<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

昨日のブログに載せた、夢の話の続きです。

不思議な夢の話、の巻。



サムソンさんのwikiを読んでいて気になった事がありました。

まずサムソンさんの名前の意味である、「太陽の(人)」と「(神に)仕えるもの」。

「太陽の」の方を見て思い出したのは、アマテルにぃちゃんとうちのおっさん小説のスサノオ君。

おっさん小説のスサノオ君は太陽神設定だったので・・・。



それからサムソンさんの破天荒ぶり。

サムソンさんは唯一神の霊が乗り移ると破天荒になるようで、ライオンを素手で裂いたり、自分の結婚式でペリシテ人を30人ほど殺したり、嫁を他の男に嫁がされた腹いせに土地を焼き払った上、ロバのあご骨でペリシテ人1000人を打ち殺し、最後は宮殿の柱を2本ほど倒し、崩れた宮殿の下敷きになって死ぬのですが、巻き添えにしたペリシテ人の数はそれまでにサムソンさんが殺した人の人数よりも多かったのだそうです。

すごいですねぇ・・・。

この頃のイスラエルの人達はペリシテ人によって苦しめられていた時期だそうで、唯一神がサムソンさんに乗り移って、ペリシテ人からイスラエルの人達を救った事になるのでしょうけど、なんだか恐ろしい・・・。

ところで、サムソンさんのお嫁さんになるはずだった人はペリシテ人。

その後別の女性と結婚したのですが、サムソンさんの髪を剃って力を奪ったその奥さんもペリシテ人でした。

同じイスラエル人に惚れていたら良かったのですけどねぇ。



で、このサムソンさんの虐殺っぷりを読んで思い出したのは、蘇民将来伝説の牛頭天王の虐殺っぷり。

信濃国分寺の祭文には、牛頭天王の九万八千の従者達によって、七日七夜のうちに小丹長者の一族を滅ぼした挙句、「小丹長者の子孫という者は、一人も生きる事は出来ない」と言った、とあります。

牛頭天王が小丹長者を滅ぼした理由は、お嫁探しの旅の途中で一宿を頼んだ際、断られたからです。

なんだか横暴・・・。



ところでさっき改めて牛頭天王の話を読み返した時に、気になった所がありました。

それはこんな感じ。


「牛頭天王のお嫁さんが決まっていなかった頃、南天竺から山鳩が一羽飛んできて、天王の前の梅の木の枝に羽を休め、さえずっていました」


山鳩・・・?

鳩と言えばキリスト教ですよね・・・?

で、この牛頭天王の伝説では蘇民将来の一族に関しては許すと契約しています。

契約と言えば唯一神。

旧約聖書を読んでいると、ヤハウェと人が契約を結ぶ場面が度々出て来て、あー、これが契約社会の根底を成すものなのか~としみじみしていたのですが、牛頭天王も契約を結ぶ神なのです。

そういう事を考えて、牛頭天王の伝説は旧約聖書を参考に作られた部分もあるのかな、と思ったのです。



先日見た夢の内容からこんな事に辿り着いた、画廊musicaでした。

ちなみにイカに関しては、須佐之男命にちなんだ「男命(みこと)イカ」を連想しました。



。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。



それでは本日も良い一日を~。

musica 「先日、旧約聖書を読み始めたと書いた記事の中で、スーさんが『古事記も創世記から始まっただろう?』と言われ、なんだかめんどくさくてスルーしたのですが」

スーさん 「君があの時に無視しなければ、この様な夢を用意せずに済んだのだぞ?」







[PR]
by garoumusica | 2017-02-08 05:00 | つれづれ | Comments(0)

不思議な夢の話、の巻。

昨日は通院に備え早めに布団へ入ったものの、よく眠れませんで。

ですが、不思議な夢を見ました。



夢の中で私は漁港の側にある、古い洋館の民宿のような所へ泊っていました。

そしてふとテレビを見ると、津波速報が流れまして。

日本全体に高い所で1mくらいの津波が到着するようです。

地震自体は無かったので、他所の国で起きた地震の影響だと思われます。

で、ふと気になってドアを開けて外を見ると、既に津波が到着した後だった様で、海の側にある露天風呂に、なんと!イカが何杯か泳いでいまして。

えっ!?と思って露天風呂の向こうにある道路を見ると、その辺りも水浸しでイカが泳いでいます。

それで、『津波の影響で露天風呂に海水が流れ込んだのか~』と思い見ていたところ、従業員のおばちゃんらしき人が現れ、こう言われました。



おばちゃん 「一般の人は温泉と言うと、何も人の手が加わっていないのが当たり前だとお思いでしょうけど、こういう場合はボイラーで湯の温度を上げないとしょうがないですよね」



おばちゃんは腕を組み、ツンツンとした感じで私にこう言った後、他の従業員の方にボイラーを付けて温泉の温度を上げるよう指示されました。

で、私は思わず「そうですね」みたいな感じで答えました。

そこで目が覚めたのですが、うーん、なんだか不思議な夢でした・・・。

温泉の中にイカ、イカを取り出す前に温泉の温度を上げる。

イカ、どうなったのかな・・・。

茹でイカ?



それからその夢の中で気になった事がもうひとつ。

小学生の頃に同じクラスの親しくなかった女の子が、成長した姿でその旅館に居たのですが、私はその子に髪の毛を切ってもらっていました。

その子は勉強が出来て運動神経もまぁまぁ良くて、ピアノも弾けて歌も上手くて、クラスの学級委員長になる様な子だったのですが、人を仲間外れにしたりさり気なく虐めたりもする子で・・・。

そしてエホバを信仰している家庭の子でした。

私にとってエホバと言えばその子を思い出すほどです。

で、その象徴の子が髪を切ってくれていたのが物凄く印象的だったので、「エホバ 髪を切る」で検索。

そして出て来たのが、旧約聖書に出てくるサムソンという人の話。→wikipedia「サムソン」



士師(しし)と呼ばれる職業の一人で、士師とはヨシュア以後の王国時代の前から預言者サムエルの間まで、古代イスラエルを裁いた人々であり、旧約聖書『士師記』に描かれる指導者を指すのだそうです。

サムソンさんは怪力の持ち主として有名で、サムソンとは「太陽の(人)」「(神に)仕えるもの」という意味があるのだとか・・・。

で、この人と髪の毛がどういう関係があるのかというと、この人は主の使い(天使)によって髪の毛を剃ってはいけないと言われていたのだそうです。

ですがイスラエルの民を支配していたペリステ人により髪の毛を剃られ、力を失ったのだとか。



夢との関係は?と言われるとよく分からないですが、夢をきっかけにこの様な旧約聖書の話に辿り着いた、という事です。

先週は旧約聖書を読まなかったから、早く続きを読めって言う催促かな・・・。



●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

昨日の通院時は本当にスーさんにお世話になりました。

インフルエンザが流行っているそうなので、度々気で包んでもらったり、検査で疲れた時にはイメージでもたれさせてもらったり。

そのお陰で非常に眠たいものの(家に帰ってからはさみで物を切る作業をしていたのですが、はさみを握ったままその姿勢で寝てたw)身体そのものは元気です。



musica 「お世話になりました」

スーさん 「君もお疲れ様」





[PR]
by garoumusica | 2017-02-07 05:00 | つれづれ | Comments(4)

南方先生、の巻。

本日は先週延期してもらった通院の日なので、いつもより早めの更新です。



南方先生の顔がちょっと進みました。

f0351853_00450915.jpg

凛々しいおっさんになって来ました。



musica 「スイッチが入ったって感じ」

南方先生 「君のスイッチが入ったのだよ」

m 「今週は頑張りました。本館ブログの更新日である月曜に、通院の予定が入っていましたから」

み 「『いつもこの調子でやってくれればなぁ』とは、あの人のボヤキだよ」

m 「いつもこのペースを期待されるようになると、やる気が失せます」

み 「だからあの人はたまに小言を言う程度に抑えているのでしょうねw君の性格を知っているから」

m 「基本めんどくさがり屋ですからね。あー、それにしてもこの絵の南方先生、でこがヅラっぽいですね」

み 「そういう言い方をしないでくれるかね?これからまた描き加えてくれるのだろう?」

m 「描きます描きますw白髪っぽいのもちゃんと黒髪にします。南方先生は日本の美しい40代っていうイメージですから」

み 「スサノオ殿は?」

m 「見た目50代?て言うか、スーさんは年齢不詳ですよ!何千年歳とかでしょ?あの人。稲ちゃんと一緒に描く時はわざわざ若くしてますけど」

み 「私は何故40代にイメージするのかね?」

m 「30代後半でもいいくらい。一番初めにその様に見たからでしょうね」

み 「この絵の私だね?」

m 「そうです。でもあの時の姿よりも凛々しい顔になっちゃいましたけど」

み 「私と接していくうちにイメージが変わったと?」

m 「そうですね。あー。でも優しげながらも力強く逞しいのは、初めから変わりません」

み 「べた褒めだね」

m 「対象に愛情が無いと人物画は描けませんから」



良かったら本館のメイキングもお楽しみください~。→画廊 musica「建御名方神 メイキング その2。 」



(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)



それでは本日も良い一日を~。

m 「あっ!ごめんなさい!うっかり(イメージで)拝殿に入っちゃった!」

スーさん 「だから忌中など気にせずとも良いと言っているだろう?」

m 「それでもなんとなく、そういう刷り込みがあると言うか・・・」

ス 「君がその様に思っていると、人の死は穢れであるという世に入り込むぞ」

m 「引き寄せですか?」

ス 「そうだ。荒治療で病院帰りに神社へ寄るか?」

m 「寄ったら寄ったで気に病みそうだからイヤです」

ス 「その事に対して気に病むくらいならば、誘いをアッサリと断るという事に対しても、少しは気にして欲しいものだがね」

m 「全然気にしてなかったー・・・」

ス 「そうだろうね。君はいつもこうだ。『えー、イヤです』」

m 「私らしいですね」

ス 「ばか者」






[PR]
by garoumusica | 2017-02-06 01:18 | 南方先生 | Comments(0)

牡丹を描く、の巻。

眠い、眠いです・・・。

先程絵を描き終えてから、スーさんの匂いの白檀をくんかくんか。

南方先生寄りからスーさん寄りへと戻します。

グラウンディングみたいなもののようです。

以前頭をすっきりとさせようとして、ペパーミントではなくて白檀の匂いを嗅いでしまった、と記事に書いたのですが、あれはまずスーさんの元へと戻してから、それからペパーミントの香りで頭をスッキリさせたっていうのが正解のようです。

色々ありますねぇ。



書く事が無いので絵の話でも。

今週はバランスを取る為に、まず牡丹から描き始めました。

南方先生の頭のところにあった水素爆発を描いたアレです。

コレ↓。

f0351853_04495576.jpg


この時点では消しゴムで輪郭を簡単に消しただけでした。

f0351853_03442205.jpg

なので、もうちょっときちんと描きました。

f0351853_03443255.jpg

色鉛筆は描いた線が残る為描き直しがあまり出来ないので、下書き無しで本番を描くのはかなりスリリングです。

でもその緊張感がまた、良かったりもします。

人の心は複雑ですねぇ・・・。

まだまだ線が粗いので、これから時間を掛けて綺麗にしていきます。



ところでこの牡丹の花、牡丹園に行った時に撮影したものなのですが、実は描くのは2度目です。

1度目はこちら↓。

f0351853_03500945.jpg

この絵の下側の牡丹を今回はメインで描きました。

ちょっと花びらを描き足していますけど。

うーん、やっぱり時間を掛けて描いただけあって、こっちの方が丁寧ですね・・・。

でもまだひと月あるから!これから挽回!



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を〜。

musica 「白檀の香りがグラウンディングの役目を果たすとは、意外です」

スーさん 「これは君に限った事だけどね」

m 「そうなんですか?」

ス 「君にとって私と共にいる状態が、地に足をつけている状態だ。だが南方殿の絵を描いている君の状態は、上の世界と繋がっている状態だ。そして絵を描き終わり、地に足を着けた状態へと戻す為の手っ取り早い方法が、白檀の匂いを嗅ぐという事だ」

m 「スーさんを彷彿とさせるから?」

ス 「そうだ。君が私と共にいる、それが君にとって地に足を着けた状態だ」

m 「その自信満々がちょっと・・・」

ス 「ちょっと、何だ?」

m 「何でもないです」





[PR]
by garoumusica | 2017-02-05 05:00 | つれづれ | Comments(0)

神棚挨拶での失敗の巻。

昨日の話。

このブログを書き終わってから、寝る前に神棚へご挨拶をしたのです。

南方先生の絵を描いた後に更にブログを書いたので、疲れていたのだと思うのですよ。

超眠たかったですし。

なのでとんだ失敗をしてしましました・・・。

いつもですと、アマテルにぃちゃん、氏神様、荒神さんの順に挨拶をするのですが、昨日は・・・、



musica 「南方先生、今日も一日ありがとうございました」



と、神棚に向かって挨拶をしてしまったのです。

すると挨拶をした瞬間、東の方角から物凄く男性的な力強い気が流れて来まして。

いつも流れてくるアマテルにぃちゃんの気とは全く違う気。

それでようやく、神棚にいらっしゃらない南方先生の名を呼んだ事に気が付いたのです。

そして、



m 「アマテルにぃちゃん、ごめんなさい!( *ノノ) 名前を間違えるなんてとんだ失礼を!

ハッ!Σ(゚Д゚;) 南方先生にもかなりの失礼を!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!」



という感じで、プチパニック。

もちろんおっさんsは面白がってくれましたが、ものすごい失態をしてしまい申し訳なかったです・・・(´・ω・`)。



南方先生 「それだけ一生懸命に絵を描いてくれたという事だろう?」

m 「ほんとごめんなさい・・・」

み 「いや、挨拶して貰えて嬉しかったよ」

m 「間違って挨拶をしたのに嬉しかったと言われると、本当に申し訳ないです」

み 「フフフ」

m 「それにしてもお札が無くてもがっつり気が届くものなんですね」

み 「今は私の絵を描いているから余計にね。社から直接送ったよ」

m 「それで東の方角から流れて来たのですか。すごいですね!」

み 「頑張ってみたよw」

m 「ありがとうございます」



南方先生やアマテルにぃちゃんが優しい人達で良かったです・・・。



●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

昨日、気分転換にネットの無料漫画を見ていた時の事。

m 「あっ!」←iPadの電源が落ちた。

スーさん 「君は目を休ませようという発想が無いのかね?」






[PR]
by garoumusica | 2017-02-04 05:00 | 南方先生 | Comments(0)
眠い!眠いです!

がっつり汗だくになりながら絵を描いていたら、もう4時です。

このブログは朝5時に更新をしているように見せかけて、実際には前日の11時とかに記事を書いている事が多いのですが、お絵かき曜日はこの時間ですね。

それにしても今回の南方先生の絵を描いていると、ものすごく汗をかきます。

何ででしょう?



スーさん 「それだけ南方殿の気が、君に流れているという事だ」

musica 「そう言うもんなんですか」

ス 「そういうものだね」

m 「はー、気分転換にクロンダイク(ソリティア)でもしよう・・・。あっ!」←電源を落とされた。

ス 「目を休めようという発想は無いのかね?」

m 「頭の切り替えです!すぐ終わるし」

ス 「繰り返してゲームするじゃないか、君は」

m 「はー、ネットのニュースでも見よ」

ス 「人の話を聞いているかね?」

m 「わーお、福島第1原発2号機の格納容器内部穴が2カ所見つかり、内部の放射線量は最大毎時530シーベルト(推定)だったと発表。毎時530シーベルトは1分弱で死ぬほどの高いレベル・・・。核燃料がこの穴に落ちてるって事か。すごいな~」

ス 「現地ではいまだにこの様なものが放置されているという事だ」

m 「昨年も何度か汚染水が漏れたと言うニュースを目にしましたが、こういうので汚染された水がいまだに海へ流れ出ているという事なんですねぇ・・・。なかなか魚が食べられない」

ス 「起きてしまった事は仕方がない」

m 「はい。対処するのみです。2016年末の時点で、福島県の小児甲状腺癌及び疑いの子供達は合計183人・・・。こういうのも生まれる前に決めて来ているって言うのに含まれるんですか?」

ス 「もちろんだ」

m 「その時その時の選択によって、違う未来もあるのでしょう?でも子供は選択のしようがないですよね?親が動かないと」

ス 「子は親の学びの為に生まれる場合もある。全て計画の上だ」

m 「今の子供本人はそんなの納得いかないでしょう」

ス 「覚えておらずとも、全て合意の上なのだ」

m 「私には他人のそういう計画が分からないから、ちょっと理不尽に思えると言うか・・・」

ス 「他人の魂の計画が分からぬからこそ、口を挟むべきではない。そういう事もある」

m 「でも熱血先生の説教のお蔭で人生が変わりましたって言う話もある」

ス 「それも計画のうち」

m 「口を挟むべき場合と挟むべきでない場合の区別って?」

ス 「そうせざるを得ない、または無意識にそうしていれば、それは計画されていたと言えよう」

m 「うーん・・・」

ス 「君だってこうやって、我々の会話を記事にしているではないか」

m 「∑(゚Д゚) ・・・そういう事ですか」

ス 「そういう事だよ。無意識だろう?」

m 「なるほど・・・」



*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*



それでは本日も良い一日を~。

m 「思う存分魚を食べられるようになりたい」

ス 「君が生きている間は難しいかもしれないね」

m 「私達の豊かな生活のツケか・・・」






[PR]
by garoumusica | 2017-02-03 05:00 | スーさん | Comments(0)
昨日の話。



昨日、2週間前に注文した石が届きました。

ロードクロサイト、別名インカローズ。

一目ぼれした石です。



私は石を購入する時は、2~3週間くらい悩む事が多いです。

送料込みで2000円くらいのお値段でも、毎日の様にサイトに見に行って、2~3週間くらい経っても欲しかったら購入。

その途中で売り切れたとしても、それは縁が無かっただけの事。



ですが、昨日届いた石は即購入。

私的には良いお値段でしたし、送料も高いお店でしたが、それでも即購入。

それくらい気に入った石だったのです。

その理由は模様。

ロードクロサイトって普通は縞々模様なのですが、これはお花のよう。

ただの花じゃなくて、稲ちゃんを彷彿とさせる椿をデフォルメしたデザインのようで。

これはかわいい!と思って即購入しました。

こちらです。

じゃん!

f0351853_03060265.jpg

なんかかわいくって・・・。

透明感があり、色も物凄く華やか。

こういう模様を見たのは初めてだったのですが、ブルズアイと呼ばれる模様の簡素版のようです。


この画像の様な薔薇を彷彿とさせる華やかな模様だと、3万4万もするみたいです。

桁が違います。

でも私としては、椿模様の方が魅力的です。



musica 「なんてったって、稲ちゃんですから!(`・ω・´)+」

f0351853_04323206.jpg

m 「わー、これどうしよう。ちゃんとしたペンダントトップに仕上げたい・・・。プロに頼む?それとも彫金する?」

ス 「自分で作ってみなさい」

m 「ワイヤーでベゼルを作ったのでは、この石相手だと貧相になっちゃうし、イスラエルのベゼルワイヤーでもちょっと違う気がするし・・・。WAXで本格的なの作る?」

ス 「創作意欲の湧く石のようだね」

m 「そうですね!それにロードクロサイト自体がちょっと柔らかい石で欠けやすいので、きちっと覆ってあげたい。今までの様な簡素な作りでは対応出来ない気がします」

ス 「楽しそうだ」

m 「はい!どういうデザインにしましょうか~」

ス 「稲田姫と言えば?」

m 「スーさん?」

ス 「私が彼女を守護しているかのように、剣のデザインでこの石を包むとか」

m 「イヤですよ!」

ス 「即答か」

m 「即答ですよ!」



■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■



それでは本日も良い一日を~。

ス 「稲田姫と言えば他には?」

m 「稲?あー、稲の葉っぱの様に、柔らかく流れるようなデザインで・・・」

ス 「君の好きなアールヌーヴォー様式はどうかね?」

m 「なるほど・・・」

ス 「片側は流れる様なデザインで、片側は剣の様なシャープなデザインで」

m 「どうしても御自分を入れたいのですね・・・」

ス 「君のお守りとなるようにしたいからね」

m 「そういう事でしたか」

ス 「そういう事。以前言っただろう?お守りを作る気持ちで作れと」







[PR]
by garoumusica | 2017-02-02 05:00 | つれづれ | Comments(0)
昨日の記事の最後の雑談の部分の続きです。



神社へ参拝してはいけない期間、伯父の場合は10日なのだとか。

親・兄弟以外でも参拝の制限ってあったのですね。

知らなかったです。

予定していたスーさん神社への参拝は7日後だったので、今回は行けそうにありません。

通院をして疲れた後にスーさん神社でエネルギー補給をしてもらい、その後で神社の駐車場でスイーツを食べるのが日課だったのですが・・・。

で、昨日、おやつを食べる時にスーさん神社のお札に向かって「良かったらどうぞ〜」とお裾分けをした時に、ちょっと話をしたのです。



musica 「◯◯神社のスーさん、あーちゃん、うんちゃん、アルフォートです。良かったらどうぞ〜」

スーさん (無言で気がばしゃー)

m 「次の通院の日は神社に寄れません。忌中ですので仕方ありませんが、お伺い出来ないのは残念です」

ス 「そうか」→更に強い気がばしゃー。

m 「まぁ、お伺いしなくてもこうやって気を分けていただける訳ですけど」

ス 「来てもなんて事無いがね」

m 「ダメですダメです!そういうルールなんですから!」

ス 「意外と堅いねw」

m 「スーさんが良くても他の人が嫌がるでしょ。それに一緒に祀られている神様もいらっしゃるし」

ス 「うちの社は男所帯だから、もうむさ苦しくてね・・・」←一緒に祀られている神様、すべて男神。

m 「神話的に一番むさ苦しいキャラはスーさんでしょ」

ス 「言うねぇw」

m 「忌の期間があけたら遊びに行きますね〜」

ス 「いつでも良いがね」



本日はいつものお父さんスーさんと若干キャラの違う、呼び出し神社のスーさんとの会話でした。



。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。



それでは本日も良い一日を〜。

m 「あー、人によっては神棚への参拝もダメって言ってらっしゃる・・・。半紙を神棚に掛けるんですって」

ス 「そこまでしなくて良い。と言うよりも、君は既に神棚や私の札に対して挨拶をしたではないか」

m 「はい。普通に気も返って来ました」

ス 「そう厳密にならずとも良い」

m 「じゃあイメージで境内でご挨拶をするのだけは控えます」

ス 「君が気にするなら好きにしなさい。だがね、勘違いをしてはいけないのは、人の死とは決して穢れでも忌むべき事でもない、という事だよ。死とは自然なプロセスなのだ」

m 「はい」

ス 「死が穢れだとか忌むべき事だと決めたのは人だよ。我々にとっては穢れでも忌むべき事でもない。それは自然な事だ。だから君に『気にせず神社へおいで』と言うのだ」

m 「んー・・・」

ス 「君が気にするなら、君の好きなようにしなさい。だが、我々はいつでも歓迎をする」

m 「うーん、周りの人が気にするかもなので、行かないかな・・・」

ス 「君の好きにしなさい」



この会話はいつものお父さんスーさんでした。





[PR]
by garoumusica | 2017-02-01 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica