<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

トラウマの乗り越え方。

昨日の話。

一度は熱帯低気圧になった台風12号・ハロワちゃんが、再び台風へと昇格したせいでしょうか?

また風の強い日となりまして。。。

そうするとまた風の唸りを聴いて地震の時の地鳴りを思い出し、なんとなく不安を覚えてしまうのです。



スーさん 「ただの風の音だ、安心しなさい」

musica 「はい、すみません」

ス 「何故謝る必要がある?君だって好きで鳥肌を立てている訳ではなかろう?」

m 「そうですけど。ずっと良くしてくださっているのに、いまだに不安を覚えてしまうから・・・」

ス 「一度魂に刻まれた恐怖というものは、そう簡単に消え去るものではない。少しずつ少しずつ、不安を覚える度に大丈夫だという事を魂に理解させる必要がある」

m 「はい」

ス 「だから時間が少々かかろうとも気にしない事だ。実際、君はそのトラウマに気が付くまで3年以上かかった」

m 「そうですね。。。風の唸りを聴く度に何故自分がこんなにも不安を覚えるのか、まったく理解出来ませんでした」

ス 「しかし君は自分でその不安の原因を突き止め、理解し、今では不安を覚える度に自分に大丈夫だと言い聞かせる事が出来るようにまでなった。大した進歩ではないか」

m 「スーさんが『ただの風の音だ』って言ってくれるのもあるのですが・・・」

ス 「君の為ならば何度でも言おう」

m 「ふふふ。・・・それになんて言うか、震源から距離のある場所にいた自分がトラウマを抱えている事に対して、申し訳ないと思うのです」

ス 「確かに君よりももっと強い恐怖体験をした者もいる。だがね、魂に刻まれた恐怖というものは人と比べられるものではない。君の魂にとってどうだったのか、という事なのだ」

m 「・・・」

ス 「魂の免疫など人それぞれだ。これも誰かと比べられるものではない。君が恐怖を覚えた経験は、まさしく君にとっての恐怖だったのだ。他人と比べ、これ位でトラウマになるようでは申し訳が立たない等と考える必要は無い」

m 「はい」

ス 「・・・」

m 「・・・」

ス 「ただの風だ、何も問題ない」

m 「はい」




[PR]
by garoumusica | 2015-07-21 05:00 | スーさん | Comments(2)
先週、アマテルにぃちゃんの距離なしっぷりを記事にしたのです→アマテルにぃちゃんの距離なしっぷり・・・。

アマテルにぃちゃんの目元だけが私の前に現れて鬱陶しかった、という話だったのですが。





その後にぃちゃんの現れ方はこうなりました!
 

 






ドーーーン!!!

f0351853_23465132.jpg

・・・。



確かに鬱陶しかった目元は現れなくなりました☆

でも、今度は首から下のみの現れ方になりました☆

・・・。

にぃちゃんよ・・・、



違う、そうじゃない。



そういう事じゃないんですよ・・・。

目元だけが鬱陶しかった訳じゃないんですよ・・・。

そして顔を現さなければいいって訳でもないんですよ・・・。

何でしょう?

このにぃちゃんの天然っぷりは・・・。



女体化した姿は日本の最高神。

太陽の化身ですよ?

それなのにこの天然っぷり。

人間だったら相当モテるでしょうねwww



いつも私の想像の斜め上を軽〜く行ってしまうおっさんsには脱帽です。





[PR]
by garoumusica | 2015-07-20 05:00 | アマテルにぃちゃん | Comments(6)
つい先日の話。



スーさんから贈られたお花さん作の星降る夜の欠片のペンダント。→日向神話を巡る旅 スーさんからのサプライズ編 その1。

f0351853_16365579.jpg

それがものすごく大切過ぎて、私が死んだらこのペンダントはどうなるんだろう?とふと思いまして。

中身は持って行けるはずだけど、外身はどうなるのかなと。

一緒に焼いてもらうのかな、とか、誰かが形見分けで持って行くのかな、とか。

それに、この大切な一個が出来たせいか、もう他に何も必要ないと言う心境になってしまいまして。

いつか死んでしまって物質とはさよならをするのだから、本当に大切な一個があれば他の物は必要ないと。



スーさん 「ではもう何もいらぬと言うのだね?」

musica 「はい。星降る夜の欠片に込められたスーさんの守護としての愛情だとか、渡されたシチュエーションだとか、私好みのデザインだとか。何だかそれでもう物欲のすべてをカバー出来たみたいですw」

ス 「そうか。そこまで喜んでもらえると男冥利に尽きるというものだ。だがね、その願いは叶えてあげられそうもない」

m 「何でですか?」

ス 「男というものは女性の喜ぶ姿を見るのが何よりの喜びなのだ。まして自分が贈ったものをそこまで大切に思ってくれるのだから、更に贈りたい、更に喜ばせたいと思うのが人情というものだろう?」

m 「『男というものは』って・・・。神職なんだからそういう言い方はちょっと問題あるのでは?」

ス 「君への配慮ゆえだよ。配慮無しで言うと、『私は君の喜ぶ姿を見るのが何よりの喜びなのだ』だ」

m 「・・・(/ω\) 。でも!物より思い出ですよ!」

ス 「もちろん過度の物欲は良くない。その影に何らかの精神的不満や疾患が隠されている場合があるからね」

m 「はい」

ス 「だが君は今、物質世界に生きているのだ。今しか出来ない事を楽しむ、愛でる事も大切なのだ。何事もバランスだ。物質世界・非物質世界のどちらにも偏り過ぎず、バランスよく生きることが何よりも大切なのだよ」

m 「うーん、はい」

ス 「日本人女性の平均寿命は86歳だ。君はまだその半分にも満たぬ。君はこれから今まで生きていたよりも倍以上、この物質世界で生きなければならぬのだぞ?」

m 「そうですけど」

ス 「それにこの世界での君の使命は何かね?この物質世界を経験・体験する事だろう?それには物質を触り愛でる事も含まれる。君は様々な布の感触を愛でる事や、石の感触、温度、その構造を愛でる事が好きだろう?」

m 「はい」

ス 「それは君の使命を全うしているという事だ。むやみに物質から遠ざかる事が良しという事は決してない」

m 「はぁ・・・」

ス 「それにすべての人が新たな物質の購入を拒否してごらん?世の経済が成り立たぬ。神社もそうだぞ?氏子や崇敬者の減少から神社の経済問題が深刻化している。それなのにむやみに観光客を追い出してみなさい。神社の経済が更に荒れるぞ」

m 「そうですねぇ、うちでお世話になっているお寺さんも、経営困難で今の代のお坊さんで廃寺が決定していますしねぇ・・・」

ス 「何事もバランスだ。とまぁ長々と説教をしたが、つまりは君に贈り物をさせてくれという事だ」

m 「何でですか?」

ス 「君の喜ぶ顔が見たいだけだよ」

m 「よくそんなセリフが言えるもんだ・・・

ス 「長く非物質で生きて人々を見守っていると、物質世界で生きていられる期間の短さを知っているからね。想いは伝えたい時に伝えておかないと。それに君もいずれこちらに戻って来る。その時は常に以心伝心である意味趣が無いからね」

m 「違う世界を生きる事を楽しむ、か」

ス 「趣があろう?」

m 「や、よく分かんないっす」




[PR]
by garoumusica | 2015-07-19 05:00 | スーさん | Comments(0)

画像つれづれ。


本日は画像つれづれです。

なんとなく載せたくなったものを載せていきます。



これは旅から帰った後に呼び出し神社のスーさんとこへご挨拶に行った時のもの。

f0351853_03073595.jpg


さっすがスーさん、光の魔術師です。

あ、そう言えばスーさん、昨日の京都の祇園祭の山鉾巡業、中止にならなくて良かったですねぇ。

その強引さがスーさんって感じでしたw

私としては人の安全が第一だよ、だそうです。



いつかの空。

f0351853_02441245.jpg

妖怪っぽくて気に入っています。

f0351853_02441772.jpg

不思議な感じです。

f0351853_02441449.jpg

柔らかい衣って感じですねぇ。

肌に纏ったらひんやりフワフワなタイプの生地のイメージです。



先日旅の帰りの龍雲特集をしましたが、私的にベストオブ龍雲はこの画像です。

f0351853_02442003.jpg

おっさん顔の龍w

実はこれ、実際にはこの向きでした。

f0351853_02443284.jpg

雲の端っこが夕日に照らされて不思議な感じがしたのでパシャリしたのです。

で、パソコンで画像を見ていた時になんとなくひっくり返してみたら、おっさん顔の龍が現れてそれはもうビックリでしたw↓。

f0351853_02442003.jpg

一番上に耳も目も鼻も口もある。

そして何よりもその笑顔www

お気に入りの一枚です。




[PR]
by garoumusica | 2015-07-18 05:00 | つれづれ | Comments(0)

不安を覚えた時に。

台風11号が近づいていまして、念の為に昨日の15時に今日のブログを書いています。

最近の日本は火のエネルギーが強かったので台風のエネルギーでうまく中和できるといいなと思うのですが、台風が直撃する地方の方々が心配で。

更にこちらでは雨は降っていませんが風が強くなってきてまして、その風の唸りが地震の時の地鳴りに聴こえて、なんとなく不安を覚えてしまうのです。



スーさん 「コラ」

musica 「あっ、また自分を陥れる思考をしてしまった・・・」

ス 「不安を覚えるのは構わない。それは正常な防御反応と言えよう。大切なのは不安を覚えた事に気が付いたのならば、不安をずっと抱えるのではなく、不安を覚えている自分を認め、その不安を手放し、必要ならば行動をとる事だ」

m 「必要ならば行動をとる」

ス 「風の唸りが地鳴りのように聴こえて恐怖を覚えるのならば理解しなさい。この音は地鳴りではない、ただの風の音なのだから不必要におびえる心配は無いと。いいかい?ただの風の音だよ」

m 「はい」

ス 「台風の被害が心配な時は、それはもう必要な防災用具を揃え、台風の様子を見ながら必要な行動をとるまでだ。恐怖の感情に流されるのではなく、事務的に必要な行動をとりなさい。いざという時に必要なのは冷静な判断だ。君の波動を決して乱してはならない。恐怖の波動が更なる恐怖を呼び寄せてしまうからね」

m 「・・・」

ス 「心配をする気持ちは分かる。それは自然な事だからだ。ただ、必要以上の心配はするな」

m 「はい」

ス 「異常気象と言って嘆いても仕方がない、これは地球のサイクルなのだから」

m 「うーん・・・、はい」

ス 「そして我々はその地球に生きているのだ。その地球のサイクルにうまく乗って生きていく他あるまい」

m 「そうですねぇ・・・」

ス 「実は君は最近上手く地球に乗れている」

m 「そうなんですか?」

ス 「そうだ。台風の影響でたった今こんなにも気圧が変化しているというのに、君は頭痛が発生していないではないか」

m 「あ!ほんとだ!以前は気圧の変化で頭痛が起きてたけど、最近はそういうの無いかも!なんでですか?」

ス 「君は地球が君にやさしいと理解し始めたからだよ」

m 「あっ!それって『月は君にやさしい』ですっけ?」

ス 「フフフ、憶えていてくれたかい?『風は君にやさしい、雨は君にやさしい、自然は君にやさしい、地球は君にやさしい、月は君にやさしい、星は君にやさしい、宇宙は君にやさしい』」

m 「いつの会話だったかな?(検索)あっ、去年の10月だ」→欠けた月。

ス 「君は地球に愛されている事を知り、地球に感謝する事を覚え、旅を通じ地球を知り、そして地球を本当の意味で愛し始めた。それは地球の流れに逆らわずうまく乗る事を覚え始めたという事でもあるのだよ」

m 「へぇ」

ス 「不必要に怯えず、あるがままに地球を愛しなさい。そうすれば古代の日本人が神ではなく、地球に神聖を見出していた理由が自ずから見えてこよう」






[PR]
by garoumusica | 2015-07-17 05:00 | スーさん | Comments(0)
月・火・水曜日はお絵描きはお休みです。

それで何をするのかと言うと、やっぱり何かを作りたいのです。

昔からそうなのですが、自分の中にある何か漠然とした形の無いものを、この物質世界で再現するのが好きなのです。



で、月曜日。

わ〜、休みだ、何作ろう?何作ろう?と、そわそわして何も決められないままに終わり、2日目火曜日にシルク糸を使ったものを作ろうとして、半分以上進んだ所で糸がブチ切れて終わる事2作品。

上手くいったものの糸が足りなくなる事1作品。

なんとか作り上げたものの肌触りが悪くて破壊したもの1作品。

そして出来上がったものが1作品。

こちら!(シルクの糸は放棄)

f0351853_02062260.jpg

稲ちゃん・スーさんシリーズの新作です。


f0351853_16411906.jpg

2枚に重なった桜がスーさんと稲ちゃんのイメージです。

で、今作は桜を中心に雲の形に似た淡水真珠が8個並びます。



musica 「八雲八重垣です( ´ ▽ ` )」

スーさん 「私の和歌をイメージして作ったのだね?」

m 「ハイ!」

ス 「フフフ(苦笑)」

m 「何ですか?」

ス 「確かに8個の淡水真珠があるが、桜を中心に4個4個だろう?これでは八雲八重垣ではなくて四雲四重垣ではないかw」

m 「・・・」



で、水曜日。

m 「リベンジです!」

f0351853_02063501.jpg

m 「不思議な形の淡水真珠を雲に見立て、ヘマタイトはスーさんの剣、ミルキークォーツは出雲の霧に見立てました!シルバーの糸はそれぞれの間で結び目を作り星のイメージを、羽根の形の留め具は稲ちゃんを護り続けるスーさんのイメージです!どうだ!」

ス 「フフフ」

m 「えー、またですか?(´・_・`)」

ス 「このネックレスには守護の対象の稲田姫がいないではないかw」

m 「あー・・・」

ス 「まぁ、守護対象をこのネックレスを身につける君だという事にすれば問題解決だな」

m 「・・・(¬_¬)」

ス 「・・・」

稲ちゃん 「スーさんいじり過ぎ。スーさんが悪い」


( T_T)\(^-^ ) (´・_・`)


ついでにもう一個作りました。

f0351853_02064906.jpg

クンツァイトに花のパーツをくっつけただけなので、作ったとは言い難いですが。

今週のお休みはこんな感じでした。





[PR]
by garoumusica | 2015-07-16 05:00 | つれづれ | Comments(4)
つい先日の話。



梅雨時って寝る時の服装が難しい。。。

寝るまでは半袖で良くても、眠る時は寒い気がして長袖に着替えなくてはいけなかったり。

で、その日も横になるまでは半袖で過ごしていたのですが、ベッドで横になった時にこのまま半袖で寝てしまったらちょっと寒いかも、風邪をひいちゃうかもと思ったのです。

そして気が付いたら翌朝で・・・。



musica 「やっちゃったー、喉の右側が痛い~・・・。今までの経験によると、段々喉の痛みが拡がって翌日には熱が出るパターン・・・」

スーさん 「コホン」←咳払い。

m 「ハッ!∑(゚Д゚)・・・と思ったけれども、きっと喉の痛みだけで終わる!風邪は気のせい!(`・ω・´) 」

ス 「まったく君はちっとも成長してないではないか」→前回(風邪を引き寄せる思考。

m 「危ない所だったー・・・( ;´Д`)。大丈夫大丈夫、ただの喉痛」

ス 「昨晩の思考も良くなかったぞ?『ちょっと寒いかも、風邪をひいちゃうかも』。ちょっと寒いと思ったのならば、『長袖に着替えよう』だけで良いのだ」

m 「あっ、本当だー・・・。ちょっとした思考なんですけどね」

ス 「ちょっとしたところに君の思考の癖が出るのだぞ」

m 「はい」

ス 「いいかい?これは文字通り思考の癖だ。なのだとしたら新しい思考の癖を作るのみだ」

m 「間違えたと思ったら方向転換をするだけ」

ス 「そうだ。地道な作業だがそれが思考の癖を改善する。その過程に伴って君の波動も変化しよう」

m 「はい」



そしてその後どうなったかというと、風邪には至らず喉の痛みだけ続き、昨日治りましたw

思考の癖に気づいたら方向転換。

思考の癖に気づいたら方向転換。

大切な事なので二度書きました(`・ω・´) !





[PR]
by garoumusica | 2015-07-15 05:00 | スーさん | Comments(0)
アマテルにぃちゃんの絵を描き始めた頃の話。



絵を描いていると、顔から20~30センチの距離の所に浮かぶイケメンの目元。

はじめは鬱陶しかったので無視していましたが、それでもしょっちゅう現れる目元。

鬱陶しい・・・。

スーさん、これどうにかしてくれませんか?

・・・消える気配はありません。



仕方がないので現れた時によく視てみると、あれ?この目元はアマテルにぃちゃん???

何ですか?

絵を早く描けですか?

月・火・水曜日は絵はお休みです。

アピールしても無駄ですよ?

・・・。



歩いていても、ペンチを持ってアクセサリーを作っていても、本を読んでいても現れる目元・・・。

もー、しつこいってば!

スーさん直伝の霊消ししますよ!!!(←お祓い☆レッスン イメージ編。)

おっさんsには効き目なし。。。

も〜、スーさんどうにかしてくださいよ~!!!

f0351853_04292889.jpg

こんなんされたら、相手が誰だって鬱陶しいわ!



最近になってにぃちゃんも距離が掴めてきたのか、にぃちゃんの絵もだいぶ進んできたおかげか、このところ目元は現れなくなってきましたw



アマテルにぃちゃん 「君が嫌がるからだろう?」

musica 「こんなん誰だって嫌がりますよ!」





[PR]
by garoumusica | 2015-07-14 05:00 | アマテルにぃちゃん | Comments(2)

すむちゃんの缶。

本日の3時前に大分県で震度5強を観測する地震がありました。

大分県、もしくはその近辺にお住まいの方、大丈夫でしたか?

スーさん的には上手い具合にエネルギーを発散出来たな~との事なので、ホッとしています。

日向のおっさんs、お見事でした!

お疲れ様です。





旅から帰って数日後の話。

自分の部屋に入り、飾ってあった缶がふと目に入っていた瞬間、



すむちゃん 「この缶、使っていなかったら貰ってもいい?」

musica 「えっ?缶?いいよいいよ!」



どの缶かと言うと、この缶。

f0351853_20142705.jpg

今年のバレンタインで自分よ・・・違った、おっさんs用に購入したチョコが入っていた缶。

右側の梅模様のものです。



m 「それはいいけど、何に使うの?」

す 「あのですね、私の石を入れるのです(`・ω・´)+」

f0351853_15362512.jpg

m 「あー、なるほど。いいよいいよ~。じゃあ、中に水晶のさざれを敷き詰めてあげるね~」

す 「ありがとう(*'-'*)」



で、缶の中に水晶を敷き詰めて、中にすむちゃんの石を入れて、



m 「これでいい?」

す 「はい!(`・ω・´)+」

m 「この缶どこに置こうか~?机のスーさんスペース・・・」

す 「大国主命のお傍に!」

m 「あ、それもそうだねぇ、すむちゃんおーくにさんとこの子だもんねぇ・・・。あ~ぁ、スーさん振られた~www」

スーさん 「振られた♪振られた♪」←ちょっとオヤジくさいw

m 「あはは~」



大黒さんの像の前に配置です。



m 「これでおk?」

す 「はい! (o´∀`o)」

m 「でもこの石、すなちゃんはもうここから出ている訳だからカラッポなんだよね?」

おーくにさん 「これはね彼女にとっては一種の門の役目をするのだよ」

m 「門?」

お 「そうだ。もと居た神社や大社など、彼女と縁のある場所と繋がっているのだ」

m 「へぇ!すごいですねぇ」

お 「あとは彼女がエネルギーが必要となった時に、ここで補充をするだとか。君がちょっと外出するという時には必要ないが、何日か留守にする時などはこの石も一緒に持って行ってあげなさい」

m 「はい」

コンちゃん 「・・・(´・_・`)」

m 「ハッ!∑(゚Д゚)キツネの形の何かいいのないか探しておくからね!」

コ 「( ´ ▽ ` )」

ス 「こら、あまり困らすでない」

コ 「(´・ω・`)」

m 「えっ、別に困るほどの事ではないですよ~」

コ 「(゚-゚*;)) ソワソワ ((;*゚-゚)」






[PR]
by garoumusica | 2015-07-13 05:00 | すむちゃん | Comments(4)
アマテルにぃちゃんを描きはじめた頃の話。



私はおっさんsの絵を描く時は、彼らのイメージに合わせたブレスレットを作って身につけています。

スーさんの時はその絵のイメージでケセラストーン、南方先生はライトカラーのアメジストとシトリン、おーくにさんはグリーンアメジスト、稲ちゃんはローズクォーツといった感じです。

で、にぃちゃんはと言うと太陽神って言う位なので、はじめはサンストーンかなと思っていたのです。

が、自分の描いている絵を見ながらボンヤリしていると、どうも太陽って感じはしないのです。

背景を太陽のイメージでオレンジ系統の色で塗ろうと思っていたはずが、いざ絵にしてみるとオレンジではない。。。

反対色の青、青というよりも瑠璃色・紺色で、太陽ではなくて宇宙というイメージなのです。

という事は、石は当然ラピスラズリ・・・。

で、そのラピスもキリッとした瑠璃色のザ・ラピスではなくて、それよりもちょっと抜け感のあるラピスなのです。

f0351853_03002389.jpg

上の画像の右側の石の方です。

ご覧の様に左側の方が光の反射の仕方がシャープで照りも良く、明るめの瑠璃色なのですが、今回は右側の光の反射の仕方がちょっとぼんやりとして触感もザラっとした石の方を採用です。

画像では似た色をしていますが、実物は採用した石の方が気持ち程度緑色に傾いた瑠璃色をしています。



musica 「なんか意外〜」

にぃちゃん 「そうかな?」

m 「青系統と言えばスーさんってイメージですから」

に 「でもスサノオ殿にラピスを連想した事はあるまい?」

m 「ホントだ!確かにスーさんにラピスのイメージは無い!

に 「同じ青系統ではあるけれどもちゃんと区別は出来てるだろう?」

m 「あ〜、なるほど〜〜〜

に 「君はスサノオ殿と言えばアクアマリンを連想するだろう?水の様に型にとらわれず、自由自在で神出鬼没。それが彼だからね」

m 「ふふふ、確かにw にぃちゃんはラピス、ラピスは宇宙そのものを移した様な石だから、いつも必ずそこにいる人って感じかな。いつもどっしりと構えていて、いつも変わらない、でもそれがホッとする・・・って感じ」

に 「フフフ、それはありがとう。君が私の事を太陽神とするのは、他の人がそう言っているのを見たからだろう?他人の言う事を鵜呑みにするのではなく、君が感じたものを大切にしなさい」



ついでに四神シリーズの絵に合わせた水晶。

f0351853_03263229.jpg

大きさは青龍の12ミリが好きなのですが、この彫りシリーズの丸玉12ミリがなかなか手に入らず、白虎と玄武は14ミリのカットもの、朱雀に至っては16ミリしか見つけられなかった結果、大きすぎて使い道がないと言う。。。

なかなか難しいものです。




[PR]
by garoumusica | 2015-07-12 05:00 | アマテルにぃちゃん | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica