<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

でも君が笑うと・・・。

やっと出来上がりました稲ちゃんの絵。

デジ画だからすぐ出来ると思っていたら、随分と時間が掛かってしまいました。。。

本当はもう一週間は描きたかったのですが、アマテルにぃちゃんから催促があり、この絵を仕上げてにぃちゃんの絵に取り掛かる事になりました。

f0351853_02390068.jpg


この絵が脳裏に浮かんだのは、平○堅さんの『LIFE is...』を聴いていた時でした。

女性が夕日を背に浴びながらにっこりと微笑んでいる絵。

4年近く前の事です。

その頃はおっさんsとは全く交流が無かったので、ただ脳裏に浮かんだ絵という事でメモだけ残していたのです。

そして時が流れて稲ちゃんの絵が描きたいな~、と思った瞬間に思い出したのがこの絵だったのです。

しかも以前見た画像は進化し、なんと、スーさんとの手つなぎ画像へと変化していましたw

f0351853_02384978.jpg

巨大な手wまぁ、スーさんらしいって事で。




で、スーさんの手の位置から考えると、この絵はスーさんの目に映った稲ちゃんという事に。。。

・・・。

ラブラブじゃねーかwww



で、歌詞を見てみたのですが、一ヵ所、私は歌詞を思い違いしていた場所がありました。

歌詞リンク→『LIFE is...』

この歌詞のラストあたり、『でも君が笑うとその先を信じてみたくなる手を伸ばしたくなる』の『その先を信じてみたくなる』を、『この旅を続けてみたくなる』と思い違いをしていたのです。

こんな感じです↓。



『永遠は何処にもない 誰も触れることはない

 でも君が笑うと この旅を続けてみたくなる

 手を伸ばしたくなる』



これは、稲ちゃんの笑顔を見るスーさんの気持ちなのでしょうか?



musica 「フフフw」

スーさん 「何だね?その笑いは・・・」

m 「ラブラブゥ~*(●´ε`人)と思いましてw」

ス 「それは当たり前だろう?」

m 「ウフフwそうですね(´▽`)

ス 「この曲のタイトルは何かね?」

m 「『LIFE is...』です」

ス 「ではこの流れを踏まえた上で『is』の後に続くと思われる言葉は何だ?」

m 「『 a journey』?」

ス 「それが人生だ」

m 「『人生は旅路である』か。ちょっと前に『Life is an adventure.』って言われてましたね・・・。ハッ∑(゚Д゚) 旅路と言えば!何ですか!?あの季節外れの台風!」

ス 「風と水のエネルギーで火のエネルギーが薄まって丁度良いではないか」

m 「何言ってるんですか!!!(◎◻︎◎;)。journey=adventureなんて言わないでくださいよ!?

ス 「ハハハ」

m 「ハハハじゃないでしょ!冒険が過ぎるんですよ!も~・・・(−_−;)」

ス 「君の負担が軽くなるはずだよ( ̄ー ̄)」

m 「オーシャンビュー・・・(´・_・`)」

ス 「またそこかね・・・ヽ(´o`;」





[PR]
by garoumusica | 2015-05-11 05:00 | スーさん | Comments(0)
御朱印帳。

Wikiによりますと、

「朱印は神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として御朱印とも呼ばれる。
複数の朱印の印影を集めることを集印といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳、御朱印帳、納経帳、集印帳と呼ぶ」

だそうで。

私は今まで集印をしていなかったのですが、スーさんによく連れ出されるようになったので、ちょっと手を出してみようかなと思っていたのです。

なので、気が向く度にネットで色々御朱印帳を調べていたのですが、いまいちピンと来るものが無く。

よし!これでいいや、買うぞ!と思ったら、スーさんに邪魔されたり。。。

つまり、縁が無くここまで来てしまったのです。



で、そろそろ旅が始まりますのでゴールデンウィーク前に今度こそ買うぞ!と意気込んでいざ注文しようとしたら、その商品が品切れ・・・。

じゃあ、去年見かけて買おうか迷って結局やめたハイカラな御朱印帳でいいかな。

・・・今見たらイマイチ。

え~、じゃあ製造元が運営してるネットショップでも探してみるか。

あ、これ気になる、え?6千円!?あ、結構です。。。

もう自分で作っちゃおう!

西陣織の生地のお店を発見し、お!これいいじゃん!やっぱり自分で作ろう!

・・・なになに?只今配送に時間が掛かっており、商品が届くのはゴールデンウィーク明け・・・?

こんな感じの繰り返しだったのです。



で、ふと思いました。

神社が作ってる御朱印帳ってあったな、出雲大社のがあるかな?と思って検索。

あるある、通販も出来るみたい。



で、なんとなく他の画像も見ていたところ、藍染の御朱印帳が出てきまして。

あれ?なにこの御朱印帳、すっごいカッコいい・・・。




これがイイ!これにしよう!

スーさんと稲ちゃんに因んで八雲がイイ!

八雲!(゚∀゚o彡° 八雲!(゚∀゚o彡°



それからこの御朱印帳に関して画像検索を掛けて色々見ていると、ん?剣を持ったおっさんと龍?の御朱印帳の画像が・・・。

え!?もしかして、これスーさん!?

ヤダ!これいい!



この様な経緯でスーさんデザインの御朱印帳を見つけてしまいまして・・・。

私のファースト御朱印帳がこれでなくてどうするの!?という意気込みでこの御朱印帳に関して調べてみましたら、500冊限定のお品だったようで、あっという間に完売したのだそうで・・・。

・・・(っω`-。)

いや!(・`ω・´) 諦めるのはまだ早い!

販売元に電話して聞いてみるまで諦めない!という事で翌日電話をしてみる事に。

心の中で、スーさんにあったらいいねぇと話し掛けながら、ドキドキな一夜を過ごしたのです。



翌日。

販売元に電話をかけお話を伺ってみると、なんと!最後のお品が残っているとの事!

やった!それ買います!(*>v<)ゞ



と、長々と御朱印帳を巡るひと騒動を書き連ねてきましたが、それはこの画像を載せる為でしたw


これ↓

f0351853_18400246.jpg

スーさん!


裏面↓おろちさん。

f0351853_18401760.jpg


musica 「ねぇねぇ、スーさん?今まで御朱印帳を買おうとするのを散々邪魔してくれたのは、これを手に入れさせる為ですか?www」

スーさん 「さぁ、どうだろうね( ´_ゝ`)」

m 「ふぅ~ん( ̄∀ ̄)」

ス 「同じ手に入れるならベストの物だろう?」

m 「あ、自分でベストとか言ったwでもまさか最後のお品が手に入るとはビックリです。裏で手を回してくれたのですか?」

ス 「人聞きの悪い・・・。色々と調べ、諦めずに電話をし、手を尽くしたのは君の方ではないか?私はほんのちょっと手を貸しただけだ」

m 「ありがとうございますwあー、いつか再販されたら3冊くらいまとめ買いしちゃいそうです」

ス 「本当に君は私の事が好きだなぁ・・・(´<_`  )」

m 「何言ってるんですか(ヾノ・∀・`)、この御朱印帳のデザインが好きなんですよ」

ス 「そういう事にしておいてあげよう( ̄ー ̄)」







[PR]
by garoumusica | 2015-05-10 05:00 | スーさん | Comments(0)

おっさんの演出力。

先日の話。

ちょっと用事があって母と出掛けまして。

この日は神社関係は一切なく、スーさんに呼び出される神社の側を通っても通り過ぎる時に挨拶するだけで。

で、その帰りの事。



車を運転する母への接待で、母のリクエストする曲をYOUTUBEで探し流していたのです。

母からのリクエストも途絶え、なんとなく聴きたくなった曲『ラ〇ストーリーは突然に』を検索して流そうとしたものの、何故か他の曲が流れてしまいまして。

何度かやり直したのですが、それでも他の曲が流れてしまう。

なので、別の曲を一曲流しまして。

で、その曲が終わってもう一度試すと、今度は問題なく流れました。

一体何だったのか・・・。

まぁいいやって事でぼんやりその曲を聴いていると、以前スーさんがこの曲を使ってレッスンしてきた時の事を思い出して、フフってなったり。

で、ふと気が付いたのです。

もうすぐスーさんの神社・・・。

スーさんがレッスンに使った曲が流れる時に、スーさんの神社の前を通る。

さっきのトラブルが無かったら、スーさんの神社に着く前に曲が終わってた。

!!!

さっきのトラブルはスーさんの仕業かー!(´Д`υ)

で、スーさんの神社の前を通った時の詩は、



『君のためにつばさになる 君を守りつづける

やわらかく 君をつつむ あの風になる』



・・・(*ノェノ)

なんでしょう?このおっさんのバブル臭のするキザな演出は・・・。

私の絵の資料のちょいワル親父向け雑誌・レ○ン、こっそり読んでるでしょう?

などと照れ隠しで憎まれ口をきいてみたり。



スーさん 「後でこの曲が出てくるブログの記事を読み直してごらん」

musica 「はい」



という事で、自分のブログを検索してこの曲が出て来た記事を見てみました。(恥ずかしいのでリンクは貼らないですw)



m 「なになに?あ!あの歌詞の所の文字がスーさんのイタズラで大きくしてあるw」

ス 「フフフw」

m 「しょうもない記事だな~www」

ス 「でも大切な事が記されておる。ここだ」

m 「『私が君を想い、君が私を想う。私が君を護り、君が私を護る。その君の心に応えようと私は努力し、また君も私の心に応えようと努力する。素敵な循環だ』・・・」

ス 「先日君は私がスサノオでなかったとしても、『スーさんは私にとって最高の守護』だと言い切ってくれた。この言葉が私にとってどれだけ嬉しい言葉だったか分かるかい?」

m  「・・・」

ス 「それ故に、その君の心に応えようと私は努力を続ける。先日君が旅行に関する心配を口にしていた。その心配を取り除くために私はこのような演出をする。私がいつも君の事を想い、そしていつも君の側にいて護っているという事を、心の底から実感してもらう為にね」

m 「・・・(*ノェノ)





[PR]
by garoumusica | 2015-05-09 05:00 | スーさん | Comments(0)

節約大王。

昨日の話。

3泊旅行という事で、新しいスーツケースが欲しいなぁと思いまして。

今までのはお古で貰った上に更に10年以上使ってるし、ちょっと大きめのが欲しい。

良いタイミングで楽○のお買いものマラソンが始まったし、色々検索をして見ていたのです。



musica 「あっ、これカワイイ。えっ!?4万円?ムリムリムリ。1万円以下ので充分です」

スーさん 「スーツケースは必要あるまい」

m 「えー、3泊だから必要ですよ~」

ス 「考えてみたまえ、君は自家用車で行くのだろう?宿に行く度にすべての荷物を持って出る必要があるだろうか?」

m 「無いですけど・・・」

ス 「1日分の着替えをスーパーのレジ袋に詰め、車の後部座席に段ボール箱でも置いてその中に入れておけばよい。着替えた物もどんどんその中へ入れればよいではないか」

m 「段ボール・・・」

ス 「必要のない荷物を毎回持ち出す様な愚かな真似はやめなさい。故に新しいスーツケースを購入する必要は無い。以上」

m 「・・・はい・・・」



・・・スーさんって、使う時にはお金を使わせるのですよ。

今回宿泊するホテルや宿も、疲れが残らない様にと良い部屋を取らされましたし(クーポンで半額位になったおかげで)。

でも必要のない時は一切使わせないって感じです・・・。

段ボール・・・、レジ袋・・・。

いや、確かにその通りだと思うのですが。



ス 「不満かね?」

m 「・・・」

ス 「そうかそうか、君は大きなスーツケースを新調しなければならないほど、私と一緒に旅へ出たいと言っているのだね?」

m 「はい?」

ス 「君の体調や懐具合を考え大きな旅は年に一度と考えておったが、そうか、君は新しいスーツケースが必要なほど旅に出掛けたかったのだな。すまなかった、私の誤りであった。では早速来月にも出掛けよう。次は奈良か?岐阜か?君は新しいスーツケースを持って年に何回出掛けるつもりだ?」

m 「・・・すみません、私が誤っていました・・・」

ス 「では段ボール箱とレジ袋だな( ̄ー ̄)」

m 「はい・・・(´・_・`)」





[PR]
by garoumusica | 2015-05-08 05:00 | スーさん | Comments(4)

霧島神宮・鎮守神社。

昨日の話。

そろそろ旅準備と思いまして、霧島神宮についてネットで調べていたところ・・・。



musica 「わっ!ビックリした~(゚o゚;)。いきなり気が飛んできました。鳥肌が・・・」

スーさん 「ハハハ!」

m 「霧島神宮から気を飛ばされて来るのって2度目ですね。霧島神宮って飛び道具を使うのがお好き・・・」

ス 「飛び道具!ワハハ!フフフ、どこから飛んできたのか調べてみなさい」

m 「えっと、ここですね、鎮守神社。・・・鎮守神社って何を鎮守しているんですか?」

ス 「土地だよ。ここは霧島山の力を抑え込む為の物と思っていい」

m 「抑え込む」

ス 「その昔、この地に住んでいた者たちはこの山の火の力を恐れ、またこの山の力に魅入り、そして神を見いだしたのだ。つまりこの神社のご神体は霧島山そのものだ」

m 「へぇ・・・。ねぇスーさん、火の力と言えば最近阿蘇山とか桜島とか活動が活発じゃないですか。ここは大丈夫ですかね・・・?」

ス 「君の現実はすべて君次第だろう?君が日本は大丈夫だと心から思えれば、君の現実ではそうなろう」

m 「うーん・・・、ちょっと心配している自分もいます」

ス 「君自身を信用できないのであればこの私を信用しろといつも言っておるだろう?この私が君のその髪の一筋でも損なわせるような真似をすると思うか?」

m 「!!!Σ(゚Д゚)・・・(*ノェノ)///」

ス 「ほんとに君はこういう言い回しに弱いなぁ・・・( ´_ゝ`)



昨日の筋トレタイム。

その30分くらい前に急に眠たくなりまして。

目覚ましをセットして寝ようと思ったにもかかわらず、それすら叶わないほどの眠気で・・・。

気が付いたら眠っていました。



ス 「起きよ」

m 「あ、寝ちゃってました・・・。今何時ですか?うわー・・・、筋トレ開始時間ジャスト・・・」

ス 「頑張りたまえ」

m 「・・・(;´∀`)。oO(キッチリし過ぎでちょっと引くわ~)」

ス 「丸聞こえだよ(¬ω¬)




[PR]
by garoumusica | 2015-05-07 05:00 | スーさん | Comments(2)

最高の守護。

昨日の会話。



musica 「九州にはスーさんが主祭神の神社ってどこにあるのかな。後で調べてみよう。神社によってスーさんが全然違うから面白いです」

スーさん 「何故違うと思う?」

m 「土地のエネルギーがスーさんの形を借りているから?アーキタイプみたいな?」

ス 「その土地のエネルギーが神話のスサノオの形を借りて人格化したもの、と言いたい訳だね?」

m 「うーん、多分そんな感じです。神様レベルの身体の無い人ってあんまり形にはこだわっていない感じがするので。あくまで私が接する事の出来る範囲の人ですけど」

ス 「では今君に接する私に関してはどう思う?スサノオか?スサノオの形を借りた者か?はたまたスサノオの振りをしている者か?」

m 「スーさん・・・、そうですね・・・。もともとスーさんがスーさんだと知ったきっかけは、じぇいど姐さんの言葉です。じぇいど姐さんが私の脳裏に浮かんだ人物を描いた私の絵に、スーさんのエネルギーを感じられたそうで。で、じぇいど姐さんの所のスーさんがその事を伝えて良いよって言われ、姐さんが教えてくれたという事がきっかけです」

ス 「うむ」

m 「だからスーさんがスーさんと自分で名乗られなければ、私は自分が誰を描いているのか分からなかったのです」

ス 「君は日本神界には全く興味が無かったからね。絵の人物が誰なのか知ろうともしなかった」

m 「ふふふw今私が接しているスーさんは全然違う人が作られたスーさんを演じられているだけかもしれないし、実は私の守護さんがスーさんのエネルギ-を借りてスーさんとして接しているだけかもしれない。・・・なんか聞いた話によりますと、天使と接していると思っている方がいて、別の方がその人の守護天使を霊視してみたら、普通?の守護の人が張りぼての天使の羽をつけて天使の振りをしていた、という事があったらしく」

ス 「フフフ」

m 「で、さっきの問いの答えですが、私が接しているスーさんが本物かという事は今の私には分かりません。スーさんの姿を借りた別の誰かかもしれない」

ス 「うむ」

m 「それでも、今までスーさんが私にしてくれた事、私に注いでくれている愛情は何も変わりません。スーさんが誰であろうと、スーさんは私にとって最高の守護の方です」

ス 「そうか( ̄ー ̄)」

m 「はい(`・ω・´)

ス 「では風呂まで時間があるからスロースクワット20回( ´_ゝ`)

m 「何でそうなるんですか!?∑(゚□゚;)既に朝夕計1時間筋トレしましたけど!」

ス 「ハハハ!(´∀`)」



一応20回しましたけど・・・、しましたけど・・・(´・ω・`)。





[PR]
by garoumusica | 2015-05-06 05:00 | スーさん | Comments(2)

波動の管理。

霧島旅行の為でしょうか?

先月から食事制限が始まりまして。。。

と言っても、普段から体質的に牛豚がダメなので普段とあまり変わらないですが、パストラミや生ハムはチョビチョビ食べる位だと問題が起きないのでそれだけは時々食べていたのです。

が、今はそれすらも断っている状態で。

で、昨日の話。

お昼に何となく食べたくなった焼きそばU○O。

手にした瞬間にやめた方が良いという情報が流れたものの、食べたいものは食べたいという事で、食べたのです。



musica 「お腹が壊れました・・・」

スーさん 「だからやめておけと・・・」

m 「厳しくないですか?」

ス 「そんな事は無い。火のエネルギーが非常に活発な場所へ行くのだ、気と身体を共に清らかにさせておかねばならぬ」

m 「ジャンクフードを食べたら身が穢れるとでも?」

ス 「そういう訳ではない。そんなものは本人の意思次第だ」

m 「じゃあなんで私はお腹を壊すのですか?」

ス 「今は旅に向けて身体と波動の調子を上げているところだ。だからちょっとした物でも反応が出やすい。我々もいつに増して手助けをしている。最近は一度に我ら三人の相手をしたりしているではないか。加えて神棚の御三方と地球にも毎日接している。今までこの様に一度に会する事があったかね?」

m 「無いですけど・・・」

ス 「それだけ旅に向けての心身の準備をしているという事だ。我らの影響を受け君の波動も上がっておるのだ」

m 「なんで私が・・・」

ス 「なにはともあれ、君にとってはただの観光だ。パパはお仕事だがね」

m 「その言い方お気に入りですね~w」

ス 「フフフ。君はこの物質世界で経験をする為に生れて来たのだ。だからあまり非物質の世界の事で君を煩わせたくはない。だが私があんまり君を連れ出すものだから意識せずにはいられまい?」

m 「うーん・・・」

ス 「君にこの日の本と言う国をその目で実際に見て、そして触れて欲しいのだ。その髪を風になびかせ、その頬で感じ、その足で実際に大地に立って欲しいのだ。人としてこの世に生まれ、そして生きるという事はそういう事なのだ。だから君の目的はあくまで観光、パパは守護兼お仕事だ」

m 「はい。あ~、それにしても晴れたらいいな~。宮崎のホテルはオーシャンビューですし~」

ス 「・・・君はまだそのような事を言う。昨年の出雲大社へ行った時のブログを読み返すがよい」

m 「あー、去年も雨の心配をしてたですねー」

ス 「本当に君は学ばぬなぁ・・・。それに雨を心配するならば、普通はホテルからの眺めが心配でするのではなく、観光が心配でするものであろう?まったく!君はいつもどこかずれておるのだ。君は何故私がこんなにも心配性なのか考えたことがあるかね?君の性格故だろう?」

m 「・・・(´・ω・`)」



この後一旦お腹が持ち直したもののすっかり忘れてチーズを食べてしまい、またお腹を壊しました・・・。



ス 「君は本当に学ばぬな・・・」

m 「・・・(´・ω・`)」




[PR]
by garoumusica | 2015-05-05 05:00 | スーさん | Comments(0)

ふるさと割。

霧島へ行く行くと言いながら、実は昨日まで旅立つ日以外何も決まっていませんでした。。。

とりあえず高千穂峡は人気のエリアらしく、予定日あたりのホテルの予約がほぼ埋まっていたので、こちらだけ先に確保しようとしたのです。

で、多分行くなら2日目だろうという事でネットで予約しお金を払うというところで・・・、



スーさん 「クーポンを確認しなさい」

musica 「クーポン?」



この時は楽○トラベルで予約をしようとしていたので、そのトップページを開いてみると、ありました!


これは何かと言うと、日本政府から支援を受けて実施される地方創生交付金事業だそうで、宮崎県の場合は1万円以上の宿泊で5千円引き!

2万円以上だと1万円引き!


えっ!?こんなにも引いてもらえるんですか!?∑(゚Д゚)

マジで!?∑(゚Д゚)

半額みたいなものでは!?∑(゚Д゚)

ビックリなんですけど!∑(゚Д゚)



m 「スーさんすごいですね・・・。クーポンまでチェック済みとは・・・(゚o゚;;」

ス 「抜かりあるまい?( ̄ー ̄)これで浮いたお金でもう1泊しよう」

m 「ハイ?( ゚д゚)」



と言う訳で、霧島→高千穂峡の予定が、霧島→宮崎→高千穂峡となりました。。。

しかも、ふるさと割の無かった鹿児島県を避けて霧島寄りの宮崎県の高千穂峰のホテルに決定。

割引も使える上に、スーさんが言っていた高千穂峰に泊まる事になりまして。



m 「何もかも計画的?」

ス 「いや、君が行きにフェリーを使う事を嫌がった為、急遽海岸沿いの宮崎に泊まる事にしたのだ。先日君に旅程はどうするのか聞かれた時に『考えておる』と言っただろう?」

m 「あー・・・。ありがとうございます。でもそんなに海が必要ですか?」

ス 「私が司る海のエネルギーが君には必要なのだよ」

m 「なんですか?その『お前には俺が必要なんだよ』みたいなセリフはヽ(´o`;」

ス 「ワハハ!それに鵜戸神宮と青島神社に行きたかったのだろう?」

m 「ハイ!(*゚▽゚*)」

ス 「サービスだよw( ̄ー ̄)」

m 「やった~www( ´ ▽ ` )ノ。帰りに大分にも寄れるといいな〜」



ふるさと割、宮崎県の場合は7月21日までの予約で使えるそうです。

宿泊対象期間は9月1日までなので、夏休みの旅行を計画中の方は、是非宮崎へ!

もっと身近に☆宮崎キャンペーンでしたw





[PR]
by garoumusica | 2015-05-04 05:00 | スーさん | Comments(0)
昨日の大河ドラマの再放送、吉田松陰の最期の姿を見て。



musica 「やっぱり松陰先生にはもっと生きて欲しかったなぁ・・・。もっと人を育てて欲しかった。でもこれって、生まれる前に決めて来た彼の人生のシナリオ通りなんですよね?」

スーさん 「そうだ。彼は彼の人生を見事に生きたのだ」

m 「もっと生きて欲しかったと思う私は、守護さんにはなれそうにない」

ス 「その様に割り切れぬのも人というものだ。今の君は人なのだから人らしく生きればよいと思うがね」

m 「そうですけど・・・」

ス 「人を守護する役目の者は、その者が生まれる前に決めたシナリオを全うする事が出来るようサポートをするのが務めだ。なにも長生きする事だけが善ではあるまい?」

m 「人の一生に寿命の長短は関係ない、ですね」

ス 「そうだ。その寿命が長かろうが短かろうが、その者の生まれた目的を達成出来ればそれで良いのだ。特に彼はその死によって啓発を促す役目があった。その死に様が多くの者に感銘を与えたのだ」

m 「より良い死に様へのサポートか・・・」

ス 「フフフ。君の人生は前半に多くのイベントを詰め込んだ。辛い事もあっただろうが、それは今と言う時、そしてこれからに向けての準備であったのだ。我々はそれが分かっているから君に辛い試練も与えられ、見守る事が出来る。頑張れ、これを乗り越えられれば君は強くなれる、とね」

m 「甲子園球児の練習みたい・・・」

ス 「つらい練習を乗り越えた者だけが甲子園のマウンドに立てるのだぞ?素振り千回だ!」

m 「何の話でしたっけ?」

ス 「ハハハ!なに、君が少々悲しそうに見えたものだからね、ジョークを言ったまでの事。君は人らしく生きなさい。それで私は満足だよ」


f0351853_03443763.jpg

松蔭神社です。





[PR]
by garoumusica | 2015-05-03 05:00 | スーさん | Comments(0)

呼吸法を変えてみる。

昨日の話。

トランクカールという筋トレをしていた時の事。



南方先生 「ほら、使う筋肉を間違えているよ。トランクカールは頚部の筋肉ではなく腹部と腰部の筋肉を意識して」

musica 「あー、はい・・・_(:3」∠)_」←10回目でダウン。

み 「こら、あと10回」

m 「ちょっと休憩・・・」

み 「まだ20分しかしていないぞ?」

m 「・・・_(¦3」∠)_」

スーさん 「コラ、そのままの姿勢で寝るな」

m 「・・・寝てませんよ_(:3」∠)_・・・ねぇスーさん、イヤミったらしくM○JIの人をダメにするソファーに座っているスーさんの画像を送って来るのやめてくれません?」

ス 「さっさと済ませばこのようにのんびり出来るぞ」

m 「ちょっとだけ・・・_(¦3」∠)_」

み 「・・・仕方ない、呼吸の練習でもするかい?」

m 「呼吸ですか?_(:3」∠)_」

み 「君は今までほとんどの時間が胸式呼吸だった。歌を唄ったりする時以外はね」

m 「はい」

み 「君の様に気に敏感な者は、腹式呼吸をすると気が頭に上り過ぎて危険な状態になるからだ。実際腹式呼吸をすると、頭がくらくらする上に目の前が光で一杯になるだろう?」

m 「はい」

み 「君は上の世界に繋がりやすいからね。でもこれからは腹式呼吸も身につけよう」

m 「大丈夫なんですか?」

み 「君は地球とエネルギーの交換をするようになり、足を地に着けていられる様になってきたからね」

m 「へぇ・・・」

み 「今までセーブしてきた体内に取り入れる気の量を腹式呼吸で増やしてみよう。やり方は分かるね?歌を唄う時の呼吸法だ。トランクカールの続きをしながらやってみよう」

m 「・・・_(¦3」∠)_」←拒否。

ス 「あと10分残っているのだぞ、きちんとせよ。大国主殿も何か言ってくれぬか」

おーくにさん 「今日は1日だからベッドのシーツ換えるようにね」

m 「・・・出雲のおっさんsが揃いも揃ってスパルタ・・・(/ω\)」

ス 「なんだね?君のその脇の肉は」

m 「(`・ω・´)+フンッ!フンッ!」←トランクカール中。


ス 「君が体力作りをしてくれるなら、君の目的はなんでも良い(溜息)」






[PR]
by garoumusica | 2015-05-02 05:00 | 南方先生 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica