来ましたが、今回は残念でした。

その時のブログのリンクを貼ろうとしてブログを読み直してみたらw

こちらのブログも何コレ!みたいな内容だったのでリンクを貼るのを止めましたwww

スーさんの台詞がキザ過ぎてwww

次回は2018年。

その時は何を言われるか楽しみですwww



さて、4日の話です。

その日の夕方は激しい雷雨。

雷の音も雨の音もそれはそれは激しくて。

こんな時にしたくなるのが、雷の音を聴きながらウトウトじゃなくて瞑想。

特別な技法とかは一切なく、雷と雨の音を聴きながらそのエネルギーを自分の身体に満たしていくイメージをし、自分と雷雨の境を無くしていく(イメージだけですが)。

ただそれだけです。

それをしていると何が起こるかというと、十中八九寝ます!


特別な何かが起こる訳ではありませんが、目覚めがとても気持ち良いのです。

ヒーリングをしてもらったかのような感じで。

ちょっと楽しいのでお試しください。



これは雷雨だけでなく他の天候でもいくらでも応用が出来そうな気がしますし、満月とか新月とかの天体ショーでも使えそうな気がします。

新月だから調子が崩れる、低気圧が来ると体調が崩れるというのもよくありますが、あえて内に取り込んで体験してみる、自分の物にしてしまうという方法もあるのかなと。

最初にリンクを貼るのをやめたという記事の時に、スーさんが「皆に愛されている事を思い出しなさい」と言っていて。

折角地球っ子に産まれたのだから、地球とそれを取り巻く天体に愛されて生きたいなと、自分のブログを読み直して思いましたwww

なのでやっぱりリンクです。→欠けた月。




本日は私のおすすめ・雷瞑想法でしたw


f0351853_19064935.jpg

嵐の石・ピーターサイト。

龍と狐の共演(模様がそう見える気がします)。

まるでスーさんとコンちゃんですねw






[PR]
by garoumusica | 2015-04-06 05:00 | つれづれ | Comments(0)
呼び出しシリーズ、本日ラストです。



突然の母の提案、山寺へ行こう!

なんでまた・・・。

連日の外出で正直あんまり動きたくないけど、さっきは突然スーさん神社へ行くと無理を言ってしまったし。。。



スーさん 「旅に備え、今の身体の状態で連日行動をするとどのような状態になるのか、自分で確認しなさい」

musica(心の会話) 「あー・・・(やっぱりおっさんか)」



という訳で、山寺へ。

私は仏教に関しては原始仏教は好きですがそれ以降は興味が無いので、お寺に関してはただ古い建築物を見に行くという感覚です。

お寺だから特別なエネルギーがどうのこうのというのは、一切分かりません。

まぁそれは神社でも一緒なのですが。

で、しばらくすると山寺へ到着。

お、なんだこの車の多さは。

観光の方が大勢いらっしゃっていました。

どうもアジア系の方がメインのようです。

こんな田舎の山寺にまで押し寄せるとは。。。



母はどうも人の多さが嫌だったようで、どんどん山の中へ入っていきます。

マジか。。。


f0351853_03044863.jpg
束の間の晴れ間。


歩いているとスーさんの身体の状態を確認せよの言葉通り、太ももやふくらはぎに痛みが出てきます。

あー、この辺りのマッサージを念入りにしなきゃと思ったり、筋トレしなきゃと思ったり(←まだしていなかった)。

それから革靴しか持っていないからスニーカーも買わなきゃ等、旅に向けて用意する物を確認したり。

今回のスーさんは、私に自分で気が付かせて実行させるって感じですね。

それから以前、服装をどうしようかな?ワンピースでも着ていくかな?と考えていた時に、「脚は隠しなさい」と言われていたのですw

うん、実際に森の中を歩いてみると、確かに虫とか何かの植物で脚にダメージを受けそうだな、と思ってみたり。

www

おっさん細かいwいや、細やかなご配慮を尽くしてくださいます。


こんな感じで2日を終えました。



f0351853_00233297.jpg


この2日間の出来事は、神社へ行って何かお仕事をしたとかではなく、実際に体験をさせて何かを得させた、という感じでしょうか。

身体に聞いてみる事、実際に身体を動かして調子を確認する事。

これらの事は身体があるからこそ出来る体験なのでしょうねぇ。

それ故に私達は、大切な人達の助けを借りてこの面倒な物質世界にわざわざ生まれて来る。

なんて物好きなんだ・・・。

ともあれ、またひとつ経験値が上がったような気がする、そんな2日間でした。



またお猫様。
f0351853_03264501.jpg
ちょいブサなところが可愛いw



お猫様のスピードについて行けなかった。
f0351853_03265628.jpg
だがそれがいい。




[PR]
by garoumusica | 2015-04-05 05:00 | つれづれ | Comments(0)
これまでは3月31日に起きた話でしたが、本日から4月1日に起きた出来事へと移ります。

なので、31日分のまとめ。




あと、昨日までのブログの内容の画像を本館にUPしました。

よかったら見てください(´▽`)ノ画廊musica 「日本の春。」



で、翌4月1日の話。

この日はもともと母と外出する予定がありまして。

なので本来ならば前日の31日は家でゆっくりと過ごして翌日に備えたいところだったのです。

疲れも残っているし家で過ごしたかったものの、この日の予定は変えられるものではなかったので、15時過ぎから外出しました。



目的地へはスーさんが主祭神を務められる神社の側を通るので、母は必ず神社へ立ち寄るかどうかの確認をしてくれます。

この神社は4車線の道路のすぐ側ですが、反対車線を越えなければならないので、行きに立ち寄るのはちょっと面倒。

なので帰りに寄る、という事にしました。

前回は帰りの時間が遅くなって結局行けなかったのですがw

でもこの日は前日の夜から降り出した雨の影響がちょっと残っていて雨が降ったりやんだりだったし、17時18時の天気予報が曇り時々晴れになっていたので、夕方に行った方が良いだろう判断したのです。



で、スーさんの神社まであと10秒というところで、いきなり日が射して来まして。

こ・れ・は!

今行った方が良いのか帰りに寄った方が良いのか。

どっちだ!?どっちだ!?

迷っている時間は無い!

私、どうする!?



musica 「あー、お母さん。やっぱり先に神社行ってもいい?」(←焦っていても焦っているように見えないらしい。)



昨日のスーさんの教え、迷ったら身体に聞け。

行かない選択をしたらソワソワする気がする、そんな理由で行くことに決めました。

そして参道前で降ろしてもらうと、とにかくダッシュ!

お日様が出ているうちにスーさんに挨拶をしたい!

そんな感じで。



で、境内に足を踏み入れた瞬間、思いもしなかった風景が目に飛び込んできました。

桜!

何本もの桜の木が見頃を迎えていました。。。



m 「今まで気が付きませんでした・・・」

スーさん 「フフフ、君がこの神社で春を迎えるのは初めてだからね。君に見せたかったのだ」

m 「ありがとうございます」

ス 「振り返って腰をかがめてごらん」

f0351853_17225284.jpg

ここのスーさんは光のマジックがお得意です。


この画像を撮った直後にお日様は姿を隠してしまいました。

それからちょっとだけスーさんとあーちゃん・うんちゃん(狛犬)と桜を楽しんだ後、母を呼んできて写メ大会をしましたwww

そしてスーさん神社を後にしたのでした。



その後の車の中でなんとなく聴きたくなった曲は『ラブストーリーは突然に』。

ぼんやりと聴いていると、この曲の『君の為に翼になる 君を護り続ける』のところでなぜか突然涙ぐんでしまいました。

きっと桜のせいw



そしてこの後、母のひと言で予定が一部変更になりました。



母 「山寺に行ってみる?」

m 「ハイ?」



という訳で明日でラストです。


f0351853_22144732.jpg

スーさん神社の駐車場には椿が沢山落ちてました。





[PR]
by garoumusica | 2015-04-04 05:00 | つれづれ | Comments(0)
プチ旅も無事に終わりかと思いきや、このバス待ちの時間に最大のお勉強が待っていました。。。



バス停に3分前に到着し、歩行者の邪魔にならない様に少し後ろに下がってバスを待っていたのです。

・・・。

時間になってもバスが来ない。

まぁバスが遅れる事なんてよくある事ですし、そのまま本日撮った写真を見ながらバスを待ちました。

・・・。


バスが来たと思って道路側に立つとそれはトラック。

・・・。

10分経過。

駅発のバスで4分で到着するはずのバスがこんなにも遅れるだろうか?

13分経過。

もしかしてバスもう行っちゃってるとか?

その時脳裏に浮かんだのは、


「行った」


の一言。

えー、マジか。

神社のタクシー乗り場まで戻ってタクシーで帰る?

それとも駅まで歩く?

などと次の手を考えるものの、なんとなくそのバス停から動く気にならず。

いつまでもボンヤリしていても仕方ないしとは思うものの、やっぱり身体がそのバス停から動かず。

そのままそのバス停でぼんやり。

20分近く待ったところでふとバスが来る方向を見ると、



musica 「あ、来た」



バス到着。

・・・。

これは一体どういう事だ?とその出来事を反芻。

バスはもう「行った」という上?からのメッセージらしきもの。

そして動かなかった身体。



スーさん 「あの『行った』という言葉は君自身の自我による言葉。その場に留まったのは我々の意思を正確に受信していた君の無意識による行動」

m 「自我と無意識」

ス 「そうだ。君は我々が君の質問に対して受け答えをしてくれるかどうか、いまだ不安に思っている。だから君は我々の言葉を遮断して自分で答えてしまった。だが君の無意識は違う。正確に我々の思考を受信し、行動に移している」

m 「『なんとなく』という感情ですか」

ス 「そうだ。そして先程のバス停から身体が動かないという行動。全てがとは言わないが君はなんとなくとった行動が正しい事が多い」

m 「うーん、微妙」

ス 「君は我々との交信に自信が持てないのだ。しかしこれは経験を積めば良いだけだ。そして迷った時には自分の身体に聞けば良い。君が石を購入する際と変わらぬ」

m 「あー、どんなに素敵な石でも手にすると吐き気がする物とかありますもんね」

ス 「そうだ。何かを判断する時は自分の身体に聞けば良い。先程の様に何となく身体が動かない、なんとなく倦怠感を覚える、逆にワクワクする、身体が楽になるなど、『なんとなく』答えが分かるであろう」

m 「『なんとなく』ね」



バスを待つ時間も勉強。

機を逃さないとはこういう事なのでしょうか?

そして復習の機会が翌日に与えられます。

という事で明日も続きます。



そうそう、この日行っていた行事は菅原道真公の命日に関するものだったようです。

夕方のローカルニュースでやってましたw



スーさんちの近くで見かけたお猫様。
f0351853_15460734.jpg
岩合さんばりの姿勢で撮りましたw

お手手がかわいいwww




[PR]
by garoumusica | 2015-04-03 05:00 | つれづれ | Comments(0)
カテゴリ設定を「つれづれ」にしたはずが、「南方先生」になってました。

南方先生、御無沙汰しております。お元気ですか?



本日も昨日の続きです。

さて、気が付くと1時間45分ほど経過していて(バスの時間があるので細かくチェックしていた)、スーさんとこに来る観光客が増え始め度々席?を外すのが大変になってきたので退散する事に。

また来ますねーと挨拶をし、その場から離れました。

鳩の大群に餌をあげて突然走り出す子供にぶつかられ、なんとなく「ごめんね~」と謝ったりしながらのんびりと歩いていると、後ろから一斉に歓声が。

何事かと振り向くと、鳩の大群が一斉にこちらに向かって飛んで来ます。

うわ!ぶつかる!と思った瞬間、鳩の大群が私の頭上を飛んで行き一度旋回してまた元の場所へ降りて来ました。

・・・。

なんでしょう?このからかわれた感。。。

まぁ面白かったからいいか。。。



それから参道の階段を降りているとふと気になる門が。

・・・。

気になる、気になるけど入って良いものか。

でも気になるものをそのままにする事は気持ち悪いし・・・。

まぁ注意されたら出れば良いだけという事で、ちょっと門の中へ入ってみる事にしました。

どうやら日本庭園のようです。

道端にはこの様な美しいものが。
f0351853_23252572.jpg

おしゃれな溝?

それから進行方向に進もうとしましたが、ふと気になる横道が。。。

気になる。

まぁ注意されたら出ればいいし!と思って、思い切ってそちらに進みました。

門をふたつくぐった後辿り着いた先には・・・、
f0351853_18380249.jpg

ご神木!

なぜこんな離れた所にご神木が・・・。

普通ご神木と言えば神社のすぐ裏手とか、横とかもっと近くなイメージなのに、何故こんな所にあるのか。

て言うかよく辿り着いたものだね、私!

「なんとなく」っていう感情はすごいですね。

早速ご挨拶をし写真を撮らせてもらいました。

樹齢800年のくすのきだそうです。

お参りをする場所がまたひとつ増えました。



それからのんびりと庭園を探索し、気が付けばバスの時間の8分前に。

なので庭園を後にし、ちょっとお土産に売店で梅干しを購入、そして最後の鳥居でもう一度天神様にご挨拶をした後バス停へと向かいました。

プチ旅も無事に終わりかと思いきや、このバス待ちの時間に最大のお勉強が待っていました。。。



それにしても、なんでこういつもイベントを1日に詰めるのか。

おっさんに聞いてみたいですね。






[PR]
by garoumusica | 2015-04-02 05:00 | つれづれ | Comments(0)
昨日の話。

一昨日から昨日にかけて、先日スーさんに言われた『伊勢の真珠を身に着ける』という事を実行する為に、以前購入していたハネ玉と呼ばれる品質の劣る安売りの真珠でブレスレットを作っていました。

ブレスレットが一番手軽に身に着けられる気がするので。

で、品質がバラバラなので真珠の品質分けから始まり、形分けをし、ブレスレットを作る時には並びを延々と考え、石の組み合わせを何度もやり直したりで、気が付けば夜明け前になっていました。

で、さぁ寝よう!と張り切って寝て、3時間後にスーさんに叩き起こされるハメに・・・。

本日の起こし方はタイムリーですね、篳篥の音色でした。



スーさん 「神社行くぞ」

musica 「えー、私、スーさんの用事をして寝るのが遅くなったんですけど・・・」



桜の季節なのでそろそろ会いに行くかとは思っていましたが、まさか叩き起こされるとは・・・。

仕方なくネットでバスの時刻表を調べると、45分後に末社にスーさんがいる神社の前に停車するバスがありました。

これに乗れって事ですね、分かります。

田舎なのでそれを逃したら1時間以上後のバスになってしまいます。

なので急いで準備をし、歩いて10分位掛かるバス停へ7分前に向かい、スーさんにバスを止めて~とお願いをしながらダッシュ。

何とか乗れました・・・。

で、5分後には神社へ到着。



境内に着くと、あれ?何か行事してる。

おぉ!生雅楽!

生篳篥の音!

あー、なるほど、篳篥初心者の私に勉強させたかった訳ですか。


で、ここは天神系なので菅原さんにご挨拶をして、いつものスーさんの所へ。

ここはちょうど拝殿の裏手なので、スーさんとこの石階段に座って音楽を聴く事にしました。

ですが位置的に聴こえる音が太鼓の音メインでイマイチ篳篥の音が聴こえず。

しばらくここで桜を見たりスーさん末社の階段に座ってぼんやりしていましたが、『表に行って聴いてきなさい』との事なので、仕方ない、スーさんから離れてもう一度拝殿へ。

祭事が終わるまで少し離れた場所で音楽を聴いていました。



で、祭事が終わり何となくおみくじを引くと、大吉。

今年に入って4回目の大吉・・・。

これは接待か何かなのだろうか、などと思いつつスーさんとこに向かうと、

f0351853_18382612.jpg

神主さん御一行が末社ひとつひとつに挨拶?をして回っています。

なんだか格好いいですね。。。

そして最後にスーさん所に行ってご挨拶をされている様子を見ていると、なんて言うか、仕事のパパを見ている気分になりました。

いつもとは違うオフィシャル?なパパの姿。。。

今日はパパはお仕事、君は雅楽の勉強、て感じでしょうか?

彼らが立ち去るのを待ってまたスーさんの所へ行き、しばらく時を過ごします。



ところでこういう時は一体何をしているのだろう?と思われるかもしれませんが、何もしていませんw

今までも散々呼び出されたり連れ出されている訳ですが、具体的な指示があった事はありません。

ただただぼんやりとその場と一体化しているだけです。

自分と場の境を無くすと言うか、空気になると言うか。

よくスピ系のテクニックに自分と地球と宇宙を繋ぐというものがありますが、あんな感じでもないのです。

全身にそこの気を充満させる、でもないし何でしょう?

そこの気そのものになる、その場と一体化する、という感じの事をしている気がします。

これはスーさんに指示をされて始めたとかではなく、幼い頃から何となくしていたように思います。

何なんでしょうね?



明日も続きます。





[PR]
by garoumusica | 2015-04-01 05:00 | つれづれ | Comments(4)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica