<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

お久し振りの古代氏族シリーズです。



前回はいつだったかなと思い調べてみたら、なんだ、先週休んだだけでした。

先週は本も読まなかったので内心いいのかな?いいのかな?とヒヤヒヤしていました。

スーさんの教育の徹底ぶりがよく分かります。

で、次は何を書こうとぼんやり考えていまして。

出雲国造家は大体終わったし、後は出雲国造が意宇郡の郡司の職を解かれ意宇郡から出雲郡杵築郷へ拠点を移したくらい。

他には「禁出雲国造託神事多娶百姓女子為妾事」と注意された事とか。

出雲国造よ、神事にかこつけて百姓の娘たちをみだりににするなって意味です。

さっすがおーくにさんをその身に纏うだけありますね!(`・ω・´)+



そう言えば、昔は神社参りをした後は神社の側に備え付けてある遊郭で精進落としをしたそうです。

高くなり過ぎた波動を俗にまみれる事で日常に戻すとかなんとか。

なるほど、皆さん!神社へ行った帰りには風俗とは言いませんが、せめてホストクラブへ行きましょう!(←冗談です)

でもこういう俗なところが日本神話らしいですね?おーくにさん。(お「なんで私・・・」)



はい、出雲国造家はこんな感じです。

杵築大社に関してはきっと皆さんよくご存知だと思うので省略します。

出雲国造家メインではなくて古代出雲メインだったら、きっともっと面白かったでしょうけどねぇ。。。

「空白の4世紀」とか「倭国大乱」とか、なんだか魅力的な単語がありますから。

古代12氏族が終わったらそれを調べて遊びましょう~。


。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。


さてさて、次は出雲古禰さんを倒した四道将軍の吉備津彦絡みで吉備氏なんてどうかなとぼんやり思っていたのです。

が、先日スーさんに呼び出されてスーさん神社へ行った時の事。

その日は日没時に参拝したのですが、珍しく私以外の参拝者が二人も!

その方達のお参りが終わるのを待ってからスーさんにご挨拶をし、それからスーさんが拝殿から見る眺めを見ようと振り返り、先の男性が参道を後にする様子を眺めていたところ、ふと気になる木が目に入ってきました。

これです↓。

f0351853_00153223.jpg

七支刀・・・?


七支刀といえば石上神社。←※これは記憶間違いで、正しくは石上神宮(いそのかみじんぐう)でした。

まぁこれだけしか知識が無かったのですが、この記事を書くついでに検索して分かりました。

古代12氏族のひとつ、物部氏の総氏神。

物部氏の祖神の饒速日(ニギハヤヒ)と言えば、ある書物によればスーさんの息子とかなんとか。

とりあえずホームページを拝見していると、布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)というスーさんがヤマタノオロチを倒した時に使っていた天十握剣(あめのとつかのつるぎ)に宿る神が祀られています。→石上神宮[いそのかみじんぐう]公式サイト

更に境内MAPを見てみると出雲建雄神社なる社まである・・・。

・・・ (゚д゚)。

なるほど、私の勉強する意欲がかき立てられる様な神社と氏族に導かれたという訳ですね。

そうですね、私は洋服が入らなくなったとかスイーツを食べるとか、そういう餌が無いとやる気が出ない女なのでね。

今回の勉強はスーさんが餌って訳ですね、よく分かります。

ほんと良く私の事を分かってますねスサノー様は!( ・ὢ・ )



という訳で、今回もスーさんの手のひらの上で見事に転がされた悔しさを抱えながら、古代氏族物部氏編、はじまりです。

スーさん 「以心伝心と言いなさい」

musica 「・・・(´・_・`)」


(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ


それでは本日も良い一日を~。

南方先生 「では昨日のスサノオ殿を受けて、私も背中の翼絡みで。肩甲骨の間の筋肉が硬くなっていないかい?肩を回す人は多いけれど肩甲骨を意識して回す人は少ないのだよ」

m 「ゴリゴリ言います・・・」

み 「胸を張るような形で肩甲骨を回しなさい」






[PR]
by garoumusica | 2015-11-10 05:00 | 古代氏族 | Comments(0)
新作の下描き。

ワイルドな熊野バージョンのスーさんです。

f0351853_04435921.jpg

ちょっと服を着せていないのであれですけど、服を着せるのがもったいないくらいの肉体美です。

何を着てもらうか迷い中です。

スーツ、似合いそう・・・(ただの趣味)。

翼は八咫烏。

玄武のおーくにさんの絵の様な立体感の無い八咫烏でも描こうかと思っていたのですが、ちょっとそういう気分にならなかったので一体化させてみました。

右手を描いていないのは剣を持たせるかどうか迷っているから。

あれ?剣は右手で抜くから携帯は左手?

これは要確認ですね。。。



今回のスーさんは今までとはちょっと違って、攻めな感じです。

攻めと言っても

「受けて立つ」←不敵な笑み。

という感じです。

先週は半年ぶりの解放だったのでしっかり休もうと思っていましたが、結局描いてしまいましたw


<(●´з`)ノ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*


それでは今日も良い一日を~。

スーさん 「背中に翼があるイメージをし、その翼を思い切り伸ばしてごらん」

musica 「あー、それ満員電車の中でよくしていました。イメージなのに背伸びをしたかの様にスッキリしますよね」





[PR]
by garoumusica | 2015-11-09 05:00 | スーさん | Comments(0)
本日はここ最近の記事の内容の続きです。

月曜日の憂鬱の応用編。



いつもこんな調子ではダメだと思いつつも、それを見ると溜息が出るものがあります。

それは一日一錠服用する抗ヒスタミン剤。

私は震災以降食べ物のほとんどにアレルギー症状が出るようになってしまいまして。

オーガニックの野菜を食べたり地産地消でエネルギーの調整をしたりしていますが、なかなか・・・。

なのでこの薬が無いと食事を摂れない訳ですから、この薬には感謝しなくてはいけないのですが。



で、この薬は1シート10剤なのですが最後のシートになると、「あぁもうすぐ病院へ行かなければならない」と思い、薬を飲むたびに憂鬱になってしまうのです。。。

病院という所は色んな人が出入りしますし、病院自体月に1~2回消毒をしたり床のワックスがけが入るので、行くと非常に体調を崩すのです。

なのでスーさんに待ち時間を短くして貰えるようお願いをするのですが。

そしてまた昨日・・・、



musica 「・・・(´・ω・`)。ハッ!Σ(゚Д゚)また憂鬱に思ってしまった・・・。まだ次の通院まで一週間以上あるのに」

スーさん 「気がついて気持ちを切り替えているだけまだ良い。きちんと気がついているのだから、そう自分を責めるな」

m 「はい・・・。でも嫌だなぁ、憂鬱に思ってしまう自分が」

ス 「嫌だと思うならその部分を改善するしかないな。君は何が嫌なのだ?」

m 「通院する事かな」

ス 「通院せずに済むようにするには健康体になる事だ。しかし君はその為に今運動をしているだろう?ローラーで全身をほぐす事もしている。健康体になる為の努力は既にしている。では次にどうするか。それは簡単だ。通院が喜びとなる様に君の気持ちを切り替える事だ」

m 「通院が喜び・・・。例えば?」

ス 「通院の日は大好きなスーさんの神社に行ける、などはどうだ?」

m 「そんなのしょっちゅう呼び出されているじゃないですか・・・」

ス 「本屋に行って好きな本を買う」

m 「スーさんの指定図書の為に月にいくら使ってると思ってるんですか・・・」

ス 「ではこうしよう。通院の日は特別にスイーツを食べて良し!」

m 「!!!Σ(゚Д゚) それにします!!!イヤッホーヽ(゚∀゚ )ノ」

ス 「情けない・・・」



スイーツで苦手を克服しようとしているmusicaでした。


(´ノ・ω・`)ノ・‥…━━━★゚+.・‥…━━━★゚+.・‥…━━━★゚+


それでは本日も良い一日を~。

おーくにさん 「自分の気になる所を改善しようとするのは良いが、無理し過ぎないように。何事もバランスだぞ」

m 「それ私に言ってます?」

お 「君を含めた皆にだよ」





[PR]
by garoumusica | 2015-11-08 05:00 | スーさん | Comments(5)

貫入水晶。

以前アマテルにぃちゃんから差し入れてもらった、ガネーシュヒマール産の貫入水晶。→アマテルにぃちゃんからの差し入れ その1。

絵を描き終わり石を休ませ、許可も出たので全体画像です。

f0351853_02331458.jpg

中央下の部分が貫入部分です。

f0351853_04301622.jpg

この水晶は石のお店で送料入れても千円ちょっとの買い物をした時に、おまけで貰ったものです。

購入した品物よりもおまけの方が豪華じゃんって感じでした。

これをおっさんsの指示でペンダントにしまして、絵を描いている時は身にこの水晶がハートのチャクラの位置にくるように着けていました。

その理由と言うのは、


アマテルにぃちゃん 「朱雀は火のエネルギーに属する。それ故に水のエネルギーを持つ君には火のエネルギーに接する事が負担となる。そして火のエネルギーにとっては水のエネルギーを持つ君が負担となる」



アマテルにぃちゃんの絵を描いている時は、スーさん、南方先生、おーくにさん、稲ちゃんの時よりも、食事制限が厳しかったり防御用品を必要としたりと、色々と目に見えない部分でも勝手が違いました。

それにこう描こうと思っていたものとは全く違う絵になってしまったり。

一筋縄ではいかない相手でしたw



今週は古代氏族の読書もお絵かきも止めようと思っていましたが、木曜日になるとついつい次のスーさんの絵の下描きを始めてしまいまして。

熊野のスーさんです。

それとは別にラブラブなスーさんと稲ちゃんのイラストも描き始め、更に稲田姫物語の続きが始まったので、それも文章に直している最中です。

稲田姫物語、前回はプロローグでこんな感じでした。


稲ちゃん 「ねぇ、スーさん?あなたは私に約束してくださいましたね。

どんなに遠く離れていても私の事を想い、必ず私の元へと帰って来てくださると。

あなたはその約束通り、いつも私の元へと帰って来てくださいました。

ねぇ、スーさん?あなたは私の事を永遠に護り続けると、約束してくださいましたね。

あなたはその約束を、今も守り続けてくれています。

そしてこれからもずっと、永遠に・・・」


今回の話は二人が夫婦となって半年から一年後の話という感じで、ひと言で言うとただの惚気でした!

なんらかの形に出来ればと思っています。



本日の記事は本当につれづれとなってしまいました。

本館ブログではアマテルにぃちゃんの貫入水晶の気合を入れて10枚ほど載せてしまったので、お時間があったら覗いてみてください。→画廊musica 「貫入水晶。」


☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡


本日はこんな感じです。

それでは今日も良い一日を~。

稲ちゃん 「晴れたら晴れた日の、雨が降れば雨の日の空気を楽しんで。それが地球との繋がりを取り戻す第一歩ですよー」




[PR]
by garoumusica | 2015-11-07 05:00 | つれづれ | Comments(0)

月曜日の憂鬱の応用編。

本日はここ最近の記事の内容の続きです。





最近の毎日の日課、カ〇ヴィ―ダンス。

朝起きて洗濯をセットしてから開始。

何か食べると1時間は運動出来ないので、食べる前にしてしまいます。

が!

もともと運動嫌いなので、めんどくせーと思ってしまうのです。



スーさん 「こら、先日アマテルが言っていただろう?月曜日の朝から憂鬱な波動を出すとその後の曜日も憂鬱なものとなると」

musica 「はっ!Σ(゚Д゚)今、同じような状況って事ですね」

ス 「そうだぞ。嫌々運動を始めてごらん?運動をしている間中憂鬱な時間を過ごすだけではなく、君がこれからの人生において行うであろう運動のすべてが憂鬱なものとなろう」

m 「・・・(´・ω・`)」

ス 「君の健康の為に必要な運動をしているのだ。これから一生継続していかねばならぬのだぞ。それなのにその運動すべてが憂鬱な色に染まるのは勿体なかろう?」

m 「分かってはいますけど、40分カーヴィーすると結構きついので、始めるまで憂鬱になっちゃう」

ス 「気持ちを切り替えねば。ほら、つらい時こそ笑顔だ。表情筋が笑顔を作ると神経を経由して脳が幸せホルモンを放出するのだろう?」

m 「あぁ、顔が笑っているから今は幸せな状態なんだと脳が勘違いをするってやつですね」

ス 「ほら笑顔だ。私は笑っている君が好きだ」

m 「(/ω\)」

ス 「何故照れるのだ(´・_・`)」

m 「照れる様な事を言うからでしょ!(#゚Д゚)」

ス 「分かった分かった。ほら、どの様な状態でもそこには必ず美がある。ひとつひとつの動作の中の最も美しい状態を引き出しなさい」

m 「神様なのに見た目重視?」

ス 「それは違う、姿の美しさだ。造作ではない。生きるという事は持てる身体で最大限の美を表現する事だぞ。ほら軸をもっと意識して芯のある美しさを表現しなさい」

m 「は~・・・、スーさん理想が高過ぎ」

ス 「君なら出来る!」

m 「松〇修造?」



日常に潜む月曜日の朝の憂鬱を体験してしまいました・・・。



m 「なんかさ、私の事を良いサンプルと思ってるでしょ」

ス 「ハハハ、気がついていない様だから言うが、今日の内容はアマテルの『月曜日の憂鬱』だけでなく、昨日の『学びの轍』の復習だぞ?」

m 「( ゚д゚)・・・」

ス 「『やられた~』?」

m 「悔しい・・・(´・_・`)」

ス 「ワハハ!」


.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.


それでは今日も良い一日を~。

アマテルにぃちゃん 「今日は金曜日。今日が今週の仕事の最終日の者もいるだろう。お疲れ様、よく頑張ったね。さぁラストだ、張り切っていきなさい」

m 「平日が休みの人は?」

に 「毎日お疲れ様。今日も頑張れ」





[PR]
by garoumusica | 2015-11-06 05:00 | スーさん | Comments(7)

学びのわだち。

本日は昨日のブログの、

スーさん 「だがその前の興味を持った事柄に対して一定の理解を得られないまま次の行動に移した時は、それはただの無駄な行為に過ぎぬ。その後に興味を持った事も大して身に付かぬだろう」

musica 「そうなったらどうなるのですか?」

ス 「学びを得るまで何度でもやり直しだ。この辺りはスピリチュアルに興味のある者達の間で言う『学び』だとか『レッスン』と同じだ。理解を得、真に学ぶまでは似たような事柄の繰り返しだ」

からのスタートです。



ス 「毎日の生活の中で何らかの出来事が起こる。良い事や悪い事、内容は様々だ。しかし人は自分にとって悪い事、面倒な事が起きるとそれを学びだ、レッスンだと言う」

m 「そうですね」

ス 「その事に対して異論は無い、その通りだろう。だが学びやレッスンだと気がついてもそれだけで終わる者が多い。むしろ、学びやレッスンといった言葉を取り上げただけで満足し、そこから本当の意味での学びを得ようとする者は少ない」

m 「んー、よく分からないです。学びだって事に気がついているのでしょう?だったら学んでいるのでは?」

ス 「学んでいるつもりなだけなのだよ。その事にいつ気がつくか?それは同じ様な出来事が繰り返し起こる事に気がついた時だ。たまに見かけるだろう?似たような出来事ばかりが起きる者を」

m 「うーん・・・」

ス 「『アレ?この間も似たような事で悩んでなかった?』と突っ込んだ事があろう?」

m 「そうですねぇ・・・」

ス 「シチュエーションは違うが似たパターンでつまずいている者が多い。第三者から見ればまた同じような事に巻き込まれて等と気がつくのだが、当事者は別の事柄で問題が起きているので気がつく事が出来ない」

m 「以前起きた時にきちんと学んでなかったから、別のシチュエーションで学んでいるって事ですか?」

ス 「そうだ。またそれ以外だと、きちんと学ぶ事が出来たかどうか『追試』をしている場合もある」

m 「追試」

ス 「同じようなパターンの出来事が再び起きた時に、以前とは違う対応が出来るだろうか?という追試だ。きちんと学ぶ事が出来ていたら以前とは違う対応が出来るはずだろう?」

m 「まぁ、そうですねぇ・・・」

ス 「今回の君のパターンはとても分かりやすい。

O脚を放置していた為に疲れやすいのだという事に気がつく
O脚について学ぶ
矯正の努力をする
矯正が出来てくる共に身長が伸びた」

m 「分かりやすいですね」

ス 「これを放置した場合はどうだったか。

年々疲れが溜まり慢性疲労症候群が悪化
年齢が上がる毎に筋力が低下し更にO脚悪化
変形性膝関節症を発症
QOLの低下

とまぁ、こんなところだろうね。もちろん事ある毎に学びが入るがね」

m 「恐ろしいですね・・・。どういうところでレッスンが発生しているのか分からないところが恐ろしいです」

ス 「気がつく、という事が大切だね。日々の生活の中のちょっとした繰り返しの中に小さな学びが隠れている。小さいうちに学んでおけば痛い目に遭わずに済む」

m 「小さいうちに気がつく事が出来たらいいなぁ」

ス 「心の中に浮かぶ小さな違和感を大切にしなさい。小さな芽のうちに摘んでしまうのが良い」

m 「小さな芽のうちに学びを得るって難しくないですか?」

ス 「真に己を顧みる事が出来るならば容易い事だぞ」

m 「それが難しいんですよー」

ス 「ハハハ!」


◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎


それでは今日も良い一日を~。

南方先生 「朝起きたらまず窓を開け、寝ている間に排出した古い気を外に出してしまおう」

m 「これから寒くなるから辛いですよ~」

み 「古い気を部屋に溜めてはいけないよ。・・・ね?」←イケメンキラキラオーラ。

m 「・・・ハイ!」






[PR]
by garoumusica | 2015-11-05 05:00 | スーさん | Comments(0)
私事ではございますが、O脚矯正を始めて約3週間とカ〇ヴィーダンスを始めて約1週間。

なんと!


身長が伸びました (〃´・ω・`)ゞ


肝心の腰回りなどは変化ないのですが、鏡を見てあれっ?背が伸びてる?

母にも確認したところ、やはり伸びていると。

これはどういう事なのかとスーさんと談義開始です。



スーさん 「カ〇ヴィーダンスを始める前にO脚矯正に取り掛かっただろう?あれがポイントだ」

musica 「えーっと、O脚矯正の為にネットで改めてO脚の仕組みについて勉強して、筋肉の使い方に問題があったようなのでそれを改めましたが、これですか?」

ス 「うむ。まず君は直立時の筋肉の使い方、体重の掛け方を矯正した。それから着席時にも膝が開かないようにするなど気を付けた」

m 「まだまだ隙間があるし筋肉の使い方が癖になっていないので、気が抜けない状態ですが・・・」

ス 「それで良い。そしてある程度身体に覚えさせた後にカ〇ヴィーダンスを始めた。そして君はダンスの先生が事ある毎に太腿の内側を意識する様に言っている事に気がついた」

m 「O脚矯正で一番気を使っている事は太腿の内側の筋肉を常に使うという事なので、あ、同じなんだって思ったのです」

ス 「うむ。カ〇ヴィーダンスをする事がO脚の矯正にも繋がるという事に気がついたのだね」

m 「はい。まだまだですけれども」

ス 「それでも目に見えて身長が変わる程だろう?この調子で頑張りなさい」

m 「はい(`・ω・´)+。ところでスーさん、まずO脚矯正に興味を持った後にカ〇ヴィーダンスを始めるっていう流れが今回のポイントだったのでしょう?」

ス 「うむ」

m 「こういう風に短いスパンであれもこれもと手を出すのって、気が移ろいやすい感じがして良い印象が無いのです。でも今回は必要な流れだったでしょう?興味がコロコロと移り変わるのって、実は守護さんからのメッセージだったりもするんですか?」

ス 「その場合もある。今回の君の場合の様になんらかの理解を得させた後に次の行動に移った方が効率が良い場合などはそうだね」

m 「なるほど」

ス 「だがその前の興味を持った事柄に対して一定の理解を得られないまま次の行動に移した時は、それはただの無駄な行為に過ぎぬ。その後に興味を持った事も大して身に付かぬだろう」

m 「そうなったらどうなるのですか?」

ス 「学びを得るまで何度でもやり直しだ。この辺りはスピリチュアルに興味のある者達の間で言う『学び』だとか『レッスン』と同じだ。理解を得、真に学ぶまでは似たような事柄の繰り返しだ」

m 「恐ろしい・・・」



カ〇ヴィーダンスをしていると事細かな指導をしてくるスーさん。

ある時ふと思いました。

スーさんってダンスをした事があるの?

そう思った瞬間、画像で回答がありました。



f0351853_05134602.jpg

`;:゙;`;・(゚ε゚ )

まぁ、こんな画像を送られて来たら、当然噴いちゃいますよね。

踊っている時に笑わせてくるのはやめて下さい。


。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚


それでは今日も良い一日を~。

ス 「たまには一人でカラオケに行って、大声を出すのも良かろう。昨日の月読と同じだが、人目を気にせずに大きな声を出すと、声と共に古い気も排出出来よう」

m 「いいですよね、ヒトカラ」






[PR]
by garoumusica | 2015-11-04 05:00 | スーさん | Comments(7)
今週は絵から解放された私の頭が思考停止中なので、古代氏族関係はお休みします。

ですが、思考停止中だからこそおっさんsの話が良く聞けるので、おっさんsとの会話を載せていこうと思います。

私としてもこっちの方が楽なのですが、スーさんが勉強しろと言うので面白くも無い古代氏族シリーズを書いている訳なのです。

ちょっとくらいスーさん時代の謎解きをしてくれても良いのになぁと思うのですが、「巫女は神々の声を伝える者であり、神々の謎を解く者ではない」と、芥川龍之介の小説のセリフを持ち出してきて相手にしてくれません。

知りたいのですけどね、スーさんの時代について。。。

以上、ちょっとした愚痴でした。



昨日のアマテルにぃちゃんの今日のひと言。



アマテルにぃちゃん 「休み明けで朝から憂鬱な気分の者もいるだろうけど、月曜日の朝からそんな気分だと今週はずっと憂鬱なものになるぞ?」

musica 「なんで!?」

に 「波動」

m 「!?Σ(゚Д゚)」



の所が気になったので、もっと聞いてみました。



m 「どういう事ですか?」

に 「ほとんどの者にとって月曜日とは新しい週の始まりだね?」

m 「そうですね、土日休んで月曜日からまた働く、もしくは学校へ行く」

に 「月曜日というものは新しい一週間の始まりと認識している」

m 「はい」

に 「月曜日の朝、また一週間働かなければいけない、学校へ行かなければいけないと憂鬱に思う者も多い。ほら、サザエさんを見ると憂鬱になる者もおろう?」

m 「サザエさん症候群ってやつですね」

に 「それと同じで月曜日の朝になると憂鬱を覚える。すると波動まで憂鬱な色に染まる」

m 「うーん、それは何となく分かります。でも職場に着いたりしたら気分を切り替えたりするでしょう?そしたら波動も変わりません?」

に 「そうだね、その通りなのだがここがちょっとややこしい所だ。いいかい?先に言ったようにほとんどの者にとって月曜日と言うのは週の始まりだ。特に月曜日の朝は始まりの始まりだ」

m 「はい」

に 「しかし月曜日は新しい一週間の始まりという認識がある為に月曜日の朝の波動は単独で存在しておらず、その後の一週間すべてに影響をもたらすのだ」

m 「月曜日の朝は新しい一週間の始まりとして認識されているから、その一週間の象徴として存在している」

に 「そうだ」

m 「だから月曜日の朝の波動=その一週間の波動」

に 「うむ」

m 「本来は単独だけれども人々の中に『月曜日が来た、また金曜日まで働かなきゃいけない』という感じで一週間をかたまりとして捉えているから、月曜日の朝の波動がその他の曜日にも影響を及ぼしてしまう」

に 「整理出来たかな?」

m 「頭では分かるのですが言葉に変換するのが難しい」

に 「絵が描き終わったばかりだからね。ブログを読んでいる人にもなんとなく理解してもらえればそれでいいよ。波動なんてもともと『なんとなく』の世界のものなのだからw」


。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。


それでは今日も良い一日を~。

つっくん 「たまには息を速いスピードで一気に吐き出してみるといいよ。身体の中に溜まった古い気を身体の外に出す事が出来るから」

m 「フッ(息を吐き出した音)。ほんとだ、なんだかスッキリする気がします」

つ 「気だけにねw」



追記。

スーさん 「こら、彼の紹介が抜けておるぞ」

m 「あ、会話が出るのは初めてでしたか。月読さんです」

つ 「つっくんです。以後お見知り置きを」




[PR]
by garoumusica | 2015-11-03 05:00 | アマテルにぃちゃん | Comments(2)
さっき、アマテルにぃちゃんの絵が完成しました。

f0351853_04461145.jpg

長かったです・・・。

5月から描いていたので、約半年。

今までで一番長かったです。

でも不思議な事が起きました。

このブログにも書いたと思うのですが、今月の半ばまで描こうと思っていたのに先週の木曜日に描き始めた途端、あ、もういいやっていう心境になりまして・・・。



アマテルにぃちゃん 「お疲れ様、よく頑張ったね」

musica 「ありがとうございます(〃´∀`)ゞ。ねぇにぃちゃん、なんで突然絵が完成したのでしょう?先週描き始めるまでは、まだまだ描く所が沢山あったはずなのに」

に 「フフフ、それはスー坊に頭を下げられたのだよ」

m 「え、なんで?」

に 「君を解放してあげてくれとね」

m 「えっ!なんでですか?」

に 「それはひとえに君ゆえだよ」

m 「だからなんでですか?」

に 「最近古代氏族の勉強が忙しかっただろう?」

m 「はい」

に 「その勉強が終われば私の絵に取り掛かっていた。君は忙しくてスー坊とうまくコミュニケーションを計れていなかった」

m 「あー・・・、はい」

に 「その事に先週気がついた。一瞬迷子になったかのように感じていたね」

m 「一瞬です」

に 「そうだ。君は今までスー坊に与えられた愛情を思い出し、心の安定を図った」

m 「そうです」

に 「この行為はスー坊の希望するものだった。君の心に自分の愛情が根付いているかの確認にもなった。君の成長もね」

m 「はぁ・・・」

に 「だが君の次の行為がスー坊の心に響いた。君はスー坊の神社のおみくじの入ったお守りを枕元に置いて寝たね」

m 「/// (/ω\)

に 「その様ないじらしい姿を見て心を動かされない者がいるだろうか?スー坊は私に頭を下げてきたよ。君を開放してやってくれとね。だから私は君との間に出来た繋がりを一部を残して切った」

m 「それで突然絵に対する執着が無くなったのですね?」

に 「そうだよ。自分でも驚く程の変わりようだっただろう?」

m 「はい」

に 「まぁそういう事だよ。繋がりのパイプが細くなったからと言って、我々の絆が無くなった訳ではない。君は朝に晩に神棚に挨拶をしてくれる。美味しいものを食べる時は分けてくれる。その度に我々は気の交換をしている。常に繋がっているのだよ」

m 「はい。最近は神棚sからの気が前よりも濃く感じられるようになってきました」

に 「パイプを細くした後でもきちんと感じる事が出来るだろう?」

m 「はい」

に 「絵は描き終わったけれどもいつも一緒だ。寂しく思う事はないよ」

m 「はい」

に 「と言ってもまぁ、寂しさを感じる暇はないだろうね」

スーさん 「読むべき本が沢山あろう?稲田姫と私の絵も描きたいのだろう?熊野の私も描きたいのであろう?来年は南方殿の絵を描くのだろう?休む暇はないぞ」

m 「あー・・・、はい・・・」



本館ブログの方に四神シリーズを並べてみました。

よかったら見てください→天照大神。


。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。


それでは今週も。

良い一日を~。

に 「休み明けで朝から憂鬱な気分の者もいるだろうけど、月曜日の朝からそんな気分だと今週はずっと憂鬱なものになるぞ?」

m 「なんで!?」

に 「波動」

m 「!?Σ(゚Д゚)




[PR]
by garoumusica | 2015-11-02 05:00 | アマテルにぃちゃん | Comments(7)

おーくにさんのひと言。

musica 「ねぇねぇ、おーくにさん。何かひと言ありますか?」

おーくにさん 「ん?本文を何も書いていないのにもう締めかね?スサノオ殿から君の祝福の後の締めをよろしくと言われていたが?」

m 「にぃちゃんの絵の仕上げで本文を書く余裕が無くって・・・」

お 「手抜きか」

m 「ありていに言えばそうです(`・ω・´)+」

お 「スサノオ殿はどうした」

m 「あー、スーさんに聞けば長くなるから・・・」

お 「まぁそうだろうな。仕方がない、一肌脱いでやろう」

m 「さっすが~」

お 「うむ。淑女の皆の良き一日を願うぞ」

m 「え、待って。淑女だけですか?」

お 「あー、野郎ども、今日も良く生きろ」

m 「・・・」

お 「手短に済ませてやったぞ」

m 「ありがとうございます。。。」

お 「それでは良い一日を~」

m 「あー、待ってそれ私のセリフです」

お 「わはは!」

m 「からかわれた(´・ω・`)」

お 「心置きなく絵を描きたまえよ、君」

m 「ウィ、ムッシュー・・・」

お 「お、そうだ。絵が終わったら大黒像を磨いてくれたまえ。最近サボりがちではないか」

m 「バレましたか」

お 「バレるも何も、あれは私だからねぇ」



海老の行進の様な雲。

f0351853_04042807.jpg




[PR]
by garoumusica | 2015-11-01 05:00 | おーくにさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica